みんなの投稿

フリーワード

SDGsの取組内容

みんなの投稿一覧

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • エコバッグ(N-ECOバッグ)はこんな感じ

    初投稿です。 猫を描く画家の山田貴裕です。   受注生産エコバッグと、 1点もののアート作品の展開を通じて   ①ポリ袋の削減(=【14 海の豊かさを守ろう】)、 ②大量生産・大量販売からの脱却(【12 つくる責任 つかう責任】)   をテーマにTEAM EXPOに参加しています。   リアルタッチのペン画猫と、私の妹(ダーヤマ)によるゆるふわ脱力猫が お楽しみいただけます。   よかったらご覧くださいませ^^     不定期で柄も増やしてまいります。   大阪はこれから緊急事態宣言入り するようですが、 みなさまお体に気をつけて。   それではまた!

    続きをみる

  • 掲げている3つのテーマ

    アートと穏やかな暮らしプロジェクトの  Atelier Florence 永田登志子 です。   掲げている3つのテーマの絵画の制作を進めています。 17個のテーマ全ての絵画を完成させ、皆さまにご覧いただけるよう なるべく早く完成させたいと精進しております。   今回は ”16 平和と公正をすべての人に” をテーマの作品をご覧ください。

    続きをみる

  • 大阪防災プロジェクトのご紹介・メンバー募集

    大阪防災プロジェクト共同代表の渡部です! 大阪防災プロジェクトは、「大阪・関西万博を契機に、災害に強い大阪・世界を実現する」ことをビジョンとして活動する、防災活動団体です。 ビジョン実現のため、大阪・関西諸地域での防災普及活動や、日本の防災技術を世界に広める活動など、様々なプロジェクトに励んでいます。 本記事では、私たちが取り組む活動のうち、3つのプロジェクトについてご紹介します!   1.グローバルユース防災サミット 「グローバルユース防災サミット」は、世界各国で防災に取り組む若者との交流・相互学習を推し進め、未来社会の防災リーダーを育成する、世界規模のプロジェクトです。 本プロジェクトでは、同じく TEAM EXPO 2025 に参加する防災活動団体、チームU-15防災(事務局:ママコミュ!ドットコム) とタッグを組み、10代、20代の両方の視点を駆使して、活動を進めています。 2021年度の活動では、大阪市の姉妹都市である、ドイツ・ハンブルク市の「ハンブルク市⻘少年消防団」をパートナーとして、両国・両都市の防災の課題に対して、ローカル、グローバル両方の立場から解決策を生み出していきます。 本プロジェクトは、TEAM EXPO 2025 のひとつの共創チャレンジとしても登録しているため、そちらの紹介ページもぜひご覧ください!   2.防災教室 大阪・関西諸地域に住む一般市民を対象に、防災知識の普及活動に取り組んでいます。 学校や公民館など、実際に地域に出向き、地域の人と協力しながら、授業や講座の企画・運営を行なっています。 最近は社会情勢を考慮し、オンラインでも防災教室を実施しており、地域の枠組みを超えて、より多くの人に防災を学んでいただいています!   3.防災×〇〇 防災に興味がない一般市民に、防災に少しでも興味を持ってもらうため、防災に「面白いもの」を掛け合わせるプロジェクトに取り組んでいます。 例えば、「防災×ゲーム」の企画では、遊ぶだけで防災の知識が得られる「防災ゲーム」を開発し、既に多くの方々に、楽しみながら防災を学んでいただいています。 また、青年層をターゲットにした、「防災×ファッション」の企画も進行中です!     最後に、大阪防災プロジェクトは現在、一緒にプロジェクトを推進する、新規メンバーを募集しています! 少しでも私たちのプロジェクトに興味がある方はぜひ、下記ウェブサイト、SNSをご覧ください!   ・公式ウェブサイト:https://sites.google.com/view/osaka-bosai ・Facebook:https://www.facebook.com/osaka.bosai.pj ・Twitter:https://twitter.com/osaka_bosai_pj ・電子メール:osaka.bosai@gmail.com (担当者:共同代表 渡部 / 多田)

    続きをみる