共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • オール関西第一生命 関西しあわせプロジェクト

    私たちは関西に拠点がある第一生命グループ各社・各部署の横断チームで、第一生命グループのノウハウやリソースおよび各ステークスホルダーとのリレーションを基に、「一生涯のパートナー」として生命保険の枠を超えて一人ひとりのクオリティ オブ ライフ(QOL)向上に貢献していきます。 1)人生100年時代を迎えた今、万が一の「保障」だけでなく「資産形成・承継」「健康・医療」「つながり・絆」などの分野でお客さまの毎日と人生を支え、お客さまの「クオリティ オブ ライフ(QOL)」の向上に挑戦していきます。 2)自治体や地元企業の皆さまなどと手を携えながら、それぞれの地域が抱える課題を真摯に考え向き合っていくことで、地域のしあわせの実現に貢献していきます。 具体的には例えば、FP資格を持った講師による金融リテラシー向上セミナーや資産形成セミナーの実施、障がいへの理解促進や障がい者雇用の現状を学ぶ場の提供、健康増進イベント実施等、一人ひとりの「クオリティ オブ ライフ(QOL)」の向上に挑戦していきます。

    続きをみる

  • 第一生命大阪北支社 健康寿命延伸に向けた”大人のがん教育”プロジェクト

    SDGsの開発目標の1つである「3.すべての人に健康と福祉を」において、がんの正しい知識・情報を”大人のがん教育”として日々の営業活動の中でご案内するとともに、地域のがん検診のお知らせや多種多様なセミナーをご案内することで、がん予防の啓発を図っていきます。

    続きをみる

  • Save your lives and dreams with Morita

    災害に強く、誰もが安心して暮らせる豊かなまちを実現します。 そこでは個人の多様な価値観を尊重し、それぞれの人生設計の実現を目指します。

    続きをみる

  • SDGs×Vtuber「SDGs伝導師ノア」と一緒にSDGsを広めましょう!

    Youtube上で3次元のキャラクターが動画を配信する「Vtuber(バーチャルユーチューバー)」 『SDGs伝導師ノア』はSDGsに特化した情報発信をする15歳のVtuberです。産学官民の様々なSDGsへの取組みが人々の日常生活に浸透して、持続可能なSDGsアクションの循環が生まれるよう動画配信を中心に情報発信しています。 子どもの立場から、未来の地球に向けて感じていることを発信しつつ、全国の皆様の取り組みを情報発信し、未来の世界を変えることができるSDGsの情報を分かりやすくお届けします。

    続きをみる

  • 中高生につなぐ!大阪樟蔭女子大学生のSDGs×万博応援プロジェクト

    樟蔭学園は100余年前、女子教育の先駆的な存在としてスタートしました。 変化する時代にあって女性の役割やその立ち位置も大きく変わりました。 同じように地球の環境も大きく変化し、持続的な世界のためには私たち、若い世代がもっと意識を持って活動する事が大切だと考えています。 そこで樟蔭の女子学生が中心となってSDGs×万博を盛り上げるために、共創チャレンジとそのチャレンジに立ち上がった情熱を持った人たちをクローズアップする情報発信をオンラインイベントと大学が開局したインターネットラジオ局で展開します!EXPOを中高大学生で盛り上げる非公式のEXPO盛り上げ隊の創設です。 取り組みのポイントは“中高生につなぐ万博×SDGs”。学園内から近隣地域、そして全国へと活動を広げていきます。 この活動を通じて、中高生がSDGsの考え方やそこにチャレンジする人たちの情熱と出会い、刺激を受け、取り組みを理解し、万博の活動に興味を持って、一緒に盛り上がるムーブメントを作ります!

    続きをみる

  • 心 -KOKORO- プロジェクト

    「大阪・関西万博」という、日本で開催されるこの世界規模のイベントが、世界平和実現のための大きな歩みとなるよう、世界中から「大阪・関西万博」に意識と関心を集めます。 そのために、大阪・関西万博の内容やテーマ、意義の発信に加えて、世界で最も平和な国の内のひとつである日本の魅力の発信、その他、上記のテーマに繋がる活動をしていきます。

    続きをみる

  • 「見知らぬ誰かとアートの世界へ旅をする」

    あたらしい世界と出会うことで各々の世界を広げ、その世界が交わっていくことで生まれる、新しい、自分らしく生きていける優しい社会を提案します! 「さまざまな人とアート創作をご一緒し、楽しい時間を過ごすことが、私たちへの一番の応援となります。たくさんの方と一緒に交われる、楽しい時間をどんどんつくっていきたいと思っています!」 知的障害といわれる反面の感覚の豊かさをアート(タップダンス、音楽、絵画、映像出演、即興パフォーマンス)により積み重ねてきました。多様性理解から一歩進んだ関係性が生まれるこの体験の場を、社会全体に広げていくことが今回のチャレンジです。 障害特性と言われていることは本人にとっては普通の感覚です。守られてもいますが、失敗や成長の社会体験を得にくい状況があります。かたや、平均的な人にも、生きづらさや仕事へのモチベーションの喪失など、個の在り方において解決しづらい問題が漂っています。 知らない人と旅をともにするような、多様な人々で創りあうアート体験は、自分を知るヒントを得られる体験となります。環世界の概念のように、すべての人が違う感覚を持っていることを楽しみあい、それぞれの感覚が尊重され反射しあう、あたらしい未来を提案します。 あらゆる人々の毎日を豊かにすることを、SDG’Sの実現へ取り組まれている企業様やインフルエンサーの方々など、社会に大きな影響を生み出せる方々と協働し、アートを通じたコミュニケーション力の開発を中心に、さまざまな共創チャレンジを実現したいです。

