共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 第一生命和歌山支社 QOL向上プロジェクト

    和歌山県下の自治体の地域課題解決をサポートすべく、美化活動、高齢者見守り、防犯呼びかけ、地元企業の応援など「さまざまな地域の見守り・協力活動」を行っています。

    続きをみる

  • 女性も活躍しやすい社会をみんなでつくる「Femtech and Beyond WITH」

    女性の身体的特徴から来る女性特有の課題を解決する「フェムテック」は、アメリカをはじめとする世界で注目されているキーワードです。日本でもいままさに急速に注目され、女性の課題をテクノロジーで解決する機運が高まっています。一方、いまのフェムテックでは女性にフォーカスが当たるあまり、当事者の女性以外(女性以外の性別の方や課題を感じていない女性など)はターゲット外とされることが多く分断を生みかねません。このチャレンジでは、特に日本において分断のないフェムテックを創ること、そして関係人口を増やすことでみんなが生きやすい社会を作ることを目標としています。 多くのフェムテックプロダクト・サービスでは女性の課題に向き合うあまり、コンセプトやコミュニケーションターゲットも女性に特化しがちです。女性起点の課題起点は大切にしながら、Femtech and Beyond WITHではプロダクトコンセプトメイキング、コミュニケーションなどあらゆるポイントにジェンダーや世代を乗り越える視点を組み込むことで分断のないフェムテックを作り上げます。 *実績:Varinos(株)と(株)ファミワンの共同事業「子宮内フローラチェックキット」のコンセプト開発、ロゴ・パッケージ開発、マーケティングPR戦略を共創しました(https://flora.famione.com/)

    続きをみる

  • 第一生命神戸総合支社 地域未来応援プロジェクト

    子ども食堂への物品提供。スポーツ教室の開催。児童虐待の早期発見と発生予防など多様化する各地域の課題を各地域ごとに解決していきます。

    続きをみる

  • 80(やお)アクション ~ みんなで八尾を良くしていく17の目標(やおSDGs:幸せに 大好きな八尾で 元気に暮らせたら サイコー! )~

    八尾市は、2025年大阪・関西万博にむけた機運醸成や参画の取り組みを進めています。 「80(やお)アクション」は、2025年の万博を盛り上げ、共創によるまちづくりを推進し、市民のみなさんとともにSDGsの達成をめざす取り組みです。 「みんなで八尾を良くしていく17の目標と80のターゲット」は、市民の方々にも身近なことから実践いただきやすい内容となっているため、市内で活動する企業から個人に至るまで、様々な活動で参加いただけます。 また、それらを「80(やお)アクション」として集約し、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジとしても発信することで、市民のみなさまの大阪・関西万博への参加感を高め、その後のまちづくりやSDGsの理解促進、八尾市全体のアクションにつなげていきます。 合言葉は、S(幸せに)D(大好きな八尾で)G(元気に暮らせたら)s(サイコー!)。

    続きをみる

  • 楽しくサステナ生活! ストローごみを減らし持続可能な社会へ!

    抗菌・防カビ性のあるストローケースで、プラスチック製ストローの廃棄量削減を目指します。 最近、マイカトラリー(ストローや箸)生活を始めた方が増えたのを感じます。 しかし、「マイ箸やマイバッグは使っているが、マイストローは衛生面が心配で。また、使用後のメンテナンスが面倒くさいし・・・・」。 マイストローに抵抗を感じている方は多いのではないでしょうか? そこで、抗菌・防カビ技術を応用したストローを入れるケースを開発し、ストレスの少ないマイストロー習慣を提案するのが私達のチャレンジです。 マイストローを日本中に浸透させることで、石油資源の枯渇、プラスチックごみ問題に対応した持続可能な社会を目指します。

