見るだけじゃない、
あなたが主人公になる万博がはじまります。

「TEAM EXPO 2025」は多様な人たちがチームを組み、多彩な活動で大阪・関西万博とその先の未来に挑む、みんながつくる参加型プログラムです。

News

  • 2024.06.
    11
    プレスリリース

    「TEAM EXPO 2025」プログラム 共創パートナー登録(2024年5月分)

  • 2024.06.
    05
    レポート

    TEAM EXPO 2025 MEETING#4 2024年5月28日実施レポート

  • 2024.05.
    16
    お知らせ

    【重要】「TEAM EXPO 2025」プログラム公式ウェブサイトリニューアルに伴う公開一時停止について

  • 2024.05.
    08
    プレスリリース

    「TEAM EXPO 2025」プログラム 共創パートナー登録(2024年4月分)

  • 2024.04.
    22
    レポート

    「TEAM EXPO 2025」プログラム会場参加募集、「ベストプラクティス」応募について

共創チャレンジ

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 雷の脅威からアフリカのライフラインと人々の生命を守る

    ルワンダは世界で有数の発雷国であり、多くの人命や家畜を失っています。現在、ルワンダはICT国家として成長を遂げており、情報社会に欠かせないインターネットが発展していますが、このような情報通信網は雷に非常に弱く甚大な被害を及ぼします。また、ルワンダの人たちは雷に対する知識が不足しています。我々はそのような現状に対して、ルワンダの人々に雷に関する知識を共有し、通信施設や商業施設に雷対策を行うことによって生活といのちを守る活動をしています。

    続きをみる

  • ごみゼロ共創ネットワーク

    私たち京都超SDGsコンソーシアムは、2025年大阪・関西万博開催に向けたレガシーづくりの一環として、プラスチックごみ削減に向け、多様なプレイヤーを巻き込んだ共創のためのプラットホームを構築します。具体的には、ごみゼロアプリ(ごみ拾い共有アプリ)を活用し、京都府内を含む関西地域河川のクリーンアップ活動を実施。優良事例の共有や効果の可視化、学術・技術分野との連携によるブレークスルー、上流対策を含む提言等を目指します。個々で保有するには「もったいない」熱意やノウハウをネットワーク化することで、2040年大阪ブルーオーシャンビジョン達成に向けた大きなムーブメントにつなげます。

    ・ごみゼロアプリの開発・使用促進を通じたゴミ拾い・清掃活動などの環境の改善を目指す取組
    ・海洋プラスティック問題への取組
    ・資源循環社会実現に向けた取組
    ・その他の社会課題解決を目指す取組

    続きをみる

  • 「せとうち」から発信する、持続可能な公民連携事業の推進

    公民連携事業を通じて、せとうち地域の人びとに新たな価値を提供したい。
    具体的には、「地方では触れにくい文化芸術との出会いをプロデュース」、「地方の文化芸術を担う次世代アーティストの育成と、アートマネジメント人材の育成」、「せとうちの海の豊かさを守るための海洋環境保護活動」、「産官学連携による新たな観光コンテンツ開発と観光人材育成事業」

    続きをみる

  • ラベル台紙の水平リサイクル事業「資源循環プロジェクト」

    ラベルは、日用品や食品、医薬品をはじめとする商品など、生活における様々なシーンに貼られることで、生活者に安心や安全、商品の魅力、情報を伝え、注意喚起のためにも用いられています。
    多くの場合、ラベルの製造過程では台紙が必要となり、ラベルが使用される際に剥がされ廃棄されています。その量は、国内の製造業全体で、年間13.9億㎡にのぼり、東京ドーム約30,000個分の面積となります。
    ラベル台紙は一見紙の様ですが、ラベルを剥がすため、表面にシリコーンなどの樹脂が塗布された複合材料であり、古紙としてリサイクルすることが困難です。
    そのため私たちは、ラベル台紙をリサイクル可能な発泡PET合成紙製の「リサイクル専用台紙」に置き換えることで、使用済のラベル台紙をユーザーから有価回収し、2024年4月に竣工した本プロジェクト専用工場で最終分別・マテリアルリサイクルを行い、再びラベル台紙に水平リサイクルします。
    本事業を通じ、「ラベル台紙の廃棄がゼロな社会の実現」及び「CO₂排出量の削減」に取り組みます。

