共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 認知症になっても輝けるまちへ〜100万羽の折り鶴と伴に〜

    私達は、認知症になっても輝ける日本社会を実現するために、全国の認知症の方々が大阪・関西万博の担い手として活躍する「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」にチャレンジします。 具体的にはまず、全国の認知症の人や要介護高齢者に呼びかけ、自宅や施設で折り鶴を作る「おうち万博ボランティア」の役割を担ってもらい、地域の人と共に楽しみながら大阪・関西万博開催までの3年間で100万羽をめざして折り鶴を作ります。 このプロセスで認知症の人と社会との「新たなつながり」と「社会貢献の仕組み」を創出することができます。 次に、各地域の企業や介護・福祉施設などに折り鶴の拠点となる「折り鶴ステーション」の役割を担ってもらい、作った折り鶴の回収や保管を行います。そのことで地域社会の一体感を醸成することができます。 最終的に、集まった100万羽の折り鶴は大阪・関西万博会場内で未来への羽ばたきを表現したアート作品として展示することを目標に取り組んでいきます。その作品は、一人ひとりのいのちが輝いた証であり、人と人とのつながりを見える化したものとして、世界に新たな「認知症になってもいのち輝く未来社会」のモデルとして発信することを可能にします。 私たちはこのプロジェクトで、認知症になっても絶望ではなく希望を、孤立ではなくつながりを、あきらめではなく夢をもつことができる「認知症になってもいのち輝く社会」を、皆さんと共に実現していきたいと思います。

    続きをみる

  • デジタル・オープンイノベーション・キャンパス(Digital Open Innovation Campus:DOIC)

    〈ターゲット〉 大阪・関西万博というグローバルに情報発信できる機会を活用して、日本の大学等の教育機関で行っている教育、文化、スポーツ、科学技術等に関する情報を世界に向けて発信し、SDGsに向けた活動を行っている世界の企業等と力を結集し、社会の一員としてSDGsの目標達成のために貢献をする『共創エコシステムの構築』を目指して、取り組んでいきます。 〈特徴・仕組み〉 ”国内外の大学・研究者連合”と”企業・官庁&自治体・文化人&市民”とが協働で『デジタル・オープンイノベーション・キャンパス(以下、「DOIC」という。) 』を設け、様々なコンテンツをデジタル空間上に企画・展示し、世界中の人と有機的なネットワークを形成していきます。  アカデミアは「DOIC」の企画・運営・コンテンツの提供等の点で貢献し、企業は「DOIC」に設立・運用に必要な資金、製品、サービスの提供等の点で貢献することで相互に相補的な役割分担を基礎にして「DOIC」の設立、運営を目指します。 〈具体的な取組み〉 ① 当面の取り組み  準備委員会を設立し、共創メンバーを募集します。  「DOIC」の構想についてアカデミア及び事務局支援機関を中心とした準備委員会で  オンライン会議(2022年10月に第1回準備委員会、2022年12月に第2回の準備委員会の開催を予定)を通じて基礎を作成します。  当該会議では、「DOIC」構想を具体化するための組織体制、運営方法、参加方法等の組織の運営に関することを議論します。  また、「DOIC」に必要となるプラットフォーム、テクノロジ、コンテンツ等について、企業の参加方法についても方針を決定します。  準備委員会の幹事役は東京工業大学オープンイノベーション機構が担当します。 ② 将来的な取り組み  ①で話し合った案を元に、運営方針を決定し、デジタル空間で「DOIC」の開設に着手します。  【想定される取り組み一例】  ・科学技術…デジタルハッカソン、グリーンテクノロジーの未来型ソリューション展示、        「医療技術」×「デジタル技術」を使った体験型空間の創出 など  ・教育…グローバル学生討論会、「研究者」×「学生」のSDGs未来社会ワーク、識者による子供向け授業 など  ・文化…「伝統品」×「デジタル技術」未来型文化体験、日本食ハイブリッド企画 など

    続きをみる

  • “稲わらアート”で日本伝統文化を未来に紡ぐプロジェクト

    稲わらアートを通じて、楽しく日本伝統文化を学ぶ機会を提供してまいります。 日本人にとって身近な存在であるお米が、日本の歴史や文化に深く関わりがあることを知っていただき、近年では廃棄されてしまう米収穫の副産物である”稲わら”をアートの形で利活用していきます。 文化に触れていただくこと、ものを大切に再現していくことを目的としています。

    続きをみる

  • 「インタープレナー」の創造する新たな産業のカタチ

    組織の壁を越えて対話し、新しい目的やそれを実現するために、それぞれが動かせるアセットを動かしながらその実現に取り組んでいく自律した社会人である「インタープレナー」。そのような「インタープレナー」が主役となり様々な業界の枠を超える対話を実現する場を生み出すこと、また、新しい時代に相応しい価値創造のスタンダードとして、日本国内のみならずグローバルに発信・展開していくことにチャレンジします。「インタープレナー」の対話を通じて日本の産業を活性化し、次世代を生きる子どもたちの未来が輝くことに貢献します。

