MERRY EXPO/DUBAI EXPO 2020 → EXPO 2025 , Osaka, Kansai, Japan

共創チャレンジ

2022.01.04

法人

チーム名MERRY EXPO/DUBAI EXPO 2020 → EXPO 2025 , Osaka, Kansai, Japan
共創メンバーMERRY PROJECT 水谷孝次・柄本綾子/EXPOサポーターズ・藤井 秀雄・中本 篤宏・二神 敦
主な活動地域日本
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 文化・芸術(アート) / エンターテイメント / 地域活性化 / コミュニティ・まちづくり、住まい / ダイバーシティ、インクルーシブ / 海外支援・協力、国際交流 / 人権 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

いのちの輝きは、笑顔。笑顔は世界共通のコミュニケーション。 ドバイから、2025年大阪へ笑顔を繋げよう!ドバイ万博、大阪・関西万博、それぞれのテーマである 「Connecting Minds, Creating the Future/心を繋いで、未来を創る」 「いのちの輝く未来社会のデザイン」をつなぐため、笑顔の花を咲かせます。ドバイ万博から、未来の希望である世界中の子どもたちの笑顔を咲かせ「未来への希望」を発信し、2025年大阪・関西万博に笑顔のバトンをつなぎます。
具体的には、ドバイ万博会場内で、未来への希望である世界中の子どもたちの笑顔を傘にプリントした「笑顔の傘」を開きます。傘を開くことで、参加者やそれを見た人たちが笑顔になり、そして未来の子どもたちも笑顔で居られる社会を創ることを願い、世界に発信します。このアクションをドバイから大阪・関西万博に笑顔のバトンとしてつなぐことをめざします。
ドバイでの共創チャレンジ実施想定日:2022年3月26日〜3月31日

未来への宣言

この共創チャレンジで、ドバイ万博と大阪・関西万博を、笑顔でつなぎ、万博が目指す、未来へのメッセージを表現します。
みんなが笑顔で暮らせる地球にするための目標、SDGs。
SDGsのファーストアクションは笑顔から。
新型コロナ感染症対策のため、みんながマスクをして、笑顔の見えない時代。
こんな時こそ、笑顔が大事。
大阪の街の文化である「笑いのチカラ」でドバイを明るく、元気に!
笑顔は、多様性と調和、そして未来への希望。
ドバイ万博から大阪・関西万博へ笑顔のバトンをつなぎ、
笑顔のパワーで人・社会・地球に元気を与えます!

きっかけ

これまでMERRY PROJECTは、2005年愛知万博のシンボルコンテンツ「MERRY EXPO」として、世界中の笑顔を取材し、発信してきました。
世界中の被災地や貧困の地域を訪ね、笑顔を撮影することをためらうような厳しい環境にある子どもたちと出会う中で、笑顔でそれらの困難を乗り越える子どもたちの「笑顔」のパワーを再認識しました。

そして、愛知万博のレガシーである世界中の笑顔を、北京五輪開会式、BIE公認イベント として大阪万博40周年記念イベント、上海万博、ヨス万博、ロンドン五輪、リオ五輪、そして東京五輪に継承してきました。

東日本大震災復興支援として2011年から継続的に東北の子どもたちの笑顔を撮影し、傘や凧にして、世界にも展開しています。

取組の展開

今後展開したい地域・方法この共創チャレンジの実行にあたり、ドバイ万博会場で一緒に笑顔を広げてくださる方を募集します。またドバイには行けないけど、2025年大阪・関西万博に向けて、MERRY PROJECTにご協力いただける様々な企業や団体・個人の方々と一緒につながって、アクションをしていきたいです。
共創を希望する方々子どもたちのアイデアを具現化できるノウハウや技術を持っている企業や団体とつないでいただけたり、サポートしてくれるさまざまな方々と共創していきたいと考えています。・万博推進者とのつながり・GOTO2025プロジェクト・SDGs推進企業・万博参加企業・BIE・各博覧会の事務局・ボランティアグループ・各自治体・この企画に参画し、参加していただける個人の皆さん・地域の方々・世界の人々 など

