みんなの投稿

フリーワード

SDGsの取組内容

みんなの投稿一覧

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 第9回世界流鏑馬選手権 特別プログラム「世界へ発信!やぶさめ万博」実施報告

    2023年10月21・22日、スポーツ流鏑馬イベント「第9回世界流鏑馬選手権」(青森県十和田市)会場にて大阪・関西万博の機運醸成に向けたイベントを実施しました。   ※ダイジェスト動画です みんなの思いをひとつにして「万博成功 世界平和」の願いをこめて、大会に関連する世界各国を象徴する選手と日本古来の伝統をつなぐ神事を務めた方々、そして次代を担うこどもたちをパートナーシップでつないだ演目を披露しました いざ、「的中の花傘を開いて、世界に発信!」 司会は競技選手でもある石橋良子さん。日本語と英語の2か国語で実況してくれました。 ①流鏑馬立射演武 八戸市 櫛引八幡宮 例大祭流鏑馬神事にて奉行役を務めた4名による「流鏑馬立射演武」です。流鏑馬立射演武とは、我が国の伝統馬上武芸の普及に向け、馬が無くても体験できるようにしたものです。1000年以上続く神事である流鏑馬の所作作法を基本としながら現代弓道の要素を取り入れ、よりわかりやすく表現しています。 ②まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」 年長たいよう組の園児による立射演武です。まるくこども園では「TEAM EXPO共創チャレンジ」の一環で、月に一回訪問し、弓矢練習を通して日本の伝統武芸を知る活動を行っています。 ③YABUSAME the Worldオーストラリア、フランス、ドイツ、アメリカ、日本の世界5か国を象徴する選手・関連する選手が国旗をなびかせ出走しました オーストラリアから参加の選手 フランスからも来日 ドイツのメディアも取材に来ました アメリカ代表 日本国旗がはためきます ④さつき幼稚園「介添え奉行行列」 「介添え奉行行列」とは南部流鏑馬特有のもので、褒めたたえながら射手のあとを追うがごとくかけていく行いのことです。43名の子どもたちが来ている手づくり衣装も南部流鏑馬のりょうとう装束をモチーフにしています。片手に扇、もう片方の手には各国の国旗を持って、「よう射たりや」と元気いっぱいです フィナーレは大阪 ・関西万博オフィシャルテーマソングコブクロの「この地球(ほし)の続きを」にのせて、出演者全員が退場です 競技大会中にもかかわらず協力いただいた選手の皆様園の先生や保護者の皆様悪天候でもがんばってくれた子どもたち暖かい拍手をおくっていただいたご来場のみなさま本当にありがとうございました。 これからも地域・世代を超え人と人が繋がるパートナーシップを実現していきます。 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/ 【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • 京都・大阪での「流鏑馬立射演武」事業活動報告

    (5/23)都市型の立地を活かし、産業界や行政機関などとの連携による教学展開を進める「立命館大学いばらきキャンパス」OIC地域連携室に伺いました。 「TEAM EXPO 2025」プログラム共創パートナーでもある同校と、毎年5月開催の「いばらき×立命館DAY」出展を見据えた学生との共創連携に向けた打合せを行いました。   (5/24)立命館大学柊野総合グランド(京都市)にある「立命館大学馬術部」を訪問。 学生馬術大会で優秀な成績を収める学生の方々と、馬を利活用した社会貢献・地域活動等の一環として行う、地域の保育園の厩舎見学・馬とのふれあい活動を行いました。 「流鏑馬立射演武」の型披露の時間もいただき、園児のみなさんに弓矢体験も提供できました。   午後には、「流鏑馬立射演武」巡回教室を快く受け入れていただいた「みつばち菜の花保育園」にて、弓矢や衣装の製作体験や弓矢体験を通して学ぶワークショップを実施しました。 折り紙を活用してオリジナル衣装づくりを楽しみました 矢を上手に飛ばせるように一生懸命練習しました ホールにて立射のお披露目もしました!   (5/26)第2回「TEAM EXPO 2025 Meeting」(会場:クリエイション・コア(東大阪市))にブース出展をいたしました。ブースでは事業紹介やスポーツ流鏑馬の魅力などについてPRするとともに、取り組みを動画でもご覧いただきました。 万博に向けた盛り上がりを実感するとともに、同じ「TEAM EXPO 2025」プログラム参画者との交流で共創の可能性を見出すことができました。   はじめての環境で上手くいかない部分もありましたが、みなさん暖かく迎え入れてくれたので、とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。このご縁をきっかけに、2025年またご一緒に活動できることを楽しみにしています。ありがとうございました。 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • (4/22)万博開催2年前イベント「桜流鏑馬立射演武」を開催しました

