万博首長連合

共創パートナー

2022.04.07

『2025年日本国際博覧会』を日本中が輝く舞台に!

世界的にも注目される『2025年日本国際博覧会』を目指し、全国の自治体や企業等が引き続き連携することにより、世界に向けた地域文化の発信や、地域の未来づくりを支援すること等を通じて、国家イベントである『2025年日本国際博覧会』の機運醸成を図るとともに、日本全体の発展を担う。

未来への宣言

全国の自治体同士や自治体と民間企業等の連携のハブとなり、「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に向けて、日本全体の発展及び万博レガシーの構築を目指します。

きっかけ

本連合の前身となる「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した、地域活性化推進首長連合」(オリパラ首長連合)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をチャンスと捉え、地域が広域的に連携し、地方創生を実現することや、世界に向けて地域の魅力や総合力を発信することを目的として結成されました。
これまでは、約5年間、主に観光や地域資源等の情報発信を中心に活動してきておりましたが、地方創生の実現にはまだまだ課題とやるべきことがあると感じております。
このため、これまで培った全国の市町村の皆様とのネットワークや活動を通じて蓄積した知見を、観光や地域資源等の情報発信だけではなく、事業連携等の実践的な試みから地方創生に繋げていくべきだという結論に至り、当連合へ引き継がれました。

創出・支援したい共創チャレンジ

・国のイベントである『2025年日本国際博覧会』に対して、開催地である関西圏のみならず、関心が薄い関西圏以外の自治体や企業等の機運醸成を図るセミナーやイベントを開催します。
・地域が向き合いたい社会課題を複数のテーマに分け、自治体や企業等が参加可能なワーキンググループ形式のプロジェクトを進行していきます。

提供できるリソース

ネットワーク全国549の基礎自治体及び連携パートナー企業等によるネットワークを提供いたします。
情報発信・PRHPにて2025年日本国際博覧会や地域活性化に関する情報発信を行います。

今後の展開

今後展開したい地域イベント等の展開により現在加入いただいている全国549の自治体や連携パートナー企業等とのネットワークをさらに広げていきたい。
共創を希望する方々・全国の基礎自治体のみなさま
・万博や地方創生に関する取組を行う企業・団体のみなさま

大阪・関西万博のテーマとの関わり

万博首長連合では、地域の未来社会を創造するために、❶創る ❷繋ぐ ❸守る という3軸に係る社会課題を約10テーマに分け、有識者や専門家、業界の先端企業と連携し、セミナーやワーキンググループ形式のプロジェクトを進め、自治体との共創の場を創造します。

SDGsとの関わり

万博首長連合の取組は、SDGsの取組に網羅的に関わりますが、自治体同士や企業との連携によりオールジャパンで「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現を目指すため、特に親和性が高いものを選択いたしました。

万博首長連合

 「2025年日本国際博覧会とともに、地域の未来社会を創造する首長連合」(万博首長連合)は、『2025年日本国際博覧会』の開催を契機とした地域の未来社会を創造する全国の自治体のネットワークです。
 私たちは、2025年に向けて、『2025年日本国際博覧会』の機運醸成を図るとともに、全国の自治体が民間企業等と連携することで、地域それぞれの課題やテーマに取り組み、万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実践していきます。それらにより、世界に向けた地域文化の発信や、地域の未来づくりを推進すること等を通じた日本全体の発展及び万博以降も続くレガシーを育んでいきます。

お問い合わせ先

2025年日本国際博覧会とともに、地域の未来社会を創造する首長連合 事務局

Mail:mayoral.alliance@gmail.com

支援している共創チャレンジ

  • グローバルユース防災サミット

    スローガンは【つながろう世界と まもろう未来を】   防災をローカルとグローバルの両視点から考え、若い世代が中心となり未来につなぐチャレンジとして、「グローバルユース防災サミット」を企画、開催しています。  第1回のサミットはドイツ・ハンブルク市青少年消防団をパートナーに迎え、日独両国における防災の現状と課題をテーマに2021年10月に大阪で開催(あべのハルカス会場とオンライン)し、その成果を「次世代BOSAIフォーラム」で発信しました。  2022年は引き続きハンブルク市との交流を継続。7月30日(土)にハンブルク市消防局のユルゲンさんのオンラインレクチャーのほか、10月29日(土)には双方のユースによる交流と防災学習の場として「グローバルユース防災サミット」を開催します。  さらに今年、私たちの防災の思いを受け止め、共に研鑽しあえる新たなパートナーが現れました!  日本と同じ地震頻発国の「トルコ共和国」です。トルコの防災教育は世界一と言われるほど盛んで、子どもたち自身が災害から自分の命を守る方法を考え、実践しています。私たち大阪のユースとお互いの国の防災について学び合うことにとても関心を持ってくださることから、2025年に向かってタッグを組むことにしました。同じく10月29日にはトルコのユースとの交流も行います。 自分の街を守る防災も大切ですが、グローバル社会においてはまさに地球を俯瞰し、世界の国々で防災に取り組む若い世代との交流と研鑽が欠かせません。 大阪や関西一円の自然災害伝承碑を訪れ、学び、感じ取ったことを文化の違う海外の仲間と分かち合うことで「災害大国日本」は「防災大国日本」として世界に貢献できる力を持っています。 一連の活動を通じて2025年に向かって世界各国で防災に取り組む若い世代との交流を深め、「万博で会おう」を合言葉に国を越えて共に学び合えるグローバルなパートナーシップの構築をめざして一年を通して活動しています。

    続きをみる