共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 持続可能な社会に導く次世代道路へのチャレンジ

    道路に光ファイバを敷設することにより、発生振動、ひずみ等を常時リアルタイムで、敷設区間を分布計測でき、これによって交通状況や気象変動に伴う舗装の状態、劣化状況等を全線で常時モニタリングすることが可能となる。これにより、国土交通省が提唱する道路政策ビジョン「自動運転への道路側の支援」、「次世代ITSの実現」等の実現に直接貢献することができ、完全自動運転による人・モノ・サービスが行き交う活力ある未来社会、さらには災害脆弱性、インフラ老朽化を克服した安全安心に暮らせる未来社会をつくることができる。

    続きをみる

  • [ユニットプロジェクト]スマートビレッジ構築トライアル

    高度情報通信技術を背景に、都市型スマートシティ構想が進行する中、山地や農地を広く有する中小の地方都市、特に町や村では都市部に比べてその構想モデルは決して多くはありません。
 特に、農業、畜産、林業などの一次産業分野での後継者問題やその担い手不足も深刻な問題です。
 
 ビレッジ全体としてのスマート化を促進すべく、私たちは、LoRaWANベースの中小の市町村レベルのスマートビレッジ IoTネットワーク構築実現のための実証実験を行ってきました。[熊本県阿蘇郡西原村/ベルリン] 
 ここからは、エリアを絞った地区町村と提携し、まずはスモールエリアからのスマート化を実現したいと考えています。

 我々の実験により、以下の実現が可能であることが実証されています。 ・農業、畜産、林業、中小製造業などの各種産業分野での活用 ・産業に関わる生産者単位でのデータ取得・活用を可能にする ・組合や自治体での IoTデータの包括的な活用を可能にする ・森林保全のための環境データ収集(カーボンクレジット志向) 
 ・老人保健施設、教育施設での見守り機能の展開(GPS等)
 ・工業団地エリアでの personal/public network 構築

    続きをみる

  • 世界中のすべての人に無償のSTEM教育を

    STEM教育のオンライン教材を作って無償で公開する活動をしています。 STEMとは科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の頭文字で、2000年代に米国で始まった教育モデルです。 小学校の算数レベルから理工系の大学の内容まで、シームレスに繋がるような教材を作っています。 「数学が何の役に立つのかわからない」という中学・高校生は多いと思います。 でも数学は世の中の様々な場面で使われています。 小学校から大学までの一貫したSTEM教材を作ることにより、将来なりたい自分に向かって学習できるような環境を作っていきます。 大学レベルの教材を作るのは大変に思えるかも知れませんが、大学を卒業した人なら自分が大学で学んだことを教材にするのはそれほど難しくないはずです。 多くの共創メンバーに加わってもらい、少しずつ教材を増やしていけば決して荒唐無稽なチャレンジではないと思います。

    続きをみる

  • イグサを未来へ

    イグサ、畳は日本の伝統文化です。 イグサ栽培は熊本八代市が産地で、全国の国産畳表の98%を生産しています。ですが、イグサ農家は、後継者問題などもあり、毎年減少していてなくなりつつあります。 現在では畳で生活したことがない世代も増えてきており 「イグサ=植物」ということも知らない人達もいます 1300年も続く日本の伝統文化ですが、まだまだ知られていないのが現実。 イグサをもっと知ってほしい!そんな想いを込めて! 今まで破棄していた畳表として織れなかった短いイグサを 何かに使えないかと考え、イグサの効能を活用して、細かく裁断し「天然素材イグサの消臭パック」を製作しました。

    続きをみる

  • 海を守る磯焼け対策活動

    藻場の育成は豊かな海藻が繁り、様々な魚介類が産卵し、その上、地上の森林にも引けを取らないほどの二酸化炭素の固定能力を持っている。地球温暖化防止にも貢献している。昨今、日本全国でウニが異常発生し海藻を食べつくしている。「磯焼け」現象の理由の一つとして広まっている。対策として、異常発生したウニを駆除すれば元の藻場に回復するといわれている。現在、水産庁の事業として、藻場を適正に管理するために全国値でウニの駆除が行われている。この駆除したウニは食用にならず、その処分方法が問題となっている。全国的にほとんどが産業廃棄物とされ、駆除活動の大きなネックになっている。弊社では平成20年に廃棄されるウニ殻を使用しカルシウム粉末を開発した。純白で3~5㍈の粉末ができ、食品の添加物として販売している。他には、棘や殻、口、内臓に分け有効利用している。 棘…染色、アート 殻、口…アート(人形や動物、他) 内臓…釣りの餌や畑の肥料 弊社ではゼロエミッションを確立し、全国更には世界に広がるよう目指している。また、ウニ漁師の少子高齢化が進み更には人数も減少している。その対策として駆除ウニを陸上養殖しウニ安定供給と藻場の回復が両立できるよう計画をしている。