    4月22日(土)開催された「桜流鏑馬」イベント会場(青森県十和田市)にて、共創チャレンジ内容の「流鏑馬立射演武」を披露いたしました。桜流鏑馬は、駒街道に面した公園で開催される女流騎士限定の流鏑馬競技のイベントです。桜並木の下、約200メートルの鉄砲馬場を馬が駆け抜けます。   今年は桜の開花が早すぎて葉桜の下での実施になりましたが、2日間で12,000名の来場者が訪れ賑わいました。   演武では「共創」をテーマに、年齢・性別・国籍を越えた多様な人たちがチームとなることを表現するため、20代から70代までの各年代ごとの男性射手による演武を最初に実施。   その後、「桜流鏑馬」出場の女流騎士(43名)全員での一斉射を披露いたしました。   最後には、ご来場者への感謝を込めての「お菓子まき」でイベントは終了。忙しい大会の最中、ご協力いただきました選手・射手のみなさまありがとうございました!万博開催まであと2年!私たちはこれまで以上に活動をひろげ、地域・世代を超え人と人が繋がる広い地域とパートナーシップを組み、大阪・関西万博が開かれる2025年には、本事業にて集まったメンバーで、演武披露を世界に向けて発信したいと考えています。本事業にご賛同いただける個人・団体のみなさま、ぜひ一緒に取り組みましょう! 撮影・編集:流鏑馬映像クリエイター中野守 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • (2022年活動まとめ)まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。2022年の成長記録をお楽しみください!   ■4月28日新年長さんの子供たちと初めての顔合わせの日です。園に行くと、担任の先生とクラスのみんながお出迎えしてくれました。女の子3人と男の子6人、全部で9人のクラスです。流鏑馬の人だ!流鏑馬やりたい!など、去年の年長さんがやっていたことを覚えていてくれました。 ■5月13日今日は流鏑馬の紙芝居をよみきかせをしました。みんな興味津々でお話を聞いてくれました。流鏑馬知ってる!見たことある!と言ってくれる子もいて嬉しかったです。よみきかせの後、リトミックで体を動かして遊び、みんなの運動能力を見せてもらいました。 ■6月15日みんなで弓の練習をやりました。初めての弓に、みんな興味津々です。初めに、「人に向けて飛ばさない」「矢を取るときは声をかける」等のルールの説明をしました。子供たちがしっかりルールを理解してくれたので、さっそく、外に出て練習です。弓矢のセットの仕方と、飛ばし方を、説明すると、どんどん自分たちで練習していました。初めは上手く飛ばせなかった子も、何度か繰り返すうちに、遠くへ飛ばせるようになりました。弓矢のセットもだんだん早くできるようになり、楽しそうに取り組んでくれました。 ■7月28日2回目の弓の練習。子供たちは前回やったことを覚えており、慣れた手つきで弓矢を飛ばしていました。だんだんと弓矢の扱いもうまくなってきたので、気を付けの姿勢、番え構えの姿勢、会の姿勢も練習しました。みんな説明をよく聞き、楽しそうに取り組んでくれました。暑かったので、水分補給もしっかりとしながらの活動でした。一連の動作がある程度できるようになってきたので、次は、太鼓に合わせての練習を進めていきたいです。 ■8月17日太鼓に合わせて練習をしました。初めての太鼓でしたが、子供たちは一生懸命取り組んでくれました。弓の型はある程度太鼓に合わせて出来るようになったので、入場から退場まで一通り通してやってみました。本番の会場で、お客さんがどこにいるのか、どの向きで挨拶をするのかなど、細かいところも確認しながらやりました。子供たちは、終始真剣に取り組んでくれ、教えたことを一発で覚えてやってくれました。水分補給の休憩中には、お盆に家族で出かけた話や、遊びに行った話などしてくれました。明後日、乗馬クラブでまるくこども園の乗馬体験会があることを話したら、たのしみ!早く乗りたい!など喜んでくれました。 ■8月19日今日は乗馬クラブで乗馬体験会をやりました。5歳児クラスと4歳児クラスの参加でした。まず乗馬体験をしたのち写真撮影。水分補給休憩を挟んで、ニンジンエサやりと触れ合いタイム。そのあと、大人の立射演武を見てもらい、レザークラフトに挑戦しました。子供たちはそれぞれのプログラムを楽しんでくれました。 ■9月14日全体の流れを先生、子供たちと確認しながら、通しの練習をしました。入場、発表、退場、それぞれ役割や、個人の立ち位置など確認しました。先生の協力もあり、スムーズに進めることができました。お客さんたくさん来るよ、お父さんお母さん見に来るよ、と話したら、子供たちは少し恥ずかしそうにしながらも、やる気いっぱいで取り組んでくれました。 ■10月7日本番前最後の練習でした。実際に本番用の衣装を着て練習しました。普段着と違って動きずらいので、袴の裾を持ち上げて歩く練習もしました。子供たちは、はじめは歩きずらそうにしていましたが、だんだんと慣れて、自然に歩けるようになっていました。弓矢は、園で練習を重ねてくれていたので、全体の流れがとてもスムーズに出来るようになっていました。また、揃えるところもしっかりできていました。いよいよ来週本番です!頑張ります! ■10月15日世界大会発表本番本番当日、子どもたちは少し緊張した様子で会場に来てくれました。会場にいる馬に驚いたり興奮したりしながら、発表のお着換えをしました。お着換えの最中も流鏑馬の音を聞きながら、当たった!バンと音がした!など、楽しんでくれている様子でした。いよいよ、本番になり、子どもたちは一生懸命に発表してくれました。練習の成果を、身に来てくださったお客様に披露することができました。今までで一番の最高の出来でした!!会場の皆様から沢山の拍手と、応援のことばをいただき、とても素晴らしい本番になったのではないかなと思います。みんな、よく頑張りました。 ■11月2日これまでの練習や、本番を振り返って子どもたちとお話しをしました。引っ掛けるところが難しかった、飛ばすところが上手にできた、遠くに飛ばせて楽しかったなど、それぞれ感想を教えてくれました。また、体験乗馬もみんなで乗れて楽しかった、馬に乗るのは怖くなかった、上手に乗れたなど思い出してお話ししてくれました。 ■1年を振り替えり1年間一緒に活動をしてきて、1年を通して、春から一緒に活動をして、春から練習を頑張って、初めは慣れない弓矢の使い方に戸惑いながらも、試行錯誤して何度も繰り返し練習して、練習をし、だんだんと上手にスムーズに出来るようになりました。本番や、本番前の最終練習の時には、動きの順番も、揃えるところもきれいにかっこよくできており、子供たちの成長を感じられました。 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • (10/15)競技流鏑馬誕生20周年記念セレモニーにて立射演武を披露しました