大阪・関西万博のテーマとの関わり

2030年、あなたがいる地球はどうなっていますか?
環境・教育・医療・食料・経済・人権・労働など…
今、地球では様々な問題が起こっています。

万博は、地球規模のさまざまな課題に取り組むために、
世界各地から英知を集める場所です。

万博が目指す未来。
それは、みんなを笑顔にするだけではなく、 「地球」も笑顔にすること。

「いのちの輝く未来社会のデザイン」

あなたの未来を、地球の未来を想像してみよう。
どんなアクションをしたら、未来のみんなが笑顔になるだろう?
笑顔いっぱいの地球にするために、 今あなたにできることは何ですか?

新型コロナウイルス感染症対策のため、 みんながマスクをして、笑顔の見えない時代。 こんな時こそ、笑顔が大事。笑顔で街に元気を与えたい。

笑顔には、人を幸せにするパワーがあります。
「笑顔」が「笑顔」が呼び、MERRYな時間と空気がその場に誕生する。
まさに大阪は、メリーな笑顔の街。
笑顔は、世界共通のコミュニケーション。
子どもたちの笑顔は、未来への希望です。

SDGsとの関わり

笑顔は、平和の究極のデザイン。
子どもたちの笑顔が、未来への希望です。
笑顔の傘でソーシャルディスタンスを取りながら、子どもたちの笑顔で、平和のメッセージを伝えます。どんな問題もみんなで協力することで、パートナーシップを築き、笑顔のまちづくりを育みます。
ーーー ーー
No.17 笑顔のパートナーシップ
大阪だけでなく、日本全国、そして世界中にSDGsのアクションを広めていくためにもあなたの力が必要です。みんなでアイディアを出して、多くの問題を解決し、仲良く笑顔で、協力し合い生きていくことが大切です。そして究極のゴールは「地球を笑顔にする」こと。これが私の考える「MERRY SDGs」です。そのためにも様々な企業や団体・個人の方々と一緒につながって、アクションをしていきましょう!
ーーーーー
No.16 MERRY PEACE
「子どもたちの笑顔は、未来への希望です。」笑顔とメッセージに込められた、一人ひとりのMERRYな想いと人・社会・地球を大切に思う気持ちは、国境を越えてつながっていきます。今、世界中が様々な問題に直面していますが、こんな時こそ「笑顔」が大切です。 地球上の人々に笑顔と平和の日々が戻ってくることを願い、笑顔の傘で、笑顔のエールと希望を届けるために、世界へ発信しています。世界は一つ、一つの夢。それは平和です。笑顔は、人々に希望と勇気を与え、平和のために存在します。子ども達の笑顔を、未来につなげていきましょう。 大阪だけでなく、日本そして世界を みんなの笑顔で、地球を元気にしたい。平和や希望、生きる勇気の尊さを伝えたい。この世界中の子どもたちの笑顔の傘で 平和のメッセージを発信することで、世界中の様々な場所で開かれ、世界の平和の象徴になることを願っています。
ーーーーー
No.11 笑顔の街づくり
笑顔には、人を幸せ・元気にするパワーがあります。未来の希望である世界中の子どもたちの笑顔を発信しながら、笑顔になれるワークショップや、パフォーマンスを展開します。そして、笑いの聖地である大阪から世界へ、笑顔の街づくりを行なっていきながら、笑顔あふれる共生社会の空気をデザインしていきます。

MERRY PROJECTは「笑顔は世界共通のコミュニケーション」をテーマに、アート・デザインの力でMERRY(楽しいこと、幸せなとき、将来の夢など)の輪を広げるコミュニケーションプロジェクトです。

