共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 世界の地域ブランドへ!関西地域ブランドプロジェクト

    関西の地域ブランドがさらに有名になることで、世界中の人々が買い求め、また、それを目的として関西の各地を国内外の観光客が訪れるという未来の姿を目指し、地域ブランド磨きを応援します。 また、各地域において、自立的にブランドの価値を稼ぐ力に変えて行く取組が構築されていくことも併せて応援します。 その実現のために、様々な施策による支援や、応援団の輪を広げていく取組を進めます。

    続きをみる

  • 「いのちの輝きをアートに」プロジェクト

    大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」における未来社会を実現するのは子供達である。その子供達の命が輝く瞬間、それは、誕生した新生児が産声を発する瞬間である。その産声をサウンドソースとして用いることによって、個々の新生児に特有の美しい形状が生まれることを見出し、出来上がったビデオアートを「産声byサウンドオブ生け花」と名付け、アート作品として表現し、未来へ繋いでいく。

    続きをみる

  • 『お達者健診PLUS』™の進化と普及を通じて元気な高齢者が社会を支える世界を目指します!

    『お達者健診PLUS』™とは、加齢とともに衰えやすい機能測定から健康長寿度を判定する健診です。「運動・口腔・認知」の三機能測定と栄養・社会参加の要素を加えて自身の現状を知り、健康長寿に向けた具体的な行動内容を知る場としての「お達者健診PLUS™ステーション」を全国へ普及させる活動を通じて、「元気な高齢者が日本を支える」社会の実現に貢献します。

    続きをみる

  • 東近江ムラサキ「紫縁(しえん)」プロジェクト

    琵琶湖の源流「奥永源寺地域」の「耕作放棄地」を開墾して、無農薬・有機栽培の「SDGs」に配慮した紫草の栽培と、収穫した紫草の根「紫根(シコン)」を活用した、「オーガニックシコンコスメ」の開発を通じて、「限界集落地域」である奥永源寺地域に、「新しい雇用と活力」、そして「SDGsな環境社会」を実現するために、東近江地域の「産地・市役所・農業高校・企業」が連携して進めている「産・官・学・創」の連携プロジェクトとして、取り組んでいます。

    続きをみる

  • 学生×石橋商店街でオープンイノベーション~実証実験の街・石橋へ~

    石橋商店街では「オープンイノベーション」をテーマに、大学生の”こんなことやってみたい”、”挑戦してみたい”という気持ちを実現させるお手伝いをする「イシバシ オープンイノベーション プラットフォーム」を開設しています。 本プラットフォームにおいては、大学生とコラボして「レンタルエコバッグ」、「オリジナルデリバリーシステム」等の実証実験を進めてきました。 これからも石橋商店街で大学生による”実証実験”の支援を行い、商店街の新たな賑わいを創出します。 http://www.ss-ishibashi.jp/Open_Innovation

    続きをみる

  • 世界中にサステナブルで機能的な素材を届ける

    「地球環境」・「消費者」・「生産者」に優しくサステナブルな循環を目指し、”カポック”という木の実を使ったアパレル事業を行なっています。”カポック”を使ったアニマルフリーでサステナブルな素材の開発をし、新たな素材を広めることで製造過程での地球環境への負荷を減らし、生産者に対してのフェアトレードや適正な労働環境の構築、消費者には機能・値段・デザインに優れた製品の提供を行っています。

    続きをみる

  • デジタルアートと電子音楽の分野における、世界中のアーティスト、クリエイターと繋がり共創するアートプロジェクト

    デジタルアート・電子音楽に関連したクリエイティブ産業の活性・創造の促進をしていくことで、「新しい価値・文化・社会の姿」に関心のある多様な人々が出会い、当該分野での新たなコミュニティを創出します。世界7カ国に拠点を持つMUTEKのプラットフォームを活用することで、当該分野の芸術文化を国内から世界に発信し、よりよい未来に向けて持続可能な社会の創出に向けてチャレンジします。

    続きをみる

  • がん患者の孤独と不安をピアサポートサロンでゼロにする! ~医療者と市民の協働チャレンジ~

    がんという重い病気にかかったとき、人は孤独と不安のなか簡単には前を向いて進むことができません。つらい気持ちのなか十分な治療を受けられない人も少なくありません。医療現場においては患者のこころのサポートまでは十分にできない現状があります。私たちは8年間にわたるがん患者サポート活動のなかで、がん患者同士の支え合い(ピアサポート)がそのつらさを大きく解消できることを経験してきました。医療者と市民が一緒になって活動することで、専門的な知識と温かさに満ちた活動になっています。今後さらに仲間を増やしていき、ピアサポートサロンをより広い地域に展開していきます。

    続きをみる

  • 高校生×大学生 探究学習プロジェクト~次世代共創リーダー育成プロジェクト~

    大学生と教育機関が連携することで、高校生がひとつ上の世代の学生と共に、学校内で意欲的に学習するためのサポートをします。

    続きをみる

  • おカネで未来を描くワクワク経済教育プロジェクト

    「経済教育の充実と拡大」 様々なワクワクする体験を通じて、子どもが多様なリテラシーを学ぶ機会を作り、ちょっと先の未来を体感してもらいたい。 その中でりそなグループはこれまでの「りそなキッズマネーアカデミー」での知見を活かし、お金や働くことの大切さを伝え、社会経済の仕組みや人生設計などを学べる機会を創出していきます。

    続きをみる

  • 誰もがいのちを守り合う「inochiのペイフォワード」

    「inochiのペイフォワード」とは、データ駆動型社会の中で「自分のヘルスケアデータを誰かのために提供したい」という意志あるデータ提供を普及させることで、直接的に救われるいのちに加え、データ共有の積み重ねによる技術革新によって、社会全体のいのちが守り合われるような未来社会を実現するためのデザインです(WAKAZOが考案しています)。 「ペイフォワード」とは、多くの人の中で親切の輪が広がっていくことを意味します。私たちは「inochiのペイフォワード」を通して、人々が誰かのいのちを守りたいという思いからデータを提供して研究・開発が進み、社会全体でいのちを守り合うことを目指しています。 2025年の大阪・関西万博のタイミングでこの概念の大規模実証実験を行い、データに対する人々の考え方を「結局使われ方が不透明でよくわからないもの」から「いのち輝く未来社会のために共有・活用すべきもの」に変革したいと考えています。

    続きをみる

  • ボードゲームを通して「妊娠・出産・子育て」と「仕事」の両立を体験できる、ワーク&ライフ デザイン チャレンジ

    私たちは女性のキャリアや生き方を、学び・考えるツールの一つとしてゲーム(ボードゲーム)作りを行っています。妊娠中の女性やワーキングマザーに起こ得る想定外のハプニング(妊娠困難・妊娠に伴う心身の変化・自分と子どもの心身の健康問題・仕事の繁忙やトラブルなど)により生きづらさを抱えながら生きる中で、周囲と支え合いながら生きていくことをゲームを通して追体験して頂きます。

    続きをみる