    続きをみる

  • 大阪税関「安全・安心な社会の実現のために」

    万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」のためには、「安全・安心な社会」が不可欠です。税関では、安全・安心な社会を実現するために、暴力・テロ組織の資金源となり得る不正薬物・銃器、絶滅の恐れのある動植物や知的財産侵害物品などの水際取締りを行っています。国民の皆様への不正薬物・銃器等に係る啓蒙活動を通じて、良き理解・協力者を増やし、国民の皆様と手を携えて、SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」、特にターゲット16.4「2030年までに、違法な資⾦及び武器の取引を⼤幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。」の達成に寄与します。

    続きをみる

  • マンガ文化伝承 ~マンガの聖地「トキワ荘」から~

    今や世界に誇るカルチャーへと成長した"マンガ"ですが、創世期に若かりし巨匠たちが切磋琢磨して数々の作品を生み出したアパート「トキワ荘」は、1982年に老朽化のため解体されました。その歴史と功績を後世まで伝えるべく、マンガの聖地に構えた「ふるいちトキワ荘通り店」では地域融合型イベントを定期的に開催しています。地域交流や文化交流ができる場として、マンガ文化へふれあう場所と機会を提供し、情報発信・文化伝承の役割を担います。

    続きをみる

レポート

(公社)2025年日本国際博覧会協会からの「TEAM EXPO 2025」プログラムの活動状況報告です。

  • TEAM EXPO 2025 MEETING#4 2024年5月28日実施レポート

    公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、「TEAM EXPOパビリオン」にエントリーしている「TEAM EXPO 2025」プログラム登録者の参加審査の実施と、「TEAM EXPO 2025」プログラム登録者をはじめとするイベント来場者同士の積極的な出会いと対話・共創の創出を目的とした共創イベント、第4回「TEAM EXPO 2025 MEETING」を開催しました。 「TEAM EXPO 2025 MEETING」は、過去3,400名以上(過去3回開催の合計)にご参加いただいている、「TEAM EXPO 2025」プログラム最大規模の公式イベントです。「TEAM EXPO 2025」プログラムは、万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するための活動を「共創チャレンジ」、その活動を支援する企業・団体が「共創パートナー」として登録できます。活動の規模は不問。万博のテーマに沿った活動で、自分たちがワクワクする未来のためのアクションであれば、分野も不問。誰もが参画できるプログラムになっています。今回の第4回「TEAM EXPO 2025 MEETING」では「共創チャレンジ」や「共創パートナー」の登録者に加えて、一般の見学希望者の来場も受け付け、約600名の方にご来場いただきました。 午前は各参加者たちによるプレゼンテーション形式でのステージ発表が3つのステージに分かれて計42団体によって実施されました。午後からは各参加者の計57ブースが展開され、ステージ発表やブース展示などを通して自分たちの活動をアピールし、他の共創チャレンジや共創パートナーらと交流を図りました。 植栽体験の実演を交える参加者など趣向を凝らしたステージ発表や、イベントMCが展示ブースを回って紹介する「AIマッチング紹介リレー」等が開催され、第3回から引き続き実施された思い思いの「ありたい未来」が書き込まれた共創ボードに象徴されるように、多くのプログラム登録者が集まり共創を加速させるイベントとなりました。 本イベントは、大阪・関西万博の「TEAM EXPOパビリオン」にエントリーしている共創チャレンジ・共創パートナーにとって、プレイベントとしての審査の機会でもありました。今後は、「TEAM EXPOパビリオン」のエントリー団体には後日審査結果が通知され、内定となった共創チャレンジ・共創パートナーは大阪・関西万博に参加し、万博会場で発表や展示を行う予定です。 なお、2025年日本国際博覧会協会では、引き続き「TEAM EXPO 2025」プログラムへの参加と、「TEAM EXPOパビリオン」へのエントリーを受け付けています。※https://www.expo2025.or.jp/sponsorship/future/#sec1 <イベントダイジェスト①>オープニングイベント ~共創活動を支援する新たな情報も!~ イベントのプログラムの紹介や、公式マスコットキャラクター・ミャクミャクの登場などで、会場を盛り上げました。Peatix Japan株式会社 (東京都渋谷区 代表取締役 岩井 直文)の共創事業協賛と、「TEAM EXPO 2025」プログラム登録者が独自にイベント情報を登録できるという情報が新たに発表されました(※)。また、「TEAM EXPO 2025」プログラム登録者の全活動が掲載される予定の、バーチャル会場の開発中のイメージ画面も初公開され、参加者たちからも注目を浴びていました。※プレスリリース:https://www.expo2025.or.jp/news/news-20240528-01/ <イベントダイジェスト②>2つのトークセッション ~「Co-Design Challenge」/スタートアップブーストプロジェクト トークセッション~ 同日に発表された、EXPO共創事業 特別プログラム「Co-Design Challenge 2024」の選定事業11者が参加したトークセッションでは、「昨年12月に実施された第3回「TEAM EXPO 2025 MEETING」での出会いがきっかけで生まれたプロジェクトで、短期間で今回の選定まで走り切った」という声もあがり、それぞれの選定事業者が万博への思いとともに事業紹介と選定委員とのトークを繰り広げました。また、「スタートアップ ブースト プロジェクト(SBP)」のトークセッションでは、本イベント会場とアドバイザーをオンラインで繋いだピッチが開催されました。「万博を使い倒してほしい。」というアドバイザーからのメッセージや、事業アイデアの種をビジネスモデルにするためのコメントに参加者たちが真剣に耳を傾けていました。 <イベントダイジェスト③>参加者同士の共創創出 ~個別相談会の実施&共創ワークショップ~  万博会場参加に向けた相談ブースも賑わいを見せ、1年を切った開幕に向けて着々と準備を進める参加者たちの姿もありました。共創創出の取り組みとして行われた、「ランダムマッチングで新たな共創をめざそう!共創ミニワークショップ」では、参加者がランダムに組み合わされた5人1組、計6グループに分かれ、一人ひとりのスキルや強みをかけ合わせ、社会課題の解決のためのアイデアを生み出しました。この場でも参加者同士の対話が活発になされ、共創の創出という本イベントを体現するような場となりました。  