「あなたにとってMERRYとは何ですか?」このシンプルな質問を投げかけながら、世界33カ国をまわり5万人以上の人たちの「笑顔」と「メッセージ」を集めてきました。それらを、さまざまな形でアート・デザインに展開し、世界各地で笑顔を広げています。

現在は、北京オリンピック開会式に登場・演出した、世界中の子どもたちの笑顔の傘を一斉に開き、人々に未来への希望や平和への願いを発信する「Merry Umbrella Project」や子ども達に向けた教育として、アートワークショップ・SDGsに関する読み聞かせなどを実施しています。

提供コンテンツ
「みんなのSDGs/未来を変えるメッセージ」(絵本)/「はーい、にっこり!」(絵本)/「みんなで歌って踊ろう!はーい、にっこり!」(歌・ダンス)/「デザインが奇跡を起こす」(デザイン本)コンテンツ世界中の子どもから大人までの世界33か国5万人の笑顔とメッセージ(笑顔の写真・手書きのメッセージ・動画メッセージ・音声メッセージ)コンテンツMERRY UMBRELLA・世界中の子どもたちの笑顔の傘技術・ノウハウアートディレクション・企画・演出・デザイン・笑顔の撮影・ワークショップ・読み聞かせ・自然教育などネットワークウェブサイトやSNSでの発信

 

【共創チャレンジを展開する国・地域】
アラブ首長国連邦ドバイ、日本各地

【お問合せ・連絡先】
NPO法人MERRY PROJECT/株式会社水谷事務所    担当:水谷・柄本TEL03-3478-1931 merryproject21@gmail.com

 

イベント

  • 万博1000日前1000m 手前プロジェクト in 舞洲

    日時2022.07.18 11:00〜 17:00
    場所舞洲・ロッジ舞洲/夢洲・模擬パビリオン周辺(大阪市此花区北港緑地2-3-75 ロッジ舞洲)
    共創チャレンジMERRY EXPO/DUBAI EXPO 2020 → EXPO 2025 , Osaka, Kansai, Japan

    続きをみる

  • MERRY EXPO in DUBAI

    日時2022.06.26 09:00〜2022.05.30 18:00
    場所ドバイ万博会場(日本館/Al Forsan Park周辺)
    共創チャレンジMERRY EXPO/DUBAI EXPO 2020 → EXPO 2025 , Osaka, Kansai, Japan

