共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 日本茜の色彩文化復興にチャレンジ

    ①1400年前には輝いていたが、今では幻となっている日本茜の色彩を世の中に広めて行きます。 ②日本茜を世に露出しようとする仲間と連携し輪を広げます。 ③約180年前に日本茜で染められていた「日の丸」が日本国を表す日本総船印が制定されました。その旗を復元して、大阪・関西万博の万博会場で掲揚することを目指します。

    続きをみる

  • 海と地球と私たちのために~広げよう!ペーパーエコファイルの輪~

    深刻化するプラスチック廃棄物による海洋汚染の問題に貢献するために、ビジネスシーンを中心に幅広く活用されているプラスチック製のクリアファイルに着目し、環境に配慮した紙製の”ペーパーエコファイル”を開発。このペーパーエコファイルの社内での利用と共に、さまざまな企業・組織への提案と情報発信を進めています。

    続きをみる

  • いのちの輝きは、笑顔。笑顔の共生社会と平和のデザイン 「MERRY UMBRELLA PROJECT in OSAKA」

    いのちの輝きは笑顔。笑顔は、世界共通のコミュニケーション。MERRYPROJECTは、笑いの聖地である大阪から世界へ、笑顔のあふれる街づくりを行なっていきます。万博のコンセプトである「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、コロナ禍においてみんなで感染症対策を徹底しながら、笑顔でいっしょに、大阪・関西万博へ行こうとの想いを込めて、気運を上げていく。 笑顔の傘を持ってソーシャルディスタンスを保ちながら、MERRY WALKを実施します。 地球上の人々に笑顔と平和の日々が戻ってくることを願い、笑顔の傘で、笑顔のエールと希望を届けるために、世界へ発信しています。

    続きをみる

  • Women’s EXPO 2025

    「Osaka Women’s Expo 2025 女性のエンパワーメントのための国際会議~デジタルで世界をつなぐ(仮称)」の開催をはじめとするWomen’s Expo 2025を創り上げるための各種取り組みを実施する。 取り組みの柱として、①女性ボードメンバー育成、②女性起業家、③女性首長と地域活性、④女性ヤングリーダー、⑤エシカル消費の5つの観点を持って進める。

    続きをみる

  • 『社会の課題発見力』と『対話力』を身に付けるオンラインワークショップ 〜空想都市 中村市 都市改善推進課〜

    現実には存在しない、けれども極めて現実に近い空想都市「中村市(なごむるし)」を舞台に、今の世の中にある「社会課題」について、誰もが「どう感じるのか」「どうすればいいと思うのか」を自分自身で考え、他者と共有・対話することで多様な価値観を知り、これから先のVUCA時代において重要な「課題の再発見」「熟議」といった経験を得ることができるワークショップです。組織・チーム内外の人と課題解決プロセスを疑似体験できるプログラムとして、研修やイベントとして提供します。

    続きをみる

  • サステナビリティを学ぶ学校「Sustainability College」

    「SDGs」や「サステナビリティ」について聞かない日はない、と言っても過言ではありません。私たちは「サステナビリティ」を継続的に学び、実践に活かすための場が必要だと考え、サステナビリティの学校である「Sustainability College」を開講しました。 講師から一方的に学ぶこれまでの学校や講演・イベントのスタイルとは異なり、多様なフィールドで活躍する講師陣と多様な価値観をもつ受講生によって生み出される「有機的なラーニングコミュニティ」を目指しています。 どんな立場であろうとともに教え合い、学び合うことによって、改めて「サステナビリティ」というものを捉え直し、学びを深めていく完全オンラインの学校です。

    続きをみる

  • 未来の大人である子どもたちへ金融教育を!【子どもたちの未来を創る】

    子どもたちに馴染みのある昔ばなしに、金融要素を盛り込み、可愛いキャラクターとともに金融の基礎知識が学べる動画学習コンテンツ「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」を提供しています。また、動画を活用した金融教育(お金の授業)を行うことで、子どもたちに向けて、金融をより楽しくより身近に感じてもらえるような取り組みを推進しています。

    続きをみる

  • NAOKO☆宇宙アサガオの種子を全国小学校にリレーするプロジェクト

    目的:生命の尊さを学び、宇宙への夢を広げる。 方法:NAOKOアサガオの種子を全国地域小学校にリレーし、最終アンカーは2030年種子島に戻る。(フライト20周年記念の年に) また、途中2025年に大阪・関西万博会場内での展花をめざす。

    続きをみる

  • 福山未来共創塾×SDGs ~理想の未来は自分たちでつくろう!~

    2050年を見据えたより良い未来社会の実現に向けて,多様な主体によるアイデアの創出とその実践に向けた共創のプロジェクトを創出する事業です。「共創のスクラムを組もう!」の合言葉のもと,企業・NPO法人・商店街・医療法人・外国籍の方・障がいのある方・自治会・個人・大学生等様々な主体が「福山未来共創塾」のプログラムで対話を重ね,お互いの強み・弱み・機会を持ち寄りながら,関係性を構築し,複雑な社会課題の解決や実現したい未来に向けたプロジェクトに取り組んでいます。

    続きをみる

  • オリジナル曲で万博を世界にアピール!

    大阪・関西万博をPRするためのオリジナルソングを演奏し、万博を日本だけでなく、世界にアピールしていきます。 その他、元気が出る、感動する曲なども演奏し、聴いてくださっている人に元気を与えたいと思います。

    続きをみる

  • 木材電池によるエネ!ゼロエネ建築物への実現

    『防腐処理木材電池の実用化』を目標とする。 この目標達成のために、以下のような研究開発を行う。 1.防腐処理木材の製造条件及び使用環境条件が電池性能に及ぼす影響の検証 2.実用化可能な電池性能の方法及び条件の確立

    続きをみる

  • 不妊治療現場からリプロダクティブヘルス・ライツを啓発する

    CDC(米国疾病予防管理センター)、NICE(英国国立臨床評価研究所)、WHO(世界保健機構)において推奨されている「プレコンセプション・ケア」という概念(次世代の子供たちが思春期、大人になるまでの健康に寄与する)は日本では未だほとんど実施されていません。このことから医療機関だけではなく、教育機関、企業が一緒に、若い世代からのヘルスケアとライフプランを意識できる教育と環境を創造したいと考えます。

    続きをみる