    続きをみる

  • プラネタリウムを活用した臨場感のある映像配信で日本中を盛り上げたい

    その場に居なくとも、まるでその場に居るかのような臨場感体験が得られる、ドームスクリーンを活用したバーチャルツーリズムを通して、障がい者や高齢者など移動が難しい方でも安心して旅行を楽しめるユニバーサルツーリズムの促進活動をしています。 技術・ノウハウを活かし、大阪・関西万博では、会場で行われる様々なイベントをVRカメラで撮影し、全国のプラネタリウムに配信・上映を行い、大阪に来れない地方の方にも会場の雰囲気を伝えることも目指しています。

    続きをみる

  • 「SDGs電報配送プロジェクト」

    株式会社しょうわが取組む共創チャレンジ「SDGs電報配送プロジェクト」は、 CO2を排出しない新たな電報配送網を全国の葬儀社様と共に創りあげるプロジェクトとなります。 従来の電報配送は電報情報を「各地の配送センター」に連携し、 車両にて「お届け先式場」へ配送を行う流れが一般的でございました。 その為、車両配送時にCO2排出が伴います。 それに対し「CO2を排出しない新たな電報配送」として、電報情報を「各地の配送センター」ではなく 直接「お届け先式場」に連携し式場よりお受取人へお渡しするスキームを組む事により車両配送を不要とし 結果「CO2を排出しない電報配送」が可能となります。 弊社は本プロジェクトを通じて全国の葬儀社様と共にCO2排出量削減の 社会課題解決へ貢献して参ります。

    続きをみる

  • 賞味期限と消費期限の食品ロスをなくす!

    飲食店や食料関連店舗、大型店がある布施商店街では食品ロスをこれまでと違った角度から取り組んでいきます。 賞味期限と消費期限のはざまにある破棄される食材を有効活用します。 具体的には賞味期限切れで消費期限がまだで破棄される食材を加盟店で集め、それらの食材を使ってこども食堂などに活かしていきます。 その他、プラスチック容器の使用、牛乳パックの回収などもあわせて実施していきます。 加えてその他の取り組みとして加盟店の70%以上が飲食関係を占めるため商店街内での対象食材の特価セールを行います。

    続きをみる

  • 生け花と書の融合で伝統を愉しむ 『華と書』プロジェクト

    華道家と書家の共創チャレンジ。 日本の伝統文化である華道と書道という型に囚われず、より本質的な「生け花」と「書」の伝統を自由な発想で融合した活動を行っています。子供から大人まで、幅広くでき、花を生ける際の想いを書を添えて表現する、そのような新しい面白さを表現しています。 敷居の高いイメージのある華道や書道に対して、ワークショップなどを通じて幅広い人たちに身近に感じてもらうことで、「華」と「書」が簡単で楽しいものだと広めていきます。 作品づくりに協力いただける方々、展示場所等でご協力いただける方々、一緒に楽しんでいただける方々、とともに『華と書』の活動を広げていきたいと考えています。

    続きをみる

  • 日本の伝統技術をもっと身近に〜宮大工技術を活かしたプロダクト開発

    日本の神社仏閣など伝統建築を手がける宮大工。 宮大工の伝統技術とは、千年単位の実績に裏付けされた持続可能な技術であり、そこには先人のいにし えの叡智が詰まっています。 我々はこの伝統技術を次世代へと継承する為に、宮大工の技術を活かしながら先端技術及びデザインの 融合と最適な掛け合わせを探りライフスタイルの変化に合わせたプロダクトを開発したいと考えます。 まずは宮大工の伝統技術が身近に感じられるように「宮大工が一から手掛けた家具」というプロダクト の開発と展開を目指します。 これにより少しでも多くの人に宮大工の伝統技術、そしてそこに込められた想いや知恵を知ってもらい 日本の伝統建築工匠の技を千年先へも継承していきたいと考えています。

    続きをみる

  • 堺市小学5・6年生 SDGsポスターコンクール

    2020年度の学習指導要綱の改定により、小学校において家庭科や道徳科の授業の中に「SDGs」が取り上げられております。そのような中で小学生の目には「SDGs」の17のゴールと169のターゲットがどのように映っているのかをポスターに表現してもらう「SDGsポスターコンクール」を開催いたします。

    続きをみる

  • 太陽の塔等の展示による万博アピール

    北区では将来ビジョン「人が集い、ともに支えあい、絆をはぐくむまち」を基本に、世界の人びとと「いのちの賛歌」を歌い上げ、大阪・関西万博を「いのち輝く未来をデザインする」場となるよう、PRコーナー等を設置し、太陽の塔・通天閣ミニチュアの展示と庁舎内に横断幕、旗設置、PR映像放映等で万博を周知に加え、地域の方からの提供で、木彫太陽の塔、竹籠編みで万博マークを展示するなど、様々な機会を通じて万博の機運の醸成を目指します。

    続きをみる

  • 河内木綿コットンクラブ

    綿の栽培、糸紡ぎ、草木染め、機織りをすることで河内地方で江戸時代から作られていた河内木綿を今の人たちに知ってもらう活動をしています。イベントや小学校の出張授業で実際に体験してもらうことによって作る楽しさを伝えています。 河内木綿の魅力を伝えることで昔のものという認識ではなく今も身近に存在するものとして庭やプランターで地域の方に育てて貰い河内の特産として色んな方に知っていただくことで地方の活性化に貢献したいです。

    続きをみる