    続きをみる

  • 「TEAM EXPO 2025」プログラム会場参加募集、「ベストプラクティス」応募について

    9月14日「TEAM EXPO 2025」プログラム会場参加募集、「ベストプラクティス」応募について概要を公表しました。 ①「TEAM EXPO 2025」プログラム会場参加について   「TEAM EXPO 2025」プログラム参加者を対象とした参加方法となります。 会場参加される場合、企画書の提出とともに、協会が指定するイベントへの参加(「TEAM EXPO 2025 MEETING」などのリアルイベントまたはオンラインピッチ)を必須とします。 テーマウィーク(トラック4)の実施および「TEAM EXPOパビリオン」全館貸切に向けた企画・提案をあわせて募集しています(共創パートナー対象)。ご希望の方は、事務局までお問い合わせください。 募集要項はこちら 各プログラムへのエントリーは以下リンクから 「TEAM EXPOパビリオン」募集メニュー 一覧 (expo2025.or.jp)     ②ベストプラクティス」応募について     応募期間を日本時間2024年6月19日正午(予定)まで延長します。   ※「TEAM EXPO 2025」プログラム登録とベストプラクティスへの応募の2段階のエントリーが必要   ベストプラクティスは、世界が抱える課題を解決する良質なプロジェクトを選定し、万博会場内で展示・発信するプログラムです。 大阪・関西万博では、「TEAM EXPO 2025」プログラムの中から、「実践的で世界各地で再生可能な、将来のために活用できる特に優れた好事例」を選定します。   選定のポイント ①いのち輝く未来社会のデザイン及び、サブテーマ(いのちを救う、力を与える、つなぐ)を体現するもの ②他地域に展開可能で、明確かつ目に見えるインパクトを持つ可能性があるもの ③持続可能であり、よりよい未来の実現に貢献するもの   応募方法や詳細は下記よりご確認ください。 ベストプラクティス | 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 (expo2025.or.jp)     ※応募についての説明動画(YouTubeに遷移します。) 2月2日開催のオンライン説明会の動画は下記に掲載しています。 https://youtu.be/wwc9-Q0UtEE   ※入力項目の解説 主要な入力項目について解説を掲載しています。 https://ofmb.cdn.msgs.jp/qx0j/ofmb/TE-ja/BPkaisetsu_ja.pdf   公表資料については協会下記ページをご覧ください。 2025年日本国際博覧会『未来社会ショーケース事業』「フューチャーライフ万博」会場への参加募集について | 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 (expo2025.or.jp)  

