レポート

フリーワード

SDGsの取組内容

レポート一覧

(公社)2025年日本国際博覧会協会からの「TEAM EXPO 2025」プログラムの活動状況報告です。

  • 協会

    自然・環境セッション~アジア太平洋トレードセンター株式会社~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~第3回 自然・環境セッション 1月24日に開催され、多くの方が集まりました~~共創パートナーのアジア太平洋トレードセンター株式会社が実施した「TEAM EXPO 2025」テーマセッション についてご紹介いたします。 ≫≫≫アジア太平洋トレードセンター株式会社|TEAM EXPO 2025 | PARTNER   2024年1月18日に開催された自然・環境セッションは、アジア太平洋トレードセンター株式会社のおおさかATCグリーンエコプラザにて、自然・環境をテーマに、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。今回は、共創パートナー 日本ファシリテーション協会とのコラボレーションで「本実験場が『熱い』場に加速する!」と題して、ファシリテーション協会のオリジナルプログラムによる共創を目的とした交流会を実施しました。≫≫≫特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会|TEAM EXPO 2025 | PARTNER ~~ファシリテーション協会による独自プログラム~~ アジア太平洋トレードセンター株式会社&日本ファシリテーション協会がコラボレーションをして実施した今回のテーマセッションは、『より深く交流できる』ことをテーマに、独自のプログラムで実施され、参加者同士が深く交流することで、共創を加速化させました。Contents.1 名刺交換だけじゃない!―つなげる、つながる大交流会―Contents.2 イノベーションを誘発する!―エキスポット・エコプラザの見学会―Contents.3 つながるだけじゃない! ―みんなでつくる「共創実験場」―の3のコンテンツで共創が加速化されました。~~名刺交換だけじゃない!―つなげる、つながる大交流会―~~  日本ファシリテーション協会とともに、より広く深い『つながり』を生みだします。自分を知ってもらうのに加え、参加者1人1人をつなげる役割も担っていただきます。「共創へ後一歩を踏み出せるキッカケ・自身の活動を深めるキッカケ」となる交流会。参加者同士がオリジナルの名札を作成し、交流を行うことで、お互いの活動のことはもちろん。その人自身をしるとともに、その人を表すオリジナルの名札で話のきっかけにもなりました。~~イノベーションを誘発する!―エキスポット・エコプラザの見学会―~~  以前のイベントでも好評であった(写真は前回イベント)建設中の万博会場が見ることが出来る『エキスポット』をご案内。環境をテーマとした日本最大級の常設展示場、おおさかATCグリーンエコプラザの見学会では、環境に取り組む企業の事例を通しイノベーティブなアイデアを産むキッカケにしました。~~つながるだけじゃない! ―みんなでつくる「共創実験場」―~~ここは、新しい共創を生み出す未来社会の実験場。ひとりひとりが主体的に考え、意見を発する場です。参加者の力で、この実験をわくわくした時間へ変貌させます。4、5人が集まったワークショップで、共創チャレンジを深める、また新しい共創を作るキッカケとします。まずはグループ作り、先ほど交流、名札と実現したいことを書いた紙をもとに仲間探し開始。グループで、それぞれの活動を「共創」させることで、2030年に何を実現できているのかを話し合います。参加者同士が、自分の活動とほかの方々との活動がどう結びつくのかを、一緒に話し合いました。グループで話し合った2030年の共創によって実現したことを、記者会見に見立てた発表で、発表しました。絵などを使ったバリエーション豊かな記者会見が行われました。記者会見後の休憩では自然とグループで集まって、話が続きます。最後は円陣で振り返りで一言ずつ発表しました。交流を目的としたテーマセッションで、より深くお互いをしる機会を作ることができ、大きく盛り上がりました。今後も色々なテーマでテーマセッションが開催されます。ぜひご参照ください。 【次回開催予告】 アジア太平洋トレードセンター株式会社の自然・環境をテーマにしたテーマセッションは、第3回を2024年4月12日(金)に予定しています。  テーマセッションのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる

  • 協会

    事業構想アカデミー~学校法人先端教育機構事業構想大学院大学~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~事業構想アカデミー 1月25日に開催されました~~共創パートナーの学校法人先端教育機構事業構想大学院大学が実施した「TEAM EXPO 2025」テーマアカデミー についてご紹介いたします。 ≫≫学校法人先端教育機構事業構想大学院大学|TEAM EXPO 2025 | PARTNER 2024年1月25日に開催された事業構想アカデミーは、学校法人先端教育機構事業構想大学院大学にて、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。事業構想大学院大学として、「TEAM EXPO 2025」プログラム内での共創促進のために、大学の講義を提供されるとともに、参加者同士の交流を図りました。 ~~「未来を創る、事業構想とマーケティング」~~共創チャレンジの活動も社会に求められるものでなければ、活動が広がっていきません。どう求められる活動にしていくのかを考える根底にマーケティングの思考があります。未来社会を予想し、その実現のために、どういった活動を構想していくのかについて、大きな学びになりました。活動をどうわかりやすく伝えるのかについても、マーケティングの観点から話があり、「TEAM EXPOパビリオン」での発表や今後の活動発信にも活きる話でした。会場にはオンラインとつながるカメラとモニターがあり、オンライン参加も受付、関東や九州など大阪校にお越しになれない方も参加されました。~~Q&Aセッション~~参加者と博覧会協会の「TEAM EXPO 2025」担当者も含めてQ&Aセッションも行われ、共創チャレンジの参加者や共創チャレンジに登録したいと考える参加者から、質問があがりました。~~次回以降の開催について~~  参加者には次回開催についてのご案内も行われました。参加者同士の交流会も行われ、積極的に名刺交換や意見交換が行われました。次回開催については共創イベントのページをご確認ください。 【今後開催の共創イベント テーマセッション・テーマアカデミー】 共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる

  • 協会

    観光・食セッション~学校法人 村川学園~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~観光・食セッション 1月18日に開催され、泉州地域の自治体や観光・食に関連する活動をする企業団体が集まりました~~学校法人 村川学園が実施した「TEAM EXPO 2025」テーマセッション について紹介いたします。 ≫≫≫泉州美食EXPO|TEAM EXPO 2025 | CHALLENGE 2024年1月18日に開催された観光・食セッションは、大阪調理製菓専門学校(和泉校本校)で実施され、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。本テーマセッションは、世界に誇れる独自の食文化の領域において、様々なプレイヤーが参加し、泉州地域を中心に、大阪・関西万博のメリットを、参加したプレイヤー同士が最大限享受できるよう、共創・連携する場です。 ~~村川学園 村川 理事長のご挨拶~~テーマセッションで結びつき、「TEAM EXPO 2025」を中心にそれぞれが、それぞれの立場で、繋がり続け、泉州地域をより良く、より魅力的になる活動を共創し、その活動を大阪・関西万博/「TEAM EXPO 2025」で宣言・広く発信することで、大きな変革のきっかけとすることを話されました。~~基調講演~~  泉州美食EXPOアンバサダー/KIX泉州ツーリズムビューロー理事長岸和田市長永野 耕平 様KIX泉州ツーリズムビューローの取り組みについて話されました。公益財団法人大阪観光局 理事長 溝畑 宏 様大阪観光局での取り組みや2025年の大阪・関西万博に向けた取り組みの方向性について話されました。~~パネルディスカッション~~  【パネリスト】●関西エアポート株式会社 常務執行役員 最高渉外責任者  三浦 覚 様●株式会社MATCHA 代表取締役社長 CEO 青木 優 様●学校法人 野田鎌田学園 経営企画部長 堀 糧成 様●南海電気鉄道株式会社 常務執行役員 まちづくりグループ長 二栢 義典 様                      ●株式会社JTB ツーリズム事業本部 大阪第三事業部長 平田 圭一 様【ファシリテーター】泉州美食EXPOエグゼクティブフェロー大阪公立大学観光産業戦略研究所  橋爪 紳也 様各登壇者で取り組まれている活動や現在の状況。特に観光関連に関する情報提供もあり、インバウンドの方々の動きや、どういったことに興味を持たれているのか、また観光・食の観点から今後の取り組みについても話し、それぞれの立場で見た観光・食に対しての提言を行いました。 イベントの最後に行われた交流会でも、多くの方が共創のために交流をしました。今後も色々なテーマでテーマセッションが開催されます。ぜひご確認ください。 ~~次回開催予告~~  今後も様々な共創イベントを開催予定です。共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる

  • 協会

    参加・展示募集中! 共創イベントのご紹介

    ~~~2024年 2月以降に実施される共創イベント~~~「TEAM EXPO 2025」プログラムでは、2025年大阪・関西万博とその先の未来に向けて、共創につながる出会いとコミュニケーションの場として、テーマごとに集まるイベント「テーマセッション」。テーマごとに学びの場となるイベント「テーマアカデミー」を開催中です。お互いの活動を知り合うことで、新たなつながりをつくり、共創を共に目指しましょう。 【参加者募集中の共創イベント】 共創イベント 開催日 申込みフォーム 地域活性化セッション 2月27日 参加申し込み 自然・環境セッション 4月12日 出展申し込み ヘルスケアセッション 4月12日 出展申し込み クリエイティブセッション 4月12日 出展申し込み ≪2月実施の共創イベント≫________________________2月27日|「TEAM EXPO 2025」 地域活性化セッション主催 |株式会社ナレッジインベストメントグループ、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会会場 |MUIC Kansai   〒595-0021 大阪府大阪市中央区伏見町3-6-3 三菱UFJ信託銀行大阪ビル1F◆地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」11番出口から徒歩1分日時 |2024年2月27日(火)18:00~20:00 (17:30受付開始)参加 |無料 ※要事前参加申し込み 、下記URLよりご確認ください。イベントWEBページhttps://peatix.com/event/3835153/※外部サイトに遷移します。≪4月実施の共創イベント≫________________________大阪・関西万博開幕1年前 3テーマ同時開催!4月12日 |「TEAM EXPO 2025」 自然と環境セッション    |「TEAM EXPO 2025」 ヘルスケアセッション    |「TEAM EXPO 2025」 クリエイティブセッション主催 |アジア太平洋トレードセンター株式会社、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会会場 |おおさかATCグリーンエコプラザ内(大阪市住之江区南港北 2-1-10 ATC ITM棟 11F )日時 |2024年4月12日(金)11時00分~17時00分出展 |無料 ※詳細は下記リンクよりご確認ください。イベントWEBページhttps://www.ecoplaza.gr.jp/session4-apply/※外部サイトに遷移します。 今後も、随時テーマセッションを開催していきます。メールなどでご案内しますのでご参加ください。テーマセッション開催実績(最新~) セッション 開催日 情報  第1回事業構想アカデミー 2024年1月25日 開催レポート  第3回 自然・環境セッション 2024年1月24日 開催レポート  第1回 観光・食セッション 2024年1月18日 開催レポート  第1回 介護・福祉(高齢者・障がい者)セッション 2023年12月14日 開催レポート  第1回 学びと遊びセッション 2023年12月14日 開催レポート  第2回 自然・環境セッション 2023年11月30日 開催レポート  第1回 自然・環境セッション 2023年9月20日 開催レポート  

    続きをみる

  • 協会

    スタートアップ ブースト プロジェクトVIガイドラインについて

    <スタートアップ ブースト プロジェクト VIの表示> ・サムネイル画像には、以下のスタートアップ ブースト プロジェクトVIを表示してください。 ・なお、TE公式サイト上に別途、貴団体のアイコンを表示したい場合は「自由記載欄」に投稿することができます。 <スタートアップ ブースト プロジェクトVIを使用することができる用途について> ・VIは共創パートナーとしての貴団体の取組みを紹介するHP・SNSや、名刺等の団体内部で使用する表示にご活用いただけます。 ・ただし、自社のサービス案内や頒布品等に使用することはできません。   (参考)スタートアップ ブースト プロジェクトについて   同VIの使用に当たっては、以下のガイドラインを必ずご確認ください。【以下よりダウンロード可能】 スタートアップ ブースト プロジェクトVIガイドライン

    続きをみる

  • 協会

    スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創パートナー用)

