未来を変える「サス活」 1GOAL&1ACTION

共創チャレンジ

2021.11.25

法人

チーム名EARTH MALL編集部
共創メンバー小田部 巧、腰塚 安菜
主な活動地域日本
活動テーマ大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

サステナブルな買い物や、SDGsに貢献する日常的な活動(サス活)について、知りたい、取り組みたい、或いは情報発信をしていきたいと考えている、志を共にする共創チャレンジをサポートします。
そこで、『未来を変える「サス活」 1GOAL&1ACTION』と題して、共創パートナーや共創チャレンジの取り組みを取材し、このチャレンジの活動報告として継続的に発信していきます。また、EARTH MALL公式ウェブサイトにもコーナーを設置し、その記事を紹介していきます。
この結果、サス活を実践する人が少しでも増え、SDGs達成に向けて一歩でも近づけたらと考えています。

未来への宣言

買い物をすることが、サステナブルな未来を創ることにつながる社会を目指します。未来をより良いものに変える、価値あるモノやサービスを、一緒に探していきましょう!

きっかけ

『未来を変える買い物 EARTH MALL』は、SDGsを実現する未来へのアクションを創りだす有識者のプラットフォーム『OPEN 2030 PROJECT』(代表・蟹江憲史 慶應義塾大学 政策・メディア研究科教授)から生まれ、株式会社博報堂が社会実装を担っているプログラムです。
サステナビリティや社会貢献という言葉は、一見「高尚なもの」で、生活からは離れているものと捉えられがちです。しかし、普段多くの人が行っている「買い物」をする時に、その商品がどこで生まれて、どうやって手元に来たのかを考えた時、その商品を買うということは、その商品に関係する人々の未来をつくることにもなります。
そこで、そんな商品の背景にあるストーリーと、その商品がどのようなインパクトを世の中に与えようとしているのかを知り、選ぶことで、自分たちにとって望ましい未来をつくるといった、新しい「買い物のワクワク」を提供できないかと考え、活動をスタートしました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法すでに始まっている国内での活動を全国へと広げていき、さらにはEARTH MALLのネットワークを活かして海外の共創チャレンジともコラボレーションをしたいと考えています。
共創を希望する方々志を共にできる既に取り組み始めている企業や生産者、このような活動に興味があり自分も参加して広げていきたいと考えている生活者やその団体の方々と共創したいと考えています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「消費者」から、いのち輝かせる「生活者」へ。
現代では、生産の場と買い物の場は分断され、商品は自然の恩恵であることを十分に感じられず、買い物の場は、いかに安く手に入れられるかが重視される、ただ消費を促す場になっているのではないでしょうか。買い物が、「いのち」を感じられ、「いのち」への貢献を促すアクションへと変わり、結果としてSDGsが目指す人々がよく生きられる社会を実現することは、「いのち輝く未来社会のデザイン」につながると私たちは考えます。
大阪・関西万博で行われる買い物は、「いのち」へのどんな貢献につながるかが見える買い物になっていることを私たちは願っています。

SDGsとの関わり

『未来を変える買い物 EARTH MALL』は、環境面と社会面でSDGsに貢献する買い物であることを重視し、多くの人々が意志のある買い物ができるようサポートし、持続可能な未来を実現することを目指します。そのためには、買い物に関わるすべてのステークホルダーの協働(パートナーシップ)が必要となります。EARTH MALLは、みんなで共創しSDGsを達成する、SDGsアクションプラットフォームとして、これからも取り組んで参ります。

■お問い合わせ先

博報堂 SDGsプロジェクト
EARTH MALL 担当:小田部(コタベ)

