公益財団法人大阪産業局

共創パートナー

2021.05.13

EXPO2025-大阪の未来を創るプロジェクト

 大阪の中小企業、ベンチャー企業による新たな課題解決の手法や未来社会への取組を支援するため、当財団がこれまで培った豊富なノウハウを提供し企業とともにチャレンジを行います。
 また、当財団が運営・展開する「大阪産業創造館」「TEQS」「おおさかイノベーションハブ」「MOBIO」をはじめとした拠点や事業が持つ情報機能やネットワークを活用し、企業との共創事業を展開したいと考えています。

未来への宣言

 大阪・関西の中小企業、ベンチャー企業による SDGs への取組を後押しし、持続可能な社会の実現に向け、企業と共に創造する未来社会の一員であり続けます。

創出・支援したい共創チャレンジ

・中小企業が持つ技術や製品、サービスに対する支援を通し、SDGs で示される社会課題を解決する取組
・当財団の事業拠点の特性を生かした、未来社会実現のための企業支援
・大阪産業の底上げ、大阪経済の発展を目指し、大阪・関西万博を契機とした中小企業との共創による取組

 当財団では、これまでも企業の新たな価値創出に向け、大阪企業に寄り添い、共にチャレンジを行ってまいりました。
引き続き大阪・関西万博のテーマに沿い、未来社会へ向けた「共創」のチャレンジに取り組みます。

提供できるリソース

人材中小企業支援に関する専門知識や豊富な支援経験を持つ人材
ネットワークサポーター、パートナー、プレイヤーによる支援ネットワーク
https://www.obda.or.jp/about/network.html
フィールド大阪府内外
情報発信・PRネットワークを通じた情報発信、機関誌、HP、メールマガジン等

今後の展開

今後展開したい地域 大阪における様々なフィールドでの取組を展開させつつ、大阪以外の地域ともオンラインによる事業イベントの実施・連携等を検討。
共創を希望する方々 チャレンジ事業のテーマに取り組む大阪の中小企業、ベンチャー企業及びそのカウンターパートとなる様々な企業。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

 当財団が展開する先進技術拠点のノウハウにより、「いのち輝く未来社会のデザイン」のサブテーマである「EmpoweringLives 力を与える」への取組を実践し、様々なネットワークと専門人材により企業マッチングを駆使して「Connecting Livesつなぐ」機能を果たします。

SDGsとの関わり

 当財団の設立目的「大阪の中小企業等の経営力強化や創業支援等の事業を行うことにより、府内中小企業等の健全な創出及び育成を図り、もって活力ある大阪経済の発展に寄与する。」の実現のため、中小企業支援の取組を通し、持続可能な未来社会の育成に貢献します。

公益財団法人大阪産業局

 当財団は、 大阪経済の発展に寄与することを目的に、大阪を中心とした中小企業、 ベンチャー企業向けに様々な支援事業を 展開する中で、豊富な支援ノウハウを培ってまいりました。
 時代のニーズや今日的課題を踏まえ、中小企業と大阪経済の発展に向けて、在阪企業の国際展開、海外企業の大阪への投資を促す「国際ビジネス支援」や、大阪で芽吹く企業のさらなる発展や定着を促す「創業支援」「スタートアップ支援」、持続可能な大阪産業発展のために後継に悩む企業を支える「事業承継支援」等に重点を置きつつ、中小企業支援の取組を幅広く推進しています。