    「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創パートナーにご登録済みの団体で、スタートアップブーストPJにご参加いただける場合は、以下に掲載のマニュアルをご覧の上、お手続きをお願いいたします。   <共創パートナーに期待される役割> 共創パートナーとしてスタートアップ ブースト プロジェクトにご参加の皆様には、その趣旨に賛同する共創チャレンジに対して、以下のような支援に積極的にお取り組みいただくことにより、更なる共創の創出に積極的にご参画いただくことが期待されております。 (活動例) ・自らが支援するスタートアップを中心とした取り組みの共創チャレンジへの登録支援や新規案件の創出 ・TEAM EXPO 2025 MEETING等の協会主催イベントでの積極的な発信の支援や、自団体等が主催する交流イベント等への参加機会の提供 ・共創チャレンジの大阪・関西万博会期中の出展支援 ・スタートアップ ブースト プロジェクトの取り組みに関連した実証実験の場の提供やマッチング ・自団体等が有する情報発信媒体による共創チャレンジの取り組みの発信 ・補助金制度の情報提供・申請支援  等   (参考)スタートアップブーストPJについて     【資料掲載】【以下よりダウンロード可能】 スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創パートナー用)      

    続きをみる

  • 協会

    スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創チャレンジ用)

    「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジにご登録済みの団体で、スタートアップブーストPJにご参加いただける場合は、以下に掲載のマニュアルをご覧の上、お手続きをお願いいたします。 (参考)スタートアップブーストPJについて   【資料掲載】【以下よりダウンロード可能】 スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創チャレンジ用)      

    続きをみる

  • 協会

    スタートアップ ブースト プロジェクトについて

    スタートアップ ブースト プロジェクトとは   「TEAM EXPO 2025」プログラムは、大阪・関西万博の機会を活かし、社会課題解決等を目的とする活動を共創チャレンジにご登録いただくとともに、同テーマで活動される方等との対話を通じた更なる共創を生み出し、各活動をさらに発展いただくことを図るものです。 「スタートアップ ブースト プロジェクト」(スタートアップブーストPJ)は、社会的課題解決に取り組むスタートアップ※の皆様が「TEAM EXPO 2025」プログラムを通じ、大阪・関西万博の機会を最大限活用し、様々な取り組みを推進いただくことを目指します。 「TEAM EXPO 2025 MEETING」や大阪・関西万博の機会を通じ、発信・交流・共創を生み出すことにより、スタートアップの更なる振興を目指すとともに、レガシーとなる共創チャレンジが創出されることを期待します。 ※本プロジェクトにおけるスタートアップとは、革新的なビジネスモデルによって社会にイノベーションを生みだすことで、短期間で急成長を遂げる企業をいいます。起業からの経過年数は問わないほか、企業内起業なども対象。   スタートアップブーストPJの仕組み SBPオンラインピッチ スタートアップブーストPJの一環として、次代を担うスタートアップの方々に登場いただき、自社の取り組みを通じて、どんなより良い未来を目指すのかをピッチ発表いただく「SBPオンラインピッチ」を開催しています。 回数 (リンク先に詳細) 開催日 第1回  2023年11月22日(火)17時~18時 第2回  2023年12月6日(水)17時~18時 第3回  2023年2月14日(水)15時~16時(予定) スタートアップPJへの参加方法は? 参加の対象となる活動等 ●「共創チャレンジ」とは 自ら主体的に他者と共創して社会的課題解決等を図り、希望する未来社会の実現を図る活動の具体的内容を、積極的にご登録ください。 ご登録に当たっては、要件や申請上の留意事項について、以下の資料を必ずご確認ください。 ・「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創メンバー参画規約 ・共創チャレンジ登録時の留意事項   ●ご参加後:スタートアップブーストPJ参加団体の調べ方 ・共創チャレンジの検索画面で「スタートアップ ブーストPJ」のキーワードで検索できます。共創パートナーについても、同様に「スタートアップブーストPJ」で検索できます。 ・また、同じテーマで活動するスタートアップブーストPJ参加団体等の情報について、事務局からもご案内することがございます。  まず「TEAM EXPO 2025」プロジェクト/共創チャレンジ(共創パートナー)にご登録ください。  ⇒ご登録はこちらから(TEAM EXPO IDの登録画面へ)   「TEAM EXPO 2025」プログラムに登録済みの方で、スタートアップブーストPJへの参加をご希望される方は、以下をご覧いただき、参加の手続きをお願いいたします。 ・スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創チャレンジ用)  ・スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創パートナー用) ・スタートアップブーストプロジェクトVI ガイドライン   ※ 留意事項  なお、以下の点にご留意いただきますようお願いいたします。 ・本取り組みは、共創チャレンジに参加される皆さんが大阪・関西万博の機会を活かし、対話を通じ更なる共創を生み出していただくことを目的とするものです。 当事務局は、TEAM EXPO 2025 MEETING等の交流機会の提供等を通じこれを支援します。 ・従って、いわゆるビジネスマッチングの開催を目的とするものではございません。スタートアップ・ブースト・プロジェクト参加により、当事務局が参加者に対して何らかの金銭的・人的・その他の個別の支援を行うものではありませんので、ご留意ください。 ・また、各参加者におかれては、TEAM EXPO 2025 MEETING等の機会を通じ、各共創チャレンジの取り組みについて、定期的に現状共有をお願いすることがございます。 ・既に「TEAM EXPO 2025」プログラムに登録されている共創チャレンジ(共創パートナー)におかれても、スタートアップ・ブースト・プロジェクトの趣旨に合致する活動であればスタートアップ・ブースト・プロジェクトにご参加いただくことができます。 ・大阪・関西万博会場への出展方法等の詳細につきましては、決定次第、別途お知らせいたします。個別のお問合せにはお答えしかねますのでご了解ください。   【資料掲載】 ・スタートアップ ブースト プロジェクトの概要

