共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 地方創生のカギは瀬戸内の島にあった!

    「瀬戸内の島は日本の縮図」 島(地方)での商売は孤立する事が多い。 中小企業が売れない2要因「商品価値が低い」「知られていない」の典型的な要因が更にのしかかってる。殆どの中小企業は同様の課題があるのではないか。 370万社ある企業の内、中小企業比率99.7%、雇用比率は約70%、日本の中心である。しかし赤字比率は約70%。 2025年、70歳を超える社長は245万人、内半数は後継者不在、廃業予定率約70%。このまま進行すると、22兆円の経済損失、650万人雇用喪失。 放ってはいられない。 社会をより良くするためには、日本経済を支える中小企業の1社1社を「強くして」「正しく承継」しなければならない。 ★フューチャーマッピング(創造的課題解決手法) ★OKR(Objectives and Key Results 目標と成果指標) をベースに、まずは「IT・DX導入支援」「財務改善支援」 から取り掛かり、中小企業へ人財支援や起業支援まで支援して行く。

    続きをみる

  • 「いきる」輝きをかなえたい

    Lifeは、命、人生、生活です。 これは、「生活者」の視点であり、疾患や障害にとらわれることなく、 よりよく「生きる・居きる・活きる・逝ききる」を考えます。 そのために、人とのつながり、そして、キュア・ケアを紡ぐ人とみんなで一緒に考え行動していきます。 現在は大きく3つの活動を行っています。ひとつはコミュニティ作りによる研修事業、もうひとつがYouTubeで展開している「そもそもチャンネル」です。また、ケアを必要とする子どもたちを対象に「ぽれぽれcafe」という居場所と食事を提供する活動も行っています。

    続きをみる

  • 北区フードドライブ

    北区役所が連携しているファミリーマートの店舗を起点にこどもたちを始めとする「食」の支援が必要な方を地域で支え合う取り組みです。 ファミリーマート店舗をフードドライブの回収拠点として地域の皆さまに利用していただくことで、食品ロスの削減と、食事に困っている方への支援を目指します。 【フードドライブの流れ】  ①家庭 で食べきれない食品 をファミリーマート 店舗 で受付。  ②北区役所と北区社会福祉協議会が連携し、ファミリーマート 店舗に訪問し回収。  ③回収した食品を支援が必要な方へ寄贈。

    続きをみる

  • 都市のヒートアイランドを緩和し、大気中のCO2をArt作品で吸収貯蔵 地球温暖化防止と芸術の融合 Green Art Cycle

    「パッションフルーツの移動式緑化」を普及し、地球温暖化防止に貢献します。 ①ヒートアイランド緩和  特許取得「パッションフルーツの移動式緑化」は広い木陰が出来るシェード型緑化を短期間で形成します。シェード型緑化に取付ける国際特許取得「IoT緑化冷却システム」は気化熱で冷気の気流を作り、街を涼しくし都市のヒートアイランドを緩和します。 ②大気中のCO2を吸収貯蔵  秋以降不要になるパッションフルーツの枝葉は大気中のCO2を吸収し大きく成長、枝葉でセルロースナノファイバーを製造し絵画やブランド品を作成、CO2の長期貯蔵となります。 セルロースナノファイバーは、鋼鉄の5倍の強度があり重量は1/5、自動車のボディーや全固体電池などを製造することが出来ます。パッションフルーツの茎は他の蔓植物比べ腐れにくく乾燥保存が可能、繊維が固く長いのでセルロースナノファイバー製造に向いていると考えられます。 ③市民参加型の地球温暖化防止事業  商業施設などにパッションフルーツのシェード型緑化を設置し、市民の皆さん向けにパッションフルーツの育て方教室を開催、パッションフルーツは高級フルーツでもあることから、多くの方がご家庭で育てたり、職場で育てる企業が増えると考えられます。 秋以降不要となる枝葉を市民の皆様から回収し、セルロースナノファイバーを製造、絵画などArt作品を作成することで、市民参加型の地球温暖化防止事業を実現します。

    続きをみる

  • 絵本「せかいにひとりだけのぼく」を通して性別の枠を超えて、個性を尊重しあい、いのちを輝かせる世界平和プロジェクト

    絵本「せかいにひとりだけのぼく」は身体は女性、心は男性として生まれたトランスジェンダーの竹紫春翔(ちくし はると)の実話を元にした絵本です。 この絵本を通して、同様の境遇にある人たちへ、生きる希望や勇気を与えていくこと。 大人から子供まで幅広い年齢の方々に手に取ってもらえるように書いた絵本です。 個性を尊重しあい、いのちを輝かせていくプロジェクト。

