共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 未利用資源をペット用品で活用しませんか?

    今私たちが当たり前のように使っている、日用品・食べ物などは高い品質基準が求められています。 その結果、商品を生産する過程では廃棄物が多く発生しています。 またこれらを廃棄するには、CO2の発生等で地球環境に大きな負荷をかけているのです。 しかし、これらは有効活用することができるかもしれない、大事な資源です! 我々はペット用品メーカーとしてのノウハウを活かし、未利用資源を用いて 地球にやさしいペット用品づくりに取り組むことで、地球環境負荷の削減に貢献します。

    続きをみる

  • わたしのまちでいきる

    障害児者は障害種や成長過程やライフステージの変化によって、必要とする情報やサービスは変化します。私たちの子どものような幼少期の障害児がやがて成長するなかで直面する就労や親亡き後の問題まで考えるとまだまだ情報も福祉サービスも足りていません。同じ課題をもつ人と人が実際に繋がって課題改善のためのシステムづくり・施設の立ち上げに取り組み広げていきたいと考えています。 また、すべての事業が地域の商店街空き店舗を利用、運営しているという強みも活かし、地域に根差した運営を基盤とし、地域企業との連携をこれまで以上に強くし、誰もが安心して地域で生きていけるよう進めて参ります。

    続きをみる

  • 見つけてキタ!!北区魅力絵画コンテスト

    「私が描く、北区の未来」をテーマに「見つけてキタ‼北区魅力絵画コンテスト」を開催することで、応募者に北区の魅力を改めて考えていただくとともに、制作された動画や写真を見た人が新たな北区の魅力に気付いていただくこと等を通して、地域への愛着を醸成していきます。

    続きをみる

  • ギネス世界記録™に挑戦!10万枚の感謝状 ~北区から世界へ~

    北区では将来ビジョン「人が集い、ともに支えあい、絆をはぐくむまち」を基本に、世界の人びとと「いのちの賛歌」を歌い上げ、大阪・関西万博を「いのち輝く未来をデザインする」場となるよう、人それぞれの“大切な何か”に感謝の気持ちを伝える取組で世界記録に挑戦します。 内容は、感謝を伝える紙を持った人の写真を専用サイトから送信し、その数を認定・登録するもので、10万枚の収集をめざします。 本取組は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、様々な活動の自粛、人との交流が停滞した今だからこそ気づく、家族、友達、一緒に働く仲間など、身近な人や大切な何かへ感謝の気持ちを伝えることで、人とのコミュニケーションを促し、絆を深めることが目的です。 本挑戦を通じて、このまちに住み、働き、学び、訪れる人たちが感謝の気持ちを伝えあうことで、たくさんの笑顔が広がり、感謝で溢れるまち“北区”を世界に発信するなど、様々な機会を通じて万博およびSDGsの機運の醸成を目指します。

    続きをみる

  • PROMISE 金融経済教育セミナー

    事業を通じたサステナビリティ活動・SDGs達成への取り組みとして、全国11ヵ所にある“お客様サービスプラザ”が主体となり、学校や一般企業向けに無償にてお金にまつわるセミナー、「PROMISE 金融経済教育セミナー」を開催します。 お金にまつわるセミナーの開催を通じて、「家計管理」「リスク管理」の重要性を学ぶとともに、「資産形成」の視点で金融商品の特徴をお伝えすることで、「持続可能な未来の創り手」の育成や、SDGs目標の達成に貢献できる社会を目指していきます。

    続きをみる

  • 大阪友の会 SDGs私たちの実践プロジェクト ~家庭は簡素に、社会は豊富に~

    大阪友の会では、家庭をよりよくすることから社会をよくしていこうと、年代を越えた交わりの中で、衣・食・住・家計・環境・子どものことなどについて学び合っています。 「家庭は簡素に、社会は豊富に」をモットーに家庭生活からSDGsを実践していく取り組みを進め社会に発信しています。 ① 家庭生活において環境に配慮した取り組みを行い、実践例を共有していきます。 (講習会や出前講座で、省エネ・節電への取り組み、家庭から排出される廃プラスチック類の削減、CO2排出量調べなどを実践し学びます。) ② 子どもの自立を願い人格を尊重したいとの理念の下、「みんなで子育て!ちびっこ広場」「ちびっこ広場オープンデー」「土曜クラス」「こどもアート」を通じて地域・コミュニティでの子育てを応援します。 ③ 「家事家計講習会」を開催し、家計簿のある暮らしを広めることで持続可能な社会を目指します。(食品ロスの削減、省エネ・節電への取り組み) ④ 「バザー」を開催し、リサイクル品や手作り品を販売することで持続可能なライフスタイルを現します。 ⑤ 家庭でできる防災の取り組みを行います。 (講習会や出前講座で、家庭における防災グッズの整理・点検、ローリングストック、保存食の作り方などを実践し学びます。)

