「誰一人取り残さない」デジタル化の実現に向けた地域主体のデジタルデバイド解消へ

共創チャレンジ

2023.01.31

法人

チーム名ソフトバンク株式会社・阪南市市民活動センター・阪南市
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

 デジタルデバイド(情報格差)の解消や、地域におけるデジタル化を推進する起爆剤として、ソフトバンク株式会社と阪南市市民活動センター、共創パートナーである阪南市が連携して、スマホやタブレットなどを活用したセミナーや講座の開催、地域デジタルを通じたまちづくり人材である「スマホ相談員」の育成などを一体的に取り組む。
 また、「スマホ相談員」が各地域内で高齢者などが抱くスマホやタブレットなどのデジタル機器への不安の解消を行うことで、地域主体のデジタルシフトへの組織文化作りや官民連携などにつなげる。

■展開したい地域

 活動を拡大するため、協力・協賛する方々の声にアンテナを張りめぐらしながら、多様な主体と連携し、全国や世界のモデルケースとして横展開をしていきたいと考えています。

■共創を希望する方々

デジタル関連の本活動に共感する団体、企業等

■大阪・関西万博テーマとの関わり

 本活動の成果を大阪・関西万博を通じて全国・世界に発信することは、誰もがいつでもどこでもデジタル化の恩恵を享受できる「誰一人取り残されないデジタル社会」の実現に大きく寄与できるものと考えており、大阪・関西万博のテーマである未来社会の実現に関連するものと考えます。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 阪南市