外国人材と企業によるダイバーシティー促進事業

共創チャレンジ

2021.05.10

個人

チーム名SUCCESS
共創メンバー藤田 髙夫(関西大学 国際部)、池田 佳子(関西大学 国際部)、古川 智樹(関西大学 国際部)、吉田 圭輔(関西大学 国際部)
鈴木 慶太(読売新聞大阪本社)、刀祢館 正志(読売新聞大阪本社)
仁尾 和世(株式会社電通)、一山 卓治(株式会社電通)、別所 一弘(株式会社電通)、市川 潤一(株式会社電通)、萩原 佐季(株式会社電通)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマダイバーシティ、インクルーシブ /

私たちの共創チャレンジ

日本社会における多様性の実現を目指す共創チャレンジ。外国人材が日本の魅力を持続するための課題を発掘し、多様性とのco-creation(共創)で事業アプローチをしたい日本企業とチームを組み、解決モデルを考えるインターンシッププログラム「SUCCESS-Osaka Future Design」の開催や、企業のSDGsへの取り組みを紹介する外国人材向けの教本制作などを通じて、日本企業への就職率を向上させるとともに、社会のダイバーシティーを推し進めていきます。

共創パートナー2社は下記のような役割を担っています。
読売新聞大阪本社:外国人材向けの教本制作への協力など
株式会社電通:CSR/ESG/SDGs担当者のヒアリングをし、企業ニーズや動向を把握した上での外国人材マッチング
また、本チャレンジは、関西大学が主体となって取り組み、大学間の連携や外国人材の確保と就労支援を実施していきます。

未来への宣言

多様性推進社会を実現するためには、産官学が連携することが重要です。大阪・関西万博を通じて、多様性推進の成功事例を数多く共有し、国内および世界に発信することにより、日本に外国人材を集めるだけでなく、強靭(レジリエンス)な日本企業を創り出し、多様な人材の教育支援ができる社会の実現を目指します。

きっかけ

Japan as No.1と言われた時代から数十年がたち、経済、社会、文化の世界基準は大きく変化しました。しかし、なかなか進まない日本企業でのダイバーシティー。これを証明するかのような、低迷する外国人留学生の新卒の就職率。外国人材にとっても、日本企業で働くメリットがどんどん不明瞭になっており、国によっては日本を目指す人材が減り始めています。これに歯止めをかけるために、ダイバーシティーについて考える機会として、産官学が連携しSDGsをテーマにしたビジネスピッチを万博誘致委員会とともに2018年に開始しました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法〇今後展開したい地域ー大阪から関西、そして全国へ
〇方法ー多様性をフルに発揮できる探究教材を開発する
   ー多様性推進社会積極企業への評価促進
   ー外国人材視点による課題チャレンジサイト立ち上げ

以上により、持続可能な事業を生み続けられると考えています。
共創を希望する方々日本の多様性の促進と実現のために、さらに多くの企業や団体と連携を図り、チャレンジに取り組んでいきたいと考えています。
〇企業・団体
     ーDiversity&Inclusionがなかなか進まない人事部
     ーDiversity&Inclusionを推し進めたい広報部、経済団体
     ー新規事業を求めている事業部、企画部、ベンチャー
〇大学
     ー地域課題を、企業とコ・クリエーションしたい部署
     ー研究軸や特許軸でコ・クリエーションしたい研究室

大阪・関西万博のテーマとの関わり

大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」の理念から、私たちは、『ダイバーシティー』を旗印に、時代を担う次世代の多様な人材が集い、持続可能な社会の構築を目指したいと思います。

SDGsとの関わり

・世界中の人々(学生・社会人)に、質の高い人材育成を支援します。
・課題や問題に応じて、できるだけ多くの人の意見や視点を取り入れ、オープンな場で公平な議論をします。
・マイノリティー層の悩みや困りごとから、新しいビジネスや技術を発想します。
 またマジョリティー層の無意識のバイアスについても考えます。

問い合わせ先
会社名:関西大学国際部SUCCESS事務局
担当者名:吉田
メール:homekyoten@ml.kandai.jp

※本チャレンジメンバーに参加希望の方は、まずは上記までお問い合わせください。