一般社団法人ワオンプロジェクト

共創パートナー

2022.06.08

EXPO2025×草の根メタバースコラボ

共創パートナーとして、特に現実世界での大阪・関西万博への参加が何かしらの事情で難しい個人や団体とメタバース(ソーシャルVR)内でコラボして草の根的な「バーチャル上での交流企画」や「大阪・関西万博の情報発信」を行う他、メタバース活用に関心がある他団体の活動も「メタバース勉強会の開催」や「技術面サポート交流会」を開催し、その実現に伴奏しながら協力していきます。

未来への宣言

「ひとりひとりが主役になれる社会」を他団体と共創しながら目指し「いのち輝く未来社会のデザイン」として多様性がより認められる環境づくりに取り組みます。

きっかけ

一人一人が表現活動を始めるキッカケ作りとして、これまでも団体として手作りマーケットの開催やステージイベント、作品展示会や上映会、シンポジウムなどを現実世界で開催してきましたが、難病のため車椅子生活となり、移動に制限ができてしまった方と出会い、その活動サポートに関わったことで、メタバースの「自由な姿で自由に移動できる」VR世界(実質的な現実)の可能性にあらためて注目、その活用や技術普及にも関心を寄せるようになりました。

創出・支援したい共創チャレンジ

現実世界の大阪・関西万博会場は、興味・関心が高くとも遠隔地に住んでいたり、身体的ハンディなど何かしらの移動制約のある個人や団体にとって、会場へ足を運ぶことが難しい部分があります。そういった方々に呼びかけて、メタバース(ソーシャルVR)内での連携や、参加をしていただき「VR大阪観光ツアーやVR音楽ライブ、VR自主制作映画上映会等」の開催にチャレンジしていきます。

またメタバース活用に関心がある他団体、特に社会課題に取り組んでいる団体と共創し、メタバースでの活動のサポートを行います。例えば防災啓発団体に伴奏し「VR上での防災シュミレーション環境の実現」にチャレンジしたり、子どもホスピス施設を訪問し「VR上での大阪・関西万博コラボイベント開催の実現」にもチャレンジしていきます。

提供できるリソース

ネットワーク2007年からの15年間の活動を通じて、全国の文化芸術関係のNPOと交流してきた他、NPO、社会起業家とのネットワークも構築できています。
情報発信・PR大阪・中津に実店舗としてローカルメディア専門店はっちを運営する他、協力店も京都・兵庫、島根、東京と全国展開していることから大阪・関西万博の情報発信にメディアとして協力できます。
人材ビジネスベースだけではないメタバースの「文化的、社会的可能性」について理解しているメンバーがいるので、誰にでもわかりやすい勉強会の開催やユーザーベースでの事業アドバイスを行うことができます。

今後の展開

今後展開したい地域リアルでは実店舗のある大阪を中心に関西圏にてメタバースの勉強会や研究会を定期開催、メタバース活用に関心がある他団体の活動をサポート、その実現に協力しつつ、メタバース上ではCluster、VRCHAT等々の様々なプラットフォームを横断して草の根的なイベントを開催、物理的制約に捉われないネットワークを拡大させていきます
共創を希望する方々メタバースに関わっている、関心ある個人、団体、企業。また移動距離や日程等の「何かしらの物理的な理由」で大阪・関西万博のリアル会場やリアルの集まりに参加できない方、またリアル社会での性別や外見、氏名や国籍などに縛られず「バーチャル空間のみ」で大阪・関西万博を盛り上げたい方との共創を希望します。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

リアル+バーチャル(メタバース)が円滑に並存し、社会的に認知される状況を促進させることで、すべての人に主役として光があたり、誰一人取り残さず参加できる大阪・関西万博の実現を目指します。

SDGsとの関わり

「EXPO2025×草の根メタバースコラボ」の取り組みを通じて、パートナーシップを結んでの共創機会が増えることで、必然的により多くの人にメタバースを学ぶ機会を提供することになる他、性別や外見、氏名や国籍などに縛られず「バーチャル空間のみ」で完結する企画も行うことでジェンダー平等の実現を目指すことにもなります。

一般社団法人ワオンプロジェクト

私たちは「ひとりひとりが主役になれる社会の実現」そのために一人一人が表現活動を始めるキッカケ作りを、2007年からそれぞれに専門分野をもつメンバーがネットワークと発想力をもって様々な手法で伴走しながらサポートしている一般社団法人です。

今回は共創パートナーとして特にメタバースの分野に関わっている、関わろうとしている団体と共創し、多様性がより認められる環境づくりに取り組んでいきます。

<担当者連絡先>

田中冬一郎

Tel 090-6248-9967 

 E-mail eleven1974@gmail.com 

 

<これまでの取り組み・共創事例>

2022年4月15日 NPO団体向けにメタバース勉強会を実施

共創相手:令和市(バーチャル街づくり連合)

支援している共創チャレンジ

  • グローバルユース防災サミット

    スローガンは【つながろう世界と まもろう未来を】   防災をローカルとグローバルの両視点から考え、若い世代が中心となり未来につなぐチャレンジとして、「グローバルユース防災サミット」を企画、開催しています。  第1回のサミットはドイツ・ハンブルク市青少年消防団をパートナーに迎え、日独両国における防災の現状と課題をテーマに2021年10月に大阪で開催(あべのハルカス会場とオンライン)し、その成果を「次世代BOSAIフォーラム」で発信しました。  2022年は引き続きハンブルク市との交流を継続。7月30日(土)にハンブルク市消防局のユルゲンさんのオンラインレクチャーのほか、10月29日(土)には双方のユースによる交流と防災学習の場として「グローバルユース防災サミット」を開催します。  さらに今年、私たちの防災の思いを受け止め、共に研鑽しあえる新たなパートナーが現れました!  日本と同じ地震頻発国の「トルコ共和国」です。トルコの防災教育は世界一と言われるほど盛んで、子どもたち自身が災害から自分の命を守る方法を考え、実践しています。私たち大阪のユースとお互いの国の防災について学び合うことにとても関心を持ってくださることから、2025年に向かってタッグを組むことにしました。同じく10月29日にはトルコのユースとの交流も行います。 自分の街を守る防災も大切ですが、グローバル社会においてはまさに地球を俯瞰し、世界の国々で防災に取り組む若い世代との交流と研鑽が欠かせません。 大阪や関西一円の自然災害伝承碑を訪れ、学び、感じ取ったことを文化の違う海外の仲間と分かち合うことで「災害大国日本」は「防災大国日本」として世界に貢献できる力を持っています。 一連の活動を通じて2025年に向かって世界各国で防災に取り組む若い世代との交流を深め、「万博で会おう」を合言葉に国を越えて共に学び合えるグローバルなパートナーシップの構築をめざして一年を通して活動しています。

    続きをみる