BEYOND 2020 NEXT FORUM実行委員会

共創パートナー

2021.11.04

SDGsピースコミュニケーションプロジェクト

BEYOND 2020 NEXT FORUM の「次世代人材育成」テーマの中から、現在国内、国外で起こる様々な課題を「コミュニケーション」による平和的な解決を目指す 「ピースコミュニケーション」と名付け、次世代「未来の世界のかたち」となるSDGsのテーマを「ピースコミュニケーション」により、 課題解決に取組むと共に、こどもたちの意見を取り入れこどもたちが主役となる2030年に向けて産・官・学・言(メディア)の連携により解決していくアクション&オピニオンネットワークプロジェクトです。

未来への宣言

次世代「未来の世界のかたち」となるSDGsのテーマを「ピースコミュニケーション」により、 国内、国外で起こる様々な課題の解決に取組むと共に、こどもたちの意見を取り入れこどもたちが主役となる2030年に向けて産・官・学・言(メディア)の連携による活動を国内外に向けて発信、「こども未来国連会議」は、外務省、国連とも連携して進めていきます。

きっかけ

BEYOND 2020 NEXT FORUM の「次世代人材育成」テーマの中から、現在国内、国外で起こる様々な課題を「コミュニケーション」による平和的な解決を目指す「ピースコミュニケーション」と名付ける手法が提言がされた。そして、次世代「未来の世界のかたち」となるSDGsのテーマを「ピースコミュニケーション」により、課題解決に取組み、こども達の意見を取り入れこども達が主役となる2030年に向けて産・官・学・言(メディア)が連携したアクション&オピニオンネットワークプロジェクトとして、2020年に内閣府認証事業に外務省後援が加わり、活動がスタートしました。

創出・支援したい共創チャレンジ

世界のこども達が参加するこども未来国連会議の開催及びSDGsピースコミュニケーションシティ(1/80のスケール)の展示、次世代エンタテイメント、アート×こどもの交流イベントを開催

提供できるリソース

ネットワーク2020年内閣府認定beyond2020プログラム公認事業として、「ピースコミュニケーション」のテーマを掲げ、産官学言の各有識者をパネラーに迎えたフォーラムを展開。そのパネラーと共にSDGsピースコミュニケーションプロジェクトのネットワークを拡大。
情報発信・PRプロジェクト参加によるメディア・プラットフォームによる発信。国連に認定されているSDGメディアコンパクトTOKYO HEADLINE、産経新聞社、関西テレビ、朝日放送などを通じた国内外への情報発信。
その他2021年スタートこども未来国連会議の外務省、国連機関、在日本各国大使館参加によるグローバルネットワーク。

今後の展開

今後展開したい地域2021年にスタートした「こども未来国連会議」は、2022、2023、2024年国内で開催し、2025年に大阪・関西万博にて開催、2022年より国連本部(N.Y.)とも連携した発信手法を検討中。
共創を希望する方々・世界のこども達(外務省、国連、在日本大使館連携)
・プラットフォーム、メディア(TOKYO HEADLINE 、JAPAN FM NETWORK、small worlds TOKYOなど)
・SDGs未来都市(内閣府選定)、豊島区(東京都)、浜松市(静岡県)など
・SDGsピースコミュニケーションプロジェクトに賛同する企業
・SDGsピースコミュニケーションプロジェクトに参画する大学
(早稲田大学グローバル科学知融合研究所、大阪大学)など

大阪・関西万博のテーマとの関わり

未来を担う子どもたちとの対話、多様なプレイヤーを発信主体として巻き込む、
アカデミアとの連携、SDGs+beyondに関するフォーラムの開催を具体化するプロジェクト

SDGsとの関わり

16、17のゴールをメインとし、1~15にわたり取り組んでいきます。

BEYOND 2020 NEXT FORUM実行委員会

「BEYOND 2020 NEXT FORUM」は、2020年以降の日本の活性化を目的に、ダイバーシティ、イノベーション、スタートアップ、エンターテインメントなどのテーマのもとで、各界、各世代で活躍中の有識者によって構成されたメンバーが中心となって、新たな“モノ”、“コト”を創り出すべく討論を重ねているプログラム。2020年9月よりSDGsと次世代人材育成をテーマとする「SDGsピースコミュニケーション」(後援・外務省)を新たな主題として掲げて、有識者とともにさまざまなフォーラムを実施している内閣府認証事業。

お問い合わせ先 株式会社ヘッドライン 担当秋田/大石
TEL(03)5770-7061
アドレス makita@tokyoheadline.com/noishi@tokyoheadline.com