株式会社morning after cutting my hair

共創パートナー

2021.01.14

社会課題を解決する取り組みを加速させる、PR・ブランディング支援

社会課題に取り組むからこそ、その事業のことを適切に企業・団体内外に広く伝え、持続性を高めていくことはとても重要です。
社会的に意義のある活動のPRやブランディングを、「外向け」「内向け(インナーブランディング)」両面で支援していきます。

未来への宣言

世の中にある「課題」に挑む想いを伝え、感動と共感の力で、『人の心が動き続ける社会』をつくります。

きっかけ

私たちの前身団体であるNGO団体での運営・活動から約8年間気づいた社会課題解決に取り組む人・団体の陥りやすい課題は、以下の2つでした。
・どんなにいいことをしても、伝わってない
・いいことをしていそうに見えて、本質的ではない

日ごろからこれら2つの課題を「事業企画」「PR支援」という2つの軸で支援しており、この取り組みを通してよりひろくPR・ブランディングの手法を活かした企業・団体を増やしていければと思っています。

創出・支援したい共創チャレンジ

「本質的で、今の社会に絶対に必要だけど、それがなかなか伝わっていない・広まっていない」
そんなチャレンジを支援します。
たとえば、
・PRやブランディングは重要だと思うけど、自分たちがなにから始めればいいかわからない
・社会にとって重要なことを行っているけど、外部に伝わっていないと感じる
・チームメンバーにメッセージやブランドの大切な部分が浸透しておらず、PR・広報のクオリティがなかなか上がらない
といったお悩みを抱えている方と繋がっていければと思っています。

提供できるリソース

人材長年ソーシャルセクターでPRや事業立ち上げを行ってきた経験のある人材によるコンサルティング支援
技術・ノウハウPRやブランディングだけでなく、社会課題領域で注意するべき姿勢や言葉遣いなど幅広い知見を提供
情報発信・PRプレスリリース、SNS活用、WEBサイトの改善、PRチームの運用体制構築など情報発信体制の強化を支援
ネットワーク幅広いソーシャルセクターやスタートアップとの繋がりから、協業先となれそうな親和性の高い取り組み先を紹介できることがあります

今後の展開

今後展開したい地域私たちの拠点は関東が中心ですが、オンラインでの打ち合わせが基本です。 この取り組みは全国で広げていければと思います。
共創を希望する方々事業や活動をはじめたものの、PRやブランディングに課題のある方、なかなか活動の認知が広がらなかったり、チーム内での想いや知識にも偏りがあると感じている方

大阪・関西万博のテーマとの関わり

社会は、生き続けるものたちの集まりであり、長く続いていくものです。人々が出会い、課題が共有され、社会の課題を解決する取り組みが生まれたなら、その取り組みは課題が解決するまで長く続いていく必要があります。
私たちの取り組みは、そんな「長く続く活動」をつくっていくための手助けになると考えています。

SDGsとの関わり

私たちの活動領域は、特定の分野に限定をしていません。あらゆる社会の課題・不安が解消されるまで、様々な人々と経験や知見を共有し、対話を続けるパートナーとして歩んでいきます。

株式会社morning after cutting my hair

さまざまな社会課題を解決するために活動している方々を応援する、社会課題解決に特化した企画・PRを行う会社です。
社会課題を解決するためのチーム作り・事業立ち上げ・PRやブランディングの継続支援などを伴走型でトータルにサポートします。
「髪を切った次の日の朝」のように、他人から見たらささいな変化かもしれないけど、本人にとっては確かな決意である、そんな行動を応援しています。

 ■問い合わせ先■

 株式会社morning after cutting my hair
 担当者:田中美咲

 mail:info@macmh-inc.com

 

支援している共創チャレンジ

  • Rethink Fashion Program

    ファッション産業における多様な課題や解決策について学び、さまざまな目線から熟議することで「Rethink」するためのプログラム。 大阪を拠点に廃棄衣料の処分や再利用について取り組んできた株式会社Shoichiと、次世代のファッション業界を担う人材を育成する大阪文化服装学院が連携し、これからのファッションや産業のあり方について考え、持続可能な未来に向けたファッションの再価値化をするための学びと実践の場を創出します。 どなたでも参加が可能な『講義プログラム』と、それぞれが描く次世代のファッションを考える『エントリー形式のコンテストプログラム』の二部構成で、ファッションを取り巻く様々な課題の現場で活躍する講師から学び、考え、作品や仕組み・アイデアを生み出すところまでおこないます。

    続きをみる

  • サステナビリティを学ぶ学校「Sustainability College」

    「SDGs」や「サステナビリティ」について聞かない日はない、と言っても過言ではありません。私たちは「サステナビリティ」を継続的に学び、実践に活かすための場が必要だと考え、サステナビリティの学校である「Sustainability College」を開講しました。 講師から一方的に学ぶこれまでの学校や講演・イベントのスタイルとは異なり、多様なフィールドで活躍する講師陣と多様な価値観をもつ受講生によって生み出される「有機的なラーニングコミュニティ」を目指しています。 どんな立場であろうとともに教え合い、学び合うことによって、改めて「サステナビリティ」というものを捉え直し、学びを深めていく完全オンラインの学校です。

    続きをみる

  • 『社会の課題発見力』と『対話力』を身に付けるオンラインワークショップ 〜空想都市 中村市 都市改善推進課〜

    現実には存在しない、けれども極めて現実に近い空想都市「中村市(なごむるし)」を舞台に、今の世の中にある「社会課題」について、誰もが「どう感じるのか」「どうすればいいと思うのか」を自分自身で考え、他者と共有・対話することで多様な価値観を知り、これから先のVUCA時代において重要な「課題の再発見」「熟議」といった経験を得ることができるワークショップです。組織・チーム内外の人と課題解決プロセスを疑似体験できるプログラムとして、研修やイベントとして提供します。

    続きをみる