みんなの投稿

フリーワード

SDGsの取組内容

みんなの投稿一覧

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 「Run with You」神戸マラソン2023へブースを出展しました!

    「第一生命神戸総合支社 地域未来応援プロジェクト」の大原です! 第一生命では、誰もが参加でき、身近な健康増進スポーツである「市民マラソン」の支援を通じて健やかな生活のサポートをしていきたいという想いから、 2015年「Run with You」プロジェクトを起ち上げ、2016年より「神戸マラソン」に一般協賛 しています。エリアを代表する市民マラソン大会に協賛し、地域の皆さまの健康づくりや地域活性化を応援することで地域課題解決へ取り組んでいます。 第一生命神戸総合支社と明石支社では、今年度も11月17日・18日に神戸国際展示場で開催された、「神戸マラソン2023」にスポンサーブースを出展。 手足から電流を流し 、体重や体脂肪率に加え、筋肉量や水分量等を測定することで自分自身の身体の状態を確認できる「からだ測定コーナー」と、 ご自身の目標タイムや完走タイムとともに撮影を行うことができる「写真撮影コーナー」をご用意しました。 2日間にわたり、当社ブースには2,893名と多くの方々にお越しいただき大盛況となりました!   また、本マラソン大会は4年ぶりに沿道応援が解禁となり、応援に駆け付けた当社社員からも約2万名のランナーへ声援を送りました。 第一生命神戸総合支社ではこれからも、地域の皆さまの健康増進にお役にたてるよう取り組んでまいります! 【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 神戸総合支社担当:髙橋メールアドレス:Takahashi108@daiichilife.com

    続きをみる

  • 光照運輸株式会社様の広島営業所で新たに1台のこどもミュージアム号が誕生しました。

    12月11日(月)光照運輸株式会社様の広島営業所で 新たに1台のこどもミュージアム号が誕生しました。 (本社:大阪府岸和田市)【HP:http://www.kousyou-unyu.co.jp/】   従業員のお子様が描いてくれた3枚の作品を大きくして、 タンクローリー車にラッピングされました。 道路工事でこんな車が来てくれたら嬉しいですね。 運ばれるアスファルトで、あたたかくやさしい道路が出来あがると思います。😊 光照運輸様が2020年8月にご入会頂き、現在社内でミュージアム号を5台超えています! おかげさまで参画企業様は314社になり、こどもミュージアム号はなんと1155台になりました。 これから、益々、みんなの「やさしさ」が、「暖かさ」が、 そして、「笑顔」が広がっていくでしょう。本当にありがとうございます

    続きをみる

  • 12月17日  2日目!

    12月17日(日) 午前中は県民の浜を基地にグループに分かれて調査。 E-Bikeチームは周辺施設を、徒歩での調査チームは県民の浜の木造コテージや温泉施設やすらぎの館、そして古代製塩遺跡復元展示館などを視察。      午後からはこれまでの授業で考えた私たちのビジョンを発表!   そして、三之瀬、御手洗の地域観光資源、県民の浜の資源をグループで考え発表。 テニスコートを活用したイベント、1~3月の閑散期は特産品を利用したスィーツ大会、 サイクリングコースを整備してはどうか、みかん大食い(早食い)選手権は?、みかんの木にイルミネーションをつけては? まだまだアイデア出しの段階、次は大学に戻り整理をします。   オブザーバーの方たちも参加していただき有難うございした。                共感し協働できる仲間を募集中。   https://www.instagram.com/yasuda_genbi/?igshid=OGQ5ZDc2ODk2ZA%3D%3D https://kenmin-no-hama.jp/home/ お問合せ先 株式会社JTB 広島支店 担当:松田 〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル2階  T 082-542-2715 

    続きをみる

  • 現地調査しました! 12月16日~17日

      12月16日(土) 今日から2日間で広島県立県民の浜ととびしま海道の現地調査をします。 目的は、これまで調べたものを実際に現地にいって確認。そして行かないとわからない地域資源を探します。   松濤園を全員で視察した後はグループに分かれて蘭島閣美術館、白雪楼、三之瀬御本陣芸術文化館を調査。          午後からは江戸時代に栄えた港町、御手洗の調査。   夕刻からはみんなで工作館にLEDライトを使ったイルミネーションのテスト     共感し協働できる仲間を募集中。   https://www.instagram.com/yasuda_genbi/?igshid=OGQ5ZDc2ODk2ZA%3D%3D https://kenmin-no-hama.jp/home/ お問合せ先 株式会社JTB 広島支店 担当:松田 〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル2階  T 082-542-2715 

