見るだけじゃない、
あなたが主人公になる万博がはじまります。

「TEAM EXPO 2025」は多様な人たちがチームを組み、多彩な活動で大阪・関西万博とその先の未来に挑む、みんながつくる参加型プログラムです。

新着情報

  • 2022.08.
    10
    1000日前イベント

    道頓堀盆おどりインターナショナル2022

  • 2022.08.
    10
    お知らせ

    「TEAM EXPO 2025」プログラム公式ウェブサイトの障害のお詫びとお知らせ

  • 2022.08.
    09
    イベント

    TEAM EXPO 交流会 @東京 【8月29日開催】

  • 2022.08.
    09
    みんなの投稿

    持続的な地域貢献プラットフォーム確立を目指し、地元スポーツクラブや地元メディアと「包括パートナーシップ協定」を締結しました!

共創チャレンジ

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 老若男女みんなでつながろう!踊ろう!日本文化の盆踊り

    「ふるさとの数だけ盆踊りがある」――盆踊りは約500年以上前から脈々と受け継がれている、日本の伝統的な行事です。ご先祖様をお迎えし、感謝と共に踊り、送るという盆踊りの考え方は、ご先祖様からつながって現代に生きる私たちの命の営みに感謝することにつながります。  盆踊りは、地域社会に根付き、子どもからお年寄りまでが同じ輪になって踊ることで、世代を超えたコミュニケーションを育み、地域文化の継承にもつながります。また、コロナ禍で地域のお祭りや伝統行事が途絶えかけている中、お祭りに向かって多様な世代が協力していくことにより、地域の防災力の向上にもつながります。昔から踊られている盆踊りの所作は、老若男女が無理なく楽しんで踊ることができ、手だけでも、足だけでも動かせば踊りに参加できます。飛び込みでも、見様見真似ですぐに踊ることができ、精神的・肉体的にも一体感や幸福感を得られ、健康増進にも効果があります。  このような、古来の日本の素晴らしい考え方に基づいた、現在も進化中の盆踊りという文化や、日本人が大切にしてきた心を、大阪から日本中へ、海外へ知ってもらいたい。そのために2025年の大阪万博に向けて機運を盛り上げていきます。

    続きをみる

    チーム名Dance!ダンス!盆おどり!!
    共創メンバースターダスト河内 / 交野ヶ原交野節・おどり保存会 / 寺方提灯踊保存会 / 特定非営利活動法人Adovo / 翠香園町自治会 / 朝日丘町青年会 / 十八音楽総合企画 / 滋賀県江州音頭協会 / 滋賀県江州音頭普及会 / bondance.joy / JAGAM / Komars Group / 一般社団法人日本盆踊り協会 / ケアンズ日本人会 / 河内音頭五月会 / 大阪府立桜塚高校軽音楽部 / 世界のリズムで盆踊りby studio tRibES
    主な活動地域日本 兵庫
  • ステハジプロジェクト「 みんなで拡げる給水スポット 」 チャレンジ

    OSGコーポレーションが取組む「ステハジプロジェクト」は、 “使い捨ては恥ずかしい”という考え方を通して、誰でも(子供から高齢者・企業・自治体など)、いつでも、どこでも、少しの意識と行動で、海洋プラスチックごみ問題や使い捨てから生まれる、その他様々な社会課題を、個人・企業・自治体が一体となって啓発・実践し、みなさんと一緒に行動変容に取組むプロジェクトです。 ステハジプロジェクトが啓発する「 みんなで拡げる給水スポット 」チャレンジ 環境やコストのことを考えるとマイボトルを持ち歩きたいけど、中身がなくなったあと、荷物になるし、ついついペットボトルを買ってしまう。もっと「日常のライフスタイルの中で給水できる場所があればいい」を叶えるプロジェクトです。 自宅や、職場・学校、いつのものスーパー・ドラックストア、お気に入りの料理店や美容室。いつでもどこでも、マイボトルの中身が無くなれば給水するRefill Style。そんな新しい日常(未来)のスタートです。 仕事先なら自社はもちろん、訪問先の取引先でも給水させてもらう。 学校で無くなれば学校で給水する。 いつも立ち寄る場所が ”私の” ”私たちの” ”みんなの” 給水スポットとして拡げていきます。 あとは、給水スポットを「給水検索サイトに登録」することで、給水できる場所がいつでも簡単に確認ができるようになります。 また、この取組みは「 夏の社会的健康課題 ”熱中症” 」の予防にもつながります。 熱中症は、毎年5万人を超える人たちが緊急搬送されています。しかし、熱中症は誰でも対策を行えば予防できます。その対策の一つに「こまめに水分補給」を行うことは欠かせません。 誰でも、いつでも給水できる新たな日常(未来)持続可能な社会を目指します。

