(一社)ホストタウンアピール実行委員会

共創パートナー

2021.12.07

ホストタウンの力で日本の地域と相手国(世界)をつなぎ続けるプロジェクト

日本の自治体と東京2020大会の参加国や地域が「ホストタウン」としてつながり、交流する活動の『繋ぎ役』としてのお手伝いをしております。このつながりを2025年に向けて継続していける機会を創出します。
ホストタウンアピール実行委員会がハブとなり、賛助会員企業の得意とする分野、課題解決につながりそうなソリューションを、自由に共有、ディスカッションを行えるオープンな枠組みを整備し、新たな共創を支援していきます。

未来への宣言

ホストタウンでつながった日本の地域と世界の国々との更なるつながりを応援し続けることで、日本の地域と参加国とをつなぎ続け、更には日本の地域の魅力を世界に発信し続けます!

きっかけ

現在、ホストタウンの交流活動として進めている、相手国の応援交流、スポーツ交流や人的交流、食、観光、文化交流、国際協力などの延長線上には、相手国とホストタウン自治体との間で新たな経済交流につなげられるかどうかということも重要な課題です。これまでホストタウンの活動を応援させていただいてきたことで、このホストタウンの取組が東京2020大会終了後も継続的に行われ、そのレガシーがより大きくなることの更なる応援とホストタウン交流を行政だけのものではなく地域の産業を巻き込む形へと発展させていくべきと考えています。

創出・支援したい共創チャレンジ

・ホストタウン同士、相手国を含めた共創による地域特産物を絡めたSDGs活動
・ホストタウン自治体のみならず、ホストタウンの学校、企業における相手国や相手地域等の理解を深める活動
・ホストタウンを通じたシティプロモーションによる地域活性化活動

提供できるリソース

人材533自治体のホストタウンの活動支援を行うメンバーがおります。
ネットワーク一般社団法人ホストタウンアピール実行委員会を通じたネットワーク(自治体、大使館、賛助会員企業等)があります。
技術・ノウハウ賛助会員企業のノウハウの共有が可能です。

今後の展開

今後展開したい地域現在ホストタウンとして登録されている533自治体とともに、185か国の相手国との関係性をより深めていける活動を展開したいです。
ホストタウンセミナー、ホストタウンフェス(仮称)等を通じて、ホストタウンの活動報告、ホストタウン関係者同士の交流等により新たな共創を創出したいです。
共創を希望する方々・ホストタウン活動に関わりを持つ自治体、市民、学生、関連団体、企業等
・日本の地域と世界の国々をつなぐ『応援団』としての取り組みに賛同いただき、ともに活動いただける方々

大阪・関西万博のテーマとの関わり

魅力いっぱいの日本の地域の人々が世界と繋がり続けることにより、相手国との文化の違いをはじめとする様々な違いを自分事として認識する機会を創出し、持続可能な「いのち輝く未来社会づくり」につながっていくと考えております。

SDGsとの関わり

日本の地域が世界の国々と繋がっていける。そこに住んでいる人々がお互いの文化を尊重し合い、お互いを理解し合い、持続可能な関係性をお互いに継続していける。そのような活動がSDGsのゴールにつながっていくと思います。

(一社)ホストタウンアピール実行委員会

2017年にホストタウンを応援する組織として設立させていただきました。
533のホストタウン自治体をサポートするとともに、185の相手国との交流の支援を行ってまいりました。
2025年の大阪・関西万博でその価値の最大化を目指し、日本の地域の魅力を世界に発信していくことを目標としております。

<問合せ先>

東武トップツアーズ株式会社

ソーシャルイノベーション推進部 官公庁事業部

蒲ヶ原 理絵

TEL:03-5348-3500

mail: rie_kamagahara@tobutoptours.co.jp