共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • ラフェスポ

    「スポーツとエンターテインメントの力によって、社会がもっと良くなる。 そして、笑顔と感動を」2020年に起こった新型コロナウイルスの流行によって、多くの人々や企業が様々な影響を受けている中で、私たちは、スポーツを通じて、今の社会にある課題を解決しながら、多くの人々に笑顔と感動を提供する機会を創出し、新たな社会を共創します。

    続きをみる

  • ソフトコミュニケーションで世界を結ぶ

    多様化している社会に向けて、ソフトクリームを通じてあらゆるチャレンジをしています。 家族、仲間、ダイバーシティ、さまざまなコミュニティーの和を取り持つ存在でありたい。そして、「誰もが笑顔になれる」それが我々の想い。 SDGs⇒生産現場での環境負荷軽減(太陽光発電、CO2削減、バイオガス発電など)、循環型社会への貢献(飼料化・肥料化)、ゴミ削減(可食容器、紙スリーブの再活用)によって、サステナビリティに向けて取り組んでいます。 日本の飛躍⇒日本の伝統や文化の再確認、そして海外から見た日本の価値を再確認(お茶やフルーツなど)していきます。 未来社会の実験場⇒ゆっくりでも一歩一歩前進していくことにより、未来社会での適応性を確認していきます。(フリーザーの自動化・IoT化、食品の非加熱殺菌など)

    続きをみる

  • ~ねことしあわせDAYS~保護猫活動

    大丸梅田店では、猫好きの人だけではなく猫のしあわせにもつながるようにと、2019年8月から、過去6回、8月8日『世界ねこの日』2月22日『ねこの日』にあわせ、以下の企画を実施してきた。 ・ねこモチーフのスイーツや雑貨を集積した「ねことしあわせSHOP」を開催 ・保護猫譲渡会を関西の百貨店では初開催 ・保護猫紹介の動画を制作 ・売上の一部と動画視聴回数を保護猫活動団体に寄付。 ※2020年8月〜はオンラインを中心に実施。 参加いただいているお取引先は「猫好き」という共通点があり、保護猫支援に賛同して下さっている。

    続きをみる

  • 〜廃棄される傘をリメイク〜motokasaプロジェクト

    大丸梅田店ではmotokasaプロジェクトを2021年から2回開催しました。お気に入りだった使えなくなった不要傘から わたしだけの“たった一つのエコバッグ”をオリジナルリメイクオーダーします。廃棄されるはずの思い入れのある不要傘をお客様から募り、傘の生地を使用してエコバッグへのリメイクオーダーを行う企画です。

    続きをみる

  • ~新たなアートとの出会いをつなぐ〜ART GALLERY UMEDA

    ・さまざまな人、想いが行き交う「駅」のように、新しいアートと出会う喜び、アーティストや仲間が集う楽しさ、高揚感が生まれるような場所でありたい、そんな想いで生まれたギャラリーが2022年10月1日に大丸梅田店にオープンしました。 ・注目の作家・関西で活躍しているアーティストとのコラボや公開制作・ワークショップなどアートを身近に感じられる仕掛けやWEBにウェイトを置いた情報発信型の新しいギャラリーです。

    続きをみる

  • アフリカ子どもミュージカル”サバンナキッズミュージカル”

    幼児・子供たちがアフリカの文化や音楽を学び、大人たちと一緒に舞台に立つ経験を通じて、これから大阪・関西万博などを迎える大阪のまちを主体的に創り、多様な文化を受け入れ感動を共有できる心をはぐくむこと。アフリカのリズム・ダンスを通し生きている喜びを皆と分かち合い、表現すること。

    続きをみる

  • 立命館大学EDGE+Rプログラム EXPO2025 〜 大阪・関西からの発信 〜

    イノベーション人材育成を目指す教育プログラムの中で、「大阪・関西万博」をテーマとしたワークショップを開催します。 学生はパビリオンプロデューサーという立場で参加し、日本国内のみならず世界を意識した社会課題解決やSDGs達成への貢献につながることを視野に入れた提案を行います。 この共創チャレンジを経験した次世代を担うイノベーション人材が、近い将来に実社会で活躍すること、またここで考えたアイデアがその後社会の中で活かされることを目指します。