    続きをみる

  • 笑顔つながるワクワクプロジェクト

    SDGsの達成が世界的目標として掲げられている現在、自分らしく生きるということは社会貢献のひとつであると考えます。「自分らしく生きる」ことで自分の才能をより活かせるようになり、自分のエネルギーを高めていくことになりますので、他を受け入れやすくなります。「他」とは人だけではなく、生物や環境をより大切にできるようになる「余裕」が自分に出てきます。 私たちは、どうすれば自分を知り、自信を持って周囲の人たちとうまくコミュニケーションし、才能を開花してイキイキと生きることが出来るのかを傾愛力®コーチングを通じて指導し、その実現を支援します。 傾愛力®コーチングとは自分や他者へ愛をベースに、「心の平和」「大事な人をより大事にする」を重視したコーチング方法です。

    続きをみる

  • 中国地域発 カーボンニュートラルへの挑戦!

    カーボンニュートラルの実現に向けては、日本の次なる成長の源泉となるよう経済と環境の好循環をつくっていくことが地域ベースでも必要です。2030年GHG46%削減、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、関係機関とも連携して政策等の情報発信や課題・ニーズ把握などの情報交流を行いつつ、意欲ある自治体や団体・企業等を巻き込んで、政策を総動員して中国地域発の脱炭素化と地域活性化に取り組みます。

    続きをみる

  • 大阪・関西万博のラッピング列車を走らそう!

    沿線地域の皆さま、世界中の多くの皆さまに『いのち輝く未来社会のデザイン』のテーマを発信するため、2025年大阪・関西万博の一つのシンボルとなるようなラッピング列車を走らせます。 この取り組みを通して万博が持つ「ワクワク・ドキドキ感」をいち早く、多くの方に届けるとともに共創パートナーとして支援・創出したい ■沿線地域の企業・団体・住民の方々等による「豊かさ」に向けたチャレンジ。 ■音楽や食を通じた「豊かさ」に関するチャレンジ。 ■万博記念公園を起点に大阪・関西万博を盛り上げたいと活動されているチャレンジ。 という3つの共創チャレンジが生まれるきっかけを作りたいと思います。

    続きをみる

  • 世界のアートに触れて、新しい世界を体験しよう!

    同志社大学グローバル・コミュニケーション学部(以下 GC学部)3 コース(英語・中国語・日本語コース)の 4 年生、計18名で構成される「プチ万博」プロジェクト。小中学生をメインターゲットとし、GC 学部にゆかりのある国(日本、留学先、日本語コースの学生の母国など)を中心とした世界各国の文化・アート(例:ヨーロッパの伝統工芸品であるマーブリング体験、中国伝統の獅子舞・龍舞体験等)に触れられる体験イベントを開催します。 ※ここでの「アート」は「美術」という意味での狭義ではなく、「芸術」という意味での広義で捉える。

    続きをみる

  • おせっかい1000%!生野のグルメを堪能できる食べ歩きマップ

    大阪市生野区に住んでいる、勤務している、よく遊びに来ている人たちにアンケートを取り、いくの食べ歩きマップを作成いたしました。生野区によく居る人たちならではのイチオシ店舗が揃っています。外から来た人たちにこのマップを広めることで、生野区内にある魅力ある飲食店を堪能してもらい、生野区のまちの魅力を知ってもらうことで、リピーターが集うまちを目指しています。

    続きをみる

  • いのち輝く未来の現場🌈~共にQOLを高め合おう~

    国や介護・看護協会が頭を悩ませている離職防止。 離職の原因である従事者自身の身体や心、そして家族を置き去りにして勤務する状況を解消するために、従事する側に重点を置いたメンタルケアに努めます。そして同時に、介護・看護する側もされる側もwinwinの関係性を持ち進めていける、全く新しい介護・医療現場を実現します。従事者自身が解放されることで、現場の問題を終わらせるだけでなく、直接的に関わっていないその家族や全ての人々の上質な人生を目指します。

    続きをみる