    続きをみる

  • 筆手紙道協会 SDGsプロジェクト

    あらゆる分野でのデジタル化が進む中アナログの持つ温かさ、魅力を未来に残したいという思いから筆手紙道協会は日本に古来より伝わる和紙、墨、筆を使い『手紙を書くことをもっと自由に、愉しく』をテーマに活動しております。手書きで自分の想いを表現することで、デジタルでは表せない気持ちの機微を伝えることができ、手紙に用いる季語や旧暦の季節に関する言葉を学ぶことで、細やかに季節を感じ、味わってきた日本人の精神性に触れるきっかけを作り、日本の四季を言葉や絵で表現する方法を学ぶことで五感を刺激し、脳の活性化にもつながります。 当協会ではマスク生活で使う機会が減り余ったコスメ、普段は破棄する野菜のへたや、スポンジ、プラスチックストローなどを材料や道具として使うことで、皆様と共にSDGsについて知り、考える機会をさらに増やしていきたいと思っております。 『手書きの文化』を体験することで心身の健康について考え、SDGsや多様性を知る機会となり、皆様の豊かな人生に繋がることを願っております。

    続きをみる

  • あさがく「就活ニュースぺーパー」連載 「若手社員に聞く SDGsに貢献する仕事」

    朝日新聞社は、学情の就活ナビサイト「あさがくナビ」と連携し、「就活ニュースペーパー」というウェブサイトで、就職活動に役立つ情報をお届けしています。この中で2022年7月に、各業界を代表する企業が、どのようにSDGsを意識して活動をしているかを紹介する連載記事「若手社員に聞く SDGsに貢献する仕事」をスタートしました。各社の社員の皆様に、どのような思いで仕事に取り組んでいるのかを伺ってご紹介することで、現代では、あらゆる企業活動がSDGsを意識したものになっていることを分かりやすくお伝えします。

    続きをみる

  • 地球セラピー

    ねんどで地球を作ることで地球を大切にする心が養われるきっかけを作ります。 統計学を使って自分の個性、心理状態、身体のコンディションを知り、自分自身にも興味を持たせるツールとして活用もできる地球セラピーです。 自分を愛し、そして地球を見て国境はないことを認識し、みんな同じ地球(星)に住むファミリーなので仲良くしましょうというメッセージが込められた地球セラピー。 地球セラピーによって、子供の成長と環境問題を同時に気づかせるきっかけ作りに取り組んでいます。

    続きをみる

  • SDGs達成に向けた高校生の力と知恵を結集する。

    SDGs達成に向けた高校生の力と知恵を結集する。SDGs(持続可能な開発目標)は、貧困や飢餓などの社会問題を解決し、持続可能な世界を実現するための国際目標です。高校生がSDGsに取り組むことで、社会貢献やグローバルな視野を持つ高校生を増やします。

    続きをみる

  • かがわ地方創生SDGs登録制度

     香川県では、SDGsの普及を促進するとともに、持続可能な社会をめざし、SDGsの取組みを原動力とした地方創生を実現するため、SDGsの達成に向けて積極的に取り組む企業や団体等を県が登録する「かがわ地方創生SDGs登録制度」を創設しました。  登録事業者の経済・社会・環境の3側面の重点的な取組みを、県ホームページで公表し、事業者の多種多様な取組みを「見える化」し、他の事業者や県民の方々に取組事例を示すことで、SDGs達成に向けた新たな取組みが、香川県から生み出されることを期待しています。

    続きをみる

  • SDGsを考えよう チームHINO

    チャレンジをきっかけに私たちに出来るSDGsを考え、衣類の不用品やペットボトルキャップ・プルトップ等を集め無駄・もったいないを再認識し、社員が協力し再利用・リサイクル・寄付活動を行い、ごみを削減・有効活用し、環境問題・飢餓問題に向き合う。

    続きをみる

  • ゲームの力で ”美しい海” ”豊かな地球” を。

    未来をつくる、あなたの手の中に 〜人魚と暮らす環境改善ゲーム〜 私たちは”人魚と一緒に環境を改善する”ゲームを開発しています。 このゲームではユーザー自身が管理する水中の環境を改善し、魅力的な人魚と共に美しく健康的な海を作っていくことができます。 海や淡水域の保全、環境問題をテーマにした内容です。 このゲームを通じて、未来を担う子供たちに向けた楽しい学びの場を提供し、地域活性化や次世代育成にも貢献します。 人魚と一緒に、新しい未来を創り上げましょう。

    続きをみる