    続きをみる

  • 若者の一歩を応援し、日本をアップデートする

    Edactは「若者の一歩を応援し、日本をアップデートする」という理念を掲げ、関西を中心とした大学生で構成された学生団体です。Education(教育)とAct(行動)を掛け合わせ、Edactという団体名となりました。 私たちのミッションは、「あともう一歩で行動できる若者」に一歩踏み出す勇気を与え、「ホンキ」体験を届けることです。失敗しても成功しても良い、本気でやることに意味があると考えています。その体験の中には、実際に夢や目標を言語化をし、自分を知るきっかけ作りも含まれています。子どもが夢を発表する場として、プレゼンやスピーチ、作文を披露する機会を提供する予定です。その準備をする上で、子どもが自分について知るためのセッションを受けていただき、夢を言語化していきます。そして、発表するだけではなく、社会人からフィードバックをもらえる機会を用意することで、自分の夢と社会とのつながりを感じられるようなきっかけ作りを行いたいです。

    続きをみる

  • 歩く力で世界を変える「WALK on EARTH」プロジェクト

    「歩く力で世界を変える」をテーマに 世界中の誰もが自分らしく輝きながら地球の大地を歩き、豊かな人生を送る世界の実現を目指します。 ・日本47都道府県、世界196ヵ国のさまざまな土地を歩く動画をSNS発信し、観光や地方創生に役立てます ・ウォーキングセミナーや街歩きイベントなどの企画通じて歩く楽しさや大切さを広め、心と体の健康を増進させます ・歩くことを自己表現とし、年齢・性別・国籍・体型・LGBTQ、ハンディキャップに捉われず「歩く」で繋がるワールドランウェイを開催し、 自分らしく輝くいのちを世界中に広げます ・歩く瞑想やリトリートを通して自分の心と体に向き合い人生の豊かさに繋げます ・書道家、華道家、アーティストの作品を纏いながら歩き、日本文化を世界へ発信します ・大地を歩きながら地球の自然と生きものの調和を大切にし、清掃活動やサスティナブルな暮らしの知識を広め、美しい地球を次世代へ残します

    続きをみる

  • 盆踊りで世代を超えた絆創り

    「盆踊り」を松坂屋名古屋店が主催して、盆踊りイベントとしてだけではなく、ゆかた姿を楽しみながら、コロナ禍で少なくなった日本の伝統文化に触れる機会を創出する場として、賛同する産官学がそれぞれの目的を達成しつつ絆を深め、地域の方々が老若男女・世代を問わず参加できる夏の風物詩「盆踊り」を実施して、人々が、子供たちが、明るく楽しく絆を深めてもらえる場作りをします。

    続きをみる

  • つるりっぷ保健室(鶴見区版出張型まちの保健室)

    鶴見区役所では、健康・保健の増進のため、大阪信愛学院大学と連携しています。 同大学のしんあい教育研究ケアセンターでは「まちの保健室」として、地域の方々を対象に、保健師・助産師・看護師が介護や子育てなどの健康・保健に関する相談のほか、身長・体重測定、血圧や血管年齢測定などを行い、地域住民の継続的な健康増進に向けた取組みを実施しています。 今後、この取組みを「つるりっぷ保健室」(出張型まちの保健室)として、鶴見区内全12地域で順次開催することを通じて、鶴見区民の健康増進に向けた取組みを進めていきます。

    続きをみる

  • 3育『大豆を育む』×『ご縁を育む』×『次世代の生産者を育む』

    青年塾共同の畑を作り、大豆をメインにいろいろな作物を育てます。一般家族、地域の子供、あらゆる人が参加できるイベントを企画し、農業を身近に感じる場所を目指します。そして食育を通して次世代の生産者を育みます。また、この活動をSNSで発信することで、全国に広がり食料自給率の向上につながっていく。その第一歩とします。

    続きをみる