      10月15日(土)青森県十和田市の「第8回世界流鏑馬選手権」会場にて行われた、「競技流鏑馬誕生20周年記念セレモニー」にて、まるくこども園・さつき幼稚園・競技選手合同による記念演武を披露しました。 まるくこども園の「こども流鏑馬立射演武隊」では、昨年より継続している近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児(年長クラス)が、毎月1回の弓矢指導を行っています。 本番当日は7名の子どもたちが参加。たくさんのギャラリーを前にみんな緊張していましたが、見事練習の成果を元気いっぱい発揮することができました! 続いて行われた「流鏑馬選手による立射演武」では、競技流鏑馬誕生20周年を祝うとともに今後の発展も願い、世界流鏑馬選手権出場者がやぐらを囲い、360度どこからも見渡せるかたちでの演武を行いました。 32名による一斉射は、まさに圧巻のひとこと!!集団による演武は迫力が違います! 最後のプログラムはさつき幼稚園。年長まつ組27名の園児による介添(かいぞえ)奉行です。介添奉行とは、南部流鏑馬において、射手が走った後、それを褒めたたえる行いのことです。その昔、幼い孫が三射皆中させた際、その祖父が喜びのあまり「よう射たりや」と叫んで馬場を疾走したのが始まりとされています。 南部流鏑馬で用いられるりょうとう装束をモチーフに、園や保護者の方の協力を得て作成した様々な帯や浴衣を使った、カラフルでかわいい衣装で登場です。元気なかけ声に会場全体が温かくつつまれました。 地域の団体や選手との共創による総勢66名の演武は、来場者におおいに喜んでいただけました。加えてあらたな表現や演出方法を見出すことが出来ました。これからも地域・世代を超え人と人が繋がるパートナーシップを実現していきます。 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • (8/28)「やぶさめ立射演武1000秒ジャスト配信チャレンジ」1000日前プロジェクト連携イベントを開催しました

