防災ロゴマークデザインコンペティション プロジェクト

共創チャレンジ

2024.05.21

法人

チーム名防災ユニバーサルデザインブック制作委員会
共創メンバー田中尚寛
出水眞由美
志水良
土肥紗綾
佐藤陽子
佐藤恵月
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 文化・芸術(アート) / 観光、インバウンド / 防災・減災 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

防災とは、防ぐ災いと書きますが災害を防ぐことはできません。
防災とは、幾多の災害を乗り越えてきた災害大国日本が培ってきた
命を守る知恵や文化だと考えます。
NHK WORLD JAPANでは防災を BOSAI : Science that Can Save Your life
「命を守る科学」と紹介しています。
日本発のマンガが"MANGA"として、改善が"KAIZEN"として日本を飛び出し、
素晴らしい知恵や文化として世界に普及していっております。
防災大国日本は世界中で頻発化・激甚化する災害に対して、どう備え・どう減災して
いくかを示す使命を持っていると考え、アイコニックなBOSAIシンボルを創り世界に
発信していこうというプロジェクトを立ち上げました。

未来への宣言

日本発のBOSAIをシンボル化し世界中に!
そして世界中の命を守る!

きっかけ

当チームの代表である田中は印刷関連業を営んでいます。
全国印刷工業組合連合会が推し進めるメディア・ユニバーサルデザイン(MUD)事業に
組合員として参画しております。
当連合会ではMUDを「情報保障」と定義し、インクルーシブで効率的な情報提供・収集に
に寄与しております。
文字の使用を極限まで抑え、ピクトグラム、サイン、シンボルなどの伝達力の高さに
着目した「非言語化」も大きな取り組みのひとつとしております。
ご縁があり、次世代の防災リーダー育成をしている方、デザイナー、クリエイターと
出会いがありました。
そして共創チャレンジのさまざまなリソースを持つ人々とのつながりにより社会課題を
解決していこうという理念に強く賛同し、まさに「いのち輝く未来社会のBOSAIデザイン」
ができるのではないかと考えチャレンジを始めました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法大阪・関西万博にてBOSAIシンボルをリリースしたいと考えております。
ビヨンド万博、SDGsの目標年の2030年までに国内より世界に
発信していきたいと考えます。
共創を希望する方々防災に少しでも関心のある方すべて。
まずは訪日外国人旅行者への認知拡大を図りたいため
インバウンド・観光関連の方。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

防災の基本は「備え」です。
世界で頻発化・激甚化する災害に対する備えを促すためには防災意識の
向上が不可欠です。
日本発のBOSAIシンボルが世界中に広がり、いつでも・どこでも・だれにでも、
災害備えが当たり前になることを目指しています。

SDGsとの関わり

気候変動により未曽有の災害が世界中で発生しております。
防災をシンボル化し日本発の文化として防災教育・意識を
推し進めレジリエントな社会づくりに寄与したいと考えました。

防災ユニバーサルデザインブック制作委員会事務局

BUD 事務局)

田中手帳株式会社内

担当:田中

06-6681-8648 あるいは090-2191-9669

tanakanao@tanakatechou.co.jp