パッケージ エコ化プロジェクト!

共創チャレンジ

2022.05.09

法人

チーム名パッケージ エコ化プロジェクト!
共創メンバー株式会社折兼、株式会社フィッシングマックス
主な活動地域日本
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 食 / 環境、エネルギー / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / スポーツ / エンターテイメント / 観光、インバウンド / 海洋、水 / 生物多様性、自然環境、生物 / 農業、林業、水産業 / コミュニティ・まちづくり、住まい / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

プラスチックは軽い、耐久性が高い、加工しやすいなどのメリットがある一方、自然分解されず、環境中に流出すると半永久的に残ってしまう点が大きな問題です。
そこで、本取組では、パッケージにおいてプラスチック使用量の削減、環境負荷の低い材質への切り替えを進めてまいります。
また、バガス(土に還る素材)でできた食品容器を使用することにより、フードサイクリングの実現にも貢献いたします。

未来への宣言

石油由来の原料が多く含まれるパッケージから、環境負荷の低い材質(バガス)の容器等への置き換えを進めることにより、プラスチック使用量の削減、CO2排出量の削減、更には海洋汚染問題にも貢献いたします。

きっかけ

「BAGASSE(バガス)」という材質をご存知でしょうか。バガスとは、砂糖の生産過程でサトウキビから出る搾りかすです。全世界では年間1億トン以上発生しており、通常はボイラー燃料、飼料、堆肥として活用されていますが、余剰分は廃棄されています。その本来捨てられる搾りかすで食品用パッケージを企画開発いたしました。このバガスは、当社と北九州市立大学の研究から、約76日で土壌分解するという結果が出ました。また、土壌分解だけでなく海洋分解も確認されています。

取組の展開

今後展開したい地域・方法日本全国で使用されている食品パッケージを、環境に配慮した材質への切り替えを進めてまいります。
飲食店、お弁当、学校給食等の他、万博会場含め各種イベントで使用されるパッケージの切り替えも目指していきます。
共創を希望する方々・エコな材質への切り替えをご検討中の自治体、飲食店(テイクアウト・デリバリー)さま、企業さま
・宅配弁当・冷凍弁当サービスを展開されている企業さま
・小学校・中学校・高校の給食をエコなパッケージでの提供を検討されている学校給食業社さま
・フード系のイベント業社さま
・キッチンカーのオーナーさま
・小学生、中学生、高校生、大学生

大阪・関西万博のテーマとの関わり

プラスチック使用量の削減、CO2排出量の削減、フードサイクリングの実現を通じて、サステナブルな未来社会に貢献いたします。

SDGsとの関わり

この取り組みにより、色々な材質のパッケージを知り、正しい知識で選択すること、バガス容器を使用することで、CO2排出量削減からの地球温暖化対策、海洋汚染問題にも貢献できるため。

折兼は2022年で創業135年目を迎えました。創業当時は駅弁用折箱の製造販売から始まり、プラスチックの普及に合わせて食品包装資材専門商社へと変化してまいりました。時代のニーズに合わせて変化適応することで、包装資材卸売業界内では全国2位の売上高まで成長しております。

また、時代が進むにつれ、環境保護への関心も高まり、プラスチックトレーの店頭回収スキームへの参画やリサイクル容器・バイオマスプラスチック容器・非プラスチック容器の販売にも取り組んでおります。

20207月に企業のホームページをリニューアルし、各専門スタッフがフードビジネスに関する商品情報やノウハウを発信し続けており、エコ容器に関する情報もわかりやすくお届けしています。さらに、環境に優しい商品だけを掲載した業界内初のエコカタログを発行し、飲食店や量販店へ向けてエコ容器の導入を推進しています。

 

------------------------------------------

<お問い合わせ先>

企業名  :株式会社折兼

担当者  :服部貞典

電話番号 :052-561-3662

メール   :sadanori-hattori@orikane.co.jp

------------------------------------------

 

このチャレンジの投稿

  • 課外授業|若葉中学校(名古屋市)