    ■イベント名やぶさめ立射演武1000秒ジャスト配信チャレンジ■HPhttps://team.expo2025.or.jp/ja/1000days_to_go/426■開催日2022年8月28日(日)14:00~14:30■開催場所十和田乗馬倶楽部(青森県十和田市)よりYoutubeよりライブ配信■イベント内容共創チャレンジ内容の「流鏑馬立射演武」を、地域の協力メンバーとともにオンラインライブにて披露。1000秒ジャストの演武時間になるよう、一発本番の生中継に挑戦しました!■挑1000企画1000秒ジャストの演武時間を目指して、一発本番の生中継に挑1000(ちょうせん)■開催報告チャレンジには十和田流鏑馬観光連盟スタッフ3名、にんじんサークル6名、有志参加の競技選手3名の総勢12名にて演武を行いました。1週間前に数人でテスト実施を行い演武構成や動きなどを検討、当日本番前の1回のみのリハーサル実施(その時もトラブル等で時間は計測できず…)という、演者およびスタッフ皆結果が予測できないまさに一発本番の演武となりましたが、結果はなんと991秒(16分31秒)!!わずか9秒差の演武を披露することができました!まさに、流鏑馬競技で培われた選手の集中力が発揮された瞬間でした。企画構成・配信機材の準備からオペレーションまですべて自分たちで行い、手作り(素人)感いっぱいの配信映像かとは思いますが、関わる人全員がひとつの目標に向かって力を合わせることができたという、かけがえのない感動と経験を得ることができました。これを契機に、今後より活動を推進していきます!より大きな規模で、地域・世代を超え人と人が繋がるパートナーシップを実現していきます。 (8/30追記)イベントの模様は青森県内ニュースでも放映されました 期間限定ですが、以下よりご覧いただけます https://news.yahoo.co.jp/articles/c99e943d19d421cdad8500d1c73caf2c702cbd10   「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • 「八戸あおば高等学院」1000人やぶさめ立射演武チャレンジ参加

    様々な原因で不登校になった子どもたちや高校中退者、発達がアンバランスな子どもたちなどを対象とした広域通信制高校「八戸あおば高等学院」。体験を通じた社会的自立を重視し、積極的な地域との関りや体験活動を取り入れています。八戸あおば高等学院https://hachinohe-aoba.com/ 7/23(土)最初の練習会。生徒10名が、地元青森県八戸市の寺尾先生(八戸弓馬会)より弓矢の指導を受けました。 来週も練習会を開催。8月には流鏑馬イベントでの出展ブース活動、10月にはクラブでの体験乗馬会など、様々なコラボ活動を予定しています! 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com