    続きをみる

このチャレンジの投稿

  • ドバイ万博から繋がる笑顔のバトン

      ドバイ万博から繋がる笑顔のバトン2025年大阪関西万博で会いましょう!DUBAI EXPO 2020→EXPO 2025 Osaka,Kansai,JAPAN 笑顔は世界共通のコミュニケーション。
ドバイから、2025年大阪へ笑顔を繋げよう! 2021年10月1日からスタートしたドバイ国際博覧会は、2022年3月31日に、最終日を迎えます。 そんな中、閉幕まであと残り4日を迎えた3月27日にドバイ万博から大阪関西万博へ笑顔のバトンをつなげるため「MERRY EXPO in Dubai」が開催された。 次の大阪関西万博に向け、世界の平和を願って約50人の参加者が日本館前に集まり、笑顔の傘を一斉に開いた。 「子どもたちの笑顔は未来への希望です」 世界中の子どもたちの笑顔が広がると、多くの観客から歓声が上がった。笑顔の花がドバイ万博会場に咲き乱れ、見た人たちをどんどん笑顔にしていった。 企画・主催をしたMERRY PROJECTは、1999年から活動をスタート。これまで世界34ヵ国5万人以上2005年愛知万博のシンボルコンテンツ「MERRY EXPO」として、世界中の笑顔を取材し、発信してきました。 最終日まであと残り4日を迎え、大阪関西万博まであと1113日となる3月27日。閉幕までの最後の日曜日を迎え、ドバイ万博会場内には世界中からなんと約2000万人以上が来場しています。 ドバイ万博のテーマは「Connecting Minds, Creating the Future/心を繋いで、未来を創る」。 
そして、次の2025年大阪・関西万博のテーマは「Designing Future Society for Our Lives/いのち輝く未来社会のデザイン」。 これまでMERRY PROJECTは、2005年愛知万博のシンボルコンテンツ「MERRY EXPO」として、世界中の笑顔を取材し、発信してきました。 そして、愛知万博のレガシーである世界中の笑顔を、北京五輪開会式、BIE公認イベントとして大阪万博40周年記念イベント、 上海万博、ヨス万博、ロンドン五輪、リオ五輪、そして東京五輪に継承してきました。 今回、MERRY PROJECTの笑顔をレガシーを継承していくため二つの万博を「笑顔」で繋ぎ、ドバイから大阪へ笑顔のバトンをつなげるため、「MERRY EXPO in DUbai」を開催。 「Connecting Smile」 を実現させるために世界中の子どもたちの笑顔の傘を開き、未来への希望を発信。 今回の万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に合わせ、MERRY PROJECTは、笑顔のコミュニケーションデザインとして、笑いの聖地である大阪から世界へ、笑顔の街づくりを行なっていきながら、笑顔あふれる共生社会の空気をデザインしていきます。今回「MERRY EXPO in Dubai」には、なんと世界から約50名の参加者から応募いただきドバイ万博会場のメインシンボルであるアルワスルドームの近くにある「EXPO 2020」のモニュメントに集合。参加者へ今回のコンセプトを説明。 ドバイ万博のサブテーマは「Opportunity(機会)」「Mobility(多動性)」「Sustainability(持続可能性)」 これまで開催されてきた国際博覧会はその時代の課題に向き合い、世界と共に解決を目指してきました。地球規模の課題に対して新たな価値観を生み出し、持続可能な開発目標(SDGs)が達成された社会を目指します。 みんなが笑顔で暮らせる地球にするための目標、SDGs。SDGsのファーストアクションは笑顔から。 新型コロナ感染症対策のため、みんながマスクをして、笑顔の見えない時代。 こんな時こそ、笑顔が大事。 笑顔で街に元気を与えたい。笑顔には人を幸せにするパワーがあります。 「笑顔」が「笑顔」が呼び、MERRYな時間と空気がその場に誕生する。 