    続きをみる

  • 地域活性化セッション~株式会社ナレッジインベストメントグループ~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~第1回 地域活性化セッション 2月27日に開催されました~~共創パートナーの株式会社ナレッジインベストメントグループが実施した「TEAM EXPO 2025」テーマセッション についてご紹介いたします。 ≫≫≫株式会社ナレッジインベストメントグループ|TEAM EXPO 2025 | PARTNER 2024年2月27日に開催された第1回地域活性化セッションは、「観光」をテーマに、地域の多様な属性のプレイヤーが登壇し、“地域の観光が描く未来”を語り、実現に向けて課題を軸につながる場として、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。座談会や交流会を通して、大阪・関西万博に向けてどんな共創を生み出していくかについて考える機会となりました。 ~~イントロダクション~~ 地域活性化セッションの目的について、地域の多様な属性のプレイヤーが描いている未来を語り、実現に向けた課題の発信、その発信を多様なレイヤーの方々が聞くことで、 様々な行動を生み出す機会とすることを説明されました。   ~~登壇者ピッチ~~ SKY SOCIAL株式会社 代表取締役 池田 昌平氏デジタルとアナログで起こす地域DXや外国人観光客をおもてなすコンテンツなどについてお話されました。   株式会社みたて 代表取締役 庄司英生氏 茶道・書道・利き酒などの日本文化体験プログラムなどのコンテンツを通じて取り組まれている、持続的な地域産業の発展についてお話いただきました。   剣菱酒造株式会社 代表取締役社長 白樫 政孝氏 500年以上続く灘の老舗酒造メーカーとして、地域観光の視点から未来社会のためにできることについてお話いただきました。   ~~座談会~~ 座談会では、観光を通じていかに地域活性化を行うか、2025年大阪・関西万博をきっかけに、それぞれの活動を掛け合わせ、共にできることなどのトークで盛り上がりました。 ~~交流会~~ 多様な活動されている参加者同士、日ごろの活動などを紹介しながら交流を深められました。 ~~集合写真~~    【今後開催の共創イベント テーマセッション】 共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/article/1794  

    続きをみる

  • 5/28(火)第4回「TEAM EXPO 2025 MEETING」開催!

    公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、5月28日(火)に「TEAM EXPO 2025」プログラムをはじめとする共創事業への積極的な参画を促進するため、共創イベント 第4回「TEAM EXPO 2025 MEETING」を開催します。「TEAM EXPO 2025 MEETING」は、「TEAM EXPOパビリオン」にお申込みいただいた方の準備の場であり、「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されている皆さま全員の交流・共創の場です!当協会からは、新しく立ち上げる取り組みの発信と大阪・関西万博会場への実装について発表を行い、「TEAM EXPO 2025」参加者とともに新たな共創を促進していきます。 「TEAM EXPO 2025」プログラムに興味のある方は、ぜひともご参加ください。  現在見学参加者のお申し込みを受付中です!  第4回「TEAM EXPO 2025 MEETING」来場者向けエントリーフォーム 各種ステージ・プログラムには見学の方も参加可能です! ※ステージ発表・ブース出展のご参加は締め切っております、ご了承ください。  【イベント詳細】 ●日程:2024年5月28日(火) 10:00-17:00●場所:R&D国際交流センター N-LOUNGE  (大阪府大阪市住之江区南港北1-12-75 R&D国際交流センターA棟 2階)  ●アクセス:コスモスクエア駅から徒歩約5分 、トレードセンター駅から徒歩約6分 ●参加費:無料 【当日のプログラム】●「TEAM EXPO 2025」プログラム 活動発表 「TEAM EXPOパビリオン」に内定された方・参加申し込みされた方を含めた「TEAM EXPO 2025」プログラムの活動をステージやブースで発表いただきます!どのような活動を行っている方々がいるのか見て、交流をはかりましょう。 ●Co-Design Challenge 2024 トークセッション 【更新】「Co-Design Challenge 2024」の募集を12月8日(金)より開始 | EXPO 2025 大阪・関西万博公式Webサイト●スタートアップブーストプロジェクト トークセッションスタートアップ ブースト プロジェクトについて|TEAM EXPO 2025 | REPORT ●くじを引いて出会った人と共創を体験する「共創ミニワークショップ」(先着45名) 参加希望者を当日受け付け、先着でくじを引いていただき、ランダムでチームをつくります。チームごとに7つのテーマにちなんだ「解決したい社会課題」を選んで「新しい共創のタネ」をつくる、体験型の共創ミニワークショップを実施します。交流を深めながら色々な「ありたい未来」を楽しんでつくっていきましょう! ●「TEAM EXPO 2025」プログラムや「TEAM EXPOパビリオン」への参加相談会 プログラムへの登録から会場参加の方法まで「TEAM EXPO 2025」に関するお悩みにお答えします。【当日のスケジュール】※会場マップ・発表スケジュールについては、4月下旬以降の発表を予定しています。  【お問い合わせ窓口】フューチャーライフエクスペリエンス・「TEAM EXPOパビリオン」事務局Mail : expo25_fle_tep@ddcontact.jp受付時間:平日9:00~17:00 ※年末年始除く(12/29-1/4) ※フューチャーライフエクスペリエンス、「TEAM EXPOパビリオン」、「TEAM EXPO 2025 MEETING」に関するお問い合わせ窓口となっておりますので、それ以外のお問い合わせにはお答えいたしかねます。※「@ddcontact.jp」からのメールが受信できるようドメインの設定をお願いいたします。※メールでのお問い合わせに限らせていただきます。※お問い合わせは受領後、内容確認の上3営業日以内に回答いたします。内容によってはお時間を頂戴することがございますのでご了承ください。  

