みんなの投稿

フリーワード

SDGsの取組内容

みんなの投稿一覧

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 岩本町ほほえみプラザおすそ分け活動

     パソナグループでは地域にお住いの高齢者の皆様がいきいきと健康にお過ごしいただけるよう、様々な社会貢献活動を実施しています。厚生労働省の決定によりマスクの着用は個人の判断が基本となりましたが、引き続き感染対策を意識して安心してお過ごしいただけるよう、以前から交流のある高齢者複合施設「岩本町ほほえみプラザ」へマスク200枚とアルコール除菌シート80セットを寄付しました。寄付品の梱包作業はパソナグループ本社PASONA SUQAREにてワークショップ形式で開催し、30名以上の社員がボランティアで参加。ラッピングの他、高齢者の皆様への想いを込めた手書きのメッセージカードの制作も行ないました。    一つひとつに手書きメッセージが同封されているのを目にした施設の利用者さんは、嬉しそうに手に取りながら「最高の思い出をありがとう」と大変感激していただいた様子。施設職員の方からも「今後も継続的に繋がりを持てたら嬉しい」と感謝のお言葉を多数頂きました。だんだんと暖かくなってきた春の陽気のように、世代を超えた心温まる活動となりました。今後もパソナグループでは誰もが安心して暮らせる社会の実現のため、地域の皆様に寄り添った活動を継続してまいります。   <日時> 2023年2月20日、24日 <場所> 東京都千代田区岩本町2-15-3 岩本町ほほえみプラザ

    続きをみる

  • JR御坊駅前の清掃活動を実施しました!

    「第一生命和歌山支社 QOL向上プロジェクト」の日高です! 第一生命和歌山支社御坊営業オフィスでは、御坊市との包括連携協定のもと、「地域街づくりに関すること」の取り組みの一環として、2019年からJR御坊駅前の清掃活動を実施しており、今回、2023年5月9日に8回目を実施いたしました。 当日は当支社社員16名に加え、御坊市商工振興課の職員の方3名と地域ボランティアの方2名にご参加いただき、総勢21名で車道沿いの隅にあるゴミの清掃や駅前ロータリー沿いの花壇の除草を実施。通行中の方に「きれいになってうれしい。ありがとう。」とのお声を頂きました。     和歌山支社では引き続き、地域に寄り添った活動・地域課題解決に取り組んでまいります。   【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 和歌山支社担当:日高メールアドレス:Hidaka118@daiichilife.com

    続きをみる

  • 大阪市「はばたき保育園」様で「おみせやさんごっこDAY1」を開催いたしました

    6月15日(木)はばたき保育園(大阪市中央区)の年長クラスで「社会体験版おみせやさんごっこ」を開催いたしました。 「お金博士」が11名のお友達と一緒にDAY1のプログラム <感じて学ぶ「お金ってなんだろう?> ◎話し合いを通じてお金の意味を知る ・昔のお金や世界のお金に触れる ・知っているもの、身近のものがどうやって手元に届くかを知る ・お仕事やお手伝いについて考えてみる を学びました。 子どもたちは、集中して博士の言葉に耳を傾け、元気よく自分の考えを発言し、お家でのできごとを教えてくれたり、疑問に思ったことを聞いてみたり、とても積極的に取り組んでくれていました。 今日の学びを持ち帰り、約2週間に渡り保育園で「チャレンジ」をして貰います。 2週間後、どんなことに「チャレンジ」してもらったのか園児の報告を聞けるのが楽しみです!

    続きをみる

  • 「世界環境デー」の取り組み:ユネスコスクールキャンディデート認定こども園七松幼稚園

    ユネスコスクールの国際デーの取り組みとして、6月5日は「世界環境デー」になっています。地球に優しい取り組みを知り、身近な所からやってみる日です。先生達が、地球に優しい取り組みとは、どのようなことかを劇を通して子ども達にSDGsの「12 つくる責任使う責任」に繋がる取り組みを伝えました。そこから、食べ残し、電気や水などの資源の無駄使いをしないように、限られた資源を大切にすることを考える機会になったことと思います。

    続きをみる

  • ラグビートップリーグ運営ボランティア

     ラグビートップリーグの運営にパソナグループの社員がボランティアとして参加しました。会場への誘導やイベント運営の中で、   スポーツを通して地域の方との交流を図り、2023年は合計8回のボランティア活動に参加。          社員やエキスパートスタッフ、内定者など、延べ100名がスポーツの力で江戸川エリアを盛り上げました。 活動を通して、地域の方やラグビーファンの方との交流も生まれ、「いつも試合運営のサポートをありがとう!皆さんが笑顔で元気になります!」など嬉しいお声をいただくことも多くありました。   <日時>2023年1月14日、21日、29日 2月19日、25日 3月18日、4月8日、22日 <場所>江戸川区陸上競技場

    続きをみる

  • 淡路島で働きながら学ぶ!「ギャップイヤープログラム」最終報告会

    人口の都市一極集中や新卒一括採用への疑問・関心が高まる中、パソナグループでは新たな働き方として淡路島で働きながら学ぶ「ギャップイヤープログラム」を提供し、自分らしいキャリアの選択肢を提供しています。2年間のギャップイヤープログラムを終了した1期生が報告会を実施しました。         プログラムの中で実践した、ウェルネス、地方創生、グローバル、文化芸術、ベンチャーに関する取り組みを発表。   文化芸術の一環で取り組んだ太鼓のパフォーマンスも披露するなど、2年間の軌跡を表現しこれまでの成長を感じる  一日となりました!   <日時> 2023年3月24日(金) 11:00~12:00 <場所> 淡路島青海波 波乗亭 兵庫県淡路市野島大川70

    続きをみる

  • 関東エリア フードドライブ活動

      パソナグループ全国各拠点にてフードドライブ活動を行い、各地域の団体へ食品寄付を行っています。関東エリアでは各家庭で消費しきれない食品を持ち寄り、ひとり親のご家庭に向けた支援を行う「NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン」へ寄付しました。       3月は、子どもたちが春休みに入り給食の活用ができなくなることや、新生活に向けての出費が増える事から特にフードドライブ活動の需要は高まります。より多くの方に食品をとどけられるよう、回収BOXのPOP作成や社内での活動広報を複数回行い、約50kgの支援に繋がりました。   <日時> 2023年3月   <場所> 株式会社パソナ 青山オフィス、新宿支店、大宮支店、つくば支店、横浜支店

    続きをみる

  • のじまスコーラ『SDGsイベント』

     パソナグループでは、阪神淡路大震災の震源地、野島断層の近くに位置する閉校になった野島小学校をリノベーションした「のじまスコーラ」を運営しています。地域の絆を育む拠点として、また自然やアート、美味しい料理を堪能できる ほか動物と触れ合える場としても人気の観光スポット「のじまスコーラ」の開設10周年に合わせて、SDGsに関連したイベントを開催しました。    食料廃棄ゼロを目指し、味や栄養素に問題のない形や大きさが不揃いな「規格外野菜」5~8種類ほどを美味しく調理した『SDGsサラダバー』や、環境や身体にも優しい「ヴィーガンスイーツ研究所」のスイーツセット、淡路島産の旬の野菜やフルーツをふんだんに使用したパンやオリジナルスムージーを提供。美味しい物を食べながら食品ロス問題について考えると同時に、地産地消をテーマに、食料の輸送に伴う温室効果ガスの削減にも貢献しました。    また、のじまスコーラ内にあるカフェやマルシェの野菜の売れ残りや端切れを動物たちの餌として2次活用する  『フードロス削減作戦!』を開催。子どもたちも楽しみながら食の大切さを学ぶイベントとなりました。         <日時>2月11日(土)~2月17日(金)<場所>のじまスコーラ兵庫県淡路市野島蟇浦

    続きをみる

  • Well-beingを五感で体験、健康経営のヒントを学ぶ Well-being Meet UP

     人材を大切な「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる「人的資本経営」の考え方に注目が集まる中、従業員の健康保持・増進に向けた取り組みは、重要を増しています。  企業の方々に、自社のwellbeing推進、健康経営を推進するための意義やヒントを学んでいただくため、淡路島でWellbeing を五感で体験するプログラムを実施しました。      淡路島のさまざまな施設で働いているメンバーの働き方や想いをシェアし、Well-beingを五感で体感いただいたことで、身体、心、社会の健康に直に触れ合えたという多くのお声をいただきました。また、健康経営・Well being担当者同士のつながりの創出をすることで、世の中にwellbeingを拡げていくきっかけとなるイベントとなりました!今後も、継続してwellbeingの輪を拡げるための取り組みを行ってまいります。     <日時> 2023年3月2日(木)~3日(金) (1泊2日) <場所> 淡路島 パソナグループ各施設

    続きをみる

  • 元プロサッカー選手から学ぶ!ひとり親家庭向け「サッカー教室」

     淡路島にて島内で暮らすひとり親家庭向けに「親子サッカー教室」を開催しました。 元ボリビアリーグのプロサッカー選手で5人制サッカー日本代表選手としての経歴も持つ菊池康平さんと、淡路島の社会人サッカーチーム「FC.AWJ」に所属するパソナグループのアスリート社員が指導を行いました。      当日は4歳から小学6年生までのお子さんをもつ親子13組が参加。ウォーミングアップやミニゲームを通して参加者全員でボールを追いかけ、親子で体を動かすことのできる機会となっただけでなく、また、親子間や参加者間でのコミュニケーションも生まれ、新たな繋がりや交流を深める時間となりました。   <日時>2023年4月15日(土) 13:00~15:00<場所>兵庫県淡路市生穂新島 多目的ドーム・フットサル場兵庫県淡路市志筑1600−1

    続きをみる

  • 第 2 回 Web3 シンポジウム~ ウェルビーイング・ヘルスケア ~

     ウェルビーイング・ヘルスケアをテーマに、有識者を招聘したパネルディスカッション及び交流会を行う『第2回 Web3シンポジウム~ウェルビーイング・ヘルスケア~』を開催しました。        当日はウェルビーイング・ヘルスケアの領域で期待されるイノベーションや共創の可能性についてのパネルディスカッションや、遠隔医療や医師のVR研修など、デジタル技術の活用事例や医療現場での課題を共有しながら、「いのち輝く未来社会の実現」に向け、新しい技術をどのように活用・社会実装していくべきか等の議論を深めました。 東京 南青山の「PASONA SQUARE」会場だけでなく、オンラインでも同時開催し、約200名の方が参加。 有識者の方から具体的な事例をお聞きすることで、一人ひとりがウェルビーイングについて考える貴重な機会となりました。 <日時>2023年4月10日(月) 14:00~17:00<場所>パソナグループ PASONA SQUARE 16階 

    続きをみる

  • 【活動報告】ビジコンの日本人参加者が決定しました!

    Bula!こんにちは!So Si Doです! 私たちは8/1-8/8の1週間、フィジーのラウトカ市にてソーシャルビジネスコンテストを実施します。「フィジーが100年後も幸福大国であるためのソーシャルビジネスを考えよう」というテーマで、フィールドワークを通して課題を発見し、それに対して持続的な解決策を提案してもらうというものです。参加者はフィジーの学生と共に解決策を考えます。   そしてこの度、参加申し込みを締め切らせていただき、多数の応募の中から、13人が、今年の夏に、フィジーへ行くことが決定しました!幸福やウェルビーイングに興味がある人だったり、行ったことのない国に飛び込みたいと思い応募してくれた人だったり、多種多様です!   このビジコンをきっかけに出会い、これからどのような化学反応が起こるか楽しみです! 8月に向けて事前研修や準備などで忙しくなりますが、万全の準備を整え、フィジーで参加者を待ちたいと思います!   これから定期的に活動報告していくので、是非応援していただけると嬉しいです。   \クラウドファウンディング実施中/ 現在、8月のビジコンに向けてクラウドファウンディングをしています!支援していただいたお金は、ビジコン優勝チームの案を実装するために使います。リターンとして、フィジーのお土産やSoSiDoメンバーとの1on1など、幅広くご用意しております!ぜひ、ご支援よろしくお願いいたします。 以下のリンク⇩ https://rescuex.jp/project/53455  

    続きをみる