    2024年1月23日(火)、名古屋市立若葉中学校の1年生5名に来訪いただき、2時間の課外授業を実施いたしました。   授業の様子   最初に会社概要や折兼の取り組み、食品業界を取り巻く環境問題について説明するとともに、食品包装の大切さについて考えてもらいました。また、事前学習してもらった内容をもとに、インタビューではより折兼について知ってもらいました。   その後、実際にいろんな素材の容器に触れてプラスチックとその他の素材の違いを理解してもらうとともに、容器に表示されたマークにも注目して興味を持って調べてもらうことができました。   プラスチックの優れた特徴について学んでいただき、プラスチックが便利な素材であることを再認識してもらいました。 同時に環境にやさしい商品にも着目してもらい、使い捨てプラスチックの削減に取り組む大切さも学んでいただきました。   課外授業のご依頼をお待ちしております   折兼では、課外授業に対応することができます。ご依頼に関しては、以下のお問い合わせフォームよりお願いいたします。   お問い合わせはこちら   折兼は、グループ全体で次代を担う子供達へのESD(持続可能な開発のための教育)の取組に力を入れてまいります。

    続きをみる

  • SDGsバガスコンテストの表彰式を開催しました!

    2023年12月16日(土)、名古屋プライムセントラルタワーにて、バガスコンテストの表彰式を開催いたしました。     表彰式の様子について     表彰式では、弊社の社長より表彰状と副賞をお渡しするとともに、受賞者より作品に対するコメントをいただきました。また、受賞者全員と記念撮影を行いました。   表彰式終了後は受賞者同士の交流会を行うことで、受賞者と保護者、全ての来場者に和気あいあいと過ごしていただく事ができました。     多数の応募作品の中から、グランプリ1名、準グランプリ2名、グッドで賞10名の合計13名の受賞者が決定いたしました。   受賞作品について     バガスコンテストについて   バガスコンテストとは、次代を担う子ども達にバガス(サトウキビの搾りかす)と触れ合う機会を作り、新しい事業の創造活動の活性化に貢献することを目的として開催されたコンテストです。 バガスのオリジナルキャラクターを創造するバガスキャラクター部門と、バガス紙からできた貯金箱に思い思いの絵を描いて、オリジナル貯金箱を制作するバガス貯金箱部門の2部門にて募集し、全国より多数のご応募をいただきました。   第1回SDGsバガスコンテスト開催について

    続きをみる

  • 受賞|第24回グリーン購入大賞 優秀賞

    折兼グループは、第24回グリーン購入大賞において優秀賞を受賞いたしました。   グリーン購入大賞とは   グリーン購入大賞は、環境や社会に配慮した製品やサービスを環境負荷低減と社会的責任の遂行に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度として、1998年に創設されました。 第24回グリーン購入大賞では、持続可能な調達(消費と生産)を通じたSDGsの目標達成、特に、脱炭素社会やサーキュラーエコノミーの実現に起用する取り組みを募集し、審査が行われました。また特別部門では、持続可能な農林水産業の実現に向けた取り組みを対象とした「農林水産特別部門」を設けられました。   グリーン購入ネットワーク GPN|トップページ   受賞ポイントについて     本来廃棄される生物資源を利用し、プラスチック資源の使用を抑制するとともに、生分解させ、堆肥として再利用できる取り組みは継続性・発展性の観点より評価をいただきました。また、消費段階での温室効果ガス削減に大きく貢献するおともに、容器そのものとしての性能が優れているので、継続性・発展性が期待できる製品である点も評価いただいております。   受賞したバガスシリーズについて     バガス容器とは、サトウキビの搾りかすであるバガスに竹や麦わらを混ぜ合わせて作られた容器です。本来廃棄される植物を有効活用して作られている点や、生分解性を有している点、CO₂排出量の削減効果が環境に優しいと言われています。   弊社のバガスシリーズは使い捨て容器では初めての事例として、世界基準で安全性を証明できるHACCP International認証を取得しております。バガスシリーズに関する詳細は以下のページよりご覧いただけます。   折兼ラボ|プラスチックの代替素材として注目のバガスとは?   【世界初】パックスタイルのバガス商品(AB/BBシリーズ)がHACCP Internationalの認証を取得しました   バガスフードサイクリングについて     こちらでは、バガスの生分解性を活かした教育活動やフードサイクリングの取り組みに関する記事を掲載しております。   フードサイクリングに関する記事|親子で環境問題を学べる実験をしてみよう!「折兼バガスチャレンジ!」とは?  

    続きをみる