世界同時1000人やぶさめ立射演武チャレンジ

共創チャレンジ

2021.05.14

法人

チーム名十和田流鏑馬観光連盟
共創メンバー上村鮎子、一戸岳士、櫻田功、澤田万里、小舘秀樹、中野守、澤田洸平、上村隆
主な活動地域日本 / 青森
活動テーマスポーツ / 文化・芸術(アート) / エンターテイメント / 観光、インバウンド / 地域活性化 /

私たちの共創チャレンジ

①広大な敷地や実際の馬を用いずとも、競技流鏑馬の一部を体感・理解できる参加型のプログラム「流鏑馬立射演武」を指導するための巡回教室を日本国内で行います。
②「流鏑馬立射演武」解説動画を制作するとともに、リモートでも指導が可能な環境をつくり、国内外への普及活動をします。
③①および②の参加者が一同に集う(リモートも可)「流鏑馬立射演武」披露イベントを開催します。

未来への宣言

2025年、本事業にて集まった共創メンバー1000人(目標人数)で、演武披露を世界に向けて発信するとともに、参加者同志の友好親善を図ります。
同じプログラムを共有することで、世代や性別、地域を超えて、みんなが分かり合え、認めあう、そして世界中を笑顔にする場をつくります!
地域や国をまたぐさまざまな人の交流を活性化します!

きっかけ

私たちは、日本の伝統武芸である「流鏑馬」を、 古来の武芸に学び新しい時代の要素に応えながら、勇壮華麗な技を競い合える、老若男女楽しめる競技スポーツとしての定着・普及に努めるべく、競技大会イベント開催を行い、古くから馬の名産地として飛躍を遂げた青森県十和田市の観光振興にも努めています。
近年では、この流鏑馬をフックに、地域の歴史・文化や日本の伝統について身近に感じるとともに、国際的に活躍する場面を設定し、日本人が生み出してきた文化に対する誇りを持って、話したり説明したりできるための教育活動にも取り組んでいます。そこで用いる、「かたち」「やり方」「考え方」から学び、文化の背景にある思考や歴史までを深く知り現代にどう活かすかについて考える機会となる参加・体験型のプログラム「流鏑馬立射演武」を広めたいと思いました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法国内・・・巡回講習会実施
国外・・・英訳、オンライン講習
世界各国で共感していただける方を増やしたいと考えていますが、まずは日本国内の方々に認知していただくことを考えています。そのために、興味のある企業や学校、各種団体などとのコラボレーションさせて頂くことにより、深く触れていただく機会を増やしていきたいと考えています。
共創を希望する方々・企業、団体での研修
・小中高校での日本文化教育                  
・園児、子供たちへの演舞練習                        
・自治体やイベント主催者
などあらゆる機会に活動していきたいと考えます。
また、1000人チャレンジに参加したい個人でも構いません。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「いのち輝く未来社会のデザイン」のサブテーマ Connecting Lives(いのちをつなぐ)にフォーカスし、地域・世代を超え人と人が繋がる 広い地域とパートナーシップを組み、実現させ2025年の万博時にその成果を発表し、世界に発信していきたいと考えています。

SDGsとの関わり

4・・・「流鏑馬立射演武」指導講習を通じ、地域の歴史・文化や日本の伝統について身近に感じるとともに、文化の背景にある思考や歴史までを深く知り現代にどう活かすかについて考える機会を提供します。
5・・・老若男女楽しめる競技スポーツとしての流鏑馬の普及により、男女問わず社会で広く活躍できる方の創出を目指します。
17・・・ノーマライゼーションの理念に基づき、「流鏑馬立射演武」を通した性別・国籍・年代を越えた世界平和作りに貢献します。

■現在の活動(事業)内容

・流鏑馬に親しめる機会を提供するための行事の開催および支援( 「桜流鏑馬」「世界流鏑馬選手権」イベント開催)

桜流鏑馬/世界流鏑馬選手権
桜流鏑馬/世界流鏑馬選手権

 

 

 

 

 

 

 

・流鏑馬観光推進のための人材確保及び資質の向上 (「流鏑馬クリニック」セミナー、次世代リーダー養成プログラム 「Future Generations」)