まさに笑顔は世界共通のコミュニケーション。子どもたちの笑顔は未来への希望です。 万博の目的は「人類共通の課題を解決」すること。私たち一人ひとりがSDGsアクションを実行することが、とても大切だと思います。 今、世界中が様々な問題に直面していますが、こんな時こそ「笑顔」が大切です。自分のためだけでなく、地球上に生きる一人ひとりの幸せに貢献することを考えて行動することが重要。 みんなでアイディアを出して、多くの問題を解決し、仲良く笑顔で、協力し合い生きていくことが大切。 そして究極のゴールは「地球を笑顔にする」こと。笑顔は、平和の究極のデザイン。子どもたちの笑顔は、未来への希望です。 それは、かけがえのない地球の宝物なのです。そして今回、MERRY PROJECTだけではなく、TEAM EXPO 2025 共創チャレンジチーム「EXPOEXPOサポーターズ」の藤井氏、中本氏など協力なサポートメンバーも参加。 世界中の人々が見つめる中、笑顔の傘を開きました。 「子どもたちの笑顔は未来への希望」 笑顔の傘を見ることで、みんなが自然と笑顔になっていました。この子どもたちの笑顔は、未来への希望です。未来の子どもたちも笑顔で居られる社会を創ることを願っています。 次に、万博会場の中心シンボル「アルワスルドーム」へ向かいます。 アルワスルとは、アラビア語で「繋がる」という意味。190以上の国々が一つに繋がることをイメージされたドームにはたくさんの人々が行き来していました。 直径130メートル、高さ67.5メートルにもなるこの世界最大の映像ドームには360度投影するためのプロジェクターは225台。そして映し出すための膜スクリーンにはなんと日本の企業が作っているそうだ。笑顔の傘は、アルワスルドームから日本館へ向かいます。日本館に向かっていく途中でも この笑顔の傘は、会場内のどこに行っても注目の的。一緒に撮影したいという人が続出。 3月のドバイの気温は約30度。8月にはなんと50度近くまで上昇するそうで、外には出られないくらいの暑さになる。 そしてドバイでは、ほとんど雨が降らないので傘を使う文化があまりない。 そんな中、この笑顔の傘は日差しを遮断する日傘としても優秀! 傘を並べていると「How much?いくらで売ってくれるの?」と聞かれてばかりで人々が笑顔のパワーに惹かれているのを直感的にも感じました。 笑顔の傘隊は、日本館に到着。 日本館は連日とても大人気で当日朝からスタートする予約制のため、開始から5分でなんと1日の予約数が埋まってしまうそうだ。 そして日本館には大きな感謝の気持ちを込めた「ARIGATO」の文字。 日本の折り紙を表現した3次元の立体格子とアラベスクと日本の麻の葉文様を組み合わせたファサード・デザイン。水と風が共存する 前回の韓国・麗水万博日本館ファサードでは、東北の子どもたちの笑顔が展開され、BIE賞で日本館が銅賞を受賞。 3月30日のBIEデーでは、パビリオンの表彰式が行われる予定です。 世界へ「ありがとう」の気持ちを込めて、笑顔の傘を開きます。    そして、次は日本館の前にあるアルフォルサンパークでマレーシアパビリオン主催の「My Butterfly kites flying」が開催。 今回、笑顔の凧をドバイの空に揚げるためにマレーシアパビリオンとのコラボレーションイベントが実現しました。 広い芝生の上に、さまざまなアートが配置されている中、みんな日陰で休憩している。とてもMERRYな公園。 今回、仙台凧の会の庄子先生に協力していただき、大阪・関西万博の凧と笑顔の凧を制作。 日本の伝統文化と技術の結晶として、日本の凧をドバイで披露することになりました。 今回、なんとマレーシアの大臣が登場し、MERRY PROJECTとしてもゲストとして紹介していただき、今回のコンセプトなどについてメッセージをスピーチさせていただきました。 そしていよいよイベントスタート。果たしてドバイで、笑顔の凧を揚げることができるのかとても心配だったが、すぐにその不安は取り除かれた。 