    続きをみる

  • やどかり給付型奨学金プログラム

    留学生が健全に勉学に励むことができる環境を提供し、コロナ禍でも「学ぶ機会」を失わない支援が必要であると考え、コロナで困窮する留学生を対象に給付型の奨学金を支給したいと考えています。 「自分に何が足りなかったのか。これではまったくわからない。」ある奨学金選考で不選考となった留学生がふとこぼした一言です。選考方法や不選考理由も何もわからないまま結果文が1枚届きました。 そんな留学生の声を聞き、これまでの奨学金選考とはまったく違った選考方法で「奨学金選考の見える化」にこだわった給付型奨学金プログラムを作りました。 第一次選考から第三次選考までの評価項目や評価点等をすべて公表します。 私たちが特にこだわっているのが二次選考です。二次選考では地域にある企業や施設に出向き就業体験を行います。(以下「留学生版トライやるウィーク」という)普段、留学生と接する機会のない企業や施設に二次選考の選考委員となってもらい、日本語でのコミュニケーション能力や活動に対する意欲や積極性等を評価して頂きます。この際の評価が二次選考の点数となります。 「留学生版トライやるウィーク」は原則として夏休み期間中にインターンシップを行います。1回で終わることがないよう、活動期間が十分確保できる夏休みが最適だと考えています。留学生はあらかじめ「自己評価シート」を記入します。このシートには今の自分が持つ「力」を客観的に評価し、受入先である企業や施設に提出します。 企業や施設の方はその「自己評価シート」を基に活動中の様子を評価していただきます。さらにNPO法人Oneselfオリジナルの「留学生評価シート」を作成します。これにはこれまでのボランティア活動や日頃の生活の様子等をまとめたいわゆる「内申書」のようなもので、普段なかなか見ることのない素の留学生、そして今までの活動の様子を詳しく知ることができます。地域の子どもや大人からの声も「内申書」に反映されるということです。 日本語学校での日々の学習の様子、地縁団体でのボランティア活動の様子。これらの評価を点数化し、点数に応じた奨学金を支給します。留学生にとっても小論文や面接の一瞬ではない自分で挑戦することができます。

    続きをみる

  • 全国ユニバーサルビーチプロジェクト

    全国のビーチを障害を持っている方やお年寄り、小さなお子さんをお持ちの親御さんなど、 みんなが気軽に安心して海水浴を楽しんでもらえるユニバーサルデザインのビーチにしようというプロジェクトです。 "みんなの”できない”を”できた!”、”弱みを強みに返る”に変えるを合言葉に、 誰もが楽しめるユニバーサルビーチを全国に、世界に普及していきます。

    続きをみる

  • MERRY EXPO/DUBAI EXPO 2020 → EXPO 2025 , Osaka, Kansai, Japan

    いのちの輝きは、笑顔。笑顔は世界共通のコミュニケーション。 ドバイから、2025年大阪へ笑顔を繋げよう!ドバイ万博、大阪・関西万博、それぞれのテーマである 「Connecting Minds, Creating the Future/心を繋いで、未来を創る」 「いのちの輝く未来社会のデザイン」をつなぐため、笑顔の花を咲かせます。ドバイ万博から、未来の希望である世界中の子どもたちの笑顔を咲かせ「未来への希望」を発信し、2025年大阪・関西万博に笑顔のバトンをつなぎます。 具体的には、ドバイ万博会場内で、未来への希望である世界中の子どもたちの笑顔を傘にプリントした「笑顔の傘」を開きます。傘を開くことで、参加者やそれを見た人たちが笑顔になり、そして未来の子どもたちも笑顔で居られる社会を創ることを願い、世界に発信します。このアクションをドバイから大阪・関西万博に笑顔のバトンとしてつなぐことをめざします。 ドバイでの共創チャレンジ実施想定日:2022年3月26日〜3月31日

    続きをみる

  • 地域のコミュニティと共に循環型社会を考える

    スーパーホテルPremier武蔵小杉駅前では、朝食時に出る生ゴミを敷地内のバイオ生ゴミ処理機で堆肥化しており、ここで作られた堆肥を地場の社会福祉法人はぐるまの会が運営する「はぐるまファーム」に提供し、地域でも評判の高いファームの無農薬野菜作りに協力しています。 「はぐるまファーム」では農薬を使わない安全・安心な野菜やハーブの栽培を行っています。この活動をホテルが立地する地域の方々とともに全国に広げ、循環型社会の構築を目指します。

    続きをみる

  • BambooにThank you Project

    「BambooにThank you Project」とは、甲南大学の学生が神戸市の放置竹林問題解決を通じて地域循環共生圏の達成を目的にするプロジェクトです。「竹林被害の認知拡大」「持続的な消費」「持続的な活動基盤の構築」を行う実践型のプロジェクトで、神戸市のサポートを受けて実施しています。また、現在のプロジェクトチームは、甲南大学の大学生・神戸版地域おこし協力隊・地域のプロモーションをサポートする地元企業・神戸白黒(はっこく)のメンバーで編成されており、社会人チームがサポートしつつ、学生が主体となって事業を動かしています。

    続きをみる