持続可能な河内木綿の栽培と活用による里山保全

共創チャレンジ

2023.05.24

法人

チーム名環境パートナーシップ協議会サソテナやお
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

『持続可能な河内木綿の栽培と活用により、里山を保全します。』
市民・事業者・教育機関・行政のパートナーシップにより、八尾市域の環境をより良いものとするために活動している「環境パートナーシップ協議会サソテナやお」では、「地域循環共生圏(ローカルSDGs)」の構築に取り組んでおり、八尾市・高安地域に生息する絶滅危惧種であるニッポンバラタナゴをはじめとした生態系を守り、里山(山地生態系)の保全に関する事業を行っています。その取り組みのひとつとして、地域で農薬を使わない農業を振興するため、かつて地場産業として栄えた、河内木綿の栽培の普及・活用の促進に取り組んでおります。
令和4年度には、さまざまな関連団体が貯蔵していた河内木綿の綿を集め反物を作成し、その一部には河内木綿文様を施しました。今回できあがった成果物の活用やICT技術による情報発信で、地域内外に八尾の里山や河内木綿の魅力を伝え、河内木綿の需要を拡大させたいと考えています。今後、地域農家に呼びかけ、河内木綿の栽培・収穫を拡大し、反物の増産、さらなる需要の拡大を狙い、持続可能な里山の保全につなげます。これらの取組を共創チャレンジとして発信することで、様々な事業者等と連携の可能性を探り、河内木綿の普及の取組を加速化させていきたいと考えております。

■展開したい地域

まずは関西で取組を知ってもらい、いずれは日本全国・世界へと八尾の河内木綿の発信を行いたいと考えています。

■共創を希望する方々

・河内木綿を販売してくれる小売店舗
・河内木綿を活用できるファッションデザイナー
・河内木綿を使用した商品を企画・製品化できるアパレルブランド等
・ICT技術を活用して里山の魅力を一緒に発信できる事業者

■大阪・関西万博テーマとの関わり

今回の提案する共創チャレンジの目的は、河内木綿を普及させることによる絶滅危惧種の保護を始めとした里山の保全にあります。八尾市の生態系及び生物多様性の保全は大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に合致するものであり、同時にSDGsのゴールの達成にも寄与するものであると認識しております。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 八尾市