    続きをみる

  • 乳酸菌発酵で拓く海藻の可能性

    海藻を乳酸菌の力だけで発酵することに成功しました。海藻をすべての人類が利用できる新たな形へと変換することで、海藻の持つ多大な可能性を世界へと広め、食品・美容・健康関連市場のみならず食糧危機といった社会問題改善の一助へとつなげ、さらなる海藻の可能性を発見・追及したいと考えております。 微生物の力で有機物を分解し、アミノ酸等さまざまな物質に変化させることで、もとの海藻にみられない深い味わいや香り、機能性をうみだしました。この技術を基に、食や農・畜産・養殖、エネルギ開発等、幅広い分野の方々との共創にチャレンジします。

    続きをみる

  • 大阪の中小企業の活力を大阪から関西、全国へ

    ●大阪・関西の中小企業を中心とした課題解決にチャレンジします  ・中央会&組合主催で業種別課題に沿った会員組合単位のセミナー開催  ・専門機関による個別アドバイス・コンサルティング  ・企業別課題を解決するアライアンス企業とのビジネスマッチング 等 大阪の中小企業が、持続的に共に成長・発展していけることを目指し、多様な個々の課題解決に向けた伴奏支援を行っていきます。そのために、中小企業が力を結集・共創していく場としての組合組織づくり等、企業を様々にサポートしている大阪府中小企業団体中央会と三井住友海上という、お互い共創パートナーである2者で共創します。 中央会傘下会員組合固有の課題抽出から、それらの解決支援まで取り組みますが、まずは、既に課題として把握している「働き方改革(2024年問題)」や「DX推進」、「事業承継」をテーマに取り組んでいきます。 例えば、大阪府中小企業団体中央会の傘下会員組合単位で、業種別課題に沿ったセミナーや勉強会、好取組事例の共有等を行います。 この取り組みを通じて、大阪の中小企業の皆さんと共に成長していくことを目指します。

    続きをみる

  • 国の垣根を越えて地球で繋がろう!一緒に学ぼう!一緒に感動体験をしよう!

    人と人とを繋げ、ボーダーレスな世界を目指し教育の格差を無くします。また日本人と外国人を繋ぐかけがえのないコミュニティを作り上げること、交流会等を通して相互理解を深め、日本経済の活性化をはかると共に、日本と世界を繋ぐ架け橋を目指します。

    続きをみる

  • 大阪地酒の魅力を全国へ!

    大阪は地酒のイメージがあまりないかと思いますが、江戸時代には“天下一の酒どころ“といわれるほど栄えていました。 しかし、近年は若い方を中心に日本酒の需要が減少傾向にあります。 それに伴い、大阪の酒蔵も次々に閉蔵していき、今では14軒しかなくなってしまわれました。 後世に向けて少しでも長く酒蔵を存続していくため、大阪で長年培われてきた酒造様のお力になりたい! 素晴らしい日本酒文化をもっとたくさんの方に味わって知って頂きたい!という想いから、各地域の酒造様にご協力いただき、〈大阪〉×〈地酒〉のBOXを全国にお届けすることを決めました。 大阪の地酒をより多くの方に楽しんでいただくことができればと考えております。

    続きをみる

  • アップサイクルXイノベーションで世界一のサーキュラードレスを共創するファイバーアートプロジェクト

    私たち、チーム:OVERSEWNは、世界で年間500万トンもの量が未使用のまま廃棄されているとされる資源のアップサイクルと、オーバーロックミシンを使った特許技術で、世界一のサーキュラードレスを共創する取り組みを行います。 「天衣無縫」という言葉の元になった天女の羽衣のように、縫い目がないのに立体的なかたちをしている特許構造(特許第 3932459号)の、夢のドレスです。 ドレスの材料はハギレと呼ばれる、日本人一人あたり毎年1.6kgの量を、未使用のまま廃棄している繊維素材(ファイバー)です。 世界一の巨大なサーキュラー(円環状の)ドレスの共創に挑戦するファイバーアートプロジェクトであるとともに、従来の衣類の生産プロセスで発生する廃棄物を活用するアップサイクルを、そもそも廃棄物が発生しない生産プロセスのイノベーションによって実現させることで、いのち輝く未来社会のサステナブルファッションの開発に挑戦するものです。 いままで未使用のまま廃棄されて救われずにいた資源といういのちを救い、それらの資源の形と風合いを残したまま活用することでそのいのちに力を与え、作品づくりを通じてそれらの資源を縫いつなぐことで、そのいのちに輝きをもたらします。 それによってSDGs17項目のうち『9.産業と技術革新の基盤をつくろう』『12.つくる責任 つかう責任』『17.パートナーシップで目標を達成しよう』の達成に貢献します。

    続きをみる

  • 環境浄化啓発

    京橋地域の環境浄化、活性化のため、商店街および周辺道路を歩行者が快適に安全に通行できる歩行者空間の実現に向けて啓発と清掃を実施します。

    続きをみる

  • 世界に届けるやおプロダクト!~みせるばやお共創モデル~

    モノづくりの技や魅力を未来に残すため、八尾の中小企業の技術を可視化し、社会課題を解決する商品の開発を中小企業、行政、大学、金融機関等のプラットフォームである"みせるばやお”を中心として、八尾市、株式会社マクアケの各プロジェクトがコラボし、世界にオンリーワンのプロダクトを届けるプロジェクトを実施します。

    続きをみる