    続きをみる

  • 参加・展示募集中! 共創イベントのご紹介

    ~~~2024年 5月に実施される共創イベント~~~「TEAM EXPO 2025」プログラムでは、2025年大阪・関西万博とその先の未来に向けて、共創につながる出会いとコミュニケーションの場として、テーマごとに集まるイベント「テーマセッション」。テーマごとに学びの場となるイベント「テーマアカデミー」を開催中です。お互いの活動を知り合うことで、新たなつながりをつくり、共創を共に目指しましょう。 【参加者募集中の共創イベント】 共創イベント 開催日 申込みフォーム ものづくりセッション 5月10日 参加申し込み 健康・ウェルビーイング 5月30日 参加申し込み ≪5月実施の共創イベント≫5月10日 |ものづくりセッション主催 |一般社団法人Transcend-Learning共催 |公益社団法人2025年日本国際博覧会協会    外国人留学生就職支援コンソーシアムSUCCESS会場 |関西大学梅田キャンパス 701 (大阪市北区鶴野町1-5)日時 |2 0 2 4 年5 月 1 0 日 ( 金 ) 1 6 : 3 0 ~ 1 9 : 0 0 16:00受付開始参加 |無料 ※詳細は下記リンクよりご確認ください。イベントWEBページhttps://forms.gle/ghmiCuXfp9boButh9外部サイトへ遷移します。 5月30日 |健康・ウェルビーイングセッション 主催 |TEAM EXPO 2025 5大学連携プロジェクト(関西大学・京都光華女子大学・甲南女子大学・武庫川女子大学・森ノ宮医療大学)、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会会場 |森ノ宮医療大学 東棟1階コスモホールアクセスはこちら日時 |2024年5月30日(木)18:00~20:00(17:30受付開始)出展 |無料 ※詳細は下記リンクよりご確認ください。イベントWEBページhttps://newscast.jp/news/1818706※外部サイトに遷移します。 今後も、随時テーマセッションを開催していきます。メールなどでご案内しますのでご参加ください。テーマセッション開催実績(最新~) セッション 開催日 情報  第1回事業構想アカデミー 2024年1月25日 開催レポート  第3回 自然・環境セッション 2024年1月24日 開催レポート  第1回 観光・食セッション 2024年1月18日 開催レポート  第1回 介護・福祉(高齢者・障がい者)セッション 2023年12月14日 開催レポート  第1回 学びと遊びセッション 2023年12月14日 開催レポート  第2回 自然・環境セッション 2023年11月30日 開催レポート  第1回 自然・環境セッション 2023年9月20日 開催レポート  

