聖徳太子1400年を契機とした太子巡礼の道観光ルートの創造

共創チャレンジ

2021.09.03

法人

チーム名聖徳太子まち旅プロジェクト
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

聖徳太子をめぐる道を日本の古代史観光のキラーコンテンツとした巡礼街道(観光ルート)を創造する。2025年の日本国際博覧会で来日される世界からの訪問客に対して、日本創成の4世紀から8世紀にかけての主要な舞台が大阪と奈良に集中し、世界に開かれていた歴史をわかりやすく伝え、これらの舞台を楽しく巡る体験観光の場を提供することで、歴史文化による観光産業の発展と国際交流の促進を図る。具体的には、2021年3月のシンポジウム「古代史観光の未来展望」で取り上げた「聖徳太子往来の道」に関わる都市を拡大する予定である。聖徳太子が亡くなられて斑鳩から大阪府太子町の王陵の谷に埋葬(叡福寺)されるまでのストーリーを「巡礼街道」の観光ルートとして確立する。 1400年忌以降は、2025 年日本国際博覧会に向けた「古代史ゴールデンルート」の創造に向けて取り組む。

■展開したい地域

聖徳太子往来の道を起点に、斑鳩から太子葬送の道を経て叡福寺に至るルートに関わる地域の人々、自治体、観光事業者他と連携協力し、事業を推進する。
 1400年忌以降は、2025 年国際博覧会に向け、中百舌鳥・古市古墳群、熊野街道、飛鳥等とも連携し「古代史ゴールデンルート」の創造を目指して取り組む。

■共創を希望する方々

・聖徳太子巡礼の道に関わる自治体・関係機関、地域の人々、学識者。
・プロジェクト全体について相談・指導をお願いしたい機関(文化庁、観光庁、国土交通省、経済産業省、農水省、外務省、内閣府他)
・資金支援に関わる公的機関、民間協賛企業他
・報道に係る機関(新聞雑誌、NHK・民間放送局他)

■大阪・関西万博テーマとの関わり

本プロジェクトは「いのち輝く未来社会」を目指す事が最終目標である。「我が国を代表する古代史」を体験していただき「歴史の学び」を通して、「生きる喜び」を世界の人々と共有すること。それが新しい日本の姿を世界に訴求する大きなチャンスと考えられる。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 八尾市

  • 公益財団法人大阪観光局