    続きをみる

  • 協会

    第3回「TEAM EXPO 2025 MEETING」 開催レポート 2023年12月20日、21日

    公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、「TEAM EXPOパビリオン」への参加に向けた各取組みの展示・発表と、「TEAM EXPO 2025」プログラムをはじめとする共創事業への積極的な参画を促進するため、12月 20 日(水)・21 日(木)の 2 日間、OMM(大阪マーチャンダイズ・マートビル)にて、共創イベント第 3 回「TEAM EXPO 2025 MEETING」を開催しました。ーーーTEAM EXPO 2025 MEETING大阪・関西万博「TEAM EXPOパビリオン」への会場参加にエントリーした共創チャレンジを中心に、158組(約130名)が各取り組みを発表するプレゼンとブース展示を行いました。⇒「TEAM EXPOパビリオン」について 未来社会ショーケース事業出展 | EXPO 2025 大阪・関西万博公式Webサイトーーー「TEAM EXPOパビリオン」に向けて「TEAM EXPO 2025」プログラム共創チャレンジに登録している団体によるプレゼン発表・ブース出展も行われ、ジャンルの垣根を越えて、各団体同士のインタラクティブな情報交換や、新たな共創創出のきっかけとなる交流が活発に行われていました。プレゼン会場では、それぞれの活動をプレゼン形式で発表いただきました。「TEAM EXPOパビリオン」のステージでの会場参加を目指す団体もその活動を披露されました。ーーー多くの方に参加いただきました本イベントには8つのジャンル(地球の未来と生物多様性、健康とウェルビーイング、平和と人権、食と暮らしの未来、学びと遊び、未来への文化共創、未来のコミュニティとモビリティ、SDGs+Beyond)に分けてブースが展開され、すでに登録しているメンバーや興味を持っている方など、2日間合計で約1,400名が参加しました。ーーー未来社会ショーケース事業協会から「TEAM EXPOパビリオン」のご説明を行い、参加検討されている方に向けた「TEAM EXPO 2025」プログラム見学者向けツアーを行い、「TEAM EXPOパビリオン」内に設置予定のステージサイズを体感いただけるコーナー、展示台の見本や会場模型も展示。個別相談ブースにもたくさんの方にご来場いただき、「TEAM EXPOパビリオン」への参加について、ご相談をいただきました。⇒未来社会ショーケース事業出展 | EXPO 2025 大阪・関西万博公式Webサイト⇒ベストプラクティス | EXPO 2025 大阪・関西万博公式Webサイトーーースタートアップブーストプロジェクトスタートアップ企業やベンチャー企業、スタートアップを目指す共創チャレンジの参加メンバー(共創メンバー)を共創パートナーが支援する「スタートアップ ブースト プロジェクト」によるトークセッションも実施。⇒SBPオンラインピッチ #1【アーカイブ掲載】|TEAM EXPO 2025 | EVENT⇒SBPオンラインピッチ #2【アーカイブ掲載】|TEAM EXPO 2025 | EVENT「スタートアップ企業が世界に羽ばたくためには?」というテーマでのディスカッションを実施し、共に創り上げていきたい、理想としたい未来社会について、限られた時間のなかで来場者に向けて発信していきました。ーーーCo-Design Challenge運営参加特別プログラム「Co-Design Challenge」に採択された企業が登壇したパネルディスカッションが実施されました。⇒運営参加特別プログラム「Co-Design Challenge」開始 | EXPO 2025 大阪・関西万博公式Webサイト様々な企業・団体が参加する、本万博のコンセプト「People’s Living Lab」を体現するプログラム「Co-Design Challenge」を語り合いました。ーーーオンラインでの対話・共創の場EXPO COMMONSについて、参加企業の紹介が行われ、今後オンラインでもつながれ、共創していく仕組みが立ち上がっていきます。ーーーリアルでの対話・共創の場共創イベントに関する発信が行われ現在開催中のテーマセッション・テーマアカデミーのご紹介も行われました。⇒1月に実施される共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORT↓↓過去に開催された共創イベントの画像↓↓共創イベントは定期開催されますので、ぜひご参加ください。ーーー~主催~(公社)2025年日本国際博覧会協会