ウェブサイト:https://earth-mall.jp

メール:staff@earth-mall.jp

このチャレンジの投稿

  • 「プラスチック焼却ごみをなくす。ごみとなるものは運ばない」

    「2025年の未来に託す1GOAL&1ACTION」。初回はEXPO2025博覧会、テーマパークや競技場などのイベント会場で石油由来のプラスチックを環境にやさしい植物性、生分解性プラスチックに置き換え、普及・展開を目指す「ZerOウェイスト」の皆さん。メンバーの皆さんそれぞれの目標と、続ける・つながる「サス活」に迫りました。 ライター 腰塚安菜   チームの1ゴール: 「プラスチック焼却ごみをなくす。ごみとなるものは運ばない」 今回のインタビューは協和株式会社・Bioworks株式会社(以下バイオワークス社)・シンクピアジャパン株式会社の3社から多くのご参加者に出席いただいた。話を聞いて驚いたのは、各社がそれぞれの役割を明確に意識し、チーム「ZerOウェイスト」を編成していたこと。チーム内で「共創」の形をとりながら、プラスチックの焼却ごみを無くすことと、ごみとなるものを運ばないこと、2つのアプローチで地球温暖化対策につなげる共通目標を持っていた。   ■環境にやさしいプラスチック「ポリ乳酸」の普及を目指して はじめに、大阪府高槻市に根差す協和株式会社の原田淳一さん(機能性材料推進部)は、チーム内の各社の役割を説明してくれた。 協和社では、生分解する環境にやさしいプラスチック「ポリ乳酸(PLA)」を普及し、その使い方を提案する役割を意識してきたという。「ポリ乳酸」開発企業のバイオワークス社、それと組み合わせる、後述の「生分解装置」を担当するシンクピアジャパン社の3社タッグで生まれたのが、チーム「Zer0ウェイスト」(*)だ。 *チーム名には、プラごみ「ゼロ」という目標に、パッと見た時の字面の印象でユニークネスも付加したメンバーの皆さんのこだわりが反映されているとのこと。 「ポリ乳酸」という素材には、まだ馴染みのない読者もいることだろう。 バイオワークス社で営業を担当する三宅禎輝さんによると、古くからあった「ポリ乳酸」は、ここ3年で急速に脚光を浴び、問い合わせが増えているそうだ。同社では、それまで使い勝手に乏しかった生分解性の素材の物性を自社技術で改質。タオル、マスク、ルームウェアなどのアパレルへの展開等、繊維商品での活用幅が次々と広がっている。秘密は同社がつくる「独自の添加剤」。これにより商品が長持ちし、繊維が高機能になったという。   ■「自然界の微生物で処理しよう」。シンクピアジャパン社のごみ処理のこだわり 次に生分解装置のパイオニア、シンクピアジャパン社長 松岡清次さんにお話を聞いた。15年前、ごみ処理機の販売をスタートさせてから今日に至るまで、企業にも生活者にも徐々に価値を知ってもらえるようになってきたという。前提として「綺麗なペットボトルなどはリサイクルできるが、一方でマヨネーズのように汚れたプラごみ容器は、自然界の微生物で処理が困難なため分別して処理する必要がある」と教えてくれた。同社ではこれをテーマに「エネルギーを使わず、CO2を出さずにごみを無くすこと」にアプローチしてきたそうだ。 中でも興味をひかれたお話は、その汚れた生分解性プラスチックごみや生ごみを箱の中で分解する「微生物のおうち(担持体)」へのこだわり。ごみを熱ではなく、自然界の微生物の力で処理する装置で、これにより同社のキャッチフレーズ「運ばず・燃やさず・その場で処理」を実現してきたそうだ。松岡さんの「(バイオワークス社、協和社とのコラボでつくった)微生物が食べやすいトウモロコシ、サトウキビ製素材で、微生物の“おうち”も生分解性になった。」そんな表現で、これまで話に聞いてきた「生分解性」という言葉への小難しい印象が変わり、とても身近に感じられた。   チーム「ZerOウェイスト」からの続ける・つながるアクション提案: 素材を扱うバイオワークス社(新田和也さん)からのサス活提案は「使いにくかったポリ乳酸を自社の添加剤の技術で実現した、普通のプラスチックと変わらない素材の品質を知ってもらい、積極的に導入・活用してもらうこと」。「使いやすくて普通のものと見た目も変わらない。添加剤自体も限りなく100%植物由来かつ生分解性で安心だから、広く採用してほしい」と強調した。今後、テーマパークや競技場など、身近なイベント会場、もちろん大阪・関西万博会場でも「環境にやさしいプラスチック」が広がっていく展開に期待したい。 「素材をカタチにする」協和社(原田淳一さん、廣田裕司さん、前田徹さん)からは、色々なカタチにすることができる「ポリ乳酸」素材を今まで使えなかった部分にも使ってもらい、世の中に浸透させていくアクションを、自社「サス活」として提案。一方、ポリ乳酸は一般的に使われる安い樹脂より値が張るため、コストも無視できないという課題もあるという。その上でも「環境にやさしい素材」であることを理解いただき、導入を検討してほしいと抱負を語った。   最後にシンクピアジャパン社 社長 松岡さんからは、インタビューで強調した装置改革で「『微生物の “おうち” (前述の「担持体」)ごと生分解性にしたこと』が、ここ1年での1アクション」とユニークな表現で自社のサス活を提案してくださった。これまでは2年に1度ほど、その微生物の “おうち” 自体をごみとして出ていたが、ごみにならない植物由来に変えたことで、投入したごみも、“おうち”もごみにならない仕組みに。徹底的に「全部出さない」を、他に先駆けて実現させていることが強く印象に残った。 また、ごみといえば「分別」を我々は想起しやすいが、今回のインタビューで、松岡さんを始め、3社のご参加者からの発言で、何度も飛び出したのが「なくす」、「運ばない」というキーワード。いわば、ごみ課題への2つのアプローチだ。 松岡さんは、ごみを「出さず、なくす」以上に「運ばない」手段の選択も強調。例えば、地方では山の麓からごみを輸送する行程がつきもので課題となってきたというが、シンクピアジャパン社の「運ばない」考え方に共感する自治体(長野県立科町など)とは、共創で課題解決にむかう取り組みが既に進行中とも紹介してもらった。   サス活を提案するEARTH MALLの視点では、協和社の原田さんが締めくくりに話した「プラスチックを扱ってきて、ご飯を食べてきた」という言葉にもう一つヒントを得たと感じる。原田さんのように、プラごみ0アクションを単発のイベント限りで終わらせず、ライフワークとして向き合う人が増えることも、プラごみ課題に対して「これから何かを始めなければ」という人にとって、1つのアクションヒントとなるのではないだろうか。 世界的にプラごみが問題視される今、チーム「Zer0ウェイスト」が掲げる共創チャレンジは、万博会場でも注目を集めるだろう。2025年まで追い風を受けて羽ばたく取り組みの大きな可能性を感じさせた。   取材にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。 「ZerOウェイスト」の共創チャレンジはこちら

    続きをみる