日本の笑顔の凧に興味を持ってくれた親子がいとも簡単に空高くまで、凧を揚げてくれました。 ドバイ万博会場は、建物で囲われていることもあり風のパワーを心配していましたが、強い風がビュンビュン吹き、空高くまで笑顔の凧、万博の凧が上がっていきました。 この希望あふれる笑顔が 未来にも続いていくようにとの思いを込め、希望の思いとともに、大空へ揚げました。 この笑顔の凧にそして新型コロナウイルスの収束、そして多くの人たちへの感謝を込め、空高く揚げました。 凧がふわりと浮かび、笑顔が舞うと公園にいる方々から拍手が飛び交いました。 青空には、子ども達の笑顔が広がりみんなとてもMERRYな気持ちになりました。      公園には、凧を持って駆ける子どもたちの姿。子どもだけでなく、大人も夢中にさせる凧のチカラに感動。 「空に舞い上がる凧のように、希望を持って、みんな元気になってもらいたい」 子どもたちの笑顔は、未来への希望。世界は一つ、一つの夢。それは平和です。笑顔は世界共通のコミュニケーション。 この子どもたちの笑顔のためにも未来の地球を守っていきたい。 次に万博が開催される、関西・大阪は「笑いの街」。まさに「笑顔」は大阪の文化。 笑顔の力で、人々を元気にします。また笑顔は、SDGsのファーストアクションでもあります。相手を笑顔にすること、それは日本の心「おもてなし」の文化です。 大阪・関西万博のロゴマークの入った折り紙で世界中の子どもたちと一緒に折り鶴ワークショップを実施。 EXPOサポーターズの藤井さんが子どもたちに丁寧に教えてあげました。笑顔の凧と大阪関西万博凧は大人気! 「私にも貸して!」「これちょうだい」「いくらで売ってるの?」 と殺到するくらい多くの人が集まりすぎてしまいました。 マレーシアパビリオンのバタフライカイトも会場にたくさん舞っておりドバイにいる人たちは、みんな凧揚げを上手に行っていました。   無事にイベントは終了。ドバイ万博に集まる人々のパワーに圧倒されました。 ドバイは、みんなのエネルギーが1つに集まり、EXPO2020の盛り上がり、パワーがとてもすごい。アラブ首長国連邦(UAE)は、建国50年ですが、すでに世界で屈指の金融大国になり、ドバイが世界の中心の存在になっています。 ドバイの人口の約80%は外国からの労働者で占められており、現地民は20%。インド、パキスタン、イラン、フィリピン、中国、韓国といったアジア諸国からの労働者が全体の約65%を占め、欧州その他の地域からの労働者が約15%を占めています。 また世界中から多くの人々が集まってきていることに対する魅力を理解しました。そしてEXPO2020は、クリエイティビティが高く、日々進化していることを感じました。 私たちはこのドバイ万博で多くのSDGsを学ぶことが出来ました。私たち一人ひとりが、未来に向けてのアクションを実行することが、とても大切です。 自分のためだけでなく、地球上に生きる一人ひとりの幸せに貢献することを考えて行動することが重要です。 未来の社会をデザインするためにも、今地球で起こっている問題についてみんなでアイディアを出して、多くの問題を解決し、仲良く笑顔で、協力し合い生きていくことが大切です。 私の夢は「世界にいる78億人の人々を笑顔にすること、それは地球を笑顔にする」ことです。 ドバイ万博会場で笑顔の傘を見かけたら、あなたの笑顔を撮影させてください。 あなたの笑顔を、次の大阪関西万博につなげます。もしかしたらあなたの笑顔が、大阪関西万博に登場するかもしれません。 このドバイ万博のパワーに負けないように2025年大阪・関西万博を成功させましょう! 世界中の皆さん、次は2025年、大阪で会いましょう! 主催:特定非営利活動法人MERRY PROJECT 後援:国際博覧会推進本部/経済産業省/公益社団法人2025年日本国際博覧会協会/JETRO(独立行政法人日本貿易振興機構)協力:TEAM EXPO 2025 共創チーム EXPOサポーターズ/ゆめ伴(とも)プロジェクト in 門真実行委員会/エミレーツ航空