    続きをみる

  • 協会

    【定期連載】共創までのストーリー 万博開催まで445日前~共創チャレンジ「コスモポリタンキャンパス(キッザニア SDGs プロジェクト)」~

     共創までのストーリー  大阪・関西万博の「TEAM EXPO 2025」プログラムから生まれた共創を実体験からお伝えする「共創までのストーリー」。今回は、コスモポリタンキャンパス(キッザニアSDGs プロジェクト)  において、実現した共創についてお聞きしました。 ご登録いただいた共創チャレンジでは、どのような活動をされていますか?2023年2月にKCJ GROUPはTEAM EXPO 2025共創パートナーに参画し、“こどもの未来“をテーマにさまざまな企業・団体と共創活動を行うために同4月に産官学連携プロジェクトを発足しました。そして、本プロジェクトにおける共創チャレンジの一環として、関西初となるコスモポリタンキャンパス2023 with EXPOを開催する運びとなりました。コスモポリタンキャンパスは、2018年より実施しているワークショップで、対象は中学生が中心となっています。4Cスキル(※)を育み、激変の時代を生き抜く力を身につけることを目指し、毎年、多彩なチームで講師陣と受講生を構成しております。今回の共創チャレンジでは、企業・大阪府・大阪大学・万博協会の様々なサポートを受けながら、社会課題とその解決策をより広く世界に発信するパビリオンを企画・提案する「未来社会をデザインしよう!―大阪・関西万博へミライパビリオンを提案―」というプログラムを今年度の8月に実施しております。参加した中学生たちは、解決を願う社会課題について、他者に伝わる形で発信するために、大人と協働でパビリオンの構想・制作に取り組みました。また万博の過去事例なども学び、あらためて大阪・関西万博の意義を知る時間も設けました。今後も大阪・関西万博を一つのチャンスととらえ、こどもと大人がこれからの未来を共に考えて、一歩踏み出すための活動を進めてまいります。なお、今回の活動につきましては、キッザニア公式のYouTubeやX(旧Twitter)でその一部をご覧いただけます。 (外部サイト)https://www.kidzania.jp/sdgs/report/013/  ※アメリカで定義された「21世紀スキル」の中で提唱されているスキル。 創造(Creativity)、論理的思考(Critical Thinking)、対話(Communication)、協働(Collaboration) どなたと共創しましたか?大阪大学 社会ソリューションイニシアティブ(以下 大阪大学SSI)が共催、2025年日本国際博覧会協会がご後援くださいました。 ご登壇者としては、基調講演を建築家であり、大阪・関西万博会場デザインプロデューサーを務める藤本壮介氏、各日程の講師はTEAM EXPO 2025の株式会社三井住友銀行様やロート製薬株式会社様、大日本印刷株式会社様他の方々にご協力いただきした。その共創によって、何が生まれましたか?次世代を担うこどもを主役としたプログラムとして、大阪大学SSIと弊社チームを中心とした次世代の育成へ向けたアクションを起こす人・組織のネットワークが構築されました。また、今回のワークショップでは、成果物として、こども達の社会課題への関心と解決策をミライパビリオンシートに表現しました。そのシートを制作するプロセスで、こども達は「科学と自然の調和」など、より良い未来へ向けた新たな価値創造に挑戦しています。さらに、この成果をパブリックな場で展示して、ご覧になった方が「良い」と思ったパビリオンにご投票いただく取り組みも予定しています。この取り組みにより、ワークショップ参加者以外の人たちを、より良い未来の実現へ向けた取り組みに巻き込むなど、活動のより一層の広がりを希求しています。 共創先は、どのように探しましたか?