第一生命和歌山支社 QOL向上プロジェクト

共創チャレンジ

2022.01.12

法人

チーム名TEAM WAKAYAMA
共創メンバー和歌山支社
一の橋営業オフィス、和歌山北営業オフィス、和歌山南営業オフィス、阪和営業オフィス、岩出営業オフィス、御坊営業オフィス、田辺営業オフィス、新宮営業オフィス、有田営業オフィス、橋本営業オフィス、かつらぎ営業オフィス、高野口営業オフィス
主な活動地域日本 / 和歌山
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 安全・防犯、セキュリティ / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 文化・芸術(アート) / 観光、インバウンド / 地域活性化 / 海洋、水 / 農業、林業、水産業 / コミュニティ・まちづくり、住まい / 環境、エネルギー / 防災・減災 / 金融、Fintech /

私たちの共創チャレンジ

和歌山県下の自治体の地域課題解決をサポートすべく、美化活動、高齢者見守り、防犯呼びかけ、地元企業の応援など「さまざまな地域の見守り・協力活動」を行っています。

未来への宣言

和歌山県の豊かな農林水産物を活かした地域振興を推進するとともに、また、安全な地域づくりに協力し魅力ある町にしていきます。子どもも高齢者も暮らしやすい町、また県外の方が訪れたくなる町を、地域の皆さまとともにつくっていきます。

きっかけ

第一生命は、創業以来、お客さま第一を経営の理念に据え、生命保険の提供を中心に地域社会への貢献に努めて参りました。そして、現在も生命保険の枠を超えて地域課題解決に向けて取り組んでいます。
これからも、お客さまとお客さまの大切な人々の「一生涯のパートナー」として、地域の皆さまに寄り添えるよう取り組んで参ります。創業120周年を迎える2022年、これまで取り組んできた事を「TEAM EXPO 2025」に参画する事でより発展させていきます。

取組の展開

今後展開したい地域・方法現在は、一部の自治体(地域)と連携して活動を展開していますが、これまで協働で取り組んでいる自治体との連携取組みを強化するとともに、それ以外の自治体も含め、県内全域での取組みに進化させていきます。
共創を希望する方々課題解決をともに考える自治体、次代を担う世代の育成に向けて協働で取り組める学校、地域の魅力を発信する手段を有している企業など。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

健康でイキイキと暮らせる環境を目指すことは、明るい未来への実現につながります。また、課題を解決するために協働することが、ともに理想の地域・社会を創り上げていくことになると考えています。

SDGsとの関わり

現在も行っている検診の受診率向上などの呼びかけは、「すべての人に健康と福祉を」につながります。暮らしやすいまちづくりを目指した自治体への協力は、「住み続けられるまちづくり」と「パートナーシップ」につながります。「地域の見守り」はさまざまな活動があり、実現に向けて地域の皆さまとともに取り組んでいくものです。

【問い合わせ先】

第一生命保険株式会社 和歌山支社

担当:平岡

メールアドレス:Hiraoka565@daiichilife.com

このチャレンジの投稿

  • 自治体や警察署と協働したアンケート調査による各種啓発活動を実施中!

    「第一生命和歌山支社 QOL向上プロジェクト」の平岡です! 第一生命和歌山支社では、自治体や警察署との連携協定のもと、地域の皆さまへ向けたアンケート形式の意識調査を通じて、和歌山県のがん検診や詐欺被害などの情報提供による啓発活動を行っています。 <現在実施中の意識調査アンケート内容 ※2022年8月時点> ●和歌山県の「わかやま健康推進事業所(※)」認定による「ご存じですか?がん検診のこと」(2022年8月時点で約1,054枚収集) ※わかやま健康推進事業所とは 和歌山県と全国健康保険協会和歌山支部と共同実施している「わかやま健康づくりチャレンジ運動」に参加する事業所を対象とした、従業員の生活習慣病の予防や健康寿命の延伸のために積極的に健康づくりに取組む事業所。   ●橋本市・橋本警察署との連携による「特殊詐欺被害防止アンケート」(2022年8月時点で約164枚収集)   ●和歌山市・損害保険ジャパン株式会社との連携による「検診・健診の受診率向上に向けたアンケート」   第一生命和歌山支社はこれからも、地域の皆さまの健康や住み続けられるまちづくりに貢献できるような取組みを実施してまいります!    【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 和歌山支社 担当:平岡 メールアドレス:Hiraoka565@daiichilife.com

    続きをみる

  • 第一生命和歌山支社は、全営業オフィスが献血サポーターに登録して献血活動に協力しています!

    「第一生命和歌山支社 QOL向上プロジェクト」の平岡です!   第一生命和歌山支社では、全12営業オフィスが日本赤十字社の「献血サポーター」に登録し、和歌山県赤十字血液センターと連携して毎月の献血バスの巡回日や献血会場の情報を地域の皆さまに周知する活動を行っています。また、当社社員自身や家族も献血に協力しています。  上記取組みに加えて、以下の通り当社主催の献血イベントを実施しました。    <当社主催献血イベント開催概要>  (1)2021年11月9日 第一生命和歌山支社高野口営業オフィス内にて開催  和歌山県赤十字血液センターと連携し、当支社の複数の営業オフィス合同で、高野口営業オフィス内に献血受付・待合スベースを設け、合計41名の方々に献血にご協力頂きました。         (2)2021年12月15日 (新宮市) 丹鶴ホールにて開催  和歌山県血液センターとしても初めての会場である(新宮市)丹鶴ホールで開催し、合計46名の方々に献血にご協力頂きました。 当会場近辺での献血イベントの実施が過去になかったことから、地域の皆さまに献血イベント開催のチラシを配布する中で、「初めて献血をする」「近くで献血ができる」などのお声を頂いております。  第一生命和歌山支社は今後も、「献血サポーター」として社会・地域へ貢献できるよう取り組んでまいります!    【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 和歌山支社 担当:平岡 メールアドレス:Hiraoka565@daiichilife.com

    続きをみる

  • 和歌山県の「わかやまごみゼロ活動」に参画しています!

    「第一生命和歌山支社 QOL向上プロジェクト」の森田です!   第一生命和歌山支社周辺は、城下町でイチョウの木が多いこともあり、秋になると歩道や道路が落ち葉でいっぱいになる地域です。 落ち葉はせっかくの和歌山の街の景観を損ねるだけでなく、排水溝の詰まりを引き起こす等、様々な二次被害の原因にもなることが地域課題となっていました。 そこで第一生命和歌山支社では、落ち葉の時期である11月から12月にかけて毎年社員総出で清掃活動を実施していました。   一方、和歌山県においても「わかやまごみゼロ活動」として、自主的な清掃活動に関する条例が策定されています。 この活動は、令和2年4月に施行された「和歌山県ごみの散乱防止に関する条例」に基づき、県民及び事業者が実施する自主的な清掃活動等を「わかやまごみゼロ活動」として認定し、取組み拡大を促進するものです。 当支社が行っている毎年の清掃活動は、ごみゼロ活動の趣旨に合致することから、2022年1月11日に和歌山県から「わかやまごみゼロ活動」として認可を頂きました。 今後はさらに清掃実施地域を拡大し、支社周辺に加えて和歌山城の清掃活動も実施予定です。   第一生命和歌山支社では、住み続けられるまちづくりとして和歌山県のごみゼロを目指して継続して取り組んでいきます。   【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 和歌山支社 担当:森田 メールアドレス:Morita847@daiichilife.com

    続きをみる