    続きをみる

  • 大和川スマイルプロジェクト in環境・自然セッション 大阪・関西万博500日前 

    2023年11月30日 大阪・関西万博500日前イベント TEAM EXPO2025自然・環境セッション参加 南港ATCで行われたエコプラザの自然・環境セッションに参加しました。 たくさんの皆さんに、大和川スマイルプロジェクトの紹介をしてきました。 大和川スマイルプロジェクトは、大阪・関西万博500日前は、ボーイスカウトのみんなと大和川クリーンアップ大作戦を開催をさせて頂いたお話もさせて頂きました。   次回は、2024年3月3日です。 大和川から笑顔を世界に!

    続きをみる

  • 大阪・関西万博開幕500日前を記念して「第2回 咲洲 World Healthy Festa」を開催しました

    ラジオ体操家族「ラジーン」の橋口です。2023年12月9日(土)に、「第2回 咲洲 World Healthy Festa」を開催いたしました。2023年11月30日に、大阪・関西万博開幕500日前となりましたので、大阪・関西万博開幕500日前を記念した独自健康イベントとして実施いたしました。また、咲洲プレ万博の公式プログラムとしても実施いたしました。生活習慣病予防、フレイル予防、健康増進、介護などに対する住民の意識向上を図り、健康寿命の延伸を目指すイベントといたしました。イベントに参加された方からは、「健康について考えるきっかけとなった」「万博を身近に感じることができた」などの感想をいただきました。 【開催概要】名称:第2回 咲洲 World Healthy Festa日時:2023年12月9日(土)11時~16時場所:ATCエイジレスセンター主催:咲洲 World Healthy Festa 実行委員会(一般社団法人ラジーン、一般社団法人法人都市文化観光研究機構、TEAM SWYK)共催:咲洲プレ万博実行委員会[ATC(アジア太平洋トレードセンター株式会社)、学校法人森ノ宮医療学園、ミズノ株式会社、西尾レントオール株式会社、日立造船株式会社、一般財団法人大阪国際経済振興センター、大阪市経済戦略局、大阪市住之江区役所、公益財団法人大阪産業局]後援:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会、株式会社ケーエスケー、一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会、一般社団法人日本医薬品登録販売者協会協力:ATCエイジレスセンター、自立生活夢宙センター、みんなの経済新聞グループ、ベイ・コミュニケーションズイベントでは、セミナー・ステージプログラムとブース出展を実施。全ての内容をここに記すと、やや長い記事になってしまいますので、一部企画のみ紹介します。 セミナー・ステージ 「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに登録されている「ラジオ体操100万人プロジェクト」としては、ラジオ体操と大阪・関西万博のオフィシャルテーマソング コブクロ「この地球の続きを」ダンスを行いました。ラジオ体操は、1級ラジオ体操指導士が英語で号令をかけながら実施。また、ネパール出身の方などにも前に出て来ていただいて行いました。イベントで「World」ともうたっていますので、国際色豊かな企画といたしました。 いつもの通り、ラジオ体操が終わったら、大阪・関西万博のオフィシャルテーマソング コブクロ「この地球の続きを」ダンスを行いました。大阪・関西万博の機運醸成のために、最近は、ラジオ体操とセットで必ず行っております。やや難しいダンスなのですが、お猿さんポーズとこんにちはポーズについては、来場者の皆さまにも実践していただきました。 元プロ野球選手(メジャーリーガー)のマック鈴木さんによる、正しい爪切り講座もありました。爪のケアの重要性について説いていただきました。 正しいウォーキング講座も行いました。単なる「移動」も、正しく歩くと「運動」になります。フレイル予防につながるという話もありました。その他、セミナー・ステージでは、健康に関する様々なプログラムを行いました。 ブース 複数の健康関連団体・企業に、健康などに関する体験型ブースを出展していただきました。具体的には、ヘルスチェックや筋力測定、自律神経検査、姿勢診断などを行ってもらいました。 また、健康占いや膝痛改善、介護美容などに関するブースもございました。合計15の団体さまに協力いただきました。見て、体験して、楽しんで、健康になることのできるブースが盛りだくさんでした。 大阪・関西万博の機運醸成 今回のイベントは、大阪・関西万博開幕500日前記念独自イベントとして実施し、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会から後援をたまわりました。受付では、参加賞とともに、「くるぞ、万博。」と書かれている万博前売りチケットに関するチラシを配布しました。また、前述の通り、イベント内では、大阪・関西万博のオフィシャルテーマソング コブクロ「この地球の続きを」ダンスを、2回、実施しました。 加えて、「TEAM EXPO 2025」プログラム関連ですと、会場を提供いただいたのが、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創パートナーに登録されている「アジア太平洋トレードセンター株式会社」。また、「咲洲プレ万博」は、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに登録されています。出展者の中にも、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに登録して、何らかの取り組みを行っているところもありました。以上のように、可能な限り、大阪・関西万博の機運醸成につながるイベントになるように努めました。ご参加いただきました皆さま、ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました。次回は、大阪・関西万博開幕1年前を記念して、2024年4月12日(金)・13日(土)・14日(日)に独自健康イベントを開催する予定です。とりわけ、大阪・関西万博開幕1年前の日となる4月12日(金)は、共創イベントとして実施し、健康やヘルスケアに関する「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジを巻き込んで行えたらと思っています。続報をお待ちください。

