イベント学会

共創パートナー

2021.11.04

「大阪・関西万博ムーブメント活性化」包括支援

個人・企業・団体が取組む、大阪・関西万博のテーマに沿ったプロジェクトや万博を盛り上げるための活動を、イベント面での企画・構築・開催準備・運営・評価などそれぞれのフェーズに応じた専門性を提供することでサポートし、共創チャレンジの創出を支援し、万博ムーブメントの活性化に寄与していきます。

未来への宣言

日本で開催される数十年に一度の世界的な行事である「EXPO2025」をスプリングボードとして捉え、イベント関連の知見と経験を活かし、数多くのプロジェクトや活動を産み出し、日本の先端技術や精神文化のさらなる発展につなげ、それらを活かした地球規模の課題解決の提案を世界に向けて発信していきます!

きっかけ

イベント学会の初代会長である木村尚三郎氏は、2005年愛・地球博の総合プロデューサーを務められ、「歴史文化との対話と交流」「美しい日本、はじまりの奈良」を標榜し「平城遷都1300年記念事業」の総合プロデューサーとして亡くなられる直前まで尽力しました。また、2代目会長の堺屋太一氏は、1970年大阪万博の実現に活躍され、その後の日本の万博を始め数多くの博覧会プロジェクトに関わりました。大阪・関西万博誘致に際しても、愛・地球博の事務総長を務めた3代目現会長の中村利雄はじめ、多くの会員が関わり、誘致成功後も、構想・計画立案やその推進に携わっています。
これらイベント学会の過去の経緯を踏まえ、2025年開催の大阪・関西万博に向けて取り組むプロジェクトを支援したいと考えています。

創出・支援したい共創チャレンジ

個人・企業・団体が取組む、大阪・関西万博のテーマに沿ったプロジェクトや万博を盛り上げるための活動の中で、イベント的な手法で実現を目指す取組。
①関西の地理的背景、歴史的背景を活かした「関西歴史文化首都構想」の具現化プロジェクト(観光振興・文化振興・地域経済)
②チェンジメーカーフェスティバルなど子供や学生が主体となるプロジェクト(人材育成)
③海洋資源の涵養×地方創生などのSDGsプロジェクト(環境改善・地域経済)
④その他、イベント的な手法で、構想の具現化にチャレンジする個人・企業・団体のプロジェクト

提供できるリソース

技術・ノウハウ国内外の博覧会をはじめ大型のイベントの計画・準備・運営・評価に関する専門的知識を有した会員が多数在籍しており、イベントの構築や参加のノウハウなどを提供します。
人材国内外の博覧会をはじめ大型のイベントの計画・準備・運営・評価に関する専門的知識を有した会員が多数在籍しており、イベントの構築や参加の手法についてアドバイスできる人材を紹介・派遣します。
ネットワークイベント関連企業のネットワーク団体である(一社)日本イベント産業振興協会やイベント業務管理者の加盟団体である日本イベント業務管理者協会、スポーツイベント、アートイベントなどを学ぶ大学生を指導する教育関係者など、関連業界に幅広いネットワークを有しており、イベントにまつわるあらゆる分野のネットワークを活用・提供します。
情報発信・PR年1回開催する研究大会や東日本、中日本、西日本の地域本部にて行う研究活動、さらに会員に発信するメールマガジン、ホームページなどで、イベント関連業界に対しての情報発信・PR活動を支援します。

今後の展開

今後展開したい地域展開したいエリアとしては、関西エリアを中心に全国の取組団体・企業などから相談が寄せられれば、全国の会員組織で対応を検討。
方法としては、①構想・企画の顕現化、②実現化に向けた、実行組織の組成段階での協力、③資金調達の助言、④実施運営にあたってのサポート・助言、などプロジェクトや活動の各フェーズでのサポートを実施。
共創を希望する方々①観光振興プロジェクトに関しては、観光関連企業・団体、教育関連団体、関西一円の自治体・住民など
②人材育成プロジェクトに関しては、学生組織、子供や教育関係のNGO、企業など
③環境改善プロジェクトに関しては、環境 NGO、生産者団体、企業など

大阪・関西万博のテーマとの関わり

テーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」は人間一人一人が、自らの望む生き方を考え、それぞれの可能性を最大限に発揮できるようにすること、またこうした生き方を支える社会を共創していくことと説明されています。イベント学会は、個人・企業・団体がそれぞれ実現したいと望む想いやアイデアをイベント的手法によって実現化するサポート、すなわち「未来社会」を「デザイン」するサポート機能を果たしていけるものと考えています。

SDGsとの関わり

4「質の高い教育をみんなに」・・学会として会員に教育関係者が多いことから、子供達の環境意識、社会意識の涵養や地域の歴史文化に対する誇りの醸成など、人材育成に関わるプロジェクトや活動に対して親和性が高いこと。
8「働きがいも経済成長も」・・イベントは地域振興に欠かせない手段であり、地域の歴史文化や風土を活かした生産物など、多面的な地域資源を地域住民が主体となって活かしていく仕組みはイベントを通して作っていくことが可能であるから。
11「住み続けられるまちづくりを」・・イベントはコミュニティの絆を強くしたり、新たなコミュニティを生み出す力があり、まちづくりに貢献できるプロジェクトや活動を支援していきたいため。

イベント学会

イベントに関する情報や知識、ノウハウなどを集積し、イベントの社会的価値や具体的技法を調査、研究、開発するとともに、その成果を社会に還元することを目的に、新たな学問領域「イベント学(EVENTOLOGY)」を探究する会員で構成される団体。1998年発足より年に1度の研究大会の開催やイベントにまつわる研究助成支援などを展開している。
会長:中村利雄(愛・地球博事務総長、日本商工会議所顧問)
会員数:180名 賛助会員:28団体(2021年9月現在)

イベント学会 共創パートナーに関する連絡先 

宮本倫明(イベント学会理事・西日本地域本部長) 

miyarimmei@gmail.com