    続きをみる

    チーム名ステハジプロジェクト
    共創メンバーOSGコーポレーション/ウォーターネット/OSGウォーターテック/象印マホービン/タイガー魔法瓶/ピーコック魔法瓶工業/DESIGN WORKS ANCIENT/一般社団法人Social Innovation Japan/水Do!ネットワーク/公益社団法人アジア協会アジア友の会/おおさかマイボトルパートナーズ/OASIS INTERNATIONAL/アカカベ/滋賀特機/LIVEWELL GROUP/広島ガス住設/福島酸素/フルタニ産業/大沢電機/ジャパンボトラーズ/光電業社/フェイス/サンムーヴィング/エムエストーカイ/中村タイル/愛進堂/サニコン/小野商会/スズキガス/ムラネン/大谷商会/石井燃商/共同瓦斯/大松/サンクチュアリ/ニシムラ/伊藤建材工業/九州教具/ミヨシ産業/宮崎プロパン/朝日プロパン/東邦通信システムズ/ビクター特販/富士/サンセキ/宮川商店/Fast Fitness Japan/ナガセキトーヨー住器/ワールドコーヒー/竹内薬品/クワタ/おくどはんRUN-WALK Style/太陽/泉屋/菱自梱包/四国物産/スギ薬局/マリヤ医科興業/南九州液化ガス/中島商事/共立トランスポート/セントラルガス/新誠運輸倉庫/タイピック/飛鳥/土佐ガス/八尾トーヨー住器/東洋/イケモト/富士野/山下硝子建材/野村建設工業/ユタカファーマシー/コノエ/紙弘/大智/旭ガス/ユニバーサル園芸社/関西電装機器/ディーフォーエル/アポロ月山/福島リコピー/広中電機/ケアーズ/神戸エコール/アスカデンタルサプライ/ネストツバメ/TANAKA/龍玉精工/酒直/アースインフィニティ/大畑住建/豊後プロパン/サツマガス工業/三笑堂/伊東ガス/大和協同ガス/サタケ/装栄/琴平自動車/よどや/Gracias/ハウス・デポ・ジャパン/中部トータルサービス/玉井産業/文昌堂/トーゴーマシンサービス/滋賀建機/ダイフィル/関西・健康経営推進協議会/山口総合建材/青木住巧/六甲商会/防府日石ガス/NADIX/甲南建材/石見エネパワー/三愛オブリガス播州/ライトハウス/ウォーターネット秋田/しょうわ/小野田液化ガス販売/ウェルネスシェア/イシグロ/大興印刷/第一機行/ウォーターネット三栄/タケウチ/中国電通/キョウプロ/九州スチール工業/みずの/マダ/内田金属/タック/ジャパン建材/丸産業/
    主な活動地域日本
  • ステハジプロジェクト「 ペットボトル 50億本 削減 」チャレンジ

    OSGコーポレーションが取組む「ステハジプロジェクト」は、 “使い捨ては恥ずかしい”という考え方を通して、誰でも(子供から高齢者・企業・自治体など)、いつでも、どこでも、少しの意識と行動で、海洋プラスチックごみ問題や使い捨てから生まれる、その他様々な社会課題を、個人・企業・自治体が一体となって啓発・実践し、みなさんと一緒に行動変容に取組むプロジェクトです。 ステハジプロジェクトが啓発する「ペットボトル50億本削減」チャレンジ 毎年800万トンとも言われる海洋プラスチックごみが海に流入し、そのほとんどが一度流入すると回収できていません。また、流入前に回収しても「埋め立て」や「焼却」などの問題が発生しています。  そこでこのチャレンジでは、海洋プラスチックごみのひとつ「飲料ペットボトル」を少しの行動変容で、選ばない、使わない選択を啓発して行きます。 チャレンジでは、3つの啓発内容を中心に取組んで行きます。 ① マイボトルでの飲み物の持ち歩きの普及で削減  個人・各企業・自治体など、まずはみんなで7日間から持ち歩き体験を実践スタート ② 学校機関との連携による子供たちとの共創  学校への「SDGs子供先生」「水資源を一緒に考える映画鑑賞」などの出張授業を共創メンバーと実施  ③ 社会貢献型商品(冷水機/整水器/ステンレスボトルなど)の普及で削減

