株式会社電通

共創パートナー

2021.02.04

Team for Social Design

SDGsの理念や行動目標は、素晴らしいものです。しかし、良いアイデアや素晴らしい技術があっても、変わらない現実世界があり、また誰かが享受できるメリットは、時として他の誰かにとって許容できないデメリットとなることもしばしばです。こうした現実に向き合うとき、人々に行動変容を促し、社会を動かし、世界に新しいパラダイムを定着させるためには、統合的なコミュニケーションのデザイン力と、異なる強みを持つ様々なアクターのパワーを結集させるプロデュース力が欠かせません。
例えば、コロナ禍において自宅療養を余儀なく強いられている患者の方がたくさんいらっしゃいます。彼らが少しでも健康的で前向きに暮らせるようなアイデアを生み出し、それを正しく周囲に理解していただけるよう表現し、多くの方が賛同・支援してくれるよう世間に伝え、その仕組みが当たり前のインフラや行動規範として社会実装されていく。こうした新しいパラダイムは、個々の部分最適化された取組みだけでは困難であり、Integrated Communication Desig(※1)の方法論のもと、全体包括的なソーシャル・デザインのリーダーシップがあって、はじめて実現できるものと言えます。
電通の「Team for Social Design」プログラムでは、様々な複合問題が絡み合って解決できずにいるSDGs社会課題解決に関心を持つ事業者を募集し、SDGsの「17. パートナーシップで目標を達成しよう」のもと、弊社の経験豊かなソーシャル・デザイナーが、民間企業、公的セクター、NPO、アカデミア、メディアといった多様な強みを持つメンバーとチームを組み、コミュニケーション・デザインの力をもって、「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に向け、チャレンジしてまいります。

※1 Integrated Communication Design
コミュニケーションの領域を中核として課題の解決・マーケティング等のすべてを事業領域とした統合的なソリューションを提供するという弊社の考え方。

未来への宣言

“Team for Social Design”では、さまざまなプレイヤーがOne Teamとなって未来社会に向けて活動を行います。ひとつでも多くの社会課題を解決することで、SDGsゴールの達成や大阪・関西万博の掲げるテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に貢献してまいります。

きっかけ

2030年のSDGs達成を目指している一方、弊社が実施した調査(2020年1月)によるとSDGsの認知率は未だ29.1%。前年からは増加しているものの、今から2025年までにはもっと認知と高め、更には目標達成に向けての活動が活発になっていくハードルを感じています。認知はあくまでもスタート、その後のアクションまでドライブしていくためには、より多くの市民と課題に対する共通認識を持つ必要があります。「伝える」工夫で「伝わる」成果につながるPower of Communication。これを既存のチャレンジ一つ一つに注入していくことで、今の活動をより多くの市民に広げていくことが可能となります。

創出・支援したい共創チャレンジ

VUCA(※2)の時代にあって、世界はますます混迷を深めています。こうしたなか、「いのち輝く未来社会」の実現やSDGs社会課題の解決に向け、人間中心の社会(Society 5.0)を通じた社会変革への期待が高まっています。
私たちは、ひとりひとり、あるいは1社1社だけの努力では、なかなか解決に至らない複雑なSDGs社会課題に取り組んでいる事業者、Society5.0実現や新たなソーシャル・グッドな社会規範の普及に向け、意欲的に取り組んでいる事業者に対し、電通ならではのネットワーク力を活かし、多様な強みを持つメンバーから構成される共創チャレンジを創出していきます。とりわけ、コミュニケーションの力によって解決可能な社会課題に対しては、おおいに注力していきたいと考えています。

※2 VUCA
Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べた造語で、あらゆるものを取り巻く環境が目まぐるしく変化し、将来の予測が困難な状態を意味する用語。

提供できるリソース

技術・ノウハウ「共感性の高いコミュニケーション力」と「不可能を可能にする三方良しのプロジェクト・プロデュース力」。さまざまな業務で培ってきたこうしたスキルと経験を、社会課題の解決に向けて活かしていきます。
人材「事業開発プロデューサー」・「マーケティング・プランナー」・「クリエイティブ・ディレクター」など、豊富な専門知識と経験を持つ私たちのメンバーが、”Team for Social Design”の仲間として加わります。
ネットワークあらゆる業種業態の民間企業、自治体や公共団体、メディアやコンテンツホルダーなど、これまでに培ってきた私たちのリレーションを最大限活用することで、それぞれの社会課題に応じた最適なチーム編成を行います。