    続きをみる

  • スタートアップ ブースト プロジェクトについて

    スタートアップ ブースト プロジェクトとは   「TEAM EXPO 2025」プログラムは、大阪・関西万博の機会を活かし、社会課題解決等を目的とする活動を共創チャレンジにご登録いただくとともに、同テーマで活動される方等との対話を通じた更なる共創を生み出し、各活動をさらに発展いただくことを図るものです。 「スタートアップ ブースト プロジェクト」(スタートアップブーストPJ)は、社会的課題解決に取り組むスタートアップ※の皆様が「TEAM EXPO 2025」プログラムを通じ、大阪・関西万博の機会を最大限活用し、様々な取り組みを推進いただくことを目指します。 「TEAM EXPO 2025 MEETING」や大阪・関西万博の機会を通じ、発信・交流・共創を生み出すことにより、スタートアップの更なる振興を目指すとともに、レガシーとなる共創チャレンジが創出されることを期待します。 ※本プロジェクトにおけるスタートアップとは、革新的なビジネスモデルによって社会にイノベーションを生みだすことで、短期間で急成長を遂げる企業をいいます。起業からの経過年数は問わないほか、企業内起業なども対象。   スタートアップブーストPJの仕組み SBPオンラインピッチ スタートアップブーストPJの一環として、次代を担うスタートアップの方々に登場いただき、自社の取り組みを通じて、どんなより良い未来を目指すのかをピッチ発表いただく「SBPオンラインピッチ」を開催しています。   (参考)第1回SBPオンラインピッチ 回数 (リンク先に詳細) 開催日 第1回  2023年11月22日(火) 17時~18時 ※アーカイブ映像はこちら 第2回  2023年12月6日(水) 17時~18時 ※アーカイブ映像はこちら 第3回  2024年2月14日(水)  15時~16時 ※アーカイブ映像はこちら 第4回  2023年3月13日(水)  15時~16時 ※アーカイブ映像はこちら 第5回      2024年4月16日(火) 15時~16時 ※アーカイブ映像はこちら 第6回  2024年6月18日(火) 15時~16時(予定) 第7回  2024年7月17日(水) 15時~16時(予定) 第8回  2024年9月10日(火) 15時~16時(予定) 第9回  2024年10月8日(火) 15時~16時(予定) 第10回  2024年11月19日(火) 15時~16時(予定) 第11回  2024年12月10日(火) 15時~16時(予定) スタートアップPJへの参加方法は? 参加の対象となる活動等 ●「共創チャレンジ」とは 自ら主体的に他者と共創して社会的課題解決等を図り、希望する未来社会の実現を図る活動の具体的内容を、積極的にご登録ください。 ご登録に当たっては、要件や申請上の留意事項について、以下の資料を必ずご確認ください。 ・「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創メンバー参画規約 ・共創チャレンジ登録時の留意事項   ●ご参加後:スタートアップブーストPJ参加団体の調べ方 ・共創チャレンジの検索画面で「スタートアップ ブーストPJ」のキーワードで検索できます。共創パートナーについても、同様に「スタートアップブーストPJ」で検索できます。 ・また、同じテーマで活動するスタートアップブーストPJ参加団体等の情報について、事務局からもご案内することがございます。  まず「TEAM EXPO 2025」プロジェクト/共創チャレンジ(共創パートナー)にご登録ください。  ⇒ご登録はこちらから(TEAM EXPO IDの登録画面へ)   「TEAM EXPO 2025」プログラムに登録済みの方で、スタートアップブーストPJへの参加をご希望される方は、以下をご覧いただき、参加の手続きをお願いいたします。 ・スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創チャレンジ用)  ・スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創パートナー用) ・スタートアップブーストプロジェクトVI ガイドライン   ※ 留意事項  なお、以下の点にご留意いただきますようお願いいたします。 ・本取り組みは、共創チャレンジに参加される皆さんが大阪・関西万博の機会を活かし、対話を通じ更なる共創を生み出していただくことを目的とするものです。 当事務局は、TEAM EXPO 2025 MEETING等の交流機会の提供等を通じこれを支援します。 ・従って、いわゆるビジネスマッチングの開催を目的とするものではございません。スタートアップ・ブースト・プロジェクト参加により、当事務局が参加者に対して何らかの金銭的・人的・その他の個別の支援を行うものではありませんので、ご留意ください。 ・また、各参加者におかれては、TEAM EXPO 2025 MEETING等の機会を通じ、各共創チャレンジの取り組みについて、定期的に現状共有をお願いすることがございます。 ・既に「TEAM EXPO 2025」プログラムに登録されている共創チャレンジ(共創パートナー)におかれても、スタートアップ・ブースト・プロジェクトの趣旨に合致する活動であればスタートアップ・ブースト・プロジェクトにご参加いただくことができます。 ・大阪・関西万博会場への出展方法等の詳細につきましては、決定次第、別途お知らせいたします。個別のお問合せにはお答えしかねますのでご了解ください。   【資料掲載】 ・スタートアップ ブースト プロジェクトの概要 【以下のリンクよりPDFを表示可能】

