共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • ヨシから始まるSDGs ~ユニフォームから変える「環境・社会・経済」~

    たまゆらの『ヨシから始まるSDGs』とは、企業単位の参加型のアクションで成果物を以ってSDGsを実践する取り組みです。 この取り組みは多くの企業様を募り、年一回の滋賀県・大阪府のヨシ群落をヨシ刈りというアクションにより周辺環境を綺麗にします。また収穫物となるヨシは繊維を取り出し、ユニフォームへ再利用することで成果物として参加者へ提供を行います。ユニフォームは繰り返し注文があるため、毎年時期が来れば同様に繰り替えしヨシ刈りの活動を行います。 結果として企業連合体によりヨシ群落を保全する持続可能社会の形成が本活動の目的となります。 ヨシ(葦)とは、川辺、湖畔、湿地などに群生するイネ科の植物となり、緑色の茎は直立して高さは1m〜5mになる多年生植物です。 繫殖力が強く、景観を悪くする厄介者として扱われるようになったのは、管理されていないヨシ群落が増えたことが原因になります。 ヨシには4つの役割があります。 ①多くの動植物の生育・生息地になる。 ②人の生活に役立つ資源を供給する。 ③景観の形成、湖岸の消波・侵食の防止。 ④琵琶湖・淀川の水質保全に寄与する。 とくに④の琵琶湖・淀川の水質保全は関西圏に住む我々の生活に直結しています。 ヨシ群落を保全と意識せずともかつては建築資材や和楽器など利用用途が多くありました。しかし、時代の流れにより現在ではヨシは日常生活から姿を消しました。ヨシを利用することがなくなり管理されていないヨシ群落となり、景観悪化や水質悪化の原因となっています。 綺麗なヨシ群落を維持するにはヨシ刈りとヨシ焼きを毎年行うことが必要となります。 刈り取ったとき出るヨシの多くは使われることなく費用を払い廃棄されてきました。資源を余すことなく使うためにも刈り取った後のヨシを廃棄せず、これからはユニフォームとして利用することで新たな産業的価値を生み出します。 本活動を以て環境保全だけでなく、年間ヨシにより回収されるCO2が定量的に出ているため、カーボンオフセットにも貢献することができます。 SDGs9番【産業と技術革新の基盤をつくろう】12番【つくる責任 つかう責任】15番【陸の豊かさも守ろう】に貢献することは勿論、 滋賀県独自の持続可能社会へ向けたマザーレイクゴールズ(MLGs)への寄与も行うことで社会への貢献ができます。

    続きをみる

  • 「ここち良いオーガニック社会」の実現に向けた座談会の開催

    「ここち良いオーガニック社会」の実現に向け、それぞれの立場からできることを話し合い、実践につなげ、互いの気づきによる実現を目指します。SDGsで掲げる17の目標をストレスなく長期的に取り組むには心地よさがなくてはなりません。オーガニックは元々ギリシャ語が語源でオリジンに由来します。オリジンとは、生命の、本来の、根本的な、という意味です。「異なるモノ同士が共に機能しあう」それぞれの調和、共存を表す意味合いが強くあります。有機的(オーガニック)とは、「生物同士が結びついて、お互いに作用している様子」を意味します。簡単にいうと「生物の共存」です。生物が共存し、環境にも衣・食・住や身の周りのモノにも負荷をかけず様々なものと調和する豊かな生活。このような共生・共創する社会の実現に向けて、意見を集め、学びや気づきの機会を提供していきます。

    続きをみる

  • 花と緑あふれる美しいまちOSAKAプロジェクト

    一社)ハンギングバスケット協会のマスターである私たちの技術は、今や世界一との評価を受けています。その細やかな植栽技術を活かし、私たちの活動に共感していただける府民の皆様と一緒に、2025年大阪・関西万博に向けて、地域の人が目にする小さなスポットから、多くの人の目に触れるようなスポットまで花と緑で美しく飾りつけます。そして世界中から訪れる方々を四季折々の花でおもてなしするとともに、花と緑にあふれる美しいまちOSAKAを体感し、癒されていただけるような空間をつくります。 ハンギングバスケットとは、カゴ状の容器に植物を植えて、吊るしたり壁面に掛けたり空間演出の方法の1つです。

