地域で取り組もう!健康街づくり

共創チャレンジ

2022.02.01

法人

チーム名チームケーエスケー
共創メンバーケーエスケー:岡本総一郎 武田英男 北村隆一 齋藤高弘 杉本豊志 山内孝祐 中村昌二 永山勝也 山田起由 池之上慎 西村章愛 佐伯雅子
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 地域活性化 / コミュニティ・まちづくり、住まい /

私たちの共創チャレンジ

当社は、近畿2府4県の保険薬局に向け、「健康フェア」の主催を提案し、開催時に種々の健康関連機器の準備(安価での貸出)等、当社担当者が開催までのアレンジを行っています。開催当日は、健康に関する啓発活動(がん検診の受診推奨など)も実施し、地域住民の健康維持、意識の向上に役立っています。「健康フェア」をきっかけとして、保険薬局が処方箋がなくても気軽に相談に訪れることができる健康ステーションとなることを目指し、地域住民の健康的な生活に貢献する優しい街づくりに寄与します。
地域住民は、「健康フェア」、さらに街中の健康ステーションを有効活用することにより、健康、未病に対する意識が向上し、さらには疾病の予防や早期発見につながり、適切な治療を通じて全ての老若男女が笑顔で元気に健康的な日常生活を送ることを応援します。

未来への宣言

2040年を見据えた地域共生社会の実現のため、多職種、異業種が連携し、一人ひとりが生きがいを持って暮らすことのできる社会の醸成を目指します。私たちの取り組みや成果を日本国内の様々な地域、ひいては世界に発信し、全ての人が分け隔てなく健康的な生活を送ることができる未来を創造します。

きっかけ

私たち共創メンバーは、医療総合商社(株)ケーエスケーの地域包括ケア推進部のメンバーが主体となっています。当社は、地域密着活動を中心にSDGsの3番、11番、13番および17番について主に取り組んでいます。そのうちの3番「すべての人に健康と福祉を」および11番「住み続けられるまちづくりを」をメインとした取り組みである「健康フェア」の開催推進をより一層充実させ、地域の健康ステーションづくりを推進します。
今後、さらに活動の輪を広げ、すべての人が健康的な生活を送る世の中を創りたいと考え、共創チャレンジへの参加を希望します。

取組の展開

今後展開したい地域・方法近畿2府4県において、当社と関連のある保険薬局を中心に、「健康フェア」の主催を提言しています。今後、大阪を始めとする2府4県での活動をより活性化し、実績や成果等を弊社ホームページ、学会、雑誌などを通じて全国に発信することにより、大阪モデルの活動を広めてまいりたいです。さらに、この大阪モデルを世界に向けて発信していきたいです。
共創を希望する方々各地域の薬剤師会、薬局、薬剤師および本提案に賛同していただける団体、商業施設、地方自治体など

大阪・関西万博のテーマとの関わり

近年、日本では高齢化が進み、2025年問題、2040年問題への備えが喫緊の課題となっています。地域の住民が「健康フェア」に参加することにより、健康や未病に対する意識を高め、学習の場として活用することができ、さらに街中に健康ステーションをつくることにより、住民が不安を感じたときに安心して健康相談に訪れることができるようになります。住民間でも、必要な場合には情報を共有し、助け合うことにより、街ぐるみで全ての人が生涯を通じて健康的で生きがいのある生活を送ることができる街づくりを目指します。このチャレンジは、全ての人が健康に暮らす未来の街づくりを目指しており、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の実践に大きく繋がると考えます。

SDGsとの関わり

健康フェアを通じ、自身や家族の健康についての意識を高めたり継続的にチェックすることは、疾病の予防、早期発見、適切な治療に繋がります。参加者を増やし街全体の取り組みとすることで、すべての人が健康的な生活を送ることが可能になると考えます。また、街中にある健康ステーションをキーとして、住民が必要な情報を共有し互いに助け合うことができれば、高齢者や子供にも優しい、住み続けられる優しい街づくりに寄与すると考えます。

連絡先 sugimoto_toyoshi@web-ksk.co.jp(杉本)

               nagayama_katsuya@web-ksk.co.jp(永山)

このチャレンジの投稿

  • 地域の健康維持、健康増進をサポート!健康フェア開催 (京都府八幡市八幡中ノ山 八幡ゆう薬局)