    続きをみる

    チーム名ステハジプロジェクト
    共創メンバーOSGコーポレーション/ウォーターネット/OSGウォーターテック/象印マホービン/タイガー魔法瓶/ピーコック魔法瓶工業/DESIGN WORKS ANCIENT/一般社団法人Social Innovation Japan/水Do!ネットワーク/公益社団法人アジア協会アジア友の会/おおさかマイボトルパートナーズ/OASIS INTERNATIONAL/アカカベ/滋賀特機/LIVEWELL GROUP/広島ガス住設/福島酸素/フルタニ産業/大沢電機/ジャパンボトラーズ/光電業社/フェイス/サンムーヴィング/エムエストーカイ/中村タイル/愛進堂/サニコン/小野商会/スズキガス/ムラネン/大谷商会/石井燃商/共同瓦斯/大松/サンクチュアリ/ニシムラ/伊藤建材工業/九州教具/ミヨシ産業/宮崎プロパン/朝日プロパン/東邦通信システムズ/ビクター特販/富士/サンセキ/宮川商店/Fast Fitness Japan/ナガセキトーヨー住器/ワールドコーヒー/竹内薬品/クワタ/おくどはんRUN-WALK Style/太陽/泉屋/菱自梱包/四国物産/スギ薬局/マリヤ医科興業/南九州液化ガス/中島商事/共立トランスポート/セントラルガス/新誠運輸倉庫/タイピック/飛鳥/土佐ガス/八尾トーヨー住器/東洋/イケモト/富士野/山下硝子建材/野村建設工業/ユタカファーマシー/コノエ/紙弘/泉産業/大智/旭ガス/ユニバーサル園芸社/関西電装機器/ディーフォーエル/アポロ月山/福島リコピー/広中電機/ケアーズ/神戸エコール/アスカデンタルサプライ/ネストツバメ/TANAKA/龍玉精工/酒直/アースインフィニティ/ヨシキ/大畑住建/豊後プロパン/サツマガス工業/三笑堂/大和協同ガス/サタケ/装栄/琴平自動車/よどや/Gracias/ハウス・デポ・ジャパン/中部トータルサービス/玉井産業/文昌堂/トーゴーマシンサービス/滋賀建機/ダイフィル/関西・健康経営推進協議会/山口総合建材/青木住巧/六甲商会/防府日石ガス/NADIX/甲南建材/石見エネパワー/三愛オブリガス播州/ライトハウス/ウォーターネット秋田/しょうわ/小野田液化ガス販売/ウェルネスシェア/イシグロ/大興印刷/第一機行/ウォーターネット三栄/タケウチ/中国電通/キョウプロ/九州スチール工業/みずの/マダ/内田金属/タック/ジャパン建材/丸産業
    主な活動地域日本
  • すべての印刷物を“グリーンプリンティング”に

    私たちの暮らしや文化を支えてきた多くの印刷製品。この印刷製品を製造する工場と印刷製品の環境配慮を認定するのが“グリーンプリンティング”(GP)認定制度です。紙・インキ等の資材の選定、印刷工場での製造、納入に至るまでが認定の範囲です。このGP認定制度を万博参加者や関係者をはじめ、日本中に広めたいと考えています。また、GPマークは日本国内で製造した海外向けの一部印刷製品にも表示されていることから、海外から万博に来場する方々にも先進的な日本の取り組みについて認知を広めていきたいと考えています。これらの取り組みにより、環境面におけるSDGsの達成に貢献することを目指します。 日本印刷産業連合会では、GP認定制度の業界内での認知を進めるために、今までも説明会を定期的に開催していますが、共創チャレンジへの登録を機に各種イベントでのGP制度の紹介・説明を積極的に展開していきます。

    続きをみる

    チーム名Team GP
    共創メンバー一般社団法人日本印刷産業連合会
    主な活動地域日本
  • みんなで繋がれば世界は変わる!

    日本からSNSやメディアを使ってコラボ活動をし、国境や性別や考えなどの壁を越えて生き生きと生きる人を紹介するなどして、多くの人への様々な理解を深めていきたい。そして、その理解が自分の人生の選択を増やしたり、自分らしく生きる人の手助けとなるような活動をしていきます。 国境や性別や考えなどの壁を越えて一緒に何かをすることで、より理解し合い尊重し合える世界を創る! Akiraは20年以上アメリカ航空会社の客室乗務員として海外を飛び回り、国際社会や様々な人種を理解する機会を得てきました。そして、自身がゲイであることをカミングアウトした経験などを活かして、現在はゲイのスピリチュアルユーチューバーとなり、人が自分らしく生きる応援活動をしています。 メインの活動としては、企業での勉強会やトークショーイベント、そしてSNSを使った様々な場所で、僕が自分らしく生きている姿を見せることで、自分らしく生きたい人を応援してきました。 「より良い社会づくりを目指す人同士で手をつなぐことで未来は変わる」 世の中をより良くしたいと思う人達が手を取り合って行動すれば、そのパワーは想像もつかないほど大きなものとなります。自分らしく生きる世界を創りたい!そんなことを考えるみなさんと一緒に手をつないで活動していきたいです。

    続きをみる

    チーム名Akiraの世界を元気にする部屋
    共創メンバーAkira 飯島恵 内野瑠三 かまる
    主な活動地域日本 神奈川
  • 世界中の皆様に樹木の苗木の植栽体験を!

    SDGs・2030年以降、地球に生き続ける未来を見据えて、私たちに出来る事は何か?それは、世界中の一人ひとりが木を植える事が出来るということ。私たちは樹木の苗木の植栽体験を『neoharu』を通じて提供し、その機会と場所を「TEAM EXPO 2025」プログラムで実現します!

    続きをみる

    チーム名KIOUETAI
    共創メンバー山形 照視〔山形開発工業(株)〕/西野 浩行〔(株)グリーンエルム〕/若林 武志〔大阪府立久米田高等学校〕/丸山 美紀〔キューベリー(株)〕/小薮 正志〔スタンダード・フォト・サービス〕/眞下 晋一〔特許業務法人アローレインターナショナル〕/米田 大作〔エトエワークス診断士事務所〕/白樫 勤〔(株)カンプリ泉州〕/宮﨑 博幸〔リコージャパン(株)〕/小山 正辰〔森ノ宮医療学園ウェルランゲージスクール〕/井上 恵二〔追手門学院小学校〕/春井 徹〔㈱サンバースト〕/岩﨑 正子〔社会福祉法人 桃花塾〕/ダルビッシュセファット郁代〔NPO法人ウィンウィン〕
    主な活動地域日本 兵庫
  • 未利用資源をペット用品で活用しませんか?

