共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 2025年大阪・関西万博ラッピング列車『EXPO TRAIN 1970- 2025』イメージソングプロジェクト

    2025年大阪・関西万博ラッピング列車『EXPO TRAIN 1970- 2025』のイメージソングとイメージソングビデオを制作し、SNSを通して国内外へ発信します。 この取組みを通して共創パートナーとして支援・創出したい ■沿線地域の企業・団体・住民の方々等による「豊かさ」に向けたチャレンジ。 ■音楽や食を通じた「豊かさ」に関するチャレンジ。 ■万博記念公園を起点に大阪・関西万博を盛り上げたいと活動されているチャレンジ。 という3つの共創チャレンジが生まれるきっかけを作りたいと思います。

    続きをみる

  • 空飛ぶクルマで此花区の未来社会をデザイン

     此花区から「空飛ぶクルマ」を活用した技術革新を展開し、未来社会をデザインすることで、2025年大阪・関西万博の機運を盛り上げていくとともに、万博の成功につなげてまいります。

    続きをみる

  • ダイバース・ユニバース ~古今東西の星空をひとつに!~

    「ダイバース・ユニバース」は「星空★を通じて多様性を学ぶ」活動です。(「ダイバース・ユニバース」は、多様性を表す「diverse」と世界を表す「universe」を組み合わせた本活動を象徴する造語です。) 時代や国・文化によってさまざまな見方をされてきた星座を共通のフォーマット上に表現し、時代考証も含めて、ひとつのコンテンツに創り上げ、未来に繋いでいきます。このコンテンツが世界の方々にわかりやすいものとなるよう、出版物や星座早見表、最先端のテクノロジーを使ったマルチメディア教材など、様々なアウトプットの可能性を見出していきたいと考えております。

    続きをみる

  • 地球オルガン・プロジェクト~世界の森を音で繋ぐ~

    世界の森を通信でつなぎ、遠隔操作でメロディを奏でる! 独自開発した「オルガン機構」を世界の森の木々に取り付け世界各地の森の音楽を鳴らす。鍵盤ひとつに一か国の「森の姿と音」が立ち上がり、世界中のいまを体感する。25年大阪・関西万博に向けて22年12月大阪府河内長野市から機構実験事業をスタート。 地球はひとつ、世代を、国境を越えてコミュニケーションを! 「森のパイプオルガン」で繋ぎ、自然環境を含む社会的課題などの解決やSDGs(環境問題)への積極的な取り組み、地球規模での人間社会をフォローアップしていきます。

    続きをみる

  • 姫路城中曲輪バタフライガーデンプロジェクト

    姫路城を背にジャコウアゲハの飛び交かっていた400年前の城下の再現にチャレンジ!!

    続きをみる

  • 住吉区SDGs川柳コンクール

    大阪・関西万博の開催意義の一つであるSDGsの達成に向け、大阪市住吉区役所では多くの方々がSDGsの基本的なことを理解し、日常の暮らしや事業活動の中で実践している状態をめざして様々な取組を実施しています。その取組の一つとしてSDGsに関する川柳づくりを通して、SDGsを学んだり、「自分のこと」として考えるきっかけづくりとなることを目的とした「SDGs川柳コンクール」を開催します。

    続きをみる

  • 「減プラ」や「エシカル消費」にむけて大学生が消費者の目線で考える製品案の取り組み

    大阪経済法科大学経営学部の学生とプラスチックフィルムの製袋事業全般を取り扱う株式会社ミューパック・オザキが連携して、「減プラ」や生物多様性をはじめ環境、社会、人への配慮等これらに配慮した消費者行動である「エシカル消費」をキーワードに、SDGsにむけた学生が消費者の目線で考える製品案に取り組んでいきます。

    続きをみる

  • プラスチックについてかんがえよう

     世界的な海洋プラスチック問題の解決に向けて、不必要なワンウェイのプラスチックの排出抑制や分別回収の徹底などの"プラスチックとの賢い付き合い方"を考えるセミナーやイベントを展開いたします。  講義とワークショップをセットで行うことで自分事として考える機会を提供します。例えば、たまねぎ染のエコバック作りのワークショップでは、染色液につけている間に以下のような説明を行います。  ①いつもなら、捨ててしまう玉ねぎの皮(障がい者施設より買い取り) で布バックの染色液を作る説明  ②ごみの旅路、ごみの捨て方と処理方法(焼却場のビデオ、ペットボトルの再生工程など)  ③プラスチックによる海洋汚染状況とその対応策  ④私たちにできること(マイバックを持とう)→小さなレジ袋1枚でペットボトルのふた1杯分の石油を削減できる! わたしたちが生活していくうえでとても便利に使われているプラスチックについて、“賢い付き合い方”を考える機会を提供します。

    続きをみる

  • こいこい松原

    松原市で活動している小さな事業者の集まり、coicoi実行委員会です。 松原市の柴籬神社(しばがきじんじゃ)を中心に、ハンドメイドマルシェやワークショック、音楽ライブなどのパフォーマンスなどを楽しめる新しい地域振興イベントです。また、これらの出し物を楽しみながら取り組める子ども職業体験ジンジャニアやこれらのイベント全体を楽しみながらカップリングを目指す、婚活も実施しています。 このこいこい松原のイベント開催を発展的に継続し、地域を活性化していきます。

    続きをみる

  • ミュージアムプラットフォーム MU(ミュー)

    私たちは、生活者の物理的な距離や身体的格差・生活水準の格差による美術・文化体験の機会損失を防ぐため、全ての生活者が手軽にアクセス可能な美術館・博物館のデジタルプラットフォーム構築し、誰でも新たな発見や学びができる機会を創出します。 具体的には、全ての生活者が手軽にアクセス可能な美術館・博物館のデジタルプラットフォームを通じて、日本各地のミュージアムに眠る感動や学びを届けることで、生活者の格差による美術・文化体験の機会損失を防ぎます。そして未来の生活者とミュージアムの新しい関係を構築し、美術体験の最大化にチャレンジします。

    続きをみる

  • 世界中の皆様に樹木の苗木の植栽体験を!

    SDGs・2030年以降、地球に生き続ける未来を見据えて、私たちに出来る事は何か?それは、世界中の一人ひとりが木を植える事が出来るということ。私たちは樹木の苗木の植栽体験を『neoharu』を通じて提供し、その機会と場所を「TEAM EXPO 2025」プログラムで実現します!

    続きをみる

  • 「Art de Peace」大阪・関西万博で絵じゃないか!

    「アートでピース(芸術で平和を)」をキーワードに193カ国(仮)の子供たちに絵【テーマは楽しい事/Happy! Dream!】を描いてもらい、全作品を大阪・関西万博会場で展示することを目指す。日本、世界の描いてくれた子供たちすべてが参加する(応募で選ばない)「絵の万博」を目指す(推定200万枚)プレ企画として、開催までの期間、鉄道の駅や商業施設、文化施設、商店街等で展示展開し、地域の大阪・関西万博との融合した活性化を図り、また、会場では開催までの大阪・関西万博会場の進捗状況も告知する。2021年より同じコンセプトのお絵かきコンテストとして、子供向けSDGsの番組「まみたすといっしょにSDGs」も配信しており、番組を通じて情報発信も行う。 大阪・関西万博参加国の中には、きっとその国の人々は参加はおろか、大阪・関西万博自体の存在も知らない国が多いと思います、そのような国に対して、その国の子供たちの描いた絵が日本で大阪で展示されるという事で、少しでも大阪・関西万博を知ってもらいたいという思いも。

    続きをみる