    続きをみる

  • 「みんな違ってみんなイイ!」多様性を認める世界へのチャレンジ

    「自分を知って他人を知り、そのお互いの違いを明らかに認めること」が出来る『コミュニケーション能力向上ワーク』を通して、「みんな違って、みんなイイ!」を体感することで、多様性を認める世界を創造すること。

    続きをみる

  • 廃棄野菜のアップサイクルチャレンジ!

    いま、脱・石油化を目指し、植物由来の原材料を用いたライフスタイル(衣食住)を推進する「プラントベースワールド」の構築が注目されています。 そのような中、野菜の分野では豊かで安心・安全な食生活に向け、高い製品基準が求められる一方で、見た目で選別・調整され、行き場の無くなる資源として「残渣」がたくさん排出されます。 これは、伝統野菜である九条ねぎも同じ。野菜には植物が本来持ち合わせる、自然由来の繊維がたっぷり含まれています。 この繊維を、自然の力として無駄なく有効活用するため、抄紙原料として用いてシート化を試み、包装材料、文具素材、紙原料やプラスチックの代替利用として、「環境に優しいモノづくり」を目指し、チャレンジしています。

    続きをみる

  • 漁港で遊び・学ぶ!

    かつて地域コミュニティであった自治会などが衰退し、地域で支え合う仕組みが崩壊しつつある中で、ジェンダーも含めた心や身体、年齢の差別無く、子どもから高齢者・障がい者など様々な立場の人たちが集い楽しめる場所を創造していくことを目指し、子ども食堂などの子供たちのコミュニティの運営、様々な年代の漁港内での釣りサポート、障がい者や更生施設の職業訓練を実施していきます。 これらを持続可能な取り組みとして継続させていくためには、「誰かが」ではなく「みんなが」という多様な主体が連携することが重要であり、様々な主体が共創することで多様な立場に対応できる場の創出を目指しています。

    続きをみる

  • 人とDXの響き合いによるイノベーション共創 ~中小企業を幸せにするOTOMO達~

    専門集団が相互に連携・協力し、効率的で効果的なオープンイノベーションのプラットフォームたる活動を展開することで、中小企業の業績向上とSDGs経営の進展・定着に繋げていくことをチャレンジします。 取組みとして先ずは、経営者の想いや企業の強みを言語化・数値化することで、可視化します。そのエビデンスに基づき、持続可能性を検討し、企業課題・社会課題をデザイン思考で繋げていきます。