    今私たちが当たり前のように使っている、日用品・食べ物などは高い品質基準が求められています。 その結果、商品を生産する過程では廃棄物が多く発生しています。 またこれらを廃棄するには、CO2の発生等で地球環境に大きな負荷をかけているのです。 しかし、これらは有効活用することができるかもしれない、大事な資源です! 我々はペット用品メーカーとしてのノウハウを活かし、未利用資源を用いて 地球にやさしいペット用品づくりに取り組むことで、地球環境負荷の削減に貢献します。

    続きをみる

    チーム名ジェックス株式会社 ロス削減チーム
    共創メンバー眞鍋 翠 砂川 大喜 楠 ひかり
    主な活動地域日本

レポート

(公社)2025年日本国際博覧会協会からの「TEAM EXPO 2025」プログラムの活動状況報告です。

  • 1000日前イベント

    道頓堀盆おどりインターナショナル2022

    イベント名 道頓堀盆おどりインターナショナル2022 HP https://www.facebook.com/Dotonbori-Bon-Odori-International-102996392496681 開催期間 2022年8月13日~8月14日 開催場所 とんぼりリバーウォーク(道頓堀:戎橋〜太左衛門橋) イベント内容 2015年道頓堀開削400周年を記念して、「世界最大の盆おどり」として、ギネス世界記録を達成した『道頓堀盆おどりインターナショナル』。2019年まで毎年道頓堀の夏の風物詩として開催を続けてきましたが、コロナの影響で2020年、2021年と休止を余儀なくされましたが、3年ぶりに開催が決定。昼間の音楽&ダンスのパフォーマンスステージに続き、両日とも夕方から盆おどりを楽しんでいただきます。2025年大阪・関西万博を盛り上げていこうと、新しい盆おどり『夢洲音頭』も披露。フェイスブックページでは、英語での案内も充実させ、万博の機運醸成にもつなげていきます!是非、お盆の土日は道頓堀にお運びください!! 事前申込 不要 主催 主催:道頓堀商店会  共催:世界盆おどり連盟 問合せ先 info@bon-odori.org  

    続きをみる

  • 1000日前イベント

    SDGsヒーロー絵本1000冊プロジェクト

    イベント名 SDGsヒーロー絵本1000冊プロジェクト HP HOME | My Site (yuyuyuweb.wixsite.com) 開催期間 2022年8月1日~8月31日 開催場所 オンライン ※絵本展は吹田市内ギャラリー イベント内容 SDGsヒーロー絵本コンテスト16番目の目標を実現するSDGsヒーロー物語「平和の子」の絵本をつくります。☆応募作品は、すべてデジタルミュージアムで展示します。☆受賞作品は、吹田市内のギャラリーで展示します。☆受賞作品は、賞状と副賞(図書カードほか)が贈られます。募集:8月1日 - 8月31日9月 1日    デジタルミュージアム展示9月 9日   審査結果発表9月17日-18日 「SDGsヒーロー絵本展」ギャラリー展示 事前申込 ホームページから申込(https://yuyuyuweb.wixsite.com/sdgs-hero-ehon) 主催 一般社団法人次世代こども教育協会 問合せ先 office@nextkiz.org   ☆私たちの挑1000(ちょうせん)! 内容 SDGsヒーロー絵本1000冊プロジェクト1000人の小学生がSDGsヒーロー絵本1000冊つくりにチャレンジします。 ※挑1000企画とは1000日前イベントにおいて、「1000」にちなんだ目標設定やプログラムに挑戦(挑1000)していただきます。また、それらのイベントはハッシュタグ「#挑1000」を用いてSNSで発信していただきます。

    続きをみる

  • 1000日前イベント

    近大生かずきの昆虫食博覧会/NEXT GENERATION FOOD

    イベント名 近大生かずきの昆虫食博覧会/NEXT GENERATION FOOD 開催期間 2022年8月18日~23日 開催場所 なんばマルイ イベント内容 なんばマルイのSDGsの取り組みの一環として、上記期間中、マルイの地下のイベントスペースにて、「昆虫食」のPOP UPを開催します。関西で昆虫食の普及に取り組む現役の近畿大学生・清水和輝によるオリジナル昆虫食品を多数取りそろえ、ワークショップなども開催します。なお、2025年の大阪・関西万博を目指して活動する近畿大学・アカデミックシアターの学生グループ「NEXT GENERATION FOOD」による昆虫食の企画展示を併せて開催し、新たな食を通じて、SDGsについて考えるきっかけを創ります。 主催 清水和輝/近畿大学アカデミックシアター学生プロジェクト「NEXT GENERATION FOOD」 問合せ先 kazuki@nextnewworld.co   ☆私たちの挑1000(ちょうせん)! 内容 1日1000人の方に「昆虫食」を通じてSDGsや万博の取り組みについて知っていただくためのアピールを行います。 ※挑1000企画とは1000日前イベントにおいて、「1000」にちなんだ目標設定やプログラムに挑戦(挑1000)していただきます。また、それらのイベントはハッシュタグ「#挑1000」を用いてSNSで発信していただきます。

