株式会社リンクアンドモチベーション

共創パートナー

2020.10.29

次世代共創リーダー育成プロジェクト

社会課題を解決し、SDGs達成に導けるような「次世代共創リーダー」を“学生”から2025年までに「1000名」輩出します。その「輩出」の「仕組み」を産官学連携で創出し、万博後も続く「レガシー」にしていきます。

未来への宣言

日本を、世界で最も若者が育つ「未来社会」にします。

きっかけ

「エッジソン・マネジメント」というコンセプトのもと、産官学連携で、目的・志に尖った若者の育成を、2010年から試行錯誤で続けてきました。SDGsを解決するのは「人」であり、「人の連携/協働」であり、その連携/協働を牽引する「リーダー」が不可欠です。その意味で、「リーダー創り」の「共創」を構築することは、まさに「一丁目一番地」だと考え、このプロジェクトをスタートしました。

創出・支援したい共創チャレンジ

実際にリーダーシップを磨く上で最も重要なことは「実践」です。
だからこそ、SDGsの解決を「実践」する学生発の「共創チャレンジ」を2025年までに「100個」創出し、万博後も継続していくように産官学連携で支援していきます。

提供できるリソース

人材リーダー育成の企画から実行支援までを行うプロフェッショナルがいます
技術・ノウハウ創業20年以上の実績に裏付けられた人創りの技術とノウハウがあります
ネットワーク人創りに協力的な産官学のネットワークがあります

今後の展開

今後展開したい地域2021年には東京での展開は決定しています。2022年は東京・関西での実施体制を固め、2023年以降は他地域への展開を模索していきたいと考えています。オンラインとオフラインの良さを組み合わせ、ポストコロナ時代の新たなモデルにできるようにプログラムを磨いていきます。
共創を希望する方々学生発でさまざまな「共創チャレンジ」を実践していきます。若者の挑戦に関心のある方と組み、血の通った、本物のプラットフォームをつくっていく所存です。ご関心のある方は、ぜひご連絡ください。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「いのち輝く未来社会のデザイン」を担う「人財」がいなければ、絵にかいた餅で終わってしまいます。本プロジェクトは、まさに、そのような未来社会をデザインする次世代共創リーダーを輩出することで、貢献していきたいと考えています。

SDGsとの関わり

第一に本プロジェクトがまさに大学生の育成施策であるため。第二に本プロジェクトが産官学連携のパートナーシップ構築を不可欠であるため。

株式会社リンクアンドモチベーション

2000年4月に創業した「モチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社です。従業員エンゲージメントの高い組織創りに向けて、「採用」「育成」「制度」「風土」といった領域をワンストップで支援しています。2016年からは、国内初の組織改善クラウドである「モチベーションクラウド」を開発・展開し、成長ベンチャーから大手リーディングカンパニーまで多くの企業にご活用いただき、HRテック企業としても注目を集めています。

 ■問い合わせ先■

 株式会社リンクアンドモチベーション 組織開発デザイン室
 担当者:樫原 洋平

 TEL:03-6779-9448
 mail:kashihara.yohei@lmi.ne.jp

 

支援している共創チャレンジ

  • LSS 日本語支援プログラム ~次世代共創リーダー育成プロジェクト~

    海外にルーツのある方々に対して様々な面でのサポートを行います。 様々なサポートが必要とされている中で、初手として、Language Support for Students、つまり、海外にルーツのある学生に対する言語的な支援を考えています。 LSSでは、絶対数が少なく、支援が行き届かない地域へのサポートを充実させるため、オンラインでの日本語教室を検討しています。

    続きをみる

  • 大学生メンタリングサービス” WAT'ering”~次世代共創リーダー育成プロジェクト~

    個人に寄り添った教育を実施するため、大学生が高校生にメンターとして寄り添い、悩みや相談に答えるオンラインメンタリング”WAT' ering”を行おうとしています。その一環として、高校の研究授業にアドバイスをする立場として参加をしたり、大学生の生の声を聞ける進路相談イベントを行っていきます。また、独自で高校生対象のイベントなども開催していきます。

    続きをみる

  • 探助(さがすけ)~次世代共創リーダー育成プロジェクト~

    うぇぽっくでは、認知症の一人歩きによって行方不明になられた方の保護と、捜索を行います。具体的には地域のタクシー会社と連携し、GPSなどの位置情報端末を元に行方不明になられた方の場所まで迎えに行き、家まで安全に送り届けるといったサービスを検討しています。また、その位置を感知する媒体の1つとしてバスや巡回バスに顔認証機能のあるカメラを搭載した自動捜索システムも考案してます。

    続きをみる

  • 高校生×大学生 探究学習プロジェクト~次世代共創リーダー育成プロジェクト~

    大学生と教育機関が連携することで、高校生がひとつ上の世代の学生と共に、学校内で意欲的に学習するためのサポートをします。

    続きをみる