防ごうロコモ!介護を予防!

共創チャレンジ

2022.02.01

法人

チーム名チームケーエスケー
共創メンバーケーエスケー:岡本総一郎 武田英男 北村隆一 齋藤高弘 杉本豊志 山内孝祐 中村昌二 永山勝也 山田起由 池之上慎 西村章愛 佐伯雅子
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 地域活性化 / コミュニティ・まちづくり、住まい /

私たちの共創チャレンジ

当社は、社員および2府4県の薬局薬剤師を中心に、「ロコモゼロトレーナー」資格の取得を推奨しています。ロコモゼロトレーナーは、各種イベント等の様々な場面で、ロコモについての啓発や、ロコモ予防体操の普及に努めています。ロコモを予防することにより、将来介護状態になるリスクを減らし、健康寿命を延ばすことに貢献できます。
今後ますます高齢化が進み、要介護人口も増加していくと思われます。要介護状態になる原因の約4分の1が運動器の障害と言われており、早くからのロコモ予防対策が将来の要介護人口の抑制に役立ち、健康寿命の延長に繋がると考えます。多くの人がロコモを理解し、予防に取り組むことにより、全ての老若男女が笑顔で元気に、健康的な日常生活を送ることができる街づくりを目指します。
※ ロコモティブシンドローム(ロコモ):「立つ」「歩く」といった機能(移動機能)が低下している状態のこと

未来への宣言

2040年を見据えた地域共生社会の実現のため、多職種、異業種が連携し、一人ひとりが生きがいを持って暮らすことのできる社会の醸成を応援します。私たちの取り組みや成果を日本国内の様々な地域、ひいては世界に発信し、世界中で多くの人々が健康で幸せに長生きできる未来を創造します。

きっかけ

私たち共創メンバーは、医療総合商社(株)ケーエスケーの地域包括ケア推進部のメンバーが主体となっています。当社は、地域密着活動を中心にSDGsの3番、11番、13番、および17番について主に取り組んでいます。そのうちの3番「すべての人に健康と福祉を」および11番「住み続けられるまちづくりを」をメインとした取り組みである「ロコモゼロトレーナー」の育成をより一層充実させ、運動器障害による要介護を減らし、多くの人が健康で長生きできる街づくりを推進します。
今後、さらに活動の輪を広げ、いのち輝く未来社会のデザインに貢献したいと考え、共創チャレンジへの参加を希望します。

取組の展開

今後展開したい地域・方法近畿2府4県において、当社と関連のある保険薬局、介護関連企業を中心に、「ロコモゼロトレーナー資格講座」を開催しています。今後、対象を広げ大阪を始めとする2府4県での活動をより活性化し、実績や成果等を当社ホームページ、学会、雑誌などを通じて全国に発信することにより、大阪モデルの活動を広めてまいりたいです。さらに、この大阪モデルを世界に向けて発信していきたいです。
共創を希望する方々各地域の薬剤師会、薬局、薬剤師および本提案に賛同していただける団体、商業施設、地方自治体など
介護予防ネットワーク協会

大阪・関西万博のテーマとの関わり

今後の日本では、ますます高齢化が進むことにより、要介護人口の増加が予想されます。多くの人がロコモを理解し、予防に取り組むことにより、要介護状態になる原因の約4分の1を占める運動器の障害による要介護者を減らすことができると考えます。健康で長生きし、生きがいのある生活を送ることができる街づくりを目指す本チャレンジは、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の実践に大きく貢献すると考えます。

SDGsとの関わり

ロコモゼロトレーナーを数多く育成し、住民のロコモに対する理解を深め予防に取り組むことは、多くの人が健康で長生きできる社会創りに寄与します。今後、ますます高齢化が進む中で、運動器障害による要介護者を減らすことは、全ての人が住み続けられる優しい街づくりに寄与すると考えます。

連絡先 sugimoto_toyoshi@web-ksk.co.jp(杉本)

               nagayama_katsuya@web-ksk.co.jp(永山)

このチャレンジの投稿

  • 防ごうロコモ!介護を予防! ロコモ予防活動(明石市朝霧南町 雅薬局 駅前店)

    私たち、株式会社ケーエスケーは、社員および近畿2府4県の薬局薬剤師を中心に、「ロコモ*ゼロトレーナー」資格取得を推奨しており、様々な場面でロコモについての啓発や、ロコモ予防体操の普及などに取り組んでいます。   2022年8月18日に、明石市朝霧南町の雅薬局 駅前店様が毎月実施されている「みやびホットカフェ」でフレイルチェック(加齢度チェック)をテーマにしたイベントを開催されました。雅薬局様は、当社が提案したロコモゼロトレーナーの資格を取得されており、積極的にロコモ予防のイベントを開催されています。今回当社は、ロコモ予防活動のひとつである、介護予防ネットワーク協会から講師をお招きするお手伝いをさせていただきました。   イベントは、予約制で実施されました。当社と連携している介護予防ネットワーク協会のロコモコーディネーターが、健康寿命についての講義と、健康寿命を延ばし、転ばない体を維持するためのロコモ予防体操を1時間ほど実施されました。 また、立ち上がりテスト(片足で40cmの椅子から立ちあがる)や、姿勢のチェック、その他相談なども行われ、皆さんはわきあいあいと終始笑顔で参加されていました。   今後、ますます高齢化が進む中、ロコモに対する理解を深め予防に取り組むことは、将来介護状態になるリスクを減らし、健康寿命をのばすことにつながります。 ロコモを理解し実践してもらうことで、多くの人が健康で長生きし、生きがいのある生活を送れるようになると良いですね。   ロコモ*:ロコモティブシンドロームの略、「立つ」「歩く」といった機能(運動機能)が低下している状態のこと   【問い合わせ先】  株式会社ケーエスケー 地域包括ケア推進部  sugimoto_toyoshi@web-ksk.co.jp  

    続きをみる