    続きをみる

  • 1000日前イベント

    福山未来共創塾に聞く「共創力を高める地域交流プロジェクト」

    イベント名 福山未来共創塾に聞く「共創力を高める地域交流プロジェクト」 開催期間 2022年8月25日(木)19:00ー20:30 開催場所 オンライン イベント内容 共創研究会発足イベントの第一弾としてTEAM EXPO共創チャレンジに参加されている広島県福山市「福山未来共創塾」様にご登壇頂き、その取り組みや活動事例ををご講演いただき、参加者同士でディスカッションするなどの交流を通して、共創チャレンジの場作りを増やすことを目的としています。   ▽タイトル福山未来共創塾に聞く「共創力を高める地域交流」プロジェクト ▽タイムスケジュール(暫定)1)趣旨説明(5分) 2)共創研究会のご紹介(5分)3)福山未来共創塾様の取り組みご紹介(10分)4)インタビュー(40分)ゲスト:松原様・藤田様①福山未来共創塾発足のきっかけ・エピソード・どのように進化してきたのか・立ち上げ期の苦労話など②共創について・共創のイメージ「協働の街づくり」とは・民官連携の難しさ、乗り越えて来たこと・印象に残っているエピソードなど③福山未来共創塾のミライ・今シーズンの取り組み・目指していくこと、今後の展望・参加者へのメッセージ④質疑応答 4)参加者のワーク(共創塾で実施したワーク一部を取り入れるなど可能か?5)最後に改めて「共創とは?」 事前申込 https://peatix.com/event/3316888 主催 共創研究会(TEAM EXPO 2025 in 九州、一社)U-me、一社)母親アップデート 問合せ先 杉本 09056240352、eri.s@haha-update.com   

    続きをみる

  • 協会

    「TEAM EXPO 2025」プログラム オフィシャルPR動画を制作!ぜひご活用ください!

    こんにちは、TEAM EXPO 2025 事務局です。 2022年7月18日に2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)が開催1000日前を迎えるのに合わせ、「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前プロジェクト ~万博まであと1000日。未来を変えるをはじめよう~を8月31日までの期間限定で実施中です。この「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前プロジェクトのひとつとして、「TEAM EXPO 2025」プログラムのオフィシャル公式PR動画を制作しました。この動画は、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジの活動の記録写真を参画者の方々からご提供いただいたものを活用し制作したものです。ご提供いただいた写真はどれも笑顔であふれているステキなものばかり!写真をご提供いただきましたチームの皆様、ご協力ありがとうございました。 また、この動画のナレーションは、共創チャレンジ『「EXPO2025」PR大実験』(https://team.expo2025.or.jp/ja/challenge/82)に取り組んでいる大阪芸術大学放送学科の学生さんが担当していただいています。 今回はその時のナレーション収録の様子を少しだけレポートします。 【6月某日・大阪市内某スタジオ】画面手前がナレーションを担当してくれた大阪芸術大学の大坪さんまずは、画面には合せずに自分のタイミングとペースでナレーション原稿を読み上げます。   今回の動画作成のプロデューサーから熱のこもった指導を受け、細かい抑揚や発声の調整を行います。   いよいよ本番!大坪さんが一人録音ブースに入り、一文づつ丁寧に確認しながら、録音作業が行われました。最初はかなり緊張していた大坪さんですが、徐々に調子がのってきて、完成版は、Take1に比べると、素人の私たちでもわかるほど、ナレーションの印象がガラリと変わり素晴らしいものに仕上がりました。動画は約1分間ですが、録音作業は約1時間。大変な作業でしたが、大坪さんにとっては良い経験になったようです。   こうして出来上がった73秒のオフィシャルPR動画は、「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前特設ページや当協会YouTube チャンネルでご視聴いただけるほか、毎日放送のちゃやまちプラザ(大阪市北区)のダックスビジョン、その他1000日前プロジェクトにご登録いただいたイベント等でご覧いただけます。 こちらの動画を活用したい!場合は、TEAM EXPO 2025事務局までお問合せください。〔お問合せ先:contact-co-creation2025@expo2025.or.jp〕また、1000日前プロジェクトに登録されたイベントも「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前特設ページ に多数掲載されています。みなさま、ぜひチェックしてみてくださいね。