今後の展開

今後展開したい地域活動の初年度においては、まずは国内から始めます。段階的にその展開地域を拡大していき、大阪・関西万博が開催される2025年までには、私たちの持つグローバルネットワークも活かしながら、海外からの”共創チャレンジ”も取り込んでいきたいと考えています。
共創を希望する方々民間企業やアカデミア、メディアだけに限らず、より良い社会を実現していこうという志を共にすることができるような団体・個人を、”Team for Social Design”の仲間(メンバー)として希望します。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「いのち輝く未来社会のデザイン」とは、答えのない時代にあって、仮説志向で未来を切り拓く社会変革のチャレンジを、世界中の多種多様なアクターの共創によって成し遂げようとするものです。電通はこれまで、前例のない、世の中に答えのない数多くの仕事を、その構想力と行動力をエンジンとして生み出し、育てあげてきました。2021年度より、新ステートメント「an invitation to the never before.」を掲げ、ソーシャル・デザイン・カンパニーとして、未来社会の創造をさらに加速していこうとする私たち電通にとって、2025大阪・関西万博のテーマは、私たちの事業ドメインであり提供すべき価値創造そのものであると捉えています。

SDGsとの関わり

クリエイティビティとコミュニケーションの力は特定なチャレンジだけに資する要素ではなく、人と人が関わる全ての課題解決に欠かせない基本中の基本と捉えています。より多くの人々の思いがポジティブに伝わり広まるだけでも世の中の空気は変わり、人々の行動にも影響を与えていきます。弊社が得意としているクリエイティブの力とプロジェクト・プロデュース力、それに長い社歴を通じて培ってきた幅広いネットワークは、TEAM EXPO 2025に参加する全てのチャレンジに貢献できると考えます。

株式会社電通

コミュニケーション領域を中核にして、企業やメディア・コンテンツ企業をはじめとする顧客の経営課題・事業課題の解決からマーケティング・コミュニケーション実施までその全てを事業領域とし、日本のみならずグローバル市場において、統合的・包括的なソリューションを提供する「Integrated Communication Design」カンパニーです。1901年の創業以来、時代の変化を先取りした事業展開により、広告市場において日本で長年にわたりナンバーワンのシェアを持ち、収益においても世界第6位(2019年)の規模を誇ります。

 ■問い合わせ先■

 株式会社 電通 ソリューションデザイン局
 担当者:杉江、山崎

 TEL:03-6216-5111
 mail:yugo.sugie@dentsu.co.jp
 mail:m.yamazaki@dentsu.co.jp

 

支援している共創チャレンジ

  • 「介護レクリエーション」 を充実させて、高齢者を元気に!

    高齢化社会が進む日本において、「介護レクリエーション」の充実を目指します。様々なプログラムを開発し、また、その担い手となるレクリエーション介護士の普及・育成を推進します。 本チャレンジは、BCC株式会社が主体となって取り組み、 共創パートナーの株式会社電通は、コンテンツ開発のサポートや応援企業へのフォロー等を行うことで活動を推進していきます。

    続きをみる

  • 工芸の価値向上を目指す、ジャンルを超えた共創プロジェクト 『KOGEI Next』

    アスリートのように誰も真似できない技術を持った工芸作家が存在します。彼らの作品は、ピアノのそれになぞらえて「超絶技巧」と呼ばれています。 「KOGEI Next」は、これらの工芸作家とこれまで関わりの薄かった現代社会とをつなげることで生まれる作品や活動、自然環境や社会課題との関わりを通じて、モノとしてだけではない新たな価値を持った、工芸の次のすがたを実現させる運動です。

    続きをみる

  • 外国人材と企業によるダイバーシティー促進事業

    日本社会における多様性の実現を目指す共創チャレンジ。外国人材が日本の魅力を持続するための課題を発掘し、多様性とのco-creation(共創)で事業アプローチをしたい日本企業とチームを組み、解決モデルを考えるインターンシッププログラム「SUCCESS-Osaka Future Design」の開催や、企業のSDGsへの取り組みを紹介する外国人材向けの教本制作などを通じて、日本企業への就職率を向上させるとともに、社会のダイバーシティーを推し進めていきます。 共創パートナー2社は下記のような役割を担っています。 読売新聞大阪本社:外国人材向けの教本制作への協力など 株式会社電通:CSR/ESG/SDGs担当者のヒアリングをし、企業ニーズや動向を把握した上での外国人材マッチング また、本チャレンジは、関西大学が主体となって取り組み、大学間の連携や外国人材の確保と就労支援を実施していきます。

    続きをみる