    続きをみる

  • ウクライナに平和を。 ロシアに自由を。世界に笑顔を。

    ドバイ万博が閉幕した。いよいよ次は、2025年大阪関西万博に向けて多くのことがスタートする。 ドバイ万博は、新型コロナ禍により1年遅れでスタート。そしてウクライナ×ロシアの戦中の中、開催された。 もともとウクライナ館は、絵画・アートが中心の地味な館だった。ところが会期途中から、戦争が始まり、ウクライナ館は、一変した。 ウクライナ館の中に入ると世界中の人々からの「平和」と「自由」を求めるカラフルでMERRYなメッセージが、空間いっぱいに埋め尽くされていた。入った瞬間に、とても感動した。   ウクライナの国旗である、黄色と青色のハートシールを配布し、それをみんなの体や服にペタペタ貼って、ウクライナへの応援、平和を主張しあい、コミュニケーションしている。 またメッセージカードを配布し、それをみんなが書き込み館のあらゆる壁に貼っていくコミュニケーションアート。1F~4F 全館がメッセージカードで覆われている。会場は世界中の平和を願うメッセージで覆われていた。最終日には数千枚以上になった。メッセージは今後、前線の兵士や市民を勇気づけるために活用されるそうだ。 ウクライナ館こそ、全パビリオンの中で一番、みんなの平和の想いが形になった空間であった。とても、感動的。 館内にはゼレンスキー大統領の等身大パネルやウクライナの様々なアート、平和を願う子どもたちの絵画なども展示されていた。 ゼレンスキー大統領、ロシアの少女と一緒に撮影した。ウクライナに平和を!ロシアに自由を。1日も早く戦争が終わり、平和が訪れることを願っている。 MERRY PROJECTとしてもウクライナへの平和をメッセージするためにこのプロジェクトに参加。平和のMERRYカードと鶴をメッセージとして貼った。すると後ろから「Thank you」と声をかけられた。なんとウクライナのお母さんと子どもだった。お母さんと女の子に話を聞くと折り鶴のこともよく理解しており、「平和を願ってくれてありがとう」と、とても感謝されていた。 そして持参していた平和の鶴と平和のメリーカードを渡した。お母さんと女の子はとても喜んでMerryな笑顔のコミュニケーションが出来た。 ロシアのダウン症の女の子の傘を渡して、ウクライナのお母さんと女の子にMERRYのインタビューとして笑顔とメッセージを取材させてもらった。 そして最後に2025年大阪関西万博でまた会いましょうと言って別れた。またこの親子と再会できたら嬉しい。 館内には、小さなウクライナレストランがある。ここではウクライナの美しい女性達がウエイトレスとして注文を聞き、料理を運んでくれる。 みんな平和を願う人々が、この小さなレストランを訪れているので、テーブルは満席だった。 料理も美味しくシンプルな構成でメニューは、サラダ、スープ、ポテトのみ。 スープは、ビーツを使ったボルシチ。真っ赤な色をしている。サラダは、外側には卵で覆われ中身は、魚の切り身、ポテトが何層にも重ねられているとても繊細な料理。実に最高の味だった。 そこに平和を願いながら、平和の鶴と一緒にウクライナの料理を味わった。 ロシアは、2004年8月27日から9月7日まで、取材した。その時ロシアは、今回と同様にチェチェンで戦争をし、それに反対するテロが毎日起こっていた。 9月1日小学校がスタートする日、チェチェンでは800人の人が人質になり、航空機・バス・地下鉄が爆破されるという大パニック。モスクワに戒厳令がひかれ、クレムリンも閉鎖された時に、運悪く、MERRYの取材を行なうために、ロシア・モスクワに来ていた。特にモスクワは、厳しい暗い空気に包まれていた。 そんな時、ロシアのメディアから「今この時、こんな時代だからこそ、MERRY PROJECTの笑顔の活動が大切だ!とロシアの人々から応援され、戒厳令の中、笑顔の取材をした。 その時の子供たち、おばあさん達の笑顔です。ロシアもウクライナの人々も「みんな笑顔は美しい、人間は美しい!」 この地球をみんなで守るために今こそみんなで協力し合わなくてはいけない時代。希望ある子どもたちの笑顔を未来につなげていくためにもみんなでアイデアを出し、協力して地球を進化させていかなければいけない。 そして、世界中の人々、みんなで仲良く平和と希望溢れる未来を創造し、2025年大阪関西万博、そして未来へつないでいきたい。 それがまさに万博の真のコンセプトとストーリーである。 次回の万博である2025年を「いのち輝く、平和の未来社会のデザイン」を実現させるために2025年大阪関西万博に向けて、これからも笑顔で展開していきます。 「TEAM EXPO 2025」共創チャレンジプログラムMERRY EXPO in DUBAI EXPO 2020 DUBAI→EXPO 2025 OSAKAMERRY NEWSはこちら→http://www.merryproject.com/activity/merryindubai/  

    続きをみる