    続きをみる

  • 1000日前イベント

    MERRY SDGs ACTION「MERRY SDGs ART GARDEN」

    イベント名 MERRY SDGs ACTION「MERRY SDGs ART GARDEN」 HP http://www.merryproject.com/event/20220730/ 開催期間 2022年7月30日(土) 13:00~16:00 開催場所 MERRY ART GARDEN(東京都港区元麻布3-1-38 第五谷澤ビル7BC)及びさくら坂公園(東京都港区六本木6−16−46) イベント内容 1)「みんなのSDGs」劇場 未来を変えるメッセージ 未来のメッセージブック「みんなのSDGs」の紙芝居から、自分でできるSDGsアクション考えよう!  2)野菜の大収穫/見て、触れて、採って、自然を学ぼう 東京が一望できる屋上農園で、野菜の収穫体験!緑に触れて、命の大切さについて考えてみよう!(講師:東京農業大学 教授 入江憲治)  3)MERRY CLEAN UP お揃いのビブスを着て、みんなでクリーンアップ。地域ボランティアに参加してみよう。  4)みんなで踊ろう!ダンス・ダンス・ダンス! ダンスで広げる心の輪!音楽に合わせて自由に歌って、踊って、楽しく表現してみよう!  5)MERRY SMILE ACTION/笑顔の傘&笑顔の撮影会 SDGsのファーストアクションは「笑顔」。みんなの笑顔を世界に発信しよう!   <予定スケジュール> 13:00 開会式 あいさつ13:10 未来を変えるメッセージ「みんなのSDGs」読み聞かせ13:30 自然観察授業/野菜の収穫体験(稲の観察や植物の観察)14:00 MERRY CLEAN UP(MERRY ART GARDEN〜さくら坂公園)14:30 みんなで記念撮影(さくら坂公園)15:00 みんなで踊ろう!ダンス・ダンス・ダンス15:30 笑顔の撮影15:50 表彰状授与式/終わりのあいさつ16:00 終了 事前申込 こちらからお申込みください。https://forms.gle/VLqq1oNDLZSvQYSC6 主催 NPO法人 MERRY PROJECT 問合せ先 NPO法人 MERRY PROJECT・TEL:03-3478-1931・MAIL:merryproject21@gmail.com

    続きをみる

イベント

2025年日本国際博覧会協会からのお知らせ

  • 協会

    TEAM EXPO 交流会 @東京 【8月29日開催】

    日時2022.08.29 17:00〜 18:30
    場所Open Innovation Biotope “Sea”

    続きをみる

  • 受付終了
    協会

    【EXPO PLL Talks】 アート&インパクト:イノベーターと共に考えるアフター万博の世界vol.01【6/1開催】

    日時2022.06.01 18:30〜 20:30
    場所大阪工業大学 梅田キャンパス3F常翔ホール

    続きをみる

  • 受付終了
    協会

    「TEAM EXPO 2025」プログラム オンラインプレゼンテーションセミナー 参加者募集!

    日時2022.04.20 15:00〜 16:00
    場所オンライン(Zoom)

    続きをみる

共創チャレンジ / 共創パートナーからのお知らせ

  • 天橋立名勝100年!宮津市の「美食まちづくり」

    日時2022.09.01 〜2022.09.03
    場所ホテル&リゾーツ 京都 宮津
    共創パートナー学校法人大和学園

    続きをみる

  • 泉州自給率100%レストラン

    日時2022.01.21 〜2023.03.31
    場所大阪調理製菓専門学校
    共創チャレンジ泉州美食EXPO

    続きをみる

  • 大阪ファッション産業振興フォーラム プレゼン&交流会「先端技術の活用による業界への提案」

    日時2022.08.31 14:00〜 16:00
    場所大阪商工会議所
    共創チャレンジファッション・SDGs推進プロジェクト

    続きをみる

みんなの投稿

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 関西一の食品ロス削減推進団体に

    Youth Consortium Projectは若者達が『できる』選択肢を増やす為の仕組です。若者達の活動を全国で繋ぎ、社会と協力することで、共生社会のサステナビリティ化に繋げる、全国1300団体以上が繋がる仕組みです。 今回はその内の1団体、『食品ロス削減推進プロジェクトC.S.S』さんをご紹介します。     【団体名】 食品ロス削減推進プロジェクトC.S.S     【主な活動エリア】 関西、大阪     【活動目的】 食品ロス削減、食品ロス問題の啓蒙推進     【活動内容】 杉浦農園でのボランティア。そこで対価として頂いた野菜をこども食堂に届ける活動。フードバンクでのボランティア。企業様との協賛による商品開発、食品ロス削減・啓蒙推進のためイベント参加。主にSNSを通した食品ロスに関する知識や情報の発信。     【活動での実績・内容】 株式会社ロスゼロ様主催のイベント、商品開発への参加。 株式会社奄美大島開運酒造様との焼酎開発。     【活動での課題】 何か行動を起こしたいと思う他の学生団体や企業さんと共に勉強会などを開催するなどの活動を通し、より知識をつけていく必要性を感じています。また、通常の活動に加え映像など幅広いツールを使って情報発信をしたいと考えているためクリエイターの方とのコラボもしてみたいと考えています。方面問わず一緒に活動したいと思っていただける方はSNSまたはc.s.skindai7gmail.comでお待ちしています。   【将来成し遂げたいこと】 関西一の食品ロス削減推進団体になる。という目標を掲げ、具体的にはイベントを通した食品ロス問題の啓蒙を続け、一人でも多くの人に食品ロスについて知ってもらい行動につながっていくことを目指しています。食品ロス問題は環境問題や飢餓問題、経済分野などあらゆるところに繋がっているとても重要な問題です。私たちは、食品ロス問題解決に取り組むことで他の問題解決へも繋げていきたいです。     【活動風景】         【発信】 Instagram https://www.instagram.com/c.s.skindai7/ Twitter https://twitter.com/css_kindai WEB https://act.kindai.ac.jp/act_activity/projects/cb006e357691eb360fe7b84808c7efc4eb5d76c3.html facebook https://www.facebook.com/c.s.skindai7      Youth Consortium Projectでは、今後もこのように連携団体や個人の活動を紹介していきます。団体・個人への連絡は上記SNSよりご連絡ください。またYouth Consortium Projectへのお問い合わせは下記よりお受けしております。お気軽にお問い合わせください。   次回の共創チャレンジ投稿もお楽しみに。     https://youth-consortium.jp/ https://twitter.com/y_consortium https://www.instagram.com/y_consortium/ 【お問合せ先】 Youth consortium Project推進室 担当:里村 satomura@youth-consortium.jp

