域内ペットボトル資源循環型リサイクル(ボトルtoボトルリサイクル)事業

共創チャレンジ

2022.04.25

法人

チーム名【姫路市リサイクル課】チームもったいない
現在の活動地域 国/地域日本 兵庫
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

姫路市の取り組む「域内ペットボトル資源循環型リサイクル(ボトルtoボトルリサイクル)事業」を日本各地で展開すべく、同様の事業を実践できる自治体や企業にそのノウハウをレクチャーする。
また、すでに実践されている自治体、企業と情報交換、連携し、双方の質を高める。

★「域内ペットボトル資源循環型リサイクル(ボトルtoボトルリサイクル)事業」とは
 自治体と民間企業が連携し、「回収・手選別・圧縮梱包」→「再資源化」→「製品製造」→「飲料製品の販売」のサイクルを近隣地域内で円滑かつ効果的に推進するための事業である。

 市民が分別・排出する使用済みペットボトルを、新しいペットボトルへと水平リサイクル(ボトル to ボトルリサイクル)し、それによって生まれた製品が域内で消費され、再びペットボトルにリサイクルされるという資源循環の仕組みを実現する。

※自治体が持つ役割は、持続可能な循環型社会の形成に向けた取組みの推進及び広報活動をはじめ、市民等への適正なペットボトルの分別の意識啓発、市民等に対する連携事業者の本事業への取組に関する情報の提供及び本事業によるリサイクルの適正な実施のために必要な情報の把握及び必要な措置への協力である。

■展開したい地域

域内でのペットボトル資源循環型リサイクルが脱炭素において有効な手段であることを日本全国の自治体に情報発信し、域内ペットボトル資源循環型リサイクル(ボトルtoボトルリサイクル)事業を展開するエリアの拡大を図る。

■共創を希望する方々

・自治体のリサイクル担当職員
・リサイクル事業に取り組む民間企業

■大阪・関西万博テーマとの関わり

循環社会の実現に向け、域内ペットボトル資源循環型リサイクル(ボトルtoボトルリサイクル)事業が広げる地域の共創の輪は、今や世界の課題となった「海洋汚染=マイクロプラスチック問題」に対する地道で強固なスクラムである。

これは当万博の理念、海洋に宿る「いのちを育む」テーマに結び付けられる。