流鏑馬クリニック

 

「Future Generations」高校生による流鏑馬紹介ブース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・流鏑馬事業を通じた馬事全般の啓蒙活動、宣伝紹介と観光客誘致 (「やぶさめ文化祭」展示会開催・出展、公式Youtubeチャンネル運営)

流鏑馬文化祭(毎年12月開催)

 

 

 

 

 

 

 

 

■提供できるリソース

①人材:日本馬事文化講習、流鏑馬立射演武指導       
②ネットワーク:日本各地の流鏑馬愛好者、連携乗馬クラブ等       
③技術・ノウハウ:イベント対応、衣装・弓具製作、動画制作       
④フィールド:青森県十和田市・オンラインにて(日本国内・世界)       
⑤情報発信・PR:動画(英訳化)にて情報発信を行なっていきます

このチャレンジの投稿

  • まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」(青森県十和田市)その8

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児9名(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。■12/11 お遊戯会本番 いよいよお遊戯会本番です。子供たちは8時半から集合し、着替えをしてスタンバイしていました。緊張しないように、園の先生が絵本の読み聞かせをしたり、一人ずつの記念写真を撮ったりしていました。子供たちは、いつも通りにおしゃべりする子もいれば、少し緊張してじっと椅子に座っている子もいました。ホールの客席には、お父さんお母さんがたくさん来ていて、ビデオカメラをセッティングしたりカメラを構えてスタンバイしていました。 ついに本番が始まりました。温かい拍手で迎えられ、子どもたちはいつもと違う雰囲気に少し緊張しながらも、弓の演武を堂々とやり遂げました。子供たちは、発表をしながら、客席の中にお父さんお母さんの姿を見つけ、少し恥ずかしそうにしたり、嬉しそうにしたり、いつもより張り切ったりしていました。 3人ずつ3組の発表が終わり、クライマックスでは9人全員で見事な演武を披露しました。みんな本当によく頑張りました!!最後になりますが、今日まで活動を共にしてくださったまるくこども園様、この活動を快く取り入れてくださった園長先生、子供たちの指導に慣れていない私に優しくアドバイスしてくださった園の先生、ありがとうございました!!そして何より、初めてやる弓矢に苦戦しながらも、一生懸命練習し、お遊戯会で完璧に発表してくれた年長組の子供たち、本当にありがとうございました!! 立射演武披露フルバージョン動画です   「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/

    続きをみる

  • まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」(青森県十和田市)その7

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児9名(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。■12/8本日は最終リハーサル日3月からの練習も今日が最後。本番同様の流れで行い、最終調整をしました。 立射演武は「お遊戯会」の一番最初のプログラムに決まりました。次回12/11本番、いよいよ子どもたちの凛々しい演武をご披露いたします!お楽しみに!!   流鏑馬立射演武普及事業 http://towada-yabusame.com/enbu/

    続きをみる

  • まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」(青森県十和田市)その6

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児9名(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。といったものの、前回8月の更新から約3カ月空いてしまいました・・・その間の状況は以下の通りでした。①9月からのコロナ感染拡大状況により、園と協議を重ねた結果、やむなく10月のイベントでの発表を断念!結局イベント(世界流鏑馬選手権)そのものも、無観客開催となってしまいました。②11月まで練習は行えませんでしたが、リベンジ案として12月にある園の「お遊戯会」にて披露することを決定!!③先生方と相談して、室内(舞台)でできる演目に再構成して練習再開!今後も活動記録を更新していきます。こどもたちの成長にご期待ください!■12/23カ月ぶりの練習会は、用意した衣装を着て練習してみました。実際に本番のステージで、入場から退場まで、一連の流れを繰り返し練習しました。久しぶりでみんな忘れていないか心配でしたが、見てみたらビックリ!! 前回の練習から今日まで、園の活動時間の中でたくさん練習してくれていたとのことで、子どもたちも演武の流れを覚え、その中で型もしっかりできていました! 先生、ありがとうございます!!子どもたちも集中して練習に取り組み、入場や礼など、太鼓に合わせてきれいに揃えることができました。 次回は、12/8(水)リハーサル日です!「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/

    続きをみる