    続きをみる

  • 持続的な地域貢献プラットフォーム確立を目指し、地元スポーツクラブや地元メディアと「包括パートナーシップ協定」を締結しました!

    「第一生命堺支社 地域のチカラプロジェクト」の吉本です! 第一生命堺支社は2022年6月6日に、持続的な地域貢献活動を可能にするプラットフォームの確立を目指し、地元メディアや地元スポーツクラブ7社と「包括パートナーシップ協定」を締結しました。 地域社会の発展や地域の皆さまの活力推進に向けた取組みを実現するため、当社と協定締結企業7社にテレビ岸和田を加えた9社を「パートナーシップ企業」と設定し、協定式同日に「パートナーシップ企業」の皆さまと、地域のしあわせ実現に向けて地域課題の共有や意見交換の場とする「地域しあわせ懇談会」を実施しました。健康・福祉に関することや地域・暮らしの安全、子どもの健全な育成・安全対策などの様々なテーマで活発な意見交換がなされました。                  今後は、今回実施した「地域しあわせ懇談会」で出された沢山の意見や取組み案をもとに、組織を超えて共創し、堺・泉州エリアの地域課題解決に向けた活動を行ってまいります! (左上から、FC岸和田/堺シュライクス/堺ブレイザーズ/いこらじお/FMいずみおおつ/J:COM/ラヂオきしわだ/テレビ岸和田)   【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 堺支社担当:吉本メールアドレス:Yoshimoto355@daiichilife.com

    続きをみる

  • SDGsについて考えるキャンプに協力しました

    2022年8月7日(日)~8日(月)、公益財団法人 愛知県教育・スポーツ振興財団が主催で開催された「学び、実践しようSDGs!自然体感キャンプ in美浜」へ協力いたしました。本キャンプは愛知県美浜少年自然の家にて開催され、小学5年生~中学2年生の子供たちと高校生ボランティアが参加しました。折兼は飲食の際に使用するバガス容器を提供するほか、入所式で環境問題や環境にやさしい素材バガスについて講義を行うなど、環境問題についての啓蒙を行いました。また、海の生態調査やフードロス削減を意識したバーベキュー、クラフト体験、ニュースポーツ体験を行うなど活動を通して、SDGsのさまざまな項目について学ぶことができました。     主催の愛知県教育・スポーツ振興財団のHPは以下よりご覧いただけます。 愛知県教育・スポーツ振興財団のHP

    続きをみる

  • 絵本が韓国でも発売されました!

    こんにちは。 NPO法人HIKIDASHI代表の大石真那と申します。   私たちは、「げっけいのはなし いのちのはなし」という性教育絵本を通して、 小さい頃からの性教育の大切さや生き方の多様性を広く伝えるための活動を「共創チャレンジ」として登録し、 様々な活動を行っています。     そして、この度、なんと、 その絵本が韓国でも発売されることになりました!!   日本と同じようになかなか性教育が進まないとされている韓国。   そこでもこの絵本が、小さい頃から親子で楽しく気軽に性について話ができる環境を作るための一翼を担っていることがとても嬉しく、 まさに万国博覧会の「共創チャレンジ」としての大きな一歩だなということを感じました。   これからも、国内で、そして海外で、 この絵本を通して大切なことを伝え続けるために活動していきます!!     なお、私たちは今年の4月に立ち上がったばかりの団体で、 まだ資金が決して十分とは言えません。   もし私達の活動に興味を持ってくださった方は、 ぜひお力を貸していただけるととても嬉しいです   どうぞよろしくお願いいたします。     NPO法人HIKIDASHI 代表理事  大石 真那 https://npohikidashi.wordpress.com/