また、一番最初は、どのようにコンタクトを取りましたか?まずは、KCJ GROUPが企画・運営する「キッザニア」のパートナー企業を中心に「TEAM EXPO 2025」へご登録されている企業や団体へお声かけをしました。4月に産官学連携プロジェクトを発足した際、「自分達の意見を発信し行動を起こせる場所をもっと作ってほしい」という7万人のこどもの声をお伝えした上で、万博に向けた今回の企画を説明しましたが、その必要性に深く賛同いただき、活動の輪が自然と広まっていきました。 共創実現までのプロセスを教えてください。企画立案からワークショップ実施までは、5か月ほどの期間となりました。多彩なご登壇者の皆様が、こども達へ熱い思いをお持ちの方ばかりでしたので、各日程の内容をどのように成果物制作へと収束させられるのか、贅沢な悩みながら試行錯誤しました。しかしながら、そのプロセスで各ご登壇者とのチームワークも強くなり、最終的には皆様のサポートでこども達のアイデアが詰まったミライパビリオンシートに結実しました。また、最終日の発表会で、テーマを決めた議論ではなく、世代の異なるこどもと大人が自由かつゆるやかな対話をすることで、お互いの関係構築につながる様子を見受けられたことが、共創の一つの意義でもあると感じられました。 共創実現するにあたって、必要なこと、大切なことは何でしょうか。産官学連携ということで、異なる立ち位置で意見が交わされる場面が多くありました。その差異を乗り越えるためには、共創に参加する個人や企業・団体などそれぞれが、同じ目標に向かうことが大切だと感じられます。今回は、異なる意見を大切にしてそこから互いに学ぶこと、また、常に「いのち輝く未来社会」を担うのはこども達、という共通認識へ立ち返ることで、意見の集約を行ってまいりました。 最後にPRをお願いします。今回の共創チャレンジをスタートラインとして、こども達の未来に向けた声をより広くより多くの人へ届けるチャレンジを続けてまいります。そして、万博会場でこども達が世界に向けて自分達が考える輝く未来について発信し、それを実現していくためのサポートをKCJ GROUPは全力で行っていきたいと考えております。  ~共創チャレンジ~コスモポリタンキャンパス(キッザニア SDGs プロジェクト)「こどもが主役」のSDGs啓発活動に取り組む「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」「キッザニア福岡」の企画・運営行うKCJ GROUPは、2018年から中学生を対象に、4Cスキル(※)を育み、激変の時代を生き抜く力を身に付けることを目標にしたワークショップ「コスモポリタンキャンパス」を実施し、テーマに「他者との共生」や「働くことの未来」など、その時代を象徴する社会課題を掲げてきました。例えば、今回、TEAM EXPO 2025のメンバーと共に中学生を対象とした、ミライ×クリエイティブ・ワークショップを実施するなど、こども達の未来探索を大人がアシストし、描きたい未来を発信する場を共に創り上げます。※アメリカで定義された「21世紀スキル」の中で提唱されているスキル。 創造(Creativity)、論理的思考(Critical Thinking)、対話(Communication)、協働(Collaboration) ~~~ バックナンバー 共創までのストーリー≫≫≫共創チャレンジ|外国人材と企業によるダイバーシティー促進事業~~~EXPO共創事務局 共創までのストーリー大阪・関西万博まで445日前 EXPO共創事務局では、皆様の共創までのストーリーを募集しています。「TEAM EXPO 2025」プログラムで、共創を実現された方はご連絡をください。”共創までのストーリー”としてWEBサイトで紹介いたします。共創までのストーリーは下記リンクのお問い合わせよりお知らせくださいTEAM EXPO 2025 | CONTACT  