    続きをみる

  • Wanpaku 【Japan Paralym Beauty Assosiation】

    義眼のChallenged Vtuber、瞳美コッコだよー。 Wanpaku(ワンパク)プロジェクトは、2025年の大阪・関西万博に向けてキッズも一緒に楽しめるワクワクのコンテンツだよ。 障がい難病当事者でもある、わんぱくなキッズも一緒に大阪・関西万博に向けて動き出そう! まず、チャレンジド(challenged)っていう言葉を紹介するね。 アメリカでは 障がい・難病の人たちのことをチャレンジド(challenged)っていう とっても前向きな呼び方をしているので、私たちもそうしています。 今回提案するチャレンジ内容は【チャレンジドキッズ&ママ】にフィーチャーしたよ。 チャレンジしていきたい内容は以下の通りでーす。 ①チャレンジド キッズ&ママによるハイクオリティな「ハンドメイドによる装飾アクセサリー制作」 ➡ご自身で在宅でも作業が出来るよう全面的にサポートしていきます ②チャレンジド ファミリーへのワークショップ開催  ➡制作だけに留まらず、仕入れや梱包など具体的なシステムを構築し指導いたします ➂東京の「ヘルプマーク」のアンサーマーク、「コマタスマーク」を提案  ➡ヘルプマークとは反対に❝お助けしてあげたい方❞がつけるマークです   困っている人を助ける、『コマタスマーク』がデザインされたハンドメイド制作を進め   大阪・関西万博でたくさんの方に身に着けて頂くことが目標です コッコは義眼のVtuberなので、片方の目には義眼が入っているの。 2025年の大阪・関西万博公認キャラクターにはたくさんの❝目❞があるよね。 ❝こころの目❞をたくさん持つように、そんなことを言われているような気がするんだ。 だからこのWanpakuプロジェクトを通して、 チャレンジド(Challenged)ファミリーみんなの❝こころの目❞が豊かになったらいいなぁって思っているよ。 そのためにはハンドメイドという概念を超えた、ハイクオリティな物をお届けできるよう構想中! ね、とってもワクワクなプロジェクトでしょ?

    続きをみる

  • パッケージ エコ化プロジェクト!

    プラスチックは軽い、耐久性が高い、加工しやすいなどのメリットがある一方、自然分解されず、環境中に流出すると半永久的に残ってしまう点が大きな問題です。 そこで、本取組では、パッケージにおいてプラスチック使用量の削減、環境負荷の低い材質への切り替えを進めてまいります。 また、バガス(土に還る素材)でできた食品容器を使用することにより、フードサイクリングの実現にも貢献いたします。

    続きをみる

  • BEYOND EXPERIENCE~経験を超えていけJCI EXPO 2022 in KINKI~

    現在人口減少や技術継承の課題を持つ地域に焦点を当てるために 、各地域にある独自の技術や文化を、フォーラムやフェスタを通じて近畿圏内に発信することで、各地域の魅力を知ってもらい、地域の課題解決につなげたいと考えています。

    続きをみる

  • iPS細胞を当たり前の医療に「P.S. i Love You プロジェクト」

    2007年にヒトiPS細胞の樹立が発表されてから、はや15年。私たちはiPS細胞を用いた医療応用を実現させることで、これまで治せないといわれてきた病気を少しでも減らしていくことや人々の健康寿命を延ばしていくことを目指して取り組んでいます。 私たちが自分の時間を費やして成果を出そうと頑張るパワーの源・・それは、治らない病気を少しでもなくしていきたいという気持ちや、病気やケガで苦しむ人への治療法の選択肢を増やしたい、という「想い」です。 その「想い」を可視化し、広く発信することで、iPS細胞を使った再生医療業界の現状についてより多くの方に興味を持って知っていただけるのでは?そんな活動を、賛同企業の皆様と始めていきます。 具体的には、「特別サイト」を立ち上げ、各賛同企業様の取り組み内容の発信、そこで働く方の想いを込めた動画配信を展開。今後はウェビナー等での情報発信やSNSを通じたコミュニケーションも展開し、患者さんに加え、一般の方々、学生のみなさんなど、多くの方にiPS細胞に対して希望を持っていただけるよう活動してまいります。

    続きをみる

  • 『空飛ぶ車いす』 構想チャレンジ

    「空飛ぶ車いす」 社会問題である「車いすの多様性社会の実現」を目指すためにこの共創チャレンジに登録させていただきます。 持続可能な未来社会へ。 この構想チャレンジを車椅子シェアNo1でトップメーカーである「松永製作所」にご提案させていただきました。 「モーター以外は全て作れます!」とのご回答をいただきましたので、皆さんのお知恵やご意見を賜りたく登録させていただきました。 2025に飛ばそうとは考えていませんが、日本の技術を世界に「提案」できれば最高だと考えております。 ベストプラクティスエリアの展示を目指しております。 どうぞよろしくお願いいたします。

    続きをみる