イオンモール株式会社

共創パートナー

2022.09.08

イオンモールの大阪・関西万博の応援フィールド

①「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加する、また、大阪・関西万博を応援する企業、団体、学校、NPO団体などにイオンモールのイベントスペースやオウンドメディア(イオンモールのフィールド)を提供する。
②提供するフィールドを利用して、参画する企業、団体、学校、NPO団体などと共創事業を開催する(イベントやプロモーション)。また、イオンモール『みらい学校』との連携も積極的行う。
※みらい学校とは、地域とともに『暮らしの未来』をつくるため、同友店・地域・企業などと共創し、SDGsやサスティナブルの体験を提供を通じて、『心』のつながりを生み持続的な社会構築/ESG経営のため共に『遊び』、共に『学び』、共に『体験する』 共創・共育の遊び場 “暮らしの未来”をデザインする活動です。

未来への宣言

地域とともに『暮らしの未来』をつくる

きっかけ

イオンモールは、ライフデザインディベロッパーの経営理念のもと、企業市民として、持続的な社会の実現に向けて、地域・社会に貢献・活性化する取り組みを「ハートフル・サステナブル」としました。その中で、①「知るを楽しく。」をキャッチフレーズに、全国のイオンモールを拠点に、お客さまに様々な学び体験をご提供するイベント「まなびの」②経営ビジョンのひとつに、「パートナーとともに、地域 の魅力を磨き続ける究極のローカライズに挑戦する」ことを掲げています。 「産」(企業)、「学」(教育機関)、 「官」(行政)、「民」(団体)、「文」(文化・歴史)、「品」(産品)の6ジャンルとコラボレーションす ることで、「地域の魅力を磨き続ける究極の取り組み”(=“ローカライズ”)」①②をすでに実施している中、「大阪府、和歌山県、奈良県」を管轄するイオンモール東近畿事業部では、③とSDGsやサスティナブル(持続的な社会構築)を目指した、同友店・地域・企業などと共創取り組み(関係人口を増やす)としてして 『イオンモールみらい学校』を実施いたします。

創出・支援したい共創チャレンジ

自治体、学校(小学校、中学校、高校、大学、専門学校等)、企業、NPO団体などが、持続的な社会構築のために取り組んでいる活動
例①SDGSに関連する活動 ②地域に寄り添った活動 ③大阪・関西万博のPRにつながる活動

提供できるリソース

フィールドイオンモール橿原、イオンモール堺北花田、イオンモール鶴見緑地、イオンモールりんくう泉南、イオンモール大和郡山、イオンモール和歌山、イオンモール四條畷、イオンモール堺鉄砲町、イオンセンリト専門館、オトカリテ のイベントスペース等の提供(内容により有償提供となる場合があります)
情報発信・PRイオンモール橿原、イオンモール堺北花田、イオンモール鶴見緑地、イオンモールりんくう泉南、イオンモール大和郡山、イオンモール和歌山、イオンモール四條畷、イオンモール堺鉄砲町、イオンセンリト専門館、オトカリテ のサイネージ等のオウンドメディア提供(内容により有償提供となる場合があります)

今後の展開

今後展開したい地域イオンモール東近畿事業部(大阪府、奈良県、和歌山県)だけでなく周辺地域。将来的には全国及び海外のイオンモール施設。
参画モールを増やすことで他エリアの自治体、学校(小学校、中学校、高校、大学、専門学校等)、企業、NPO団体などと連携した取り組みに広げていく。また、イオングループ各社、イオングループがスポンサーをしている各団体との連携も目指す(Jリーグ、自転車、アーバンスポーツ、障害者スポーツ等)
共創を希望する方々自治体、学校(小学校、中学校、高校、大学、専門学校等)、企業、NPO団体、アーティスト、デザイナー等 団体・個人幅広く共創を希望します

大阪・関西万博のテーマとの関わり

●世界中の「いのち輝く未来」が集う万博
●本格的なエンターテインメントを楽しめる万博 のテーマと深く連動を想定
リアル店舗を持つイオンモールならではの強みを生かし、自治体や地域社会と共に2025年大阪・関西万博に向けた『新しい未来』をつくるため地域、テナントと共に共創する。
SDGsやサスティナブルを切り口とし、大阪府の取り組みや、大阪府の文化体験を中心とした良き文化体験(伝統工芸なども)を通じて『心のつながり』を生む持続的社会構築/ESG経営を目的とする。
また、「遊び」「学び」「体験」事業として共創・共育の遊び場をデザインしていくことで テーマとと関係性を強化する。

SDGsとの関わり

4:イオンモールをフィールドにした 自社企画イオンモールみらい学校という『共育』の場を提供することで、質の高い教育をみんなに 提供する
12:イオングループ各社及びテナント各社との共創により イオンモールみらい学校 を通じて つくる責任つかう責任を多くの方へ考えていただく機会を提供する
17:多くのグループ各社、テナントが連携可能な 強みを生かし パートナーシップで目標を達成を目指すと共に、イオンモールみらい学校のプラットホームを利用して共創するパートナーともパートナーシップで目標を達成を目指す

イオンモール株式会社

設立:1911年(明治44年)11月
事業内容:大規模地域開発及びショッピングモール開発と運営 
店舗数:現在197店舗(国内163/海外34)
※2016年3月に子会社化した都市型ショッピングセンター事業を展開する(株)OPA等の関連会社を含みます。
経営理念:経営理念
イオンモールは、地域とともに「暮らしの未来」をつくるLife Design Developerです。

イオンコンパス株式会社

営業戦略部 マーケティング担当

藤巻 和哉 (fujimaki kazuya)

261-7105

千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGイースト5

T E L : 043-388-0188   F A X : 043-388-0180

E-Mail : fujimaki-kazu@aeonpeople.biz

 

イオンモール株式会社

CX創造本部 営業統括部 東近畿事業部 営業サポートG

梶本哲也(Kajimoto Tetsuya

TEL:06-6261-9602

MAILkajimotote@aeonmall.com

541-0056 

大阪市中央区久太郎町二丁目411号 クラボウアネックスビル 12F