学校法人エール学園

共創パートナー

2022.05.12

留学生が平和の使者となり、世界で活躍できるグローバル人財育成・活用プロジェクト✖「産官学国際人財活用ネットワーク交流会」

「留学生は平和の使者である」というミッションを掲げ、10年間開催してきた産官学連携国際人財活用ネットワーク交流会の
リソースを活用し、留学生が平和の使者として活躍できる環境を創っていきたいと思っています。
人種や民族、国籍、性別などの違いを認め合い、誰もが活躍できる環境を目指します。

未来への宣言

大阪・関西万博は日本を知ってもらうチャンスです。
「国境を越えて学ぶ人々が夢を実現し、平和の使者となり、世界で活躍できるグローバル人財を育成する」というミッションを掲げ、持続可能な社会を目指し、日本で学ぶ留学生が平和の使者となり、世界で活躍できるグローバル人財として他の共創パートナーと連携し、多文化共生型社会に貢献します。

きっかけ

エール学園の歴史は、変化への対応とさらなる大きな夢への挑戦の歴史でもあります。その中心には常に人財育成への熱い思いがありました。今こそ当学園のミッションである「国境を越えて学ぶ人々が夢を実現し、平和の使者となり、世界で活躍できるグローバル人財を育成する」留学生=平和の使者という理念が必要だと考えます。
留学生はSNSを通して母国にいる保護者や友人、恋人に様々なメッセージを発信しています。エール学園では産官学の連携を通じ、彼・彼女たちが活躍できる環境づくりに貢献しています。大阪観光局の「めざせ アジアNo1の留学生都市」や「ダナン工科大学・ダナン外国語大学 × 日本企業・団体 産官学オンライン交流会」に協力し、さらに留学生=平和の使者として人財育成面で貢献したいと考え参画しました。

創出・支援したい共創チャレンジ

「留学生は平和の使者である」というミッションを掲げ、「産官学連携国際人財活用ネットワーク交流会」や海外の大学・日本語教育機関、行政機関等のリソースを活用して下記の取組を支援します。
1.情報発信・広報、人財を提供し産官学で様々な共創チャレンジを支援します。
2.留学生や元留学生が地域社会やボランティア活動を通じて多文化共生の取組を支援します。
3.留学生を活用した観光プロモーションや地方創生を目指した共創チャレンジに協力します。

提供できるリソース

人材日本が大好きな留学生・元留学生(社会人・起業家を含む)
エール学園と連携している海外の大学関係者
ネットワーク産官学国際人財活用ネットワーク交流会
Global Presidents Meeting(元留学生や海外の経営者の会)
海外の大学・日本語教育機関(MOUを結んでいる)
情報発信・PRエール学園 WEBページ
エール学園 Facebook Instagram
国際人財活用ネットワーク交流会 メーリングリスト
フィールドエール学園 校舎
連携企業の施設

今後の展開

今後展開したい地域地域:近畿圏 
方法:地方創生に多文化共生(特に外国人雇用)をテーマにしたイベントに協力(オンラインを含む)
海外:ベトナム、インドネシア等 当学園に来ている留学生の母国
方法:オンラインイベントを含めてセミナーや交流会で参画する
共創を希望する方々日本の産官学連携
大阪を含む各地の商工会議所、金融機関や地方創生をめざしている地方自治体、大学・専門学校・日本語学校等
海外の産官学連携、海外の企業、行政機関、大学・日本語教育機関等

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「国境を越えて学ぶ人々が夢を実現し、平和の使者となり、世界で活躍できるグローバル人財を育成」を掲げ、共創チャレンジを生み出し大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会」の実現へと貢献したいと思います。

SDGsとの関わり

「2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる」というテーマに取り組んでいます。また、「すべての人が、能力を高め、社会的、経済的、政治的に取り残されないようにすすめる。」テーマにも取組み、日本だけではなく海外の大学・日本語学校とも協力し進めていきたいと思います。

学校法人エール学園

日本を取りまく外国との関係において、日本との懸け橋、平和の使者となる有能な人材を育成し、世界平和に貢献するという大きな夢の実現に挑戦していきます。
「国境を越えて学ぶ人々が夢を実現し、持続可能な社会を目指し、平和の使者となり、世界で活躍できるグローバル人財を育成する」をミッションに掲げ、なりたい自分、つくす自分」常に他者を意識し、他者の役に立つ人材の育成に心を砕き続けてまいります。

556-0011 大阪市浪速区難波中3-13-13

学校法人エール学園 キャリア支援室 西村 康司

nishimura@ehle.ac.jp 06-6647-0011

支援している共創チャレンジ

  • 七夕で地方・日本・世界の創生を

    〜七夕で、地方・日本・世界の創生を〜 日本伝統溢れる七夕行事は、新暦〜旧暦の時期(7月7日ー8月7日)付近の約1ヶ月間行われております。 日本の節句で1ヶ月行われている行事は「七夕」しかありません。七夕といえば、今後、ハロウィンのように急拡大が見込まれる行事として注目を集めております。七夕が国家戦略になる理由は3つあります。其の1:七夕は仕掛人が不在で流行らない。其の2 短冊は国民の声が反映されている。其の3:世界で日本ブームが加速している。現代において「日本の「商品(物)・サービス(心)」は世界中が認めることから、七夕の機運をフル利用し、日本の価値観を世界中に発信したいと考えております。また、七夕は中国をはじめ東アジア、東南アジアの国々でもお祝いされています。さらにギリシャやフィンランドにも似たような物語があります。様々な国で祝われている七夕を再認識し、地方、日本、世界に発信し繋げていきたいと思います。

    続きをみる

  • インドネシアの大学 × 日本企業・団体 産官学オンライン交流会

    インドネシアで日本語を学ぶ大学生や、日本語教員と日本の企業・団体との産官学交流会をZOOMオンラインで実施します。 また、交流会後もFacebookライブやclubhouseによる配信を行うことで、両国の理解を深めて教育・留学・就労・起業・観光などを促進させるとともに、2025年の大阪・関西万博の認知度向上・機運醸成に向けて、連携して取り組んでいきます。 また、ABCプラットフォーム、留学生支援コンソーシアム大阪を中心にインドネシアの大学のキーパーソンとも定期的なミーティングを継続し、交流を深めていきたいと思います。

    続きをみる