    続きをみる

  • 「寒河江八幡宮流鏑馬保存会」1000人やぶさめ立射演武チャレンジ参加

    十和田乗馬倶楽部に山形県より寒河江八幡宮流鏑馬保存会の方々が来訪、流鏑馬練習・和式馬具講習のほか、「流鏑馬立射演武」の1000人チャレンジ参加に向けた演習を行いました。 寒河江八幡宮流鏑馬保存会https://www.facebook.com/sagaeyabusame/大阪・関西万博開催まで1000日前!これからどんどんネットワークを広げていきます!! 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/ 【問い合わせ先】十和田流鏑馬観光連盟担当:一戸メールアドレス:info@towada-joba.com  

    続きをみる

  • (2022年)まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。6/15(水)今日は、みんなで弓の練習をやりました。初めての弓に、みんな興味津々です。まず最初に、「人に向けて飛ばさない」「矢を取るときは声をかける」等のルールをしっかり説明。この約束事を理解してくれたので、さっそく、外に出て練習です。 弓矢のセットの仕方と、飛ばし方を、説明すると、どんどん自分たちで練習していました。初めは上手く飛ばせなかった子も、何度か繰り返すうちに、遠くへ飛ばせるようになりました。弓矢のセットもだんだん早くできるようになり、楽しそうに取り組んでくれました。 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/

    続きをみる

  • 「桜流鏑馬」にて女流騎士34名によるやぶさめ立射演武披露!!

    「第19回桜流鏑馬」(2022年4月23・24日 青森県十和田市)にて、出場選手全員での一斉立射演武を実施しました。 桜並木の下に、華麗な衣装を纏った女流騎士が集う光景は見ごたえがあります!

    続きをみる

  • (2022年)まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。昨年から続き2年目となります。   5/13(金)今日は流鏑馬の紙芝居をよみきかせしました。みんな興味津々でお話を聞いてくれました。流鏑馬知ってる!見たことある!と言ってくれる子もいて嬉しかったです。よみきかせの後、リトミックで体を動かして遊び、みんなの運動能力を見せてもらいました。そのあとはお絵かきの時間で、馬や弓など流鏑馬に関する絵を描きました。紙芝居の絵をお手本に、みんな上手に描いていました。馬が好きなにんじんの絵も描いてくれました。次回からは弓の練習が始まります。お楽しみに! 「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/

    続きをみる

  • まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」(青森県十和田市)その8

    まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」とは…近隣の認定こども園との連携プロジェクトで、園児9名(年長クラス)が、流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を行います。■12/11 お遊戯会本番 いよいよお遊戯会本番です。子供たちは8時半から集合し、着替えをしてスタンバイしていました。緊張しないように、園の先生が絵本の読み聞かせをしたり、一人ずつの記念写真を撮ったりしていました。子供たちは、いつも通りにおしゃべりする子もいれば、少し緊張してじっと椅子に座っている子もいました。ホールの客席には、お父さんお母さんがたくさん来ていて、ビデオカメラをセッティングしたりカメラを構えてスタンバイしていました。 ついに本番が始まりました。温かい拍手で迎えられ、子どもたちはいつもと違う雰囲気に少し緊張しながらも、弓の演武を堂々とやり遂げました。子供たちは、発表をしながら、客席の中にお父さんお母さんの姿を見つけ、少し恥ずかしそうにしたり、嬉しそうにしたり、いつもより張り切ったりしていました。 3人ずつ3組の発表が終わり、クライマックスでは9人全員で見事な演武を披露しました。みんな本当によく頑張りました!!最後になりますが、今日まで活動を共にしてくださったまるくこども園様、この活動を快く取り入れてくださった園長先生、子供たちの指導に慣れていない私に優しくアドバイスしてくださった園の先生、ありがとうございました!!そして何より、初めてやる弓矢に苦戦しながらも、一生懸命練習し、お遊戯会で完璧に発表してくれた年長組の子供たち、本当にありがとうございました!! 立射演武披露フルバージョン動画です   「流鏑馬立射演武」普及事業http://towada-yabusame.com/enbu/

    続きをみる