コンパクトスマートシティプラットフォーム 豊能町 OSPF

共創チャレンジ

2021.08.03

法人

チーム名OSPF チーム豊能
共創メンバー大阪スマートシティパートナーズフォーラム、大阪府、豊能町役場、株式会社OZ1、NECネッツエスアイ株式会社、三井住友海上火災保険、NTT Docomo、関西電力、アスコエパートナーズ、Bitkey、NoCode Japan、おてつたび、ロボットコンサルティング、YACYBER、大阪大学、大阪市立大学、Code for Osaka、その他ベンチャーなど約30団体
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 安全・防犯、セキュリティ / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 食 / 観光、インバウンド / 地域活性化 / 農業、林業、水産業 / コミュニティ・まちづくり、住まい / 環境、エネルギー / 防災・減災 / モビリティ、交通 / 金融、Fintech / DX(デジタルトランスフォーメーション) / 海外支援・協力、国際交流 /

私たちの共創チャレンジ

大阪スマートシティパートナーズフォーラム(OSPF)の取組みとして豊能町のスマートシティを推進及びスマートシティを簡単に始められるパッケージを、約30社(60サービス以上)の企業に協力頂き共創環境を構築しております。

テクノロジー過多にならないように自然豊かな街(豊能町)を北欧文化(自然・在宅を楽しむ)を取り入れながらデザインし、リトルエストニアとして様々なデジタルサービスで生活支援を行う取り組みです。企業は色々な形で社会実装にチャレンジし、住民の生活の質(QoL)の向上を各企業と自治体と一緒に考えながら組み立てを行うチャレンジを行っております。

OSPFで掲げている「スマートヘルスシティ」「高齢者にやさしいまちづくり」「子育てしやすいまちづくり」「移動がスムーズなまちづくり」「インバウンド・観光の再生」「大阪ものづくり2.0」「安心・安全なまちづくり」をベースとしてサービスを提供したい企業が1社でも多く、他社と共創しながらサービスの構築ができる環境を提供していきます。

またスマートシティの基礎になる「コンパクトスマートシティプラットフォーム」はユーザーインターフェースとデータ連携基盤、個人情報管理サービスを自治体や住民に無償提供(または低価格)し、企業が提供する多くのサービスをシームレスに繋ぎ住民QoLの向上を図っていくパッケージを提供します。
自治体は、サービスをリストから選ぶだけで住民との接点アプリが提供され、すぐにスマートシティが開始できる環境を提供します。

未来への宣言

コンパクトスマートシティプラットフォームを多くの自治体に取り入れて頂き、公民共同で日本独自のスマートシティ環境を提供していきます。
(誰もがシンプルに始められるスマートシティの実現を目指しております。)
スマートシティが手軽なサービスになり、生活の利便性の向上と共に経済活動が活発になるようなモデルを提供していきたい。

きっかけ

OSPFが開始され、自治体と企業が協力し合いスマートシティ化を目指しておりますが、スマートシティを始めるまでに自治体にも多くの課題があります。「スマートシティのサービスは何をすれば良いのか分からない」「自治体にITが分かる人材がいない」「予算が無い」などがあげられます。住民課題を解決したいが、反面スマートシティを始める為の課題があります。この課題を解決する為に、人材がいなく予算の無い自治体でもスマートシティを始められる「コンパクトスマートシティプラットフォーム」の提供をOSPF参加の共創パートナーと検討が始まりました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法今後は大阪府全域に展開していき全国で困っている自治体に展開していきたいと考えており、色々な企業が「コンパクトスマートシティプラットフォーム」と共に自社サービスを展開する中で他自治体へ展開してもらえればと考えてます。
共創を希望する方々参加希望の対象者
 自治体:スマートシティサービスを行いたいが何から始めてよいのか分からない方に簡単に始められるパッケージのご提供
 企業(法人):住民サービスに寄与できるサービスの提供、他社でデータ活用して新しいサービスを提供

大阪・関西万博のテーマとの関わり

この共創チャレンジによって、自治体や企業と共に住民のQoLを上げていく。高齢者のみならず子育てや教育にも積極的に取り組み住民が「良かった」と思ってもらえる環境を構築していきますので、「いのち輝く未来社会のデザイン」になると考えています。

SDGsとの関わり

4. GIGAスクール環境において、北欧エストニアの教育環境などを取り込み、就学生を学校、街、親、自治体が見守る環境の整備をおこなっております。
11. 豊能町は人口2万人で既に街の1/3が65歳を超え人口流出も進む地域です。デジタル環境を活用して、街に住み続けられる環境の整備をおこなっております。
17. 色々な企業と自治体と共にパートナーシップを組みながらスマートシティ化に取り組んでます。