    続きをみる

  • 水の浄化をシャンプーから取り組みましょう~持続可能な生活資材~

    温室効果ガス削減を目的とする「モリンガ」※というエリートツリーから、副産物の種子を水質浄化の原料に商品開発する。※モリンガは一般的な植生の20倍のCO2を吸収するとされ、温室効果ガス削減にも貢献すると期待されています。(Villafuerte、およびVillafurte-Abonal 2009) モリンガの植林を促進してSDGs13「気候変動に具体的な対策」事例とともに、副産物からSDGs14「海の豊かさを守ろう」に向けたESG商品の開発標準を日本から世界へと発信したい。

    続きをみる

  • 淀川河川の水質を測り伝える。

    大阪の河川の水質は昔に比べ、格段の改善が見られています。しかし、大阪湾を含む瀬戸内海の環境は、この40年間改善が見られていません。応用化学研究部では、大阪湾に流れ込む淀川の水質調査を行なっています。この調査は、40年に及び、大学の学園祭や河川NGOの集まりである寝屋川流域ネットワークでポスター発表を行ない、機関誌「桜花」で報告を行なっています。これらの活動を自治体や淀川河川流域で同様な活動を考えているNGO・NPO団体、大学、企業と連携し、活動の輪を広げることで、市民の環境意識の向上につなげていきます。

    続きをみる

  • anywhere cafe に海外からのお客様をお迎えしたい

    海外からのお客様に魅力ある日本の地域・個性ある文化・ひとの素晴らしさを伝えるカフェを運営しお迎えしたい。 anywhere cafe は、バーチャル映像で日本を体感できる設備を配備し、有名観光地だけでなく隠された魅力ある地域を臨場感を持って体感できるとともに、各土地の名産品を食すことのできるカフェです。

    続きをみる

  • 子どもたちの夢づくり事業~大阪キタでeスポーツ!~

    将来オリンピックの競技種目になる可能性があり、注目の集まっているeスポーツを北区の子どもたちに本格的な設備で体験してもらい、生きる喜びや楽しさを感じ、ともにいのちを高めていく共創の場としてeスポーツ大会を開催します。 また、このまちに住み、学ぶ子どもたちが夢や目標を持ち、生き生きと輝く社会の一員となることを通じて万博及びSDGsの機運の醸成を目指します。

    続きをみる

  • 子どもたちの夢づくり事業~ドリームダンスカップ~

    遊びや学び、スポーツや芸術を通して、生きる喜びや楽しさを感じ、ともにいのちを高めていく共創の場を創出することを目的とし、本格的な音響や照明が体験できる最新のホールにおいてダンス大会を開催します。 また、このまちの子どもたちが夢や目標を持ち、生き生きと輝く社会の一員となることを通じて万博及びSDGsの機運の醸成を目指します。

    続きをみる

  • 子どもたちの夢づくり事業~ゆめキタ音楽フェスティバル♪♪~

    遊びや学び、スポーツや芸術を通して、生きる喜びや楽しさを感じ、ともにいのちを高めていく共創の場として音楽フェスティバルを開催します。 北区内に存在する芸術文化関連施設の中で、児童生徒が演奏、歌唱し、設備や音響を体感することで、将来に夢を描き、文化芸術を支える人材を育成するとともに、地域活動に参加する北区内の小中高等学校吹奏楽部等の活動を支援し、音楽活動を通じた地域交流を活性化することを目的としています。

    続きをみる

  • わが国で見いだされた心臓難病TGCVのグローバルな克服を目指す!

    中性脂肪蓄積心筋血管症(triglyceride deposit cardiomyovasculopathy : TGCV)は、日本で発見された心臓の難病です。国内外で多くの患者さんが、病気の診断がされないこと、適切な治療を受けられないことで孤立し困っています。また、患者さんだけでなく、対応する医療関係者もこの疾患についての情報や治療経験が無く、同様に孤立しています。そこで私たちは、この病気についての情報をホームページ、SNSを利用して発信し、関連学会とともにTGCVの周知、啓発を実施して参ります。これらの活動により、本医療分野への患者さん、一般市民の方の参加 (Patient public involvement)を促進するなど、TGCV患者さん、ご家族をはじめ対応する医療関係者まで誰ひとり取り残さないよう、チームTGCVの輪を広げ、この病気をグローバルに克服していきます。

    続きをみる