[スタートアップブースト PJ] 自動運転レースを通してAI×モビリティ人材育成に貢献する!

共創チャレンジ

2022.12.31

法人

チーム名Virtual Motorsport Lab Inc.
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

Virtual Motorsport Lab(VML)は自動運転レースを通してAIとモビリティ技術を学ぶことが出来る開発体験シミュレータを提供しています。参加者はプログラミング (Python) を使って自動運転アルゴリズムの開発ができ、そのソフトウェアをベースに自動運転レーシングカーが走行します。ラップタイムが計測されるため、開発成果をすぐに体感できます。共創チャレンジを通して、プログラミング未経験でも参加可能な開発体験ワークショップや自動運転レース大会を開催することで、未来のAI×モビリティ人材育成に貢献します。

■展開したい地域

法人向けプロジェクトを随時拡大していきたいです (社員研修やマーケティングにも活用可能)
またプログラミング未経験者でも利用可能であり、現在高校、大学、大学院などで採用が始まっているため拡大していきたいです。

■共創を希望する方々

1. AIやモビリティ技術人材育成・採用に興味がある法人
2. 楽しく学べるAI×モビリティ関連のワークショップや講義を導入したい教育機関
3. 自動運転レースイベントとコラボしてくれる地方自治体

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博の開催期間中に、自動運転レース世界大会を開催することでグローバルに参加者を集めて未来のAI×モビリティ人材育成に貢献します。また来場者には直感的に先端テクノロジーを体感できる体験を提供します。