    続きをみる

  • 8/6 第12回ECOプロ 万博1000人ゴミ拾い 活動報告

    第12回ECOプロを実施しました! 今回は、コロナ状況と熱中症対策として、全員オンラインで活動しました。日本全国から多くの方が参加してくださり、今回は中国の上海から参加してくださった方もいました! 夏休みっぽく(?)ラジオ体操!ならぬ、“ECOプロ体操”をして、ウォーミングアップしてから、ゴミ拾いに出発しました!身体もほぐれて楽しかったです♪お天気が不安定な中でしたが、全国で無事にゴミ拾いをすることができました。 一般参加者の感想の一部をご紹介させていただきます。 ・初めて参加させて頂きましたが、活動途中で会った方にご苦労さま!ありがとうと声をかけて頂き、とても嬉しかったです!また参加したいと思いました!(中学生・大阪) ・暑い中でも、色々発見など普段ゴミを捨てている人がどれくらい大変かということが学べて楽しかったので、非常に満足しました。(高校生・上海) ・今まで道を歩いてる時にゴミが落ちているかどうかを意識してみることがなかったが、ゴミ拾いのために道を歩いたのでたくさんゴミを見つけることができました。ゴミは道路の真ん中などには落ちておらず溝や草に紛れて落ちているのでゴミを捨てる人が減るような対策が出来たらなと気づきが生まれました。(高校生・岡山) ・地方ではあまりボランティア活動の機会がないため、オンラインで全国の方とゴミ拾いをする事ができてよかった。(高校生・石川) ・私は正直この町ではあんまりゴミを見かけたことがなかったので多分外に出てもあまりないんだろうなーという気持ちでゴミ拾いに出掛けたのですが、悪い意味で期待を裏切られ驚いたと共に自分が使っている町だから誰が捨てたとか関係なく拾うべきだと感じました。(高校生・埼玉) ・ゴミ拾いを通して綺麗に保たれている場所は自然にそうなっている訳ではなく、誰かが綺麗にしているんだなと気づけたからです。ありがとうございました。(高校生・大阪) ・ゴミ拾いに参加するのは初めてだったので、始めはなかなかゴミを見つけられなかったのですが、段々周りを見ているうちに小さいゴミも見つけられるようになりました。今までは気付かなかったものの、自分の周りにゴミが沢山あるということを身近に感じることができ、ごみに対する意識も変わった気がします。(高校生・東京) 自分が実際に動いてみてこそ得られる発見や達成感がありますね!動かなければ、ゴミ1つでさえも拾うことはできないですが、一歩を踏み出して今回ボランティアに参加してくださった方々に感謝します。 これからもたくさんの人と一緒に楽しくゴミ拾いしていきたいです!  

    続きをみる

  • イベント開催報告:「森のようちえんウィズ・ナチュラ」エクスカーション

    2025 年大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジで一緒に活動している「森のようちえんウィズ・ナチュラ」さんへ、共創チャレンジメンバーがエクスカーションしてきました。 少し時間が経過しておりますが報告いたします。 https://www.withnatura.com 日時:2022年5月24日(火)〜2022年5月25日(水) 1日目:田植え     田植えをすることを勧めない。選択は子供個人が自由に決める。     そして選択の結果を周囲が暖かく受け入れる。     田んぼにいる「カエル」を巡って「命」の大切さを体感している。     そのような時は子供を否定せず静かに気づくのを待つという姿勢が、     子供の自尊感情を育てていることを実感した。      2日目:森の中     とても静かで鳥のさえずりや風の音、森の自然を深く感じる場所。     子供同士のトラブルでは、子供自身の感情がいえるように向きあう。     森の遊具は手作り、子供たち自由にやりたいことをして過ごす。     ロープで作られた遊具で使い方を考えながら夢中に遊んでいる。     大人は命に関わる危険がないかだけを、ただただ見守っている。      エクスカーションを通して ・ルールで縛らない、必要なことはみんなで話し合う。 自分で考え自分で行動しその行動の責任もとる力、(EQ:Emotional Intelligence Quotient)を伸ばす
ことを体現している。・自然の中で五感をフルに働かし生き物や植物を感じることで、一人ひとりの感性が磨かれている。・子どもや大人という年齢の概念ではなく対等で一人ひとりの個性を大切にする。・それが成長の場を創造し、子供が大人を信頼するという場づくりができている。・子供の課題は親と共有しスタッフが支える。 お母さんを孤独にさせずお母さんも見守る。 それが子供への安心感にもなっている。・これこそ本物の生きる力を育む
 =自分で自分を幸せにする力well-being(身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念)な生き方あり方を価値創造が育まれていると感じた。 私たちが「未来への宣言」として掲げている「子どもたちの成長を通して、全てのおとなたちも共に育つ「共育の場」」を体現されていることを体感しました。 詳しくはNoteに投稿しておりますのでご参照ください。 https://note.com/mie_nana/n/na93e4164ac53 これを全国に展開すべく次なるイベントを企画中です。 次回はイベント開始前に告知して参ります。 今後とも共創チャレンジをしていきます。ぜひ、ご一緒に活動していただける方がございましたらお声がけください。       

    続きをみる

共創パートナー

複数の共創チャレンジを生み出し・支援をする法人・団体

  • 学校法人佐藤学園 大阪バイオメディカル専門学校

  • 在日スイス大使館

  • 一般社団法人大阪府専修学校各種学校連合会

  • 一般社団法人ファインバブル産業会

  • 学校法人大和学園

  • 池田市

  • 日本フルハップ

  • 株式会社 商工組合中央金庫

  • 医療法人社団梅華会

  • KMC 実行委員会

  • 富田林市

  • 寝屋川市