AIの社会実装を通して草の根の交流を進め、楽しく心温まる地域社会づくりに貢献する

共創チャレンジ

2023.02.07

個人

チーム名CDLE福岡
現在の活動地域 国/地域日本 福岡
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

CDLE (Community of Deep Learning Evangelists ) は、日本ディープラーニング協会(JDLA)のG検定・E資格の合格者の会であり、CDLE福岡は、CDLEの福岡支部に相当するコミュニティです。CDLE福岡は、福岡を中心に人工知能(AI)/ディープラーニングに関心のある方々の交流会、名刺交換会、勉強会、セミナー、LT会などを通して、新たなAIコミュニティを作ることを目的としています。また、CDLE福岡は産官学が協力して活動を進めていることが特徴です。さらに、CDLE福岡は、他の都市で地域活動を行っているCDLE大阪、CDLE名古屋、CDLE宮城との地域間連携を通して、地域におけるAIの社会実装を進めています。このように、CDLE福岡は、地方都市である福岡におけるAIの産業・社会実装推進活動により普及と浸透をはかることを最初の目標とし、次に、日本全国各地域のCDLEと連携して、また、行政、団体、企業との協力関係を構築することにより、CDLE福岡が目指す社会貢献を行っていきたいと思っています。

■展開したい地域

まずは福岡での活動を積極的に行い、次に福岡の近隣の九州地域に活動の幅を広げたいと思っています。また、大阪・関西万博2025共創チャレンジへの参画及びCDLE大阪との連携を通して、西日本地区へと活動の幅を広げたいと思っています。さらに、CDLE名古屋やCDLE宮城との連携を活用し、活動地域を全国に展開したいと思っています。

■共創を希望する方々

AIをどのように活用してよいか分からない方々やDXの推進にお困りな方々(行政、団体、企業、個人)を対象としています。また、CDLE福岡は、ヘルスケアDX、農業DX、ニューロダイバーシティ人材の社会での活躍などをコアテーマとして活動を行っていますので、これらに関心のある方々との共創を希望します。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」は、CDLE福岡の活動目標とまさに合致するものです。確かに、AIは魔法の杖ではありませんが、あらゆる産業、社会の夢をかなえる手段、道具となり得ます。AIの社会実装及び様々なコミュニティーとの連携を通して、いのち輝く未来社会の実現に向けて、明るく楽しいコミュニティ活動を行っていきたいと思います。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 株式会社 YOUI

  • パーソルダイバース株式会社