    続きをみる

イベント

2025年日本国際博覧会協会からのお知らせ

  • 「TEAM EXPO 2025」ミニMEETING

    日時 2024.07.24 15:00 〜 18:00
    形式 リアル

    続きをみる

  • 「TEAM EXPO 2025 MEETING」 in Tokyo

    日時 2024.07.30 13:00 〜 17:00
    形式 リアル

    続きをみる

  • SBPオンラインピッチ #5 【アーカイブ掲載】

    日時 2024.04.16 15:00 〜
    2025.12.31 16:00
    形式 オンライン

    続きをみる

共創チャレンジ / 共創パートナーからのお知らせ

  • 「資源循環プロジェクト」第4回公式Web説明会

    日時 2024.07.17 13:30 〜 14:30
    形式 オンライン+リアル

    続きをみる

  • イーブルなごやフェスティバル2024/スクエアダンス体験会

    日時 2024.06.29 13:00 〜 15:00
    形式 リアル

    続きをみる

  • みんなで踊ろう!大阪・関西万博オフィシャルテーマソング 「この地球の続きを」公開練習会+盆踊り練習会もあるよ!

    日時 2024.06.23 13:30 〜 16:30
    形式 リアル

    続きをみる

みんなの投稿

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 一人一人が生きやすくなる『フルーツ占い』

    今日はフルーツ占いセラピストの井上亜紀さんの体験談です。先日、30年来の友人と会いました。今までの私をよく知る彼女は、 短所も長所も『全部があなただから』と 30年間、私を受け入れてくれてます。自己価値心理学『フルーツ占い』は、 短時間でその人のことを理解するためのひとつのツールです。専門分野で力を発揮することが出来る彼女の娘さんは「ライチ」 フルーツ占いは、それを伝えることで、 いのちを育む一翼を担っていると感じます。一人一人が生きやすくなる 自己価値心理学『フルーツ占い』に関わることができ、 感謝します。

    続きをみる

  • 2024年4月12日 TEAM EXPO 2025 テーマセッション(自然・環境)に出展しました

    2024年4月12日(金)11:00~17:00 おおさかATCグリーンエコプラザ ATCビル ITM棟11階 木材利用工法の紹介、木製ガードレール完成現場の動画、「直根」を生かした斜面緑化のパネルなどを展示しました。 山林を健全に育てていくことが私たちの生活を守り、安全な未来へつながります。 建築だけではなく土木分野でも木材を積極的に利用し、間伐による森林保全に役立てることなど、私たちの取り組みの紹介をさせていただきました。 また、放置された山を再生することも土木のチカラならではと考え、広葉樹の深根性、直根性を生かした苗の育成と広範囲への植栽を行います。 多くの皆様にブースに立ち寄っていただき、貴重なお話もたくさんお聞きすることができました。 今後もこれまで培ってきた経験、技術を生かしながら「自然を支える土木プロジェクト」として防災・減災の実現をめざします。

    続きをみる

  • 2024年 第1回 安富町花あじさい復活プロジェクト

    2024年6月12日に第1回安富町花あじさい復活プロジェクトを実施しました。地域の方、PTA、企業、姫路市から200名近くであじさいの苗づくりを行いました。 前半は、阪神播磨グリーンアドバイザーの会の木下博先生から、あじさいの歴史・植生・美しい農村等について教えていただきました。 後半は、みんなであじさいの挿し木と鉢上げを行いました。この苗は1年半かけて育てて、来年の秋に植栽予定です。 NHK「リブラブひょうご」さんの取材もあり、安富地域貢献チームの生徒がプロジェクトへの思いを伝えました。 リブラブひょうご ▽再開へ 宝塚歌劇団宙組公演 ▽あじさい復活をかけて – #リブラブひょうご – NHKプラス

    続きをみる

  • パートナーシップ企業「ICORA」で小学生対象DJ体験を実施!