    私たち、株式会社ケーエスケーは、主に近畿2府4県の保険薬局に向け、地域住民の健康維持、意識の向上を目的とした、「健康フェア」の主催を提案し、開催時に種々の健康関連機器の準備等、当社が開催までのサポートを行っています。   2022年7月30日に、京都府八幡市八幡中ノ山の八幡ゆう薬局様が新規開局に向けた内覧会を開催され、地域の皆さまを対象として、血管年齢の測定と骨密度の測定を実施されました。 測定後は結果をもとに健康相談が行われ、皆さま、様々な悩みをお持ちであることがわかりました。 八幡ゆう薬局様からは、「ご来場者と一人一人お話を聞かせていただくことで、コミュニケーションもとれ、大変有意義な時間となりました。悩みを気軽に相談できる地域のかかりつけ薬局を目指し、日々励んでいきたいです」という感想をいただきました。   健康フェアをきっかけに、地域の住民の方々の健康・未病に対する意識が向上し、さらには疾病の予防、早期発見、適切な治療を通じ、全ての老若男女が、笑顔で元気で健康的な日常生活を送れるようになると良いですね!    ↑ 骨ウェーブ測定    ↑ 血管年齢測定   【問い合わせ先】  株式会社ケーエスケー 地域包括ケア推進部  sugimoto_toyoshi@web-ksk.co.jp      

    続きをみる

  • 地域の健康維持、健康増進をサポート!健康フェア開催 (大阪府泉北郡忠岡町 さくらい薬局)

    私たち、株式会社ケーエスケーは、主に近畿2府4県の保険薬局に向け、地域住民の健康維持、意識の向上を目的とした、「健康フェア」の主催を提案し、開催時に種々の健康関連機器の準備等、当社が開催までのサポートを行っています。   2022年6月7日に、大阪府泉北郡忠岡町のさくらい薬局様が健康フェアを開催されました。 さくらい薬局様は、誰もが気軽に相談することができる「かかりつけ薬局」として、地域のみなさまから信頼される薬局づくりを目指されています。また、「健康サポート薬局」に認定されており、在宅医療や、薬学生実務実習の受け入れ等の薬学生育成に積極的に取り組まれています。 患者さんとのコミュニケーションを大事にされており、薬の飲み残しやの飲みすぎがないかを確認されたりなど、患者さんが健康な生活を送れるようサポートされています。 さくらい薬局様からは、「今回、9回目の健康フェアでしたが、回を重ねるにつれ、地域の方々の健康意識が広まりつつあるように感じます」という感想をいただきました。 また、当日は薬学生2名が実務実習中であり、積極的に携わっておられました。薬学生は、測定結果が出るまでの時間に、健康や日常生活のことについて地域の方々とたくさんコミュニケーションをとることができ、また、健康のサポートができていることも実感でき、良い経験となったとおっしゃっていました。   健康フェアをきっかけに、地域の住民の方々の健康・未病に対する意識が向上し、さらには疾病の予防、早期発見、適切な治療を通じ、全ての老若男女が、笑顔で元気で健康的な日常生活を送れるようになると良いですね! 【問い合わせ先】  株式会社ケーエスケー 地域包括ケア推進部  sugimoto_toyoshi@web-ksk.co.jp  

    続きをみる

  • 地域の健康維持、健康増進をサポート!健康フェア開催 (大阪府河内長野市 美加の台薬局)

    私たち、株式会社ケーエスケーは、主に近畿2府4県の保険薬局に向け、地域住民の健康維持、意識の向上を目的とした、「健康フェア」の主催を提案し、開催時に種々の健康関連機器の準備等、当社が開催までのサポートを行っています。   2022年6月8日に、大阪府河内長野市の美加の台薬局様が健康フェアを開催されました。 美加の台薬局様は、かかりつけ薬局・健康サポート薬局としての取り組みもされ、在宅医療にも積極的に取り組まれておられます。また、河内長野市で唯一、地域連携薬局に認定されています。   コロナ禍の為、密にならないように予約制での開催ではありましたが、多数のかたに参加いただき、とても楽しんでいただけました。また薬局様からは、「40代、50代といった比較的若いかたより、高齢者の方が良い測定結果が多く、近隣の高齢者の方々は健康に注意されていると感じた」という感想をいただきました。   健康フェアをきっかけに、地域の住民の方々の健康・未病に対する意識が向上し、さらには疾病の予防、早期発見、適切な治療を通じ、全ての老若男女が、笑顔で元気で健康的な日常生活が送れるようになると良いですね!   【問い合わせ先】  株式会社ケーエスケー 地域包括ケア推進部     sugimoto_toyoshi@web-ksk.co.jp  

    続きをみる