「いきる」輝きをかなえたい

共創チャレンジ

2023.04.28

法人

チーム名「いきる」輝きをかなえ隊
現在の活動地域 国/地域日本 京都
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

Lifeは、命、人生、生活です。
これは、「生活者」の視点であり、疾患や障害にとらわれることなく、
よりよく「生きる・居きる・活きる・逝ききる」を考えます。
そのために、人とのつながり、そして、キュア・ケアを紡ぐ人とみんなで一緒に考え行動していきます。

現在は大きく3つの活動を行っています。ひとつはコミュニティ作りによる研修事業、もうひとつがYouTubeで展開している「そもそもチャンネル」です。また、ケアを必要とする子どもたちを対象に「ぽれぽれcafe」という居場所と食事を提供する活動も行っています。

■展開したい地域

京都府から全国へ

■共創を希望する方々

「いきる」活動をともにする方々

■大阪・関西万博テーマとの関わり

万博という場所に障害があるから、病があるから諦めるではなく、誰もが参加できる。
支援があればできる、自分たちが行きたいと思うこと。それが、自立や自律であると思っています。その場所としてともに歩めばと思っております。
病や障害があると外に行ったり、いろいろな経験ができにくくなります。
そのため、まずは、大阪・関西万博に医療・ケアの専門家とともに安心して参加するということ。
また、会場にある食事を、医療的なケア児と兄弟姉妹たちが同じものを食べること。
そのためには、胃ろうに流し込む、ブレンダーを使用したり
特別な食事をしながらも同じ空間や同じ体験をすること。
このようなことを大阪・関西万博では行いたいと思います。

今後、高齢者40%、障碍者15%という世の中になります。
だれもが当たり前に、病や障害を負うからこそ、誰もが参加できること。
あたりまえをあたりまえに
これを目標にしています。

このチャレンジの投稿

  • 「いきる」輝きをかなえたい~みんなの「こえ」を届ける

    「いきる」輝きをかなえたい~みんなの「こえ」を届ける 三ツ矢雄二さんをお迎えして 5月20日京都で無事に開催されました。  昨年の夏に彼とともに考えたこと。いろいろと入退院があり、目が見えにくくなり、言葉が気管切開で出せなくなった。 耳で聞いて、頭の中で想像する。 自分が聞いてきた声優さんが講演とか声をかけてくれたらいいよね。そこから、この企画は始まりました。 「いきる」輝きをかなえ隊を2年以上前につくり、そこで2025年の大阪関西万博に行こうと思い、横のつながりを作ってきました。 「医療的ケア(経管栄養、酸素など)の必要な方たちが地域で暮らしている」 そのことをいろいろな関係者と共有し、つながりをつくる。 そして、一人じゃないということを知ってもらう。僕たち・私たちはここにいるよ。僕たちにできる声を届けることができるのではないかと思いました。 三ツ矢雄二さんにSNSでつながり、そして、DMを送りました。そして、企画書や活動していること、こういう想いで行っていること。 今日、知りましたが 5月20日のカレンダーに「京都 山下」だけ書いてあったそうです。本当にすみません 内容を確認したりいろいろと打合せしたり。そして、今日になりました。 三ツ矢雄二さんが考える声を届けるとは。そして「いきる」とは。 子どもたちが発した言葉を三ツ矢さんが、すぐに同じ言葉をいろいろなキャラクターで答えてくれる。 子どもも大人も三ツ矢さんに言ってほしい言葉を紡ぐそして、自分ごととしてとらえること。そういったことも話していただきました。 声優×NPO法人Life is Beautiful=たのしいことを発信し、届ける。三ツ矢さんからも、今日が第一歩ですねと。 いろいろと妄想を三ツ矢さんと話をして、必要な人に必要なことを届けられるようにしていきます。子どもたち、お父さんお母さん、保育士さんたちへ 自分ごととしてとらえたり、学びの時間として。2024年、2025年の2年間でしっかりと実施していきます。みなさま、これからもよろしくお願いします。 以下が京都新聞の記事です 大阪万博で交流会を 病気や障害関係なく生きやすい社会に 京都・長岡京のNPOなど|社会|地域のニュース|京都新聞 (kyoto-np.co.jp)

    続きをみる

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 社団法人セーフティネットリンケージ