「もったいない」で喜びと健康を

共創チャレンジ

2022.10.14

法人

チーム名大市珍味
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

私たち大市珍味は、「食べた人を幸せに」を第一に考えた商品作りを行っております。
蒲鉾を主に魚肉を使用した手作り感のある創作商品をたくさんの方々にお楽しみ頂いております。

①フードロスをゼロに
生産ラインで発生する廃棄物や規格外商品を有効活用し、フードロスゼロを目標にします。新しい商品作りや魚骨などを別資源への変換、市場に出せない商品の寄付などを行い、フードロスの抑制を目指します。

②飢えをゼロに
世界では、満足に栄養やごはんを食べられない子供たちが世界中にはたくさんいる事を知りました。未来の子供たちが安心して成長できるよう食品の提供を行い、食育を交えながら子供たちが、健康で安心して生きていける世界を目指します。

③排水汚染をゼロに
生産を行う上で日々排出される工場内排水があります。水質汚染は、海洋生物に関わる問題であり、大市珍味の商品作りにも大きな影響を与える可能性があります。
大市珍味では、排水の浄化機能を考慮し、水の環境問題の解決に寄与致します。

■展開したい地域

大阪を中心に全世界まで広げていきたいと思います。
SNSやメディアを主にPR活動、食品ロスや健康、環境問題を考えた商品開発から、販路開拓を行い、様々な世代や人々と関わりを持ち、新しい時代に求められる製品を創造したいと考えております。

■共創を希望する方々

健康食、フードロス対策に共感頂ける方
地元住民・事業者・行政
PR活動に共感するメディア関係者
健康、食育に意識のある学校・介護施設・病院関係者

■大阪・関西万博テーマとの関わり

伝統の技を用いた新しい時代の食を創造すると共に、限りのある食材を無駄なく使用すること、栄養価を考慮した食品の提供を行う事で「環境問題」と「人々の健康」と「食べる喜び」を生み出す循環型の未来社会をデザインしていきます。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 富田林市