共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 自動運転シミュレーションを使ったモータースポーツ世界選手権を大阪・関西万博で開催する

    Virtual Motorsport Lab(VML)は、自動運転シミュレーションとブロックチェーン技術を用いて、デジタル空間上に次世代モータースポーツを創るプロジェクトです。参加チームはデジタル空間上の自動運転レーシングカーの開発競争をします。開発競争をする中で、未来のモビリティ社会に繋がる新技術やエンジニアの育成を促進できるエコシステムを目指します。 2022年に法人を作りました。最初のステップとして、自動運転シミュレータとNFTを活用した製品を開発中です。この製品をベースに世界中の自動運転エンジニアが集るDiscordコミュニティを作ります。最終的には大阪・関西万博でバーチャルレーシング体験ができるブース出展を目指します!

    続きをみる

  • 「 花 」の美しさにふれ心をリラックス

    追手門学院大学の華道・フラワーアートクラブの学生の方々に制作頂いた生け花、フラワーアートをショールームに飾らせていただき、ご来店のお客様をおもてなしいたします。 学生の皆様が取り組んでおられる部活動・サークル活動の発表の場を関西マツダの店舗で設けることで学生の方々のモチベーションアップにつなげ、関西マツダスタッフも花の手入れやメンテナンスに携わり豊かな心を育んで参ります。

    続きをみる

  • 天橋立環境保全活動

    京都ダイハツ販売株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:池辺聡志、以下「京都ダイハツ販売」)は、地域に寄り添う企業として、天橋立環境保全活動を今年も実施しました。日本を代表する景勝地であるとともに、ふるさとの財産である天橋立の「環境」と「景観」を将来にわたって守ることが目的です。 ・実施日:2022年11月9日(水) ・参加人数:240名 ・活動内容:土壌の富栄養化を防ぐため、松葉拾いを行いました。 (天橋立の松林は根をあまり張っていません。加えて、土壌が富栄養化しているため、根は育たず幹だけが高くなりバランスが悪い状態です。この状態は、台風による倒木リスクがあるため、松林に悪い影響を与えている松葉を積極的に拾う必要があります。) 今年で6回目となるこの活動ですが、今年も感染予防対策を万全にして広く参加者を募ったところ、有志240名で活動する事ができました。 京都ダイハツ販売は、関西と京都の観光資源を守るべく、この活動を年1回、2025年以降も継続していきます。

    続きをみる

  • てじな de SDGs

    「マジックでみんなを笑顔に」をテーマに、マジックに触れ、子供から高齢者まで すべての人に楽しみながら SDGsについて考えてもらい、またマジックを演じるこ とでコミュニケーション能力を養い、繋がることの喜びを感じることのできる ショー&マジック教室を開催します。

    続きをみる

  • 【昔懐かし】、昭和歌謡やオールディーズの音楽を若者からお年寄りまで~全ての人々へ届けたい♪

    音楽活動やイベントが減少してる中、街中にあふれていた音楽やお店の減少が目立っています。 当然ミュージシャンの活動する場所も少なくなっているのが現状です。 文化芸術を身近に肌で感じるのは、若者も高齢者も女性男性関係なく、人が生きていく上で大切でなもので、かけがえないものであります。 誰もが辛い時や嬉しい時には、自然とメロディーを口ずさみ、感情を揺さぶられることでしょう…。 持続可能なイベント企画を提案し各企業や団体と関わりながら継続してゆきたい。 ※(心の健康、生き甲斐、地域活性、人との交流、楽器や歌を学び楽しむ、若者から高齢者、団塊の世代、演奏の広場でエンターテーメント、全ての人々を繋ぐ、全ての人々の生き甲斐、楽しみや想い出を創る。)

    続きをみる

  • 大丸札幌店 北海道の作り手を発掘「SaTeMa―サツエキテシゴトマルシェ―」

    ・「サツエキテシゴトマルシェ(札駅 手仕事 マルシェ)」の頭文字をとってSaTeMaと名付けられました。 ・「北海道の地域・ものづくり・作り手を応援したい」という思いから生まれた新しいプロジェクトです。 ・ジャンルは問わず「ものづくり」に取り組んでいる北海道のクリエイターを一般から募集し、大丸札幌店7階にご出店いただくというはじめての試みです。

    続きをみる

  • 大丸札幌店 食で旅する北海道

    道内179市町村のコンテンツ(ヒト・モノ・コト)当社が持つメディア(店頭・WEB・EC・外商・ギフト)を駆使して道内外に発信することで地域共生を目指します。又地元に根付き地元で活躍されている方々や地域の伝統や食文化、イベント情報も継続的にご紹介し、北海道のまだまだ知られざる魅力を全国に発信します。

    続きをみる

  • Team OSAKA MICE

    2025年大阪・関西万博の期間中、大阪でMICE(展示会や学会、国際会議等)を開催し、MICE参加者に大阪・関西万博を楽しんでいただくために、MICE 施設、ホテル、旅行会社、会議運営会社など、大阪のMICE関連事業者が大阪観光局の元に団結し、「オール大阪」のMICE誘致体制「Team OSAKA MICE」を発足させました。 複数の参加企業から構成される8つの誘致チームが、全国のMICE主催者に対し、大阪でのMICE開催の誘致活動を実施します。万博期間中のMICEを多数誘致・創出し、MICEを通じて大阪の産業を活性化させることにより、都市として持続することを目指します。 普段は競合する企業同士が互いに連携しあい、大阪・関西万博の盛り上げと大阪・日本へのMICE誘致による地域活性化という共通の大きな目標を達成する、世界でも類を見ない取り組みです。