    「第一生命堺支社 地域のチカラプロジェクト」の温井です! 第一生命堺支社は2024年3月27日にパートナーシップ企業であるICORAさまの放送局で地域のこども向け体験型イベント「春休み小学生対象DJ体験」を実施しました。当支社ではICORA放送局に地元企業をお招きして企業さまのご紹介をしていますが、今回、将来の地元を担っていく子どもたちに色々な体験をしていただきたいとの思いから、DJ体験実施の運びとなりました。当日は初めてのDJ体験で、最初は緊張していたお子さまたちも次第に慣れて楽しんでいただけました。体験されたお子さまたちからは「楽しかった!」「貴重な体験をさせてもらった!」と大好評でした。   第一生命堺支社では、今後も引き続き地域の方に喜んでいただける参加型イベントを実施していきたいと思います。  【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 堺支社担当:温井メールアドレス:Nukui051@daiichilife.com

    続きをみる

  • Fujiりんぴっくにて第一生命グループ女子陸上競技部元選手による走り方教室を開催しました!

    「第一生命大阪南支社 地域によりそうプロジェクト」の中西です! 第一生命大阪南支社藤井寺営業オフィスでは、藤井寺市との包括連携協定のもと様々な協働取組みを実施しております。今回、その一環として、2024年5月12日に藤井寺市立スポーツセンターで行われた藤井寺市教育委員会事務局教育部スポーツ振興課によるスポーツイベント「Fujiりんぴっく(※)」にて、当社グループ女子陸上競技部元選手による走り方教室を開催いたしました。 ※Fujiりんぴっくとは藤井寺市で毎年実施されている小学生対象の50m走・100m走の記録会です。 藤井寺市からの依頼に基づき、当社グループ女子陸上競技部元選手の田中花歩さんによるランニング教室を開催。お天気が心配される中でしたが、記録会前にたくさんの子どもたちに参加いただきました。陸上の専門の先生に教えてもらえる貴重な機会ということで、子どもたちは楽しみながら一生懸命取り組んでいました。記録会では、子どもたちはランニング教室で学んだことを活かして、ゴールまで全速力で駆け抜けました。 大阪南支社は引き続き、地域活性化に繋がる活動、地域課題解決に向け取り組んでまいります! 【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 大阪南支社担当:中西メールアドレス:Nakanishi327@daiichilife.com

    続きをみる

  • 第一生命京都総合支社は宇治市と「包括連携協定」を締結しました!

    「第一生命京都総合支社 創りだそう共感のGoodサイクルプロジェクト」の山中です! 第一生命京都総合支社は、2024年5月20日、誰もがイキイキと暮らせる宇治市のまちづくりをさらに発展させることを目的に、宇治市と「地方創生に関する包括連携協定」を締結しました。   これまでも宇治市では、西宇治体育館にてB.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「京都ハンナリーズ」との協働企画として小学生バスケットボール教室の開催、京都南営業オフィス敷地内にて「おぐらdeフェスタ」として地元の飲食店などのブース出店や資産形成セミナーなどを実施、市内の高校で消費者教育・金融保険教育教材として自社開発した「ライフサイクルゲームⅢ」を活用したライフプラン研修を実施するなど、地域の活性化につながる取組みを実施してまいりました。 今後は、以下の取組みを予定しております。・「宇治市健康づくり・食育アライアンスUーCHA(うーちゃ)」(※)での各種イベント参加や周知活動を行う・宇治市開催のスポーツイベントにて血管年齢測定などのブース出展を行い、地域の皆さまへ健康に関する情報を提供する・宇治市のがん検診受診率向上に向けた取組みに支援を行い、地域の健康増進に貢献する ※宇治市健康づくり・食育アライアンスUーCHA(うーちゃ)とは健康づくりや食育活動に取り組んでいる団体がつながり、それぞれの取り組みをより充実したものにしていこうというネットワークです。 第一生命京都総合支社は、今後も地域課題解決に向けて広く取り組んでまいります。 【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 京都総合支社担当:山中メールアドレス:Yamanaka872@daiichilife.com

    続きをみる

共創パートナー

複数の共創チャレンジを生み出し・支援をする法人・団体

  • 公益財団法人産業雇用安定センター

  • 株式会社乃村工藝社

  • ÅGOT NORDIC

  • 公益社団法人関西ニュービジネス協議会

  • 経済産業省 四国経済産業局

  • 日本電気通信システム株式会社

  • 京都信用金庫

  • ブリッジコンサルティンググループ株式会社

  • 日本正月協会®

  • 学校法人追手門学院

  • SOMPOひまわり生命保険株式会社

  • 環境省近畿地方環境事務所