急速凍結機によりフードロスを削減し冷食により手軽に本格的なお食事を皆様にお届けする。

共創チャレンジ

2024.04.15

法人

チーム名有限会社松葉寿司
現在の活動地域 国/地域日本 兵庫
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

飲食店が抱える問題は「フードロス」です。ある程度の客数を予想しできる限りロスのないように仕入れ等を行います。商売は水物で予想を上回る日もあれば下回る日もあります。下回る日に食材が残ってしまいます。また、調理を行った焼き魚や刺身用としておろした魚の切り身などは従来の冷凍機で保存すると著しく品質が低下してしまい商品として使える状態ではなくなってしまうため、調理してしまった食材に関しては廃棄するといった課題があります。そこで、冷凍しても品質が落ちないと言われている「プロトン凍結機」を使用することでフードロス削減80%を実現しました。

また、このプロトン凍結機を利用し本格的な寿司・日本料理を冷凍食品として提供しています。冷凍食品を開発することで飲食店の商圏が全国に広がり地域の皆様だけでなく全国のみなさまが手軽にお召し上がりいただける本格的なお料理をお届け致します。

■展開したい地域

日本全体でフードロス0を実現できればと思います。また、冷凍食品は海外にも輸出ができるので法律の壁はありますが少しずつ輸出に向けて取り組んで行きたいです。

■共創を希望する方々

フードロス削減に興味のある消費者の方。冷凍食品に興味のある皆様です。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博では「SDGs」「いのち」が重要なキーワードになっています。持続可能な社会を実現するために、フードロス0に向けての取り組みを行います。また、冷凍食品を広めることで誰でも手軽に本格的なお寿司・日本料理をお召し上がりいただける社会を実現していきたいと思います。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 尼崎信用金庫