    続きをみる

  • やりたいことにチャレンジできる場所作り

    昭和Factory店舗の空き時間、空きスペースを利用して、例えば、お菓子を作るのが得意なのでカフェをやってみたいという夢がある人に「カフェイベント」を開催していただいたり、ご自身が子育ての悩みを相談できず辛い経験をされ、今子育てで悩んでいる方の救いの場を作りたいと考えている方に「子育てカフェ」の開催をサポートしたり、やってみたいことを実現する機会提供を実施します。 様々な人のやりたいことを「どうすればできるか」というポジティブ思考で検討し、チームで応援して、また応援されて、モチベーションを高め合って実行していきます。 一人で行うのが不安でも、みんなで協力し合ってそれぞれの夢にチャレンジし、誰もが自分らしい毎日を過ごせる未来を作りたいと思います。

    続きをみる

  • すみのえSDGsアクション/大和川から世界を笑顔に

    「大和川」に寄り添う、人々の想いを、 EXPO 2025、その先の「未来」へ繋ぐ。 時代を超え、人々の生活を支えてきた「大和川」。 たくさんの支川が合流しながら流れている大和川。 この川から流れ着く先にあるのは、 2025 年大阪・関西万博が開催される「夢洲」。 支川がこの大和川に集まるように、 たくさんの人々の「想い」が、 この大阪・関西万博へ続く「大和川=EXPO ロード」に集まり、 大きな想いの結晶「ハート」となる。 大和川と人々の想いから誕生した 大和川の妖精「ヤマトちゃん」は、 みんなの「想い(ハート)」を 大和川の流れに乗せて、 大阪・関西万博の地「夢洲」へ繋げます。 ーーーー 大阪・関西万博の開催にむけて、大阪住之江区の「大和川」を舞台に、 住之江区の人々と一緒につくる「笑顔プロジェクト」。 これまで一級河川の大和川再生に向けてライオンズクラブ(大和川再生委員会)が中心となって 取り組んできた「大和川クリーンキャンペーン」「桜の植樹」「陶板画アートストリート」「しじみの放流」を通じて 「きれいな大和川」を目指して様々な活動が行われてきました。 大和川を未来に託すため、次世代を担う子ども達にSDGsに参加してもらい、 大和川再生の大切さやSDGsを学んでもらい、子どもたちの笑顔で街を、社会を元気にします。 この活動を多くの方に知ってもらい、大和川の再生をさらに推進し、 2025年大阪・関西万博に向けて機運を盛り上げていきます。 ① 大和川再生活動(川のクリーンアップ・上流での稚貝(シジミ)の放流など) ② 大和川で学ぶSDGs出前授業 ③ 大和川から笑顔を発信!MERRY UMBRELLA ④ 大和川MERRY WALK ⑤ 陶板アートウォールギャラリー ⑥ 大阪・関西万博 機運醸成コーナー(ミャクミャク塗り絵 体験など) <スケジュール> 2023年4月2日・大阪・関西万博まで2年前に合わせて、第1回イベント開催予定 (大和川クリーンアップ・MERRY UMBRELLA ほか) 2023年11月 大阪・関西万博まで500日前に合わせて、第2回イベント開催予定 2024年4月 大阪・関西万博まで1年前に合わせて、第3回イベント開催予定 2025年4月 以降、万博開催に合わせて、第4回イベント開催予定

    続きをみる

  • 誰もが誰かのサポーター!なにわ体感!見たことないおおさか

    視覚障害者が「見る」世界、「感じる」世界をラジオ放送を通じて発信し、世界から注目される大阪を広く知っていただきたいと考えています。 目が見えない人・見えにくい人にとっては分かりやすく、見える人にとっては今まで気づかなかった新たな視点で、大阪を身近に感じる情報をお届けすることによって、障害の有無に関わらず、同じ「ワクワク」が共有できます。 そしてそれが、大阪・関西万博の機運を盛り上げると信じています。

    続きをみる

  • ステハジプロジェクト「 ペットボトル 50億本 削減 」チャレンジ

    OSGコーポレーションが取組む「ステハジプロジェクト」は、 “使い捨ては恥ずかしい”という考え方を通して、誰でも(子供から高齢者・企業・自治体など)、いつでも、どこでも、少しの意識と行動で、海洋プラスチックごみ問題や使い捨てから生まれる、その他様々な社会課題を、個人・企業・自治体が一体となって啓発・実践し、みなさんと一緒に行動変容に取組むプロジェクトです。 ステハジプロジェクトが啓発する「ペットボトル50億本削減」チャレンジ 毎年800万トンとも言われる海洋プラスチックごみが海に流入し、そのほとんどが一度流入すると回収できていません。また、流入前に回収しても「埋め立て」や「焼却」などの問題が発生しています。  そこでこのチャレンジでは、海洋プラスチックごみのひとつ「飲料ペットボトル」を少しの行動変容で、選ばない、使わない選択を啓発して行きます。 チャレンジでは、3つの啓発内容を中心に取組んで行きます。 ① マイボトルでの飲み物の持ち歩きの普及で削減  個人・各企業・自治体など、まずはみんなで7日間から持ち歩き体験を実践スタート ② 学校機関との連携による子供たちとの共創  学校への「SDGs子供先生」「水資源を一緒に考える映画鑑賞」などの出張授業を共創メンバーと実施  ③ 社会貢献型商品(冷水機/整水器/ステンレスボトルなど)の普及で削減

    続きをみる