    続きをみる

  • \新聞形式教材「新プリ」キャラのマンガ/No.30

    ■登場人物■ 名前:エヌプリー誕生日:2023/4/18(発明の日)性格:普段はおっとりしているが、えんぴつを手にすると情熱的になる特技:事実を分かりやすく、価値を明確に表現すること趣味:新聞紙を紙飛行機にし、魔法のじゅうたんのように行きたいところに行くこと好きなもの:情熱苦手なもの:何が言いたいのか分からない発言くせ:気持ちが高まってくると語尾が「N(ニュー)」(ギリシャ語アルファベット読み)になる夢:新聞記者 名前:キュータ誕生日:4月19日(飼育の日) 性格:おちゃめ特技:生き物と仲良くなる趣味:図鑑を観る好きなもの:自然・動物(特にパンダ)苦手なもの:泳ぐことくせ:はしゃぐと「パンダー」と叫ぶ夢:動物園の飼育員 +☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆◆お問い合わせは、プラススターHRホームページの問い合わせフォームからお願いいたします。

    続きをみる

  • EXPOTRAIN2025よさこいイベント開催♪

    先日、12/2(土)に大阪モノレール万博記念公園駅構内にて、大阪モノレール様と共に機運醸成PRイベントを行いました。 EXPOTRAIN2025大阪モノレール号が走行する日に合わせ、駅構内ではよさこいの本場高知の物産展が開催され、ステージスペースにてよさこい演舞を行い、2025年の大阪・関西万博のPR活動を行いました。 この日は計7チームの皆様に演舞を披露してきただき、大阪のEXPOイベントでは珍しく東京や高知のチーム様が出演。関西だけでなく日本各地で大阪・関西万博に向かっていく繋がりを感じることができました。 モノレールを利用されるお客様も足を止めて演舞をご覧くださり、たくさんの方々にイベントを通じて大阪・関西万博や高知県、よさこいの魅力を感じていただけたと思います。 EXPOよさこい2025公式ジュニアチームでは、この日も総踊り曲『LaLaLaEXPO2025』『この地球の続きを』を披露させていただき、しっかりとPR活動をさせていただきました! 是非、以下のリンクよりご覧ください。 『LaLaLaEXPO2025』:https://youtu.be/POHLF3vS31k?si=1N3k92Xu4dCR8o9n 『この地球の続きを』:https://youtu.be/pA4gaMmeblM?si=9nxqi_c-Eey8fWrp また、イベント後は大阪モノレールの土佐酒列車、よさこい号が走行され、土佐の地酒や地域の特産品を使用したお料理を、よさこいをご覧いただきながら楽しんでいただくイベントもあり、一日を通して万博記念公園が2025年に向けて彩られました。 2025年までもうあと少しというところまで近づいております。私たちも引き続き2025年、その先まで全速力で駆け抜けていきたいと思います。

    続きをみる

  • イベント報告|大阪・関西万博500日前イベント「こどもSDGsフェスタ」

    ■SDGs目標達成に向けて       「大阪・関西万博500日前イベント『こどもSDGsフェスタ』 」 セブンパーク天美では大阪・関西万博を盛り上げるために、500日前イベントを開催しました。 共創パートナーと連携して開催した取り組みです。 イベントでは、SDGsえほん「みらいたうん」の読み聞かせ等を行いました。   日程:2023年12月3日(日) 時間:10:00~17:00                                             場所:1F AMAMI STADIUM、GOOD SOUND COFFEE横   <お問合せ先> 株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク セブンパーク天美 パークオフィス Email:sp-amami@scl.7andi.co.jp

    続きをみる

  • 美術雑誌の月刊アートコレクターズ2024年12月号にてご紹介いただきました

    万博まであと486日...   猫のペン画とエコバッグ普及を通じ   ①ポリ袋の削減・プラスティック海洋ごみの削減 【14 海の豊かさを守ろう】 ②大量生産・大量販売からの脱却 【12 つくる責任 つかう責任】   を目指す 猫とARTとSDGs 【N-ECOバッグでポリ袋削減プロジェクト】の山田です。     このたび、美術雑誌の月刊アートコレクターズにご掲載いただきました。 『そっと寄り添う動物アート』という、動物画家特集です。      ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2023年 12月号 雑誌 – 2023/11/25発売 生活の友社 (編集)   (以下、引用)古来日本人は、動物を好んで描いてきました。現代日本においても、写実的描写から擬人的な表現まで、動物をモチーフにした様々な表現が追求されています。 本特集では、なぜ日本人はこれほどよく動物を表現し続けるのか、日本人にとって動物はいかなる存在なのか等の疑問を、人類学やペット社会学、動物園学の専門家に聞きます。同時に現代作家が考える動物表現について、グラビアとともに紹介。動物アートへの理解を深めます(引用おわり)   グラビアセクションの、35ページに登場いたします。 よかったらご覧くださいませ。   *掲載作品画像タイトル:あ~おいしかったなサイズ:M80 (145.5x89.4cm)制昨年:2020 【問い合わせ先】猫とARTとSDGs 【N-ECOバッグでポリ袋削減プロジェクト】担当:山田貴裕メールアドレス:takasanya@gmail.com

    続きをみる

  • 絵本の寄付を通して-2‐

    こんにちは、チームスタイルのリコです。 前回に引き続き、著者ぺんねの「ちがくておなじ」を『Different but Same』と英訳したものを、フィンランドのクオピオにある保育園に寄付させていただきました。 家で過ごすことの多いフィンランドのお子さんにも、個人的にプレゼントさせていただきましたよ。 これは、私自身が出向いて行ったわけではなく、このプロジェクトに賛同してくださった方のサポートです。 このように、賛同してくださる方が増えれば増えるほど、寄付できる国や場所も増えていくので、みなさま、ぜひ、出版プロジェクトにご参加くださいね。

    続きをみる

  • 受賞|第24回グリーン購入大賞 優秀賞

    折兼グループは、第24回グリーン購入大賞において優秀賞を受賞いたしました。   グリーン購入大賞とは   グリーン購入大賞は、環境や社会に配慮した製品やサービスを環境負荷低減と社会的責任の遂行に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度として、1998年に創設されました。 第24回グリーン購入大賞では、持続可能な調達(消費と生産)を通じたSDGsの目標達成、特に、脱炭素社会やサーキュラーエコノミーの実現に起用する取り組みを募集し、審査が行われました。また特別部門では、持続可能な農林水産業の実現に向けた取り組みを対象とした「農林水産特別部門」を設けられました。   グリーン購入ネットワーク GPN|トップページ   受賞ポイントについて     本来廃棄される生物資源を利用し、プラスチック資源の使用を抑制するとともに、生分解させ、堆肥として再利用できる取り組みは継続性・発展性の観点より評価をいただきました。また、消費段階での温室効果ガス削減に大きく貢献するおともに、容器そのものとしての性能が優れているので、継続性・発展性が期待できる製品である点も評価いただいております。   受賞したバガスシリーズについて     バガス容器とは、サトウキビの搾りかすであるバガスに竹や麦わらを混ぜ合わせて作られた容器です。本来廃棄される植物を有効活用して作られている点や、生分解性を有している点、CO₂排出量の削減効果が環境に優しいと言われています。   弊社のバガスシリーズは使い捨て容器では初めての事例として、世界基準で安全性を証明できるHACCP International認証を取得しております。バガスシリーズに関する詳細は以下のページよりご覧いただけます。   折兼ラボ|プラスチックの代替素材として注目のバガスとは?   【世界初】パックスタイルのバガス商品(AB/BBシリーズ)がHACCP Internationalの認証を取得しました   バガスフードサイクリングについて     こちらでは、バガスの生分解性を活かした教育活動やフードサイクリングの取り組みに関する記事を掲載しております。   フードサイクリングに関する記事|親子で環境問題を学べる実験をしてみよう!「折兼バガスチャレンジ!」とは?  

    続きをみる