    続きをみる

  • 協会

    『SDGs7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに』に関連する共創チャレンジのご紹介

    こんにちは、EXPO共創事務局です。 -誰もが参画できる万博の新しいカタチ- 「TEAM EXPO 2025」プログラムは、2020年秋にスタートして以来、多くの方々にご賛同いただきながら、2025年に向けて着々と盛り上がりをみせています。 12月20日(水)、21日(木)の二日間にわたって開催された第3回「TEAM EXPO MEETING」はいかがでしたでしょうか?発表・展示をされた共創メンバーの方々をはじめ、ご来場者くださった約1400名の方々、本当にありがとうございました。2024年も、「共創」で繋がる皆さまと共に、大阪・関西万博とその先の未来社会に向けて進んで行きましょう! さて、「TEAM EXPO 2025」プログラムが目指す「万博のテーマ実現」や「SDGs達成への貢献」をとおして、より良い未来社会を共創していく多様な参加者による様々な取組み「共創チャレンジ」の登録件数は、2023年12月末時点で1,520件! 皆さんのそれぞれの取組みにはSDGs目標も掲げています。今回のレポートでは「SDGs7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」に関連する共創チャレンジをご紹介します。 ※画像から共創チャレンジのページへリンクします。    無電化地域に”あかり”を届ける、みんなで”AKARI”アクション    企業や自治体など、さまざまなパートナーと連携して再生可能エネルギーのソーラーランタン”あかり”を主にアフリカやアジアの無電化地域に届ける。現地での支援プログラムを通して「教育」「健康」「収入向上」の機会創出をすることで貧困のない持続可能な社会づくりに貢献する。    一般家庭の廃食油をリサイクルしてGHG(CO2)削減  大半が廃棄される一般家庭の廃食油に着目し、企業や自治体と連携して家庭系廃食油リサイクル推進活動を実施。一般家庭の廃食油を回収し、軽油の代替燃料となる「BDF(Bio Disel Fuel)」バイオディーゼル燃料に再生することで、持続可能な脱炭素社会に貢献する。    万博に参加しよう!万博でつながろう!  「TEAM EXPO 2025」プログラムに関する情報は、本ウェブサイトをはじめ、協会公式ウェブサイトや公式SNSアカウントにて配信中!また、皆さんが自らの活動をSNSアカウントにて発信する際は、是非ハッシュタグ「#TEAMEXPO」を入れてくださいね!!   ※本記事は、「TEAM EXPO 2025」プログラムを広く周知する目的として、登録されている共創チャレンジを紹介するものであり、EXPO共創事務局が特定の共創チャレンジを推薦またはその取組によってもたらされる結果・事象を含め保証するものではありません。

    続きをみる

  • 協会

    学びと遊びセッション~「Co-Lab EXPO」プロジェクト ~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~第1回 学びと遊びセッション 12月14日に開催され、大いに盛り上がりました~~共創チャレンジ 「47都道府県で大阪・関西万博を盛り上げる【Co-lab EXPO】の開催!」が実施した 「TEAM EXPO 2025」テーマセッション についてご紹介いたします。2023年12月14日に開催された学びと遊びセッションは、学生が主体となり実施されたテーマセッションで、アジア太平洋トレードセンター株式会社のおおさかATCグリーンエコプラザにて実施されました。共創パートナーであるATC様の会場協力をいただき、行われました。≫≫≫アジア太平洋トレードセンター株式会社|TEAM EXPO 2025 | PARTNER  学生たちと社会人がそれぞれ集まり、活動内容の発信と交流会を実施。学びと遊びをキーワードに多くの方が、出会い、共創するきっかけができました。 ~~基調講演~~近畿経済産業局 石原 康行氏に登壇いただき、大阪・関西万博を1つのチャンスとしてどう参加していくかをお話いただきました。~~アイスブレイク~~「チームの中の共通点を探す」テーマでアイスブレイクを行い盛り上がりました。10個を超える共通点を見つけたチームもあり、意外な共通点やあと1人で惜しかった共通点で盛り上がりました。~~学生のピッチ~~学生・学生団体にピッチ登壇いただきました。 ~~意見交流~~ピッチ登壇後には意見交流も実施。ただ単にピッチを聞くだけではなくピッチの内容をお互いに深め、分かち合うことができました。~~交流会~~ 交流会は1時間近くありましたが、深い会話や交流が最後の最後まで実施され、会場の閉場時間ギリギリまで盛り上がりました。~~記念撮影の風景~~みんなでミャクミャクと同じポーズで撮影! 今後も色々なテーマでテーマセッションが開催されます。ぜひご参照ください。共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる