みんなの投稿

フリーワード

SDGsの取組内容

みんなの投稿一覧

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 【メディア掲載】weeeat! (東京ガスコミュニケーションズ)

    東京ガスコミュニケーションズ様が運営する、プラントベースフードを中心としたレシピや食とSDGsに関するメディア「weeeat!」に、規格外ビワのアップサイクルの取り組みを紹介頂きました! ▷https://weeeat.tokyogas-com.co.jp/column/sustainable/c-00020.html

    続きをみる

  • 京都ハンナリーズとのコラボ企画、「小学生バスケットボール教室」を開催しました!

    「第一生命京都総合支社 創りだそう共感のGoodサイクルプロジェクト」の山田です!   第一生命京都総合支社では、京都のスポーツ振興を目的として2021年11月に、B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチームである「京都ハンナリーズ」とシルバーパートナーとしてパートナーシップ協定を締結しています。   京都ハンナリーズのチーム名は「上品で明るく華やかなさま」を表す京ことば「はんなり」から命名されており、ホームタウンは京都府京都市、ホームゲームは京都市体育館(阪急西京極駅近く)で行われています。   今回、2022年7月から9月にかけて、福知山市・亀岡市・宇治市・京都市左京区・京都市 右京区の5箇所で京都ハンナリーズとのコラボ企画として「小学生バスケットボール教室」を開催しました。   一日2部制にて各回約30名の小学生にご参加頂き、京都ハンナリーズで活躍中の選手とコーチの2名によるドリブルやパスなどの基本練習やゲームを交えたシュート練習など、熱心に指導頂きました。 教室終了後には、選手のサイン入り終了証を参加された小学生へお渡しし、「楽しかった」「もっと時間があったら良かった」「また開催して欲しい」との声を頂きました!   引き続き第一生命京都総合支社では、京都のスポーツ振興に貢献できるよう取り組んでまいります!                        【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 京都総合支社 担当:山田 メールアドレス:Yamada077@daiichilife.com

    続きをみる

  • がんのチャリティープログラム「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2022芦屋」に協賛し、地域の皆さまの健康づくりを応援!

    「オール関西第一生命 関西しあわせプロジェクト」の山下です!   関西しあわせプロジェクトでは、地域の皆さまの健康づくりを応援しています。   第一生命中部・関西代理店営業部は、1年を通じたがん征圧のためのチャリティープログラムであり、がん体験者・ご家族・ご遺族を支援するイベントである「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2022芦屋」に協賛しました。   今回、2022年9月3日に芦屋市青少年センターにて開催され、夜どおし歩き続ける「リレー・ウォーク」に第一生命中部・関西代理店営業部より11名が参加し、がん体験者やそのご家族・支援者の皆さまとともに想いをリレーしながらウォーキングを実施しました。   第一生命は今後も、地域課題解決に向けて広く取り組んでまいります。 【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 中部・関西代理店営業部 担当:山下 メールアドレス:Yamashita953@daiichilife.com

    続きをみる

  • SDGsキッズスタートアップアドベンチャーに協力しました

    2022年10月1日(土)~2日(日)に開催されたSDGsを学ぶキャンプ、キッズスタートアップアドベンチャーに協力・参加いたしました。 SDGsキッズスタートアップアドベンチャーとは、国際連合の地域開発センターとMTG-Venturesが連携した子供向けのSDGs教育啓発事業です。次代を担う小学生とボランティアが1泊2日のキャンプを通じてSDGsをベースにした「世界のミライ」を体感するイベントです。   折兼では、2日間で使用する衛生資材を提供や食事で使用するバガス容器、カトラリーを提供いたしました。           昨年のプログラムで土に埋めたバガス容器を掘り起こして、分解の経過観察を行ったり、大自然の中でさまざまな経験をすることで、子ども達はSDGsの学びを深め、とても充実した2日間を過ごすことができました。 今後も引き続き、SDGsの取り組みに協力してまいります! ◎共創チャレンジ「パッケージエコ化プロジェクト!」https://team.expo2025.or.jp/ja/challenge/489  

    続きをみる

  • かつ辰(石津寝屋川店)様もホッかるプロジェクトにご協力していただきました!

    2022/9/30オープンの かつ辰(寝屋川店)さんでテイクアウト容器で分別できますの文章を入れてご協力頂きました。引き続き地域の皆様とも一緒によろしくお願します。

    続きをみる

  • 【首相官邸公式SNS】で、ゆめ伴プロジェクトが世界へ発信されました!

    【内閣府首相官邸公式SNSアカウント「JAPAN GOV」】 このSNSは日本政府の海外広報として、日本の魅力、文化、技術などを発信するもので、 10/1の国際高齢者デーに合わせて、私たちの取り組みが英文で紹介されました  認知症や高齢者の方々の笑顔が、日本の魅力として発信されることが、とっても誇らしいです! 共創チャレンジで登録されている「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」に取り組み、笑顔になられた高齢者の方々の写真が採用されました! ぜひ、ご一読ください ↓ 【Facebook】 https://www.facebook.com/JapanGov/posts/pfbid04qGTvnikFwDAqV7DqEHs8sxakT1JeKxjVzXqPRMdoTGo65d3xvr992GaGLABfisdl    【Twitter】 https://twitter.com/JapanGov/status/1576089563235504128?s=20&t=y-0nFnAezl_zRkrJ_h32_w   <紹介された内容 日本語版> 高齢者や認知症の方は社会的に孤立しがちであり、心身の健康のために「人とのつながり」が重要である。多様な団体で構成されている大阪府門真市の「ゆめ伴(とも)プロジェクトin門真」は、認知症の人が活躍できる場を創出し、認知症になっても輝けるまちづくりを行っている。 ここでは、折り鶴を通して、認知症の人と地域社会や世界をつなぐ「折り鶴プロジェクト」、認知症の人と地域住民が共に野菜などを栽培する「ゆめ伴ファーム」などを実施。これらのプロジェクトを通じ、認知症の人が生きがいを感じることができ、「誰一人取り残さない」インクルーシブなまちづくりを実践している。      

    続きをみる

  • SDGsプロジェクト「地方からミライを」始動

    9月26日(月)からSDGsプロジェクト「地方からミライを」の始動いたしました。 このプロジェクトでは、”地方”=選手の故郷やゆかりの地に対して、SDGs達成のための活動を行っていくもので、スポーツをする場やイベントを作ったり、地方で活動する企業を盛り上げることなどを目標としています。 このプロジェクトの発足に伴い、プロサッカープレイヤー水沼宏太選手、バドミントンプレイヤー桃田賢斗選手、プロフリークライマー楢﨑智亜選手、楢﨑明智選手、陸上競技の橋岡優輝選手、女子7人制ラグビーの大竹風美子選手ら6名によるトークセッションを行いました。 https://www.youtube.com/watch?v=pnzzCxzEANo

    続きをみる

  • みらいたうん10月のえほんが更新されたよ!

            \ 10月のえほん更新!/           SDGsをたのしくまなべるサイト「みらいたうん」の今月のえほんが更新されたよ! 今月は・・・?    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「お天気の王子さま ウェザリン」   みらいたうんの 王子さま ウェザリン。みらいたうんの天気は ウェザリンのきもちとつながっています。 ある日 ちょっとしたことで ウェザリンのいかりが ばくはつしてしまい……⁉      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   毎月1日にえほんが更新されるよ https://amami.sevenpark.jp/sdgs/story/8/     <お問合せ先> 株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク セブンパーク天美 パークオフィス Email:sp-amami@scl.7andi.co.jp

    続きをみる

  • 三泉商店街(大阪市大正区)で「ライフサイクルゲームⅢ~生涯設計のススメ~」を実施!

    「第一生命大阪南支社 地域に寄り添うプロジェクト」の羽月です!     第一生命大阪南支社では、住み続けられるまちづくりとして地域の皆さまへ、当社が開発した消費者・金融保険知識をすごろく形式のゲームで学ぶことができる「ライフサイクルゲームⅢ~生涯設計のススメ~」のご案内を行っています。     今回、一般社団法人 大正・港エリア空き家活用協議会よりご依頼を受け、難波みらい営業オフィスは2022年8月12日に、三泉商店街(大阪市大正区)で開催されたワークショップとして「ライフサイクルゲームⅢ~生涯設計のススメ~」の出張授業を実施しました。     ご依頼の理由は、「近頃、高齢者への特殊詐欺が横行しており、是非このゲームを通じて地域の皆さまの老後の生活設計や注意点などを学んでもらいたい」というもの。当日は、50代後半以降の約10名の地域の方々にご参加頂き、ゲームを通じて消費者被害事例や被害の相談先などを学んで頂くことができました。     「ライフサイクルゲームⅢ~生涯設計のススメ~」はヤング・ミドル版とシニア版をご用意しており、小・中・高・大学生や新入社員からシニア層など幅広い年齢層の方を対象としております。当ゲームを活用した出張授業やセミナーにご興味がございましたら、以下【問い合わせ先】までお気軽にご連絡下さい!        第一生命大阪南支社では引き続き、地域に寄り添った活動・課題解決に一生懸命取組んでまいります!     【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 大阪南支社 担当:羽月 メールアドレス:Hazuki814@daiichilife.com

    続きをみる

  • 日本工科大学校様にて関西マツダ技術セミナー2022開催

    Caption 2022年9月26日、日本工科大学校様(兵庫県姫路市)にて「関西マツダ技術セミナー2022」を開催いたしました。 国際自動車工学科2年生49名の留学生の方々にご参加いただき、ディーゼルとガソリンのメリットを兼ね備えたSKYACTIVーXエンジンとSKYACTIV-Dエンジン(クリーンディーゼルエンジン)についての説明や従来のディーゼルエンジンのデメリットを如何に克服させたかを伝えさせて頂きました。「環境に配慮するためにエンジンにもまだまだ出来ることがある」というマツダの考えに共感頂いた1日でした。 ご協力頂きました日本工科大学校様、本当に有難うございました。 お問い合わせ先 関西マツダ経営戦略室採用チーム 高月

    続きをみる

  • 池田市と協働で「乳がんセミナー」を開催しました!

    「第一生命大阪北支社 健康寿命延伸にむけた“大人のがん教育”プロジェクト」の後藤です!   第一生命大阪北支社では“大人のがん教育”と称し、日頃からお客さまや地域の皆さまへがんに関する様々な情報を発信しています。   第一生命大阪北支社石橋営業オフィスと池田市は、かねてより池田市民のがん検診受診率向上に向けて連携し、地域の皆さまへ向けたアンケート形式の意識調査を通じて、がん検診に関する情報提供による啓発活動を行ってまいりました。   今回、女性がかかる“がん”トップである「乳がん」に着目し、2022年9月12日に池田市子ども・健康部健康増進課との協働取組みとして「乳がんセミナー」を開催しました。   池田市の施設である「ツナガリエ石橋」にて実施し、20代から80代までの幅広い世代の女性12名の方々にご参加頂きました。 セミナーでは、乳がんの基礎知識や特有の症状、検診受診の重要性などをお伝えするとともに、乳がんのセルフチェックをリアルに体感できる触診モデル体験も実施し、大変好評頂きました。   第一生命大阪北支社は、これからも地域の皆さまに寄り添い、健康づくりを支える活動を実施してまいります! 【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 大阪北支社 担当:後藤 メールアドレス:makikok@daiichilife.com

    続きをみる

  • 1人でも多くの人に”切り替わるきっかけ”を届け、社会を活気づける波を起こす。

    Youth Consortium Projectは若者達が『できる』選択肢を増やす為の仕組です。若者達の活動を全国で繋ぎ、社会と協力することで、共生社会のサステナビリティ化に繋げる、全国1300以上の団体・個人が繋がる仕組みです。   今回はその内の一つの団体、『学生団体SWITCH』さんをご紹介します。   【活動個人名・団体名】 学生団体SWITCH   【主な活動エリア】 首都圏   【活動目的】 1人でも多くの人に”切り替わるきっかけ”を届け、社会を活気づける波を起こす。   【活動内容】 カンボジア支援であるStudy TourやCharity Sports Festivalと児童養護施設ボランティア、ボランティアレクなどの国内支援、イベント。   【活動での実績・内容】 ・Charity Sports Festivalでは大学生を集めて、「楽しいから始まる社会貢献」のもと大運動会を行い、参加費をカンボジアの子供たちに寄付しています。また参加者もただ楽しいで終わるのではなく、ボランティアブースなども設けて社会の問題に少しでも耳を傾けてもらえるきっかけを届けています。   ・Study Tourでは実際にカンボジアに行き、ホームステイなどを経て本当に必要な支援を五感を通して考えています。  ・児童養護施設ボランティアでは2か月に1回程度小山児童学園さんに赴き、施設の子ども達と交流を深めています。SWITCHのメンバーも童心に帰り、楽しみながらボランティアを行っています。  ・ボラレクとは、ボランティア部が主体となり、企画しているボランティアのことで2022年は、江ノ島のゴミ拾いや、内部コンテンツとしてフードロスをなるべく減らして行う料理対決を行いました!ただボランティアを行うだけでなく、クイズなどで知識付けを行い、メンバー一同学び、楽しみながら社会貢献をしています。    【活動での課題】 9月で代が変わり今年度は海ゴミアート、老人ホーム交流会、子ども食堂などのイベントを考えているので こういった活動をしている団体とお話ししたいです!   【将来成し遂げたいこと】 MISSIONの1人でも多くの人に”切り替わるきっかけ”を届け、社会を活気づける波を起こすと、VISIONの日本一愛され、100年以上続く学生団体になるです。   【最後に一言】 新入生いつでも歓迎してます!   【活動風景】     【発信】 WEB https://switch13th0920.wixsite.com/website-1 instagram https://instagram.com/switch.0305 twitter https://twitter.com/switch0305   Youth Consortium Projectでは、今後もこのように連携団体や個人の活動を紹介していきます。団体・個人への連絡は上記SNSよりご連絡ください。またYouth Consortium Projectへのお問い合わせは下記よりお受けしております。お気軽にお問い合わせください。       次回の共創チャレンジ投稿もお楽しみに。           https://youth-consortium.jp/ https://twitter.com/y_consortium https://www.instagram.com/y_consortium/ 【お問合せ先】   Youth consortium Project推